一人娘の高校受験に向けて奮闘した、初心者受験生家族の記録です(^。^;)
http://hiyoko865.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

マミマミ

Author:マミマミ
園芸と犬猫が好きな思春期娘の母です(^_^;)

☆ブログ分析☆

ブログランキングならblogram

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2学期制のC県の公立中学に通うひよこにとっては、
今月は学校の後期中間テスト塾の定例テストのWパンチの月

直前にならないとテスト勉強しない我家の怠け者娘も、
勉強に追われております(^_^;)

で! 中1も後半になってきて、塾や学校で習う英語のイデオムも急増してきたもんで、
ひよこは、冠詞前置詞の壁にぶち当たって・・・
毎日ブーブー文句をたれまくり

今頃、こんなこと↓↓↓を言ってるなんて・・・ホントにお恥ずかしい限りなんですが




time』って、three times とか four times みたいに、回数を表す時しか数えられないんじゃないの
いつもは Do you have time? とか言ってるのに、何で I had a good time. の時は a が入るのよ

I go to the park. なのに、I go to church. だし、I go upstairs. だし。。。
to とか the とか、入ったり入らなかったりするの・・・やめてほしいのよね

なんで be surprised at なのに、be scared of なわけ?
なんで、なんで、get to なのに arrive at なわけ?
コロコロ前置詞変えるなって言うの

もう・・・覚えにく過ぎ~(ToT)


・・・てな感じ(´。` ) =3




まあ、気持ちは分かります

父ちゃんやマミマミだって、原則と例外って感じでまとめて覚えられるもの以外は、
最初はほとんど力技でイデオムを暗記してました(^^;)

長年英語を学んできて、この年まで使い続けてきて、
ようやく「ネイティブの人って、こういう感覚でこの前置詞を使ってるのね」って分かったものも多いです

でも、父ちゃんやマミマミが中学生の頃と違って、
今時は英語圏の人達の言葉の使い方の感覚みたいなものについての本って結構出版されてますよね
力技の暗記に入るに、それぞれの前置詞のイメージ等を知ることができれば、
ひよこも少しは楽になるのかも?

ということで、とりあえず中学生向けの「世界一わかりやすい中学英語の授業」をと薦めてみました(^_^;)


この手の本を読んだからといって、イデオム中の前置詞が全て閃けるようになって、
暗記がなくなるという訳ではないけれど。。。


     ひよこのイデオム暗記スピードが、
          少しでもアップすればいいなぁ~(^。^;)







こんな まばら更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
このブログを以前から読んで下さってる方はご存知だと思うんですが、
就学前の大昔の話だし、学校教育は日本でしか受けてないので、
帰国子女というのはあまりにおこがましいのですが、
ひよこって、父ちゃんの転勤の関係で、一応アメリカに住んでました(^_^;)

日本語と英語と同時にくらいに話し始めたひよこが、そのまま英語を忘れちゃうのも残念なので、
ひよこ一家は、帰国してからも、小学校を卒業するまでベルリッツで英会話を習わしてたんです。

・・・・・・と、ここまで書くと、ひよこは小学校時代から英検等を受験して、
すごく英語の先取り教育をしていたかのように思われるのですが、
ひよこ一家は小学校時代は耳だけ鍛えて、中学に入ったら文法を重視しようという方針だったので、
ひよこには英語の読み書きはほとんど学ばせませんでした。
だから、英検も全く受験していません。

それでも、中学入学前に英語を多少なりとも学んできたという意味では、
ひよこの中1段階での英語学習はチョット特殊です。
だから・・・この記事に書くことは、一般的にはあまり参考にならない学習方法かもしれませんので、
そのつもりで読んでくださいね(*^_^*)





中学入学時のひよこの英語の実力・・・・・・それは、とても偏ったものでした。
リスニングとスピーキングに特化したものだったんです。
英検4級用の単語集に載っているくらいの単語は、聞けば、ほとんど意味が分かるけれど、
全く読んだり書いたりできない状態。
中学で学習する範囲の文法事項も、書き言葉の関係代名詞などを除けば、全て英会話としては履修済み。
でも・・・・・・文法的な決まりは全く知らない状態でした。

具体例を挙げると。。。

I did my homework.
I have done my homework.


という2つの文が「宿題、やっちゃった♪」って意味だということは理解できても、
過去形と現在完了形の違いは全く分からない。
もっと言えば、diddone が同じ単語の過去形と過去分詞形であることすら知りませんでした。

だから先取り教育にはあまり熱心でなかったひよこ一家も、英文法の学習に関してだけは、
「既にひよこが会話の中で使ってきた文章を、文法的な説明を加えて理解させようと思って、
学研ニューコースの「中学英文法」参考書問題集を使用して、
中学英語の文法のみ家庭学習で先取りしてきました。

中1の夏休みは得意を伸ばすより、苦手をなくす学習をすると決めたひよこ一家なんですが、
家庭学習で進めてきた中学英文法も、残すところ大きな山は受動態関係代名詞のみになったので、
得意科目の英語の文法も夏休み中に終わらせてしまうことにしたわけです(^^)♪
使用した参考書や問題集には、基本問題入試問題が載っているんですが、
基本問題しか解いていないから、進みが速いってのもあるんですけどね(^。^;)
復習は ・・・I 塾と学校の授業でやってもらおうと思ってるんです(^m^)b


さて、文法学習を急ぐ必要性は全くなかったのに、
中1の夏に中学英文法を一通り学習してしまおうと思った理由は、英検受験を考えたからです。

英検に関しては・・・以前の記事に詳しく書きましたが、
テストが終われば復習なんてしそうにないタイプのひよこが、得意のリスニングと英語のカンだけで、
マークシートのテストで60~70%の合格ラインをクリアできたとしても、
それじゃああんまり意味がない気がして、ひよこ一家は英検受験を控えてきました。
「せめて中学英語の範囲である3級くらいまでは、まぐれ合格じゃなくて、
きちんと勉強して合格していってほしいなぁ~」
って思ったんです

ただ、先輩ブロガーのりり母さん「私立の確約交渉の時に英検を持っていると有利だから、
早めに取っておいた方が良いわよ~
と教えていただいたので、
可能なら「中1の間に英検デビューできるといいなぁ~♪」とは思ってたんです。


その中1英検デビューを決心させる要因となったのが、I 塾の単語テストの進度でした

誤解のないように言っておきますが、I 塾は難関公立校向けの塾なので、
先取り学習は難関私立向けの塾ほど速くありません。

例えば、夏休み前の数学の進度を見てみると。。。

難関私立向けの塾・・・・・方程式終了
I 塾・・・・・・・・・・・・・・・・・方程式の途中(夏期講習にて終了予定)
Z会通信・・・・・・・・・・・・・・文字式終了
学校・・・・・・・・・・・・・・・・・文字式の途中(9月第2週の期末テストまでに終了予定)


。。。となっていて、決して進度は速くありません。

でも! 英単語テストだけは別なんです


I 塾には英単語&英熟語用のサブテキストがあり、約2週間に1回、単語テストが行われます。
サブテキストの英単語は約20にレベル分けされており、下のレベルに合格すると、
次のレベルに進めるという仕組みになっています。

ひよこは漢字を覚えるのは大の苦手ですが、英単語を覚えるのは得意みたいで、
今のところ満点合格し続けているため、合格ラインがどのくらいかは分からないのですが、
多分80~90%正解すれば、次のレベルに進めるんだと思います。

1レベルの単語数は、最初は30語、次は50語、その次は70語・・・・・・と増えて行き、
現在150語くらいになっています。
このまま1レベル150語だったとしても、合格し続ければ、中2の夏には、
難関私立校受験に必要な3000語は一通り学習してしまうことになる猛スピード
なんです

この単語集、リスニング対策用にCDがついているのはもちろんのこと、
形容詞を習えば、必ず比較級、最上級、対義語などまで覚えさせ、
動詞を習えば、必ず過去形、過去分詞形まで覚えさせる
というテキストになっています。
文法は混乱を招くので先取りしないけれど、単語は先取りしとけってことなんでしょうね(^_^;)

そんなわけで・・・・・・I 塾の単語テストの勉強をしていると、
中1の間にかなりの単語を覚えることになるので、
家庭学習で文法さえ押えておけば、中1英検デビューができそうだとマミマミは思ったわけです


でも・・・英検用のテキストは文法特化ではないので、
学研のニューコースを終了した後は、安河内哲也 著「英文法レベル別問題集」①~⑥(東進ブックス)で、
マークシートの文法問題演習をしていくつもりです(*^^*)
大学受験用の問題集ですが、①②は高校受験レベル、
③④は私立確約のために英検2級を目指すなら必要なレベル
って感じです


冬には、ひよこも英検受験できるといいなぁ~o(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)o






人気ブログランキングへ



*おまけ*
本日もピアニストなニャンコ2号 ホントにピアノ好きです(^。^;)
夜に撮影したので、ライトの加減で黄色っぽい写真になっちゃいました

P1010034.jpg
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
難関数学オプション数学講座に続いて、
夏期講習から難関英語オプション講座が始まるという案内が来ました

ひよこの通う I 塾は、難関私立校よりも難関公立校に強い塾だということは、以前にも書きました。
でも・・・実際には公立1本って人は少なくて、私立も併願する人が多いんで、
I 塾の通常のカリキュラムでも、私立受験が可能なようには作られているみたいです

でもね。。。難関私立となると、話は別
もう少し難易度が高い問題演習をして、応用力を磨くようにとオプション講座が設けられています。

このオプション講座は、中1・中2の間は英数の2科目のみ。
中3になると理社を含む4教科となります。
ただし、中1・中2の間は、各教科の先生の許可をもらって、
受講しても大丈夫と言われた生徒しか、受講できない仕組み
になっています

逆に、中3になると・・・最上位クラスの生徒は、難関オプション講座は必須とされてるんですけどね(^_^;)

ひよこの通う教室では、中2から最上位クラスを含む5クラスくらいに増えるみたいですが、
中2の間は、最上位クラスの人達も必須ではないみたい
もちろん、中1には最上位クラスはないので、受講は完全に自由となっています。

はっきり言って・・・最上位クラスは『目標校・・・開成、早慶、国立大付属』とか書いてあるから、
ひよこには関係なさそうなんですが。。。(^。^;)
C県最難関私立校は、ここ数年、東大入学者数10位以内に入ってる超難関校
偏差値的にも都内の最難関校と大差ないから、オプション講座を受講するお友達も結構いるんです(^。^;)




前回の定例テストで、ひよこは英語の成績が一番良くて、
I 塾全体でも一桁順位、ひよこの教室ではトップだったもんだから、
塾の先生からは受講を薦められちゃったんですね(^_^;)

確かに・・・I 塾の英語の授業は悪くはないです。
be動詞しか習ってない頃にも、単に英文和訳や和文英訳をさせるのだけでなく、
英文を同じ意味の英文に置き換える練習なんかも入れてくれてます。

例えば。。。
I'm in the tennis club.  ⇔  I'm a member of the tennis club.
I'm from America.  ⇔  I'm an American.


こういう練習って、海外に実際に行って生活すると、とても役に立ちますよね♪
I belong to the tennis club.  の belong to ~ (~に所属する) という言い方を知らなくても、
自分の知っている単語や構文を使って、同じ意味のことを相手に伝えることができるから

だから、きっとひよこに難関オプション講座を受講させれば役に立つだろうなぁ~とは思ったんです(*^_^*)



でも・・・ひよこ一家は夏休みは弱点潰しをしてバランス大作戦で行くって決めたから

夏休みの英語学習は、マミマミが古~い市販の参考書で教えている中学英文法を終らせるだけにして、
難関英語オプション講座は、秋から参加することにしました(*^^*)v

I 塾は、2週間毎に英単語&英熟語の小テストを繰り返して、猛スピードで語彙を増やそうとしています。
このペースで行くと中1の間に、不規則動詞の過去形、過去分詞形の単語も網羅され、
中2の夏には、難関私立校受験に必要とされる3000語くらいは覚えてしまうことになるペースです

だから・・・夏休み中に家庭学習で中学英文法を一通り終えることができたら、
(週末に一単元のペースでやってたら、既に半分くらいまで来たので)
中1の冬くらいには、ひよこも英検デビューできるかなぁ~って



まあ。。。
ひよこ一家はあんまり先取り教育には熱心な方ではないので。。。
(ひよこの脳ミソじゃ、そんなに先取りしても理解できないと思うし。。。

できる範囲で、マイペースに頑張ってみるつもりです (∩_∩)ノ♪






人気ブログランキングへ




*おまけ*
本日の2ニャン・・・こらこら 喧嘩しにゃいの


DVC00067blog.jpg
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中1英語
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
ひよこ一家の英語教育方針は、ちと変わっている(^^;)

小学校時代は耳しか鍛えず、中学に入ったらひたすら文法重視

・・・・・なのである。


実は、帰国子女というにはあまりに遠い昔のことなのだが、
ひよこは小学校就学前に、父ちゃんの転勤で海外に暮らしていた。

帰国後インターナショナルスクールへの進学も考えたが、
授業料が通常の私立校の3倍くらいすること、
帰国子女ならともかく、日本のインターの卒業資格で受け入れてくれるのは、
私立大学の文系の学部に限られてしまうことから、
普通の日本の小学校に通うことにしたのだ。

日本の小学校教育を受けて、ひよこはすっかり英語を忘れて、日本語を話すようになった。
しかし、音楽の世界で絶対音感が5才位までにつくと言われるように、
外国語学習においてもリスニングとスピーキングは幼少時代から慣れる方が良いはず!
そう思ったひよこ一家は、ひよこを英会話教室にだけは通わせ続けてきたのである。

読み書きに関して学習させたのは、はじめてのフォニックスはじめての英文法くらい

耳を鍛える・・・・・という教育方針の効果があったかどうかは、
今後のリスニングテストの結果を見てみないと分からないが、
とりあえず、発音は未だに父ちゃんより綺麗である(爆笑)


さて、中学に入って・・・・・

英語に関してはI 塾もかなり力を入れているし、
塾だけでなく、学校でも単語のテストが頻繁にある。
とりあえず「お任せ」でも良さそうな気もするが、
文法重視のひよこ一家は、英文法だけは家庭学習もしていくことにした

使うのは・・・・・・大~昔~に買った学研ニューコースの中学英文法の参考書問題集
新装版買った方が良いかしら・・・・・・とか思いいつつ(^^;)アハハ

とりあえず、中学で学習する英文法のうち、関係代名詞以外は、
小学校時代の英会話教室で一応習っているようなので、
中1の間にざっと一通り終えてしまうつもりである

その後は、I 塾や学校の進度に合わせて文法事項を復習しながら、
ひよこの苦手な英熟語長文読解に力を入れていきたい

でも・・・・・まだコレといった参考書に出会ってないから、
また本屋巡りしなきゃいけないかなぁ~(^^;)





人気ブログランキングへ
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中1英語
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2017 ひよこと共に・・・, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。