一人娘の高校受験に向けて奮闘した、初心者受験生家族の記録です(^。^;)
http://hiyoko865.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

マミマミ

Author:マミマミ
園芸と犬猫が好きな思春期娘の母です(^_^;)

☆ブログ分析☆

ブログランキングならblogram

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
師走に入り、ついに本番スタートが来月に迫ったひよこ一家
かな~りストレスが溜まってきましたが、同級生の皆様のお宅はいかがでしょうか?

我家では。。。
カラオケに行けないひよこは、風呂で大声で歌いまくり(かなりご近所迷惑かも
温泉旅行に行けない父ちゃんは、週末スーパー銭湯巡りをし
食べ歩きできないマミマミは、ネットで美味しいものを買いあさり
(大好物の『神宗の塩昆布』買っちゃいました
三人三様にストレスをプチ発散させております(^。^:)

そして、ひよこの高校受験が終了したら、『スター・ウォーズ』も、『ジュラシック・ワールド』も、
『ターミネーター』も、『ミッション・インポッシブル』も、全~部、一気に観るぞ~
と、一家そろって 心に誓っているのでございます(^^*)b






さて、11月末に受験した I 塾定例テストの成績がWEB上にUPされました
このテストは、10~11月のテスト・ラッシュを締めくくる最後のテストでした。

このところ、10月末の駿台模試初の合格率80%割れを経験したり、
11月初めのI 塾 難関高模試でもギリギリ80%ライン超えという きわどい成績推移のひよこ

このまま転げ落ちるように成績が下降したらどうしよ~?と 内心ハラハラしてたんですが、
何とか志望校の合格80%ラインの偏差値+5くらいまでUPし、
回復の兆しを見せ始めました


もちろん、11月初めに受験した I 塾難関高模試と比べると、
通常の定例テストの問題の難易度は低めなので、
ここで油断してはいけないのですが。。。

それでも、I 塾の定例テストも、中3のこの時期になると
模試同様、全範囲から出題されてますし、
受験者数も 全国模試であるZ会在宅模試より多いくらい

何より、以前記事にした塾の進路説明会で配布された資料で、
昨年、12月末の定例テスト冬期講習中の定例テスト(1月)の平均偏差値が
合格80%ラインより+4だった先輩が、ひよこの受験校全てに合格されていたので、
ひよこも I 塾定例テストで 今回くらいの成績を維持し続けられれば、
全勝はできなくても、全敗はしなくてすむかも?

・・・と、少し希望を持つことができました (〃v〃)



でも、偏差値だけ見ている訳にも行きません
模試にしろ、過去問にしろ、直前期の『穴埋め』学習に役立てなきゃ意味がないですよね

ということで。。。
これからのラスト1~2カ月、過去問演習と並行して)
何に家庭学習の重点を置くべきか
・・・一家そろって知恵を絞ってみました


まずね。。。
過去問(6校分)を数年分解いてみて感じたのは、
科目間や年度間で 多少難易度の格差があるにせよ、
やっぱり ひよこは得意科目の英国で勝負に行くしかない!ということ。

というのは、英国共に相性が良かった学校や年度は、合格者最低点+20点~+60点くらいで、
合格者平均点を超えていそうなのに、
英国いずれか1科目しか相性が良くない学校や年度は、合格者最低点-10点~+10点くらい
もちろん同じ学校の過去問でも、出題傾向に慣れてくるのか、年々点数はUPしてくるのだけれど、
入試問題の方も、近年、難易度を上げてきてるって学校もあるもんで、
得意科目をビシッと固めておかないと、五分五分の勝負も挑めなさそうなんですよね(^。^;)




一番懸念しているのが、駿台模試I 塾難関高模試I 塾定例テスト・・・と
3回連続で不調な国語

国語に関しては、中1で『合格へのベストアプローチ(国文法)』を完走し、
中2夏までに『論理エンジン』本体をレベル100まで完走し、
中3夏までに『古文上達(基礎編)』を完走し、
夏からは『漢検 漢字学習ステップ』の読み書きの部分を4級から総復習して、
現在2級を学習中なわけで・・・
本人も「あとは直前に 古文単語『土屋の試験に出る文学史』を復習すれば、大丈夫
と思ってたんですよね(@_@)b

実際、中3になってからの成績も、最近までは「英語より得意なんじゃないかしら?」
と思うくらい好調だったんです。



それが、ここにきて絶不調
苦手科目の数学より偏差値が低い時もあるようになっちゃったんですよね

そして、いくつかある成績不振の原因の中で最も顕著なのが、
論説文の難化なんじゃないかと思ったわけです

『テーマ』自体も大学受験の評論文レベルのものが増えたけど、
それ以上に、ひよこはそのレベルの文章で多用される『言葉』に慣れていなくて、
内容をきちんと把握できずに誤答していると感じました(^_^;)

特に『~的』『~化』『~性』という形で使われる言葉――
例えば『普遍的』『一般的』はどう違うのかとか、何となく意味は理解しているけれど、
厳密に説明できない『言葉』がネックになっているのではないか
と。。。


という訳で、この時期に新たな教材に手を出したくはないのですが、
応急処置的に『現代文 基本用語700』をひと通り学習することにしました
イメージ画があったり、テーマ別になってたりして、使いやすそうなので、
ひよこの語彙増強の役立ってくれれば・・・と思っています




さて、もう一つの得意科目である英語

こちらは、塾で文法総復習をやって下さってますし、ひよこの苦手な単熟語の暗記の方も、
『文単』準2級2級スラッシュ・リーディング音読しながら総復習してきたら、
かなり定着してきました


でもね。。。
年度によって長文問題がすごく長い年とか、問題数がすごく多い年がある学校がいくつかあって、
過去問演習をしていると、たまに時間切れを起こしちゃうんです
でね、学校説明会に行くと、今年も長文読解が多そうだなぁ~なんて学校もあるので、
直前期の家庭学習としては『速読力』を鍛えることにしました


ホントはね、いつも模試を受験してる駿台FJからの送られてきた広告に、
良さそうな英文速読講座があったから、「受講したいなぁ~」と思ったんだけど、
例によって都内の山手線の内側の教室でしか開講されてなかったので、
仕方なく、自力で家庭学習することにしたんです(^。^;)



使用する教材は『キムタツ式 はじめての英文速読(入門レベル)』
『キムタツ式 英語長文速読特訓ゼミ(基礎レベル)』

2冊完走できなくても良いから、『文単』より少し長めの文章を
スキミングを意識しながら毎日音読してれば、
少なくとも説明文読解のスピードは多少UPできるかなぁ~と期待しています




てなわけで。。。
あまり科目間のバランスを欠かない程度に、ピンポイントで得意科目強化を図る
ということにしました

これが 直前期の学習計画として功を奏するのかどうか、
正直言って自信はないのですが。。。 (;´Д`A


でも・・・まあ・・・過去問演習を経て、ひよこ自身が
「これさえできるようになれば・・・(><)と感じたところを最後まで頑張ってみるのが、
一番悔いが残らないような気がするので、
直前期は、こんな感じで悪あがきしてみようと思いますo(^-^)o


失敗しても、成功しても、受験結果と共に皆様にご報告するつもりですので、
玉砕しちゃったら・・・後輩の皆様の反面教師にして下さいませ(^。^;)











こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
あまり頻繁にインできないので、現在コメ欄は閉めさせて頂いています。
御用の方は拍手コメをご利用下さいませm(___)m
 
スポンサーサイト
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category:
編集[管理者用]
3学期制の中学に通われている皆様方は、
中間テストシーズン真っ只中でしょうか?
2学期制のひよこの中学は、そろそろ前期終了
・・・・という時期になってきました
ひよこが持ち帰ってくるであろう恐ろしい学期末の成績のことも
そのうち記事にすることになると思いますが、
その前に I 塾のセミナー(?)の記事を書いておきたいと思います





さて、先日 I 塾のPコース受講生を対象にした進学説明会に行ってきました((((~・。・)o
Pコースって何って思われる方も多いと思うのですが、
いわゆる各塾で、『選抜』とか『必勝』とか『特進』とか呼ばれている難関校向きの講座です
  ( I 塾では、『P』の頭文字で始まる講座名になってるんですよね。)

I 塾では、中1・中2・中3前半の間は、その手の講座はオプションの講座になっていて、
各科目の担当の先生がOKを出して下さることが受講資格の条件になっているのですが、
難関国私立向けのクラス(所属条件は偏差値65以上という噂)だけは、
中3後半になると必須講座として全員が受講することになってるんです(@_@)b


でね。。。
今まで、ひよこ一家が参加した保護者会とか、入試報告会などは、
全て各教室で行われてたんですけど、
今回は首都圏全域のPコース受講者の方を対象にしたものらしく、
都内の会場で行われました

平日の昼間だったにもかかわらず、かなりの数の保護者の方々が参加されていたし、
お話して下さった先生方も、中学部の責任者の先生、高校部の責任者の先生・・・って感じで、
日頃お会いしたことのない本部の(?)先生方ばかりで、
いつもと雰囲気の違うセミナーでした。




内容的には、併願作戦本番までの過ごし方の他に、大学受験の話を入れた3部構成
今のひよこ一家のニーズに合っていて、とても勉強になるセミナーでした


まず大学受験について。。。

はっきり言って、県によって公立入試のシステムが全然違う高校受験と違って、
大学受験は全国区だし、父ちゃんもマミマミも経験してきたんだから・・・
な~んて思ってたら、大間違い
大学受験も完全に初心者なんだと認識させられちゃいましたね(^。^;)

東大の推薦入試、京大の特色入試、お茶女の新型AO入試(図書館入試や実験室入試)
TOEFLTOEIC英検くらいなら知ってたけど、
TEAPなんてテストを利用した私大入試・・・・・・
ホントに親の時代とは全然違う多様な入試形態があって、
早いうちに よく調べとかないと大変なんだなぁ~(@_@;)と実感しました

それにね。。。
マミマミはずっと「先取り学習の進んでる中高一貫の私立進学校に高入したら、
内部進学生と同じクラスになる学年まで きっとすごくハイペースで進む授業に、
ひよこはついて行けるのかしら?
って心配だったんですけど、
公立でも県立U校のようなトップ校になると、
通常の公立高校が数学 Ⅰ数学 A しか習わない高1の間に、数学 ⅡB まで教わるのだと伺って、
公立だからって文部科学省の学習指導要領通りの進度とは限らないんだと驚かされました

まあね。。。
I 塾には大学受験のための高校部があるので
「だから、高校受験が終わっても、I 塾で引き続きしっかり勉強しなさいよ!」
っていう営業的なニュアンスもあったのかもしれませんが、
それでも、ひよこが高校に入学する前に、
今時の大学受験のことを多少なりとも知る機会が持てて、ホントに良かった
です




併願戦略については。。。

ひよこが中1の頃参加した駿台FJのセミナーでも、
偏差値的に縦に広げる、日程的に横に広げるつもりで
考えると良いというお話を伺いましたが、
I 塾でも、現状の偏差値にこだわり過ぎて、受験校の幅を狭くしないことを勧められた他に、
初戦から最後の受験校まで、緊張感を保ち続けられるような日程を調整したり、
近隣県の学校を前哨戦(?)などに利用したりして
『攻めの姿勢』を失わずに
全ての受験を終えられるように・・・とのお話がありました

そして、70名以上の先輩方の 12月の定例テスト&冬期講習の定例テストの平均偏差値と共に、
合格校、不合格校、進学校などをリスト化して配布して下さったので、
併願パターンの参考となっただけでなく、
入試直前期にどのくらいの偏差値をとることを目標にしなければならないのかが
とてもクリアになりました (簡単には達成できそうにない目標なんですけどね




最後の本番までの過ごし方では。。。

犬の散歩や、皿洗いなど、日頃から習慣となっていることは、
受験前だからといってやめない方が良い
というお話が印象に残りました。
いつも通り、生活のリズムを変えないことが大切なんでしょうね(^^*)b

それと、これからの時期、親も気持ちに余裕がなくなって、
子供に色々言いたくなっちゃう時もあると思うけれど、
親のひと言が子供の気持ちに多大な影響を及ぼすことも多いので、
「不安や心配は、是非 I 塾の担当にぶつけて下さいと仰ってました。
実際、本番までの間、月に何回も親御さんと話されるケースもあるらしく、
塾の先生って、子供だけじゃなくて、ほとんど親のメンタルケアまで
してらっしゃるのね(@。@)
って思っちゃいました。

とりあえず、マミマミもあんまりクラス担当の先生にご迷惑をおかけしないように
で~んと構えた肝っ玉母ちゃんを目指さなきゃいけないですね(^_^;)




・・・・・・という訳で、とても有意義なセミナーでした(*^_^*)



帰宅後、しっかりひよこに報告して
「受験前日まで、夕飯の皿洗い やりなさいよ~と言ったら、
「ママって、そういう自分が楽できるようなトコだけは、しっかり聞いてくるよね
って言われちゃいましたけどね(^。^;A










こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
あまり頻繁にインできないので、現在コメ欄は閉めさせて頂いています
御用の方は拍手コメをご利用下さいませm(___)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 子育て・教育 Category:
編集[管理者用]
「え? 1週間以内に更新してる
・・・・・・と驚いて下さったでしょうか?(^m^*)
また いつ月刊ブログ化してしまうか分からないので、
とりあえず余裕のあるうちに少しでも記事更新を・・・
と思っているマミマミでございます(^。^;)
こんな超不定期更新のブログを読みに来て下さった皆様、
本当にありがとうございますm(__)m





さて、先月末の I 塾定例テストの結果が返却されて来ました

前々回の記事に「9月の定例テストで、もう+1くらい偏差値を上げられると
安心なんだけど。。。」
と書いたんですが、
何とひよこの成績は下がってしまいましたぁ~

さすがに谷底偏差値記録を更新するほどの下降ではありませんでしたが、
皆が頑張っているこの時期に 思うように成績を伸ばしていくのは、
ホントに難しいですね~



C県私立前期入試スタートまで3ヶ月半を切ったこの時期に
少しでも成績が下降するというのは、
正直言って 親としても心穏やかではいられないのですが、
例によって、メンタルの弱いひよこが どうしよ~ヾ(゚ロ゚*)ツ三ヾ(*゚ロ゚)ノ と焦りまくってるので、
ここはひとつ、で~んと構えてヘタレ娘を落ち着かせてやらなきゃいかんかな ε=( ̄。 ̄;)
と、父ちゃんと2人でフォローに回りました




父ちゃんも、マミマミもな。。。
ここ最近(3回くらい)の I 塾のテストを見ていると、
回によって、特定の科目の問題数がすごく多くなっていたり、
あるいは特定の科目にだけ難易度の高い問題が多かったり・・・
色んなタイプのテストをしてみて、個々の生徒がどんなタイプのテストが得意で、
どんなタイプのテストが不得意なのかを見ようとしている気がするんだ

ひよこ自身も、夏季講習の中間テストは数学の問題数がすごく多かったけど、
夏季講習最後の模試では国語の問題数が多くて、
9月の定例テストでは英語の問題数が多かった気がするって言ってたろ?

この3回のテストの塾生の平均点はほとんど変わらないんだけれど、
ひよこの偏差値には小さいながらもがあったよな。
それって、合格率80%ラインの I 塾偏差値が同じ高校が3校あったとしても、
それぞれの学校がどの科目の問題の難易度を上げてくるかによって、
ひよこの合格可能性は結構違ってくるってことだよ(@_@)b


もちろん、どんなタイプのテストでも安定して高得点を取れることが理想
だから、今回のテストで見つけた弱点は、絶対に潰していく努力をしなきゃいけない。

でもな。。。
どうしても譲れない志望校は玉砕覚悟でチャレンジ受験するにしても、
併願校で迷ってるなら、自分の得意分野を生かせるような出題の学校を選べるように・・・
と、I 塾は色んなタイプのテストをしてくれてるような気もする
んだ

各志望校の過去問を何年分も解いていくと、
もっとはっきり各校の出題傾向への向き不向きが感じられると思うけどな


だからな。。。
ラストスパートの時期に右肩上がりに成績が伸びて行かなかったとしても、
成績のUPDOWNに一喜一憂するだけじゃなくて、
それを最終的な受験校選定に生かして、
ベストな併願戦略を立てるために役立てられれば、
少しは成績がガタガタ上下した甲斐もあるんじゃないかな?(^^*)b





そういう視点で、今回のテスト結果を見てみると。。。
得意の英語が時間切れで、最後の長文を流し読みしちゃったよな。

ひよこの受験校候補のJ校は、他の志望校の1.5倍くらいの量の長文読解問題が出題される。
そうすっと、この学校をどうしても受験したいなら、スピードUPは必須ってことだ。
逆に、スピードUPが万全じゃなきゃ、併願校としては安全校とは言えなくなりそうだよな。



それと、国語
今回の定例テストでは、古文の問題が出題されなかったよな。

夏休み前にZ会『古文上達(基礎編)』を完走してから、
古文は常にひよこの得点源だった。
でも、ひよこは現代文読解も苦手な訳じゃなかったから、
古文が出題されないと、思うように国語で全体の偏差値を引き上げられなくなる
とまでは、思ってなかったよな。
今回、それが分かったのは収穫だったんじゃないか?

ひよこの受験校候補のH校は古文が出題されない。
だったら、他の教科で総合得点を引き上げることを考えないと、
この学校は厳しいってことだ。


他の科目でだって、こんな風に考えていけば、きっと色々発見があると思うぞ




・・・・・・とまあ、転んでもタダでは起きない的な考え方を
パニクってるひよこに伝授しておきました(;´Д`A ```


少しはヘタレ娘が凹み過ぎないように フォローできてたら良いんですけど。。。ε-(´・`)










こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
あまり頻繁にインできないので、現在コメ欄は閉めさせて頂いています
御用の方は拍手コメをご利用下さいませm(___)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category:
編集[管理者用]
あっという間に、もう6月ですね

ひよこは、来週が前期中間テストなんですが、
只今、修学旅行中でございます

旅行前にテスト勉強してたんでしょうかね?
なんだか、恐ろしい結果になるんじゃないかと、
心配しているマミマミです





それはさておき。。。
先月末に受けた I 塾定例テストの結果が返却されてきました
3科合計の方は、偏差値75~80で、順位も好調のままだったのですが、
5科合計の方は、偏差値70~75で、順位もDOWNしちゃいましたぁ~



まあね。。。
ひよこは、入塾以来、ず~っと『山あり谷ありな成績推移な子ですから、
このまま好調な成績を維持できるとは思っちゃいませんでしたが。。。

中3の場合は、周囲の皆も頑張ってるから、
このままどんどん『谷』が深くなる可能性もあるわけで、
本人もなかなか落ち着いていられないみたいですね(^。^;)

いつになく、真面目に成績下降の原因をチェックしてましたよ(^m^*)




今回5科合計の成績が下がった原因は2つ



ひとつは、理科の成績が下がっちゃったこと。

ひよこは、毎日、寝る前に理科又は社会の覚え直しを1単元ずつやってるみたいなんですが、
5月はずーっと社会の覚え直しをしてたらしいんです。
そうすると、社会の点数はUPするけど、理科の点数はDOWNしちゃうんですよね(^_^;)
で、理科の覚え直しをし始めると、今度は理科がUPして、社会がDOWNしちゃうんです

要するに、まだ理科社会『長期記憶』として定着するほど、
やり込めていない
ってことなんですよね

「とりあえず、今月は理科強化月間にするけど、
 入試直前期は理社同時に覚え直ししないとだめかも~

とか言っとりました(^。^;)





もうひとつは、数学の応用問題の正答率はUPしたんだけど、
基本~標準問題の正答率がDOWNしちゃった
こと。


どういうことかと言うとね。。。
I 塾定例テストの英数国の問題は150点満点で、その内100点分が基本~標準問題、
残りの50点分が応用問題になっています。

でね、5科合計の偏差値や順位は公立受験向きになってるから、
基本~標準問題(100点満点)のみで成績がつくんだけど、
3科合計の偏差値や順位は私立受験向きになってて、
応用問題も含めた150点満点で成績がついてるんです。

だから、英数国の3科目については、
公立向けと私立向けで偏差値や順位が全然違ってきちゃう
わけ(@。@)b


 ひよこの成績がどうなってるかというと。。。
前回の定例テストでは、基本~標準問題の正答率が95%超で、
応用問題の正答率が約30%だったのに、
今回の定例テストでは、基本~標準問題の正答率は90%未満で、
応用問題の正答率が約70%だったんですよね

んな訳で、私立向きの偏差値はUPしているのに、
公立向きの偏差値がDOWNするという現象
が起こっちゃったんです


多分、ひよこの所属クラスが難関国私立向けなので、
塾の授業自体が応用問題演習に重点を置いているからだと思うんですが。。。

この変化を喜んで良いのか、悲しんで良いのか、よく分かりません(^。^;)


「次も応用問題が解けるとは限らないし、
 平方根の計算ミスが多かったから、とりあえず、
 『高校入試突破 計算力トレーニング』の平方根の部分だけ、
 やっとくぅ~
とか、ひよこは言っとりましたが(^_^;)




なんだか。。。
テストを受ける度に、新たなる『穴』が出現するもんで、
『穴』を潰していくのも、なかなか、大変そうです(^。^;)

でも、それが勉強ですものね
頑張れ! ひよこ~o(^-^)o










こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
あまり頻繁にインできないので、現在コメ欄は閉めさせて頂いています
御用の方は拍手コメをご利用下さいませm(___)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category:
編集[管理者用]
先日、ひよこは I 塾主催の中3学習法説明会に行ってまいりました
おそらくC県の場合は、学区ごとに公共施設のホールを借りて行われているんじゃないか
と思うので、「我家はこれからだよ?って方もいらっしゃるかもしれませんね



実はね。。。
ひよこは中1からずっと I 塾に通っているのだけれど、
保護者向けでなく、塾生(子供)向けに塾がセミナーを開催してくれたのは初めてなんです!
もっと言うと、親子で参加するセミナーは全くありません。

マミマミは、昨年他の大手塾のセミナーに積極的に伺ってみたのですが、
平日の日中に行われた入試報告会や、受験生の親の心得についてのセミナー以外は、
どの塾のセミナーでも、親子で参加されている塾生さんのご家族が多かったです。
だから『保護者と子供を分けて。。。』というのは、
I 塾の特徴なのかもしれないですね~(@。@)b

内容的には、内申の計算方法なども含めたC県公立入試の仕組み、
公立入試と私立入試の比較といった入試制度の基礎知識
今年合格された先輩方の合格体験談、各科目の学習法や本番までのスケジューリングなど、
盛り沢山だったみたいです



色々勉強になったみたいですが、ひよこが特に着目してたのは3点


一つめは、合格した先輩方の夏休み中の1日のスケジュール

やっぱり、食事と風呂以外は、ずっと勉強してたぁぁぁ~  。。。とかなんとか
いや・・・天王山なんだから、当たり前でしょ? と親は思わないでもないんだけど、
人生初の受験を迎えるひよこにとっては、先輩方から直接話を聞いて、
ようやく大変さを実感できた
って感じだったみたいです(^。^;)




二つめは、昨年度の難関校合格者のうち、
4月初めの I 塾 春講模試の成績が2番目に低かった先輩の偏差値


首都圏難関校約30校の合格率80%ライン、60%ラインの I 塾偏差値と共に表になってたんだけど、
合格率80%の偏差値より『5』くらい低くて、
60%ラインにも僅差で届いていないくらいの方が多かったです
塾としては、春講模試の成績が悪くても、これから頑張れば合格できるから、ファイト!!
塾生達を励ますつもりで、資料に載せて下さったんでしょうね


ひよこはというと。。。
なんで成績が一番低かった人の偏差値じゃないんだろ(?_?)
それに、『こんなに春講模試の成績が良くても不合格の人もいるから、
成績良かった人も気持ちを引きしめて!』っていう資料も
あっても良さそうな気がしない?
              。。。とかなんとか




三つめは、I 塾の年間カリキュラム

首都圏の他の大手塾に比べると、ゆっくりペースではあるけれど、
天王山までには中学の履修範囲の先取り学習が終了すると思っていたのに、
数学だけは秋まで終わらないみたい

もちろん、それでも公立入試そっくりの大規模模試や、学校の実力テストには間に合うけれど、
国私立校向けの他塾の模試は、多分秋から全範囲テストだろうに・・・悲惨な合否判定になりそう

むろん I 塾生は例年このカリキュラムで勉強して来てるんだろうから、
受験本番には間に合うってことなんだろうけど、ひよこはかなり不安になってました


スローペースなのがひよこの得意科目だったら良かったのに~
別に、C県は学校を通して併願私立の確約もらう人が多いから、
他塾の模試の出題範囲に合わせることはないのかもしれないけど。。。
ひよこは数学がホントに苦手で、一度塾で習ってからも、
何度も何度も問題演習しなきゃ、自力で解けるようにならないのに。。。
秋に先取りが終了する『2次関数』とか、ひよこでも受験までに解けるようになるかなぁ~?
Z会通信のペースに合わせて、夏休みにでも自力で数学先取り完了した方がいいの?


。。。てな感じ(^_^;)



まあ、マミマミは理数系の科目のことはチンプンカンプンなので、
父ちゃんか、塾の数学の先生にでも、相談してみたら(?)と言っておきました(^。^;)




学習法説明会の後は、近隣の大規模教室へ移動して、
他教室の塾生達と一緒に合同授業
一緒にC県公立入試の過去問を解いてきたみたいでした。
教えて下さったのも他教室の先生で、なかなか新鮮だったようです(^m^*)


学習法説明会での先輩方の経験を参考にして、
ひよこが 受験までの学習計画をしっかり立てられると良いなぁ~(*^。^*)










こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
あまり頻繁にインできないので、現在コメ欄は閉めさせて頂いています
御用の方は拍手コメをご利用下さいませm(___)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category:
編集[管理者用]
 
Copyright © 2017 ひよこと共に・・・, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。