一人娘の高校受験に向けて奮闘した、初心者受験生家族の記録です(^。^;)
http://hiyoko865.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

マミマミ

Author:マミマミ
園芸と犬猫が好きな思春期娘の母です(^_^;)

☆ブログ分析☆

ブログランキングならblogram

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
「公立中学の授業は、受験までに中学の履修範囲が終わらないことが多いから、要注意だよ~
・・・・・・とよく聞くけど、皆さんの学校はどうですか?

ひよこの学校は、理科の進度が恐ろしく遅いの )))))))(゚o゚;)
中1の学習範囲である生物(植物)、化学(物質の状態変化、水溶液など)、物理(光、音、力など)、
地学(地層、地震など)の4分野のうち、中1の12月時点で半分(生物分野と化学分野)しか終わってません
多分中2になるまでに、中1の学習範囲の3分の2が終われば良い方



もちろん塾では既に中1の学習範囲は終了しています。
でもね、週2~3日の授業で5教科全てを教える大手塾の宿命だと思うんだけど、
全科目をじっくり教えてくれる訳ではありません

授業時間数が足りないから、理社にあまり時間は割かず、英数重視になっちゃう
ひよこの塾でも、中1の地学分野なんて、2時間で終了しちゃったんだよね(^_^;)
 (まあ、長期休暇の時期には復習授業をしてくれたりするんですけど。。。)

で! よくできるお子さんならともかく、小学校の復習からやり直してるひよこでは、
なかなか塾の授業ペースで各単元をマスターしていけないんです
再度学校で教えてもらって、実際に実験してみたり、
定期テスト前にワークを2~3回解いてみたりして、
ようやく知識が定着するって感じ(^。^;)



最初は「学校で習った後でも、最終的に定着できればいいじゃん♪」な~んて思ってたけど、
このままじゃ・・・理科は受験に間に合わないことがほぼ確実
母娘で対策会議を開いちゃいました

「ワークだけでも塾のペースに合わせて、先に解いてみれば?」と言ってみたんだけど、
「ワークは、やっぱり学校の定期テスト前に集中的にやりたい!」と言うもんだから・・・
とりあえず、塾のペースに合わせて、市販の問題集でアウトプット(問題演習)を増やしてみることに

二人で本屋さんに行ってきました(*^_^*)



国立や難関私立の問題ばかりを集めた問題集は、ひよこのレベルでは全然解けそうにないし、
3科目(英数国)受験の私立と県立しか受験しないかもしれないんだし・・・・・・ということでパス

かといって、電話帳では、部活引退後の追い込み時期ならともかく、
今は量的にとてもこなせそうにないので・・・・・・これまたパス

という訳で
ほとんど公立入試問題しか載ってない 高校入試 合格でる順(理科)を買って来ました
ひよこが言うには、学校の定期テストに出た「植物」の問題と、
塾の定例テストに出た「光と音」の問題が載ってたらしいんですけどね(@。@)b


「また同じ問題が出るかもって期待してるみたいだけど。。。

       そんなにうまく行くかなぁ~?(^‐^;)







こんなまばら更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
スポンサーサイト
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中1理科
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
暫定シリーズ第4弾(^^;)
いよいよ小学校時代に全く手をつけなかった理社の学習計画を立てねばならなくなった

国算の入塾テストの結果で、ほぼ全員中学受験経験者というI 塾の上位クラスに入ってしまったひよこ
皆は先生の質問に答えられるけど、ひよこは全然答えられない~
と、理社の授業の度に半泣きしているのは言うまでもない
I 塾の授業を受ける前に、既に知識量が違うという現状である

しかも、I 塾は英数に力を入れていて、理社の授業は月1回程度
かなり家庭学習に力を入れないと、理社が崩壊しそう
とりあえず、ひよこが塾の授業についていけるように、
復習だけでなく予習もする学習サイクルを作ることにした。


予定としては・・・・・・

Ⅰ 塾の予習
   ①理科ソング
     小さい頃からピアノを習っていたひよこは、曲を覚えるのは得意。
     超高速で歌いながら、問題集なども解いていく。
     ただし、別途の漢字練習をしないと書けない名称が続出しているが・・・・

   ②中1・中2の完全復習(理科)
     これはI 塾のテキストとほぼ同じ内容がサブノート形式で書かれていて、
     チェックシートで赤字の重要事項を確認していけるので使いやすい。
     ひよこに言わせると「塾のテキストより図がカラーでずっと見やすい」のだそう(^w^)

Ⅱ 塾の授業

Ⅲ 復習
   図でわかる中学理科
     多くの方々がブログ等で紹介され、ネット本屋のレビューでも評判の良い名著。
     頻出の「顕微鏡の接眼レンズと対物レンズを取り付ける順番」などもきっちり書かれていて、
     アンダーラインまで引いてくれている

Ⅳ 学校の授業

Ⅴ テスト勉強
   塾のテキストを使用して記憶の定着

Ⅵ 塾の定例テスト

Ⅶ 学校の定期テスト

・・・・・・という感じである


問題演習に関しては、塾の宿題と学校のワークがメインとなるが、
必要に応じて、以下の2冊を追加するつもりだ

理科の記述問題が面白いほどとける本
   理科の問題演習など全くやったことのないひよこは、選択肢問題なら正解できる問題でも、
   記述問題ではいわゆる『満点解答』を書くことができない
   この本は中学受験用のテキストだが、記述問題の要領をつかむには良いと思う

中学総合的研究問題集(理科計算問題)
   C県の私立校では理科の計算問題もかなり出題されているため、
   時折解かせて、問題慣れさたい。


果たして、理社にどこまで時間を割けるか分からないが、
理科はひよこが一番好きな科目なので、
とりあえず弱点にならないようにだけはしたいなぁ~(^^;) 






人気ブログランキングへ
 

  
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中1理科
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Copyright © 2017 ひよこと共に・・・, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。