一人娘の高校受験に向けて奮闘した、初心者受験生家族の記録です(^。^;)
http://hiyoko865.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

マミマミ

Author:マミマミ
園芸と犬猫が好きな思春期娘の母です(^_^;)

☆ブログ分析☆

ブログランキングならblogram

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2013.04.30/ 12:00(Tue)
4月も終わりになりました
新年度がスタートしてからの1ヶ月くらいって、あっという間に過ぎますよね(^^;)

そして・・・・・・塾の定例テストもやって来るわけでして・・・・・

ついに理社で崩壊して、ひよこが上位クラスから転落する日が来たか

と、覚悟を決めてたマミマミなんですけど、第1回定例テストの科目は英数の2科目のみでした


入塾テストと全国模試は国算のみ。 定例テストは英数のみ。
・・・・・・で、なかなか5教科のテストにならないI 塾なんですが、
ひよこは、理社のテストがなくて、救われたのかもしれません(^^;)


結果は・・・・・・

   英語      100点 (平均点 約 88点)
   数学       96点 (平均点 約 75点)
   2科目合計  196点 (平均点 約163点)


でした。


まあ、英語はほとんどbe動詞のさわりの部分しか習っていないし、
数学は小学校の算数と「正と負の数」が半々くらいの出題。

上位クラスの面々は、2科目とも満点続出・・・・・という感じでした

それでも・・・・・・やっぱりひよこは数学で1問計算ミスしてしまうんですよね
基本的な問題でミスをなくすことは、今後の課題です(^^;)


とりあえず今回は、上位クラスのまま生き残れました
でも、1ヵ月もすれば、また定例テストがあります
試験科目は・・・・・今度こそ5教科です


来月は学校の中間テストとダブルだし・・・・・・

打ちひしがれて、立ち直れなくなりそうな予感(T。T)






人気ブログランキングへ
 
スポンサーサイト
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2013.04.29/ 12:00(Mon)
入塾テスト、模試、定例テスト・・・・・どのテストでも1問だけ計算ミスをして満点のとれないひよこ
ちと気になって、ひよこの塾の数学ノートを見てビックリ

途中経過の式がまるっきり書かれていない!
「正と負の数」の四則計算は、全てテキストの問題を写して、即解答を書いているだけ
分数の通分すら書いていないのである

マミマミ「ひよこ、なんで余白にメモするだけで、きちんと途中経過の式を書かないの?
     だから計算ミスがなくならないんだよ
ひよこ「だってぇ~式を書かなかったら、皆と同じくらいのスピードで解けるもん。
     間違えだって、1問くらいしかないじゃん

小学校の算数の復習授業をやった時に、上位クラスの中学受験経験者との
解答スピードの差がよほどショックだったらしい


そこで、父ちゃん登場 珍しくお説教が始まった(^^)b

父ちゃん「ひよこの曾じいちゃんが教えてた京大の入試問題はな、
      すげぇ難しくて、なかなか全問完答できる人はいないんだ。
      でもな、途中までの考え方があってれば、部分点をちゃんとくれるんだ。
      これから大学受験まで勉強していくと、考え方を示しなさいっていう証明問題が沢山出てくる。
      途中の式を書かずに考え方なんて示せないやろ? 式は大事だぞ!
      式を書いていたら、上位クラスのスピードについていけないというのなら、
      式をきちんと書いて、中位クラスにいる方がよっぽどいい


中学生になっても父ちゃんと風呂に入っているパパっ子のひよこ
父ちゃんに言われると「分かった~」と引き下がる(^w^)


おいおい
途中経過の式を書く
・・・・・・なんて、小学校の低学年で学ぶことだろう

なかなか先が思いやられるマミマミであった(-。-;)





人気ブログランキングへ
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中1数学
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2013.04.28/ 12:00(Sun)
塾の先生がねぇ~、受験勉強で一番大事なのは『燃え尽きないことだよ』って言うの。
 学校の先生は『中学生になったら、勉強しないとだめだよ』って言うのにね。

先日ひよこが不思議そうに話してくれた。

ひよことっては、受験のための学習塾の先生が「勉強しろ」と言わないのは、
とても意外なことだったらしい。

でも・・・・・「塾の先生、なかなか良いこと言うなぁ~」とマミマミは思った。

ひよこが通っているのは、まがりなりにも大手塾の上位クラス。
ひよこの様に、ついていくのに必死でヒーヒー言ってる子もいるが、
ほとんどの子は中学受験を経験した子達なのである。

中学受験で第一志望に合格できなかった悔しさから、
高校受験コースの今までのテストは、模試も定例テストも単語や漢字の小テストにいたるまで、
全て満点しかとっていない・・・・・・という頑張り屋さんもいる。

でも、受験勉強の道のりは長い
小学受験を目指した子達は、幼稚園の年少くらいから約15年、
中学受験を目指した子達は、小3の3学期くらいから約9年、
高校受験から始めた子達でさえ、中1から約6年、
大学受験までの間に勉強し続けなければならないのである。
大学院受験や国家資格取得を目指す人達は、もっと長くなるだろうが。。。

その間、ずっと全力で走り続けるのは、とても厳しい
マミマミの身近にも、中高一貫の名門校に合格した後、解放感から中だるみしてしまう子や、
超難関校に進学したのは良いが、入学後どんなに勉強しても成績が中位のままで、
学習に対するモーチベーションを失ってしまう子がいる

長い人生において、高校受験は最終目標ではなく、通過点に過ぎないのだから、
決して途中で息切れしてしまうことのないように、長く続けていけるペースで頑張っていきなさい

・・・・・・と塾の先生は言いたかったようだ

受験経験もなく、塾通いを始めて1ヶ月のひよこには、まだ理解できなかったようだが・・・・・・(^^;)

少しだけ、塾の先生への信頼が深まったかも






人気ブログランキングへ
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.04.27/ 12:00(Sat)
部活も本入部して朝練、午後練でヘロヘロになっているひよこ
それでも何とか塾や学校の宿題以外に、間違い潰しだけはやっとります

で!

この間「親も学んだぁ~!」と思ったのは「絵本」の『絵』

皆さんは『絵(え)』って、音読みか訓読みかご存知ですか?

おバカなマミマミは、「絵本」の『絵(え)』は訓読みで、
「絵画」の『絵(かい)』が音読みだ
とばかり思ってました(^^;)

でも・・・・・・『え』も『かい』も音読みで、「絵」には訓読みがないのです

「本」という漢字も『ほん』が音読みで、『もと』が訓読みなので、
「絵本」という熟語は、音読み+音読みの熟語ということになります。

この2字熟語が、音+音、音+訓、訓+音、訓+訓のいずれかという問題。
塾の漢字テキストにも、ひよこにやらせた小学校の漢字総復習のドリルにも登場しません
どこに登場するのかと思ったら・・・・・・漢検の問題集の5級6級用に各10問ずつぐらい載ってました。

とりあえず、ひよこに漢検用テキストの問題を解かせてみましたが・・・・・・
金属の名前(金、銀、銅、鉄)は全て音読み
『金』だけは、「かね」とか「かな」といった訓読みがありますが、
他の金属(銀、銅、鉄)は訓読みがない漢字
だということが判明しただけ

でも、大手のI 塾が定例テストに出すぐらいだから、高校受験にも登場することもあるのでしょう
んじゃあ、小学校で習った漢字全てについて、音読み&訓読みをチェックするべきか?

答えはNOだと思いました(^w^)
膨大な量の漢字の音訓をチェックする時間のわりに、
実際の入試に出題される頻度が低そうだからです

ひよこに言ったのは・・・・・・
「中学で新出漢字や新出の読みが出てきた時、チョットだけ音読みか訓読みを意識していこうね
ということだけ

勉強した方が良いことは沢山あるけれど、
限られた時間にこなせる量には限界あり

取捨選択をしていくって・・・・・・難しいですよね(^^;)




皆さんの応援が励みになっています
「読んだよ~!」代りにポチ♪として下さると嬉しいですm(__)m


にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中1国語
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
ひよこの通う大手塾(I 塾)では、月1回程度しか社会の授業がない。
小学校時代、社会を全く勉強していないひよこは、上位クラスの落ちこぼれ

・・・・・この2点が変わらない以上、理科同様、社会の学習サイクルも
塾の予習&復習をする手厚いものにせざるを得ない

しかし、社会の場合は、地理、歴史、公民の分野によって、
使うテキストを分けようと思う

<地理>
●予習用・・・・・・社会科ソング
            CMソング並みに耳につくメロディーの曲が多い(^w^)
            音楽好きの子には、必ずや暗記時間の短縮になるだろう
            ただし、理科ソング以上に別途漢字練習をした方が良い

●復習用・・・・・・実力めきめき合格ノート(中学地理)
            これも、今さらコメントする必要もないくらい
            ブログやネット本屋のレビューで絶賛されている名著。
            チェックシートや整理ノートもついていて、使い勝手が良い。

<歴史>
●予習用・・・・・・四谷大塚予習シリーズ(5年下)&サブノート(5年下)
            ひよこが小5の時と変わっていなければ、
            歴史分野は全て5年下に掲載されているはずである。
            サブノートが非常に良くまとまっていて、素晴らしい

●復習用・・・・・・実力めきめき合格ノート(中学歴史)
            地理編同様、あちこちで絶賛されている名著。
            ひよこ曰く「著者の先生の語り方が面白い」のだそう

<公民>
●予習用・・・・・・コンプリート公民
            僅か15頁のテキストの中に、常識として知っておかなければならない
            公民分野の基礎的事項が、表や図にまとめられていて、とても見やすい。
            中学受験向けの社会化専門塾が出しているので、講義CD自体は
            中学受験の頻出箇所について語られている。

●復習用・・・・・・未定
            巷では実力めきめき合格ノートシリーズの公民を待ち望む声が多いが、
            ひよこが中3になって公民を学習するまでに、発行されるかどうかは分からない
            口コミ情報では「社会科の中で公民の教科書が一番良い」そうなので、
            教科書を使用するか、塾のテキストを使用することになりそう
 

時事問題に関しては、中学生向け新聞を読ませようかとも思ったが、
塾や部活でスケジュールびっちりのひよこに、毎日新聞を読む余裕などなさそう
代わりに「Newsがわかる」と「ジュニアエラ」を定期購読することにした

問題演習の方は、理科同様、塾の宿題と学校のワーク
それと、資料分析問題の多いC県公立高校対策として、
中学総合的研究問題集(社会資料読解)を併用していくつもりである


というわけで、5教科の学習計画を立ててみたものの、
部活や塾で忙しい中学生は・・・・・・時間との戦い

なんとか こなして行けると良いなぁ~(^^;)






人気ブログランキングへ
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中1社会
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
暫定シリーズ第4弾(^^;)
いよいよ小学校時代に全く手をつけなかった理社の学習計画を立てねばならなくなった

国算の入塾テストの結果で、ほぼ全員中学受験経験者というI 塾の上位クラスに入ってしまったひよこ
皆は先生の質問に答えられるけど、ひよこは全然答えられない~
と、理社の授業の度に半泣きしているのは言うまでもない
I 塾の授業を受ける前に、既に知識量が違うという現状である

しかも、I 塾は英数に力を入れていて、理社の授業は月1回程度
かなり家庭学習に力を入れないと、理社が崩壊しそう
とりあえず、ひよこが塾の授業についていけるように、
復習だけでなく予習もする学習サイクルを作ることにした。


予定としては・・・・・・

Ⅰ 塾の予習
   ①理科ソング
     小さい頃からピアノを習っていたひよこは、曲を覚えるのは得意。
     超高速で歌いながら、問題集なども解いていく。
     ただし、別途の漢字練習をしないと書けない名称が続出しているが・・・・

   ②中1・中2の完全復習(理科)
     これはI 塾のテキストとほぼ同じ内容がサブノート形式で書かれていて、
     チェックシートで赤字の重要事項を確認していけるので使いやすい。
     ひよこに言わせると「塾のテキストより図がカラーでずっと見やすい」のだそう(^w^)

Ⅱ 塾の授業

Ⅲ 復習
   図でわかる中学理科
     多くの方々がブログ等で紹介され、ネット本屋のレビューでも評判の良い名著。
     頻出の「顕微鏡の接眼レンズと対物レンズを取り付ける順番」などもきっちり書かれていて、
     アンダーラインまで引いてくれている

Ⅳ 学校の授業

Ⅴ テスト勉強
   塾のテキストを使用して記憶の定着

Ⅵ 塾の定例テスト

Ⅶ 学校の定期テスト

・・・・・・という感じである


問題演習に関しては、塾の宿題と学校のワークがメインとなるが、
必要に応じて、以下の2冊を追加するつもりだ

理科の記述問題が面白いほどとける本
   理科の問題演習など全くやったことのないひよこは、選択肢問題なら正解できる問題でも、
   記述問題ではいわゆる『満点解答』を書くことができない
   この本は中学受験用のテキストだが、記述問題の要領をつかむには良いと思う

中学総合的研究問題集(理科計算問題)
   C県の私立校では理科の計算問題もかなり出題されているため、
   時折解かせて、問題慣れさたい。


果たして、理社にどこまで時間を割けるか分からないが、
理科はひよこが一番好きな科目なので、
とりあえず弱点にならないようにだけはしたいなぁ~(^^;) 






人気ブログランキングへ
 

  
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中1理科
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
ひよこ一家の英語教育方針は、ちと変わっている(^^;)

小学校時代は耳しか鍛えず、中学に入ったらひたすら文法重視

・・・・・なのである。


実は、帰国子女というにはあまりに遠い昔のことなのだが、
ひよこは小学校就学前に、父ちゃんの転勤で海外に暮らしていた。

帰国後インターナショナルスクールへの進学も考えたが、
授業料が通常の私立校の3倍くらいすること、
帰国子女ならともかく、日本のインターの卒業資格で受け入れてくれるのは、
私立大学の文系の学部に限られてしまうことから、
普通の日本の小学校に通うことにしたのだ。

日本の小学校教育を受けて、ひよこはすっかり英語を忘れて、日本語を話すようになった。
しかし、音楽の世界で絶対音感が5才位までにつくと言われるように、
外国語学習においてもリスニングとスピーキングは幼少時代から慣れる方が良いはず!
そう思ったひよこ一家は、ひよこを英会話教室にだけは通わせ続けてきたのである。

読み書きに関して学習させたのは、はじめてのフォニックスはじめての英文法くらい

耳を鍛える・・・・・という教育方針の効果があったかどうかは、
今後のリスニングテストの結果を見てみないと分からないが、
とりあえず、発音は未だに父ちゃんより綺麗である(爆笑)


さて、中学に入って・・・・・

英語に関してはI 塾もかなり力を入れているし、
塾だけでなく、学校でも単語のテストが頻繁にある。
とりあえず「お任せ」でも良さそうな気もするが、
文法重視のひよこ一家は、英文法だけは家庭学習もしていくことにした

使うのは・・・・・・大~昔~に買った学研ニューコースの中学英文法の参考書問題集
新装版買った方が良いかしら・・・・・・とか思いいつつ(^^;)アハハ

とりあえず、中学で学習する英文法のうち、関係代名詞以外は、
小学校時代の英会話教室で一応習っているようなので、
中1の間にざっと一通り終えてしまうつもりである

その後は、I 塾や学校の進度に合わせて文法事項を復習しながら、
ひよこの苦手な英熟語長文読解に力を入れていきたい

でも・・・・・まだコレといった参考書に出会ってないから、
また本屋巡りしなきゃいけないかなぁ~(^^;)





人気ブログランキングへ
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中1英語
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
5教科全てを教える大手塾は大抵そうだと思うが、
I 塾も英語と数学にはかなりの授業時間を割いている。
テキスト以外の演習問題集なども他の教科より豊富だ。
基本的には塾任せで大丈夫そうである

塾のテキストの構成自体は、自由自在などの参考書と大差ないのだが、
ひよこに言わせると「やっぱり塾の先生は、ママやパパより教え方が上手」なのだそうだ

ただ、塾の宿題や問題集をやっても、マスターできずに間違えてしまう問題については、
類題を解かせて定着させる必要がある


できない箇所を潰すための問題集として、良さそうだなと思ったのは・・・・・

受験生の50%以上が解ける落とせない入試問題受験生の50%以下しか解けない差がつく入試問題
 各問題に正答率の%が載っているので、「正答率92%の問題、計算ミスで間違えた」とか、 
 「やった~!正答率11%の問題解けた」などと、楽しみながらできそうである。

中1・中2の完全復習
 例えば、指数の大きな累乗計算をいかに簡単に解くか・・・・・とか、
 計算の仕方の工夫が解説されている問題が各単元にひとつくらいあるのが良い。
 ひよこの様に・・・・・円周率が大量に出てくる式があっても、
 きちんと3.14でくくって、計算式を簡単にせず、
 頭から力技で計算し始めるような子には向いてそうである

入試によくでる数学(標準編)(有名高校編)
 典型的な出題パターンが網羅されていて、それぞれのパターンに多くの類題が掲載されているところが良い。
 受験の半年くらい前から、出題パターンを総復習するような時には使えそう
 ただし、例題以外は解説がほとんどないので、子供一人で勉強するのは厳しそうなテキストである。


まあ・・・・・・部活や塾で時間が足りないので、とりあえずひよこには
定着できていない単元しかさせないつもりなのだが(^^;)


ただ、ひとつだけ、1頁目から最後まで、ひよこに学習させたいと思った問題集がある

それは、中学総合的研究問題集(数学図形読解)だ!!

小学校の算数を復習して感じたことだが、ひよこの場合、
方程式などの問題は、きちんと演習を重ねれば、おそらく解けるようになっていく。
しかし、最後まで苦労するのは図形問題ではないか・・・・・・と、思うのだ

昔・・・・・・確か灘中だったと思うが、東大の入試問題と全く同じ図形問題を出題して話題になったことがある。
小学校レベルの数学的知識で解けることは解けるのだが、かなりの難問
しかし、大学受験生でも解けない人も多かったその問題を、小学生でも正解できた子がいたそうである

テスト時間内に解き方がひらめくかどうか・・・・・・おそらくそれは、図形センスの問題なのだろう

問題演習によるパターン学習で、どこまで図形センスを身につけられるか分からないが、
図形に対するひよこの経験値を少しでもアップさせておきたい

いつか・・・・・・
チョット複雑な立体の断面図や展開図でもイメージしたり、
初めて見るような平面図形問題でも
適切な補助線を引けるようになるといいなぁ~







人気ブログランキングへ
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中1数学
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
大手塾はどこも同じかもしれないが、
I 塾のカリキュラムは英語と数学重視で、
国語の授業は月1回程度しかない。

漢字の読み書き、四字熟語、ことわざ、慣用句、故事成語は
宿題⇒小テストを繰り返されるので何とかなりそうだが、
読解、作文などはオプションの通信添削講座の案内が配られ、
そちらでやれという感じだ

でも、ひよこ一家は、I 塾の添削講座は、一切申し込まなかった

読解に関しては、市販の小学生用や中学生用ではない出口汪の論理エンジン本体を購入して、
レベル100まで地道にひよこにやらせていこうと思う

はっきり言って、今のひよこの国語力は崩壊している
それは、算数の一行問題を解かせた時にさえ分かる。

例えば、「3000円の1割は◎円で、20%は△円である。」という問題がある。
◎=3000×0.1 で、△=3000×0.2 で求められる超基本問題。
しかし、ひよこは、△=◎×0.2 と計算しようとするのである。

「3000円の1割は◎円で、20%は△円である。」という文と、
「3000円の1割は◎円で、その20%は△円である。」という文の違いが理解できていないのだ。

ひよこは長文読解の演習をするよりもまず、一文の構造から学習すべきなのである。
論理エンジンは一文の構造から長文の読解まで、段階を踏んで学習できる教材
・・・・・・ひよこ向きだと思う(^^)b


作文(公立2次小論文対策)については、樋口裕一の主宰する塾
中学生小論文講座(通信添削講座)を受講することにした。
主宰者の著書を読んで、小・中学生といった若年層向けのテキストでも、
「確かに」「しかし」「従って」という接続詞を使って論理展開しろ!
・・・・・と教えているところが、素晴らしいと思ったからだ。

「確かに」「しかし」「従って」を使って書くというのは、
実は、司法試験予備校のLEC等でも教えている論述の基本である

これは、大学の卒論を書く時にも、会社でプレゼンテーションをする時にも必ず役に立つ

ドラマチックな読書感想文や作文が書けなくても良いから、
ひよこには是非この論理展開の仕方をマスターしてほしい


国語の家庭学習の基本はこのふたつにおいて、
あとは・・・・・学校とI 塾のカリキュラムに沿って、
漢字と語彙をきっちりおさえていくしかないかなぁ~(^^;)


そのうち国文法とか、古文や漢文の補強もしなくてはいけなくなりそうだが





人気ブログランキングへ 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中1国語
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.04.21/ 12:00(Sun)
はっきり言って、ひよこ一家はC県の高校受験事情を全く分かっていない。
夫婦そろって他府県の出身どころか、関東地方以外の出身なのである。
しかも、父ちゃんは高校受験経験者だが、マミマミにはその経験すらない

I 塾に通う以上、ある程度はI 塾のカリキュラムを信頼してついて行くしかないが、
家庭学習の計画を立てるには、C県の高校の入試についての情報収集は欠かせない。
敵を知らねば、対策の立てようもない!
早速ネットで調べたり、C県の高校の過去問集を買ったりしてみた。


まず内申について。

父ちゃんの出身県では中3の成績しか内申に関係なかったが、
C県は中1~中3までの成績が内申に記載されるようだ。
しかも、各中学が5段階評価で何人の生徒にどんな成績を与えたか、
県の教育委員会のHPで全て公表されている。
絶対評価の時代なので、各中学が全員オール5とかつけないようにチェックされていて、
中学校評定平均値を考慮に入れて、実際の内申点を計算するというシステムである。

こりゃあ~中1から気合入れて定期テストに臨まないと、
大変そうやなぁ~(^^;)



次にC県公立高校の入試について。

C県は独自問題でなく、共通問題を採用している高校が多い。
その分、共通問題の難易度が高めになっているらしく、
受験生平均点が近県に比べて低いようだ。
まあ・・・・・都会と比べると、田舎のC県は教育水準が低いということなのかもしれないが

社会の資料分析問題の多さと、
国語にまでリスニングがあるってのは、ビックリやなぁ~(@。@)



最後にC県私立高校の入試について。

英数国の3教科の高校と、英数国理社の5教科の高校があるようだ。
これからひよこがどの科目を得意とするようになるかで、志望校を決めることになるだろう。
英語は長文問題、理科は計算問題を鍛える必要がありそう。

毎年文学史を出題している学校があるから・・・・・・
とりあえず日本人なら知っておきたい日本文学なめこの文学全集でも読ませとくかな

英検2級以上なら評価するってトコがあるけど、
塾と学校の勉強に加えて、
英検の勉強までする時間・・・・・あるかな?(-。-;)



なかなか勉強になったが、科目別にもっと出題傾向を研究していく必要がありそう
塾のテキスト、学校のワーク等もそろったところで、
家庭学習の計画立案って感じかな

ひよこには「自分一人で学習計画立てる」
          な~んて無理なんだろうな~(T_T)






人気ブログランキングへ

 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 学習全般
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.04.20/ 12:00(Sat)
I 塾に入塾してまだ1ヶ月と経っていない。
数学は小学校の算数(図形、速さ、割合)の復習しかしていないし、
英語もアルファベットと英単語を少し習っただけ。
なのに、I 塾から全国模試を受けるようにと言ってきた

小学校卒業時の自分の学力を確認して、3年間の目標を立てましょう
・・・・・・・てな趣旨らしい(^^;)

全国模試と言っても、I 塾は関東圏にしか展開しておらず、
教室の半数は本拠地であるC県にかたまってるだろうに・・・・・・と思ったが

ひよこは入塾テストの時ほど緊張せず、いつもの教室で、
いつもの友達と一緒に、いつものように模試を受けてきた。
2週間ほどで、グラフ付カラー印刷の成績表が届く。


結果は・・・・・・

国語       90~95点   100位以内 / 約6000人  偏差値65~70
算数       95~100点  200位以内 / 約6000人  偏差値65~70
2科目合計  180~190点   50位以内 / 約6000人  偏差値70~75  



この結果を見て、父ちゃんとマミマミは顔を見あわせる

マミマミ「父ちゃん、偏差値70って取ったことある? 大学受験の模試とは計算の仕方が違うのかな?」
父ちゃん「偏差値の計算方法なんて一緒だろう。 でもなぁ~ 俺も東大に合格したんだから、
      大抵の奴より偏差値は高かったと思うが、総合偏差値70はなかったぜ
マミマミ「中学受験組が抜けてしまったってのと、I 塾が私立難関校向けというより
      中堅~難関の公立校向けの塾だから・・・・・・かな? I 塾の模試って・・・・・・大丈夫かしら?
父ちゃん「まあ・・・・・1年に1回くらいは他塾の模試も受けてみた方が良いかもしれんな


このやりとりを聞いて、ひよこは大喜び

「ひよこって・・・・・すごい? 私立S校受けられるかなぁ~?
 あそこの制服、超可愛いんだよねぇ~

私立S校はC県トップの私立校。
ひよこが入学する公立中学から毎年1人合格すれば良い方なのである。
まあ・・・・・・受けるだけなら受験料払えば受けられるかもしれないが(-。-;)

「ひよこの場合は、理社が入ったら偏差値が地に落ちるでしょ
 小学校時代に何もやってないんだから

と、とりあえず言っておいた

後でネットで調べてみると、私立S校の偏差値は75、C県トップの県立C校は、偏差値73。
今時の高校の偏差値って・・・・・70超の学校がゴロゴロあるのね

それならひよこの偏差値70もありうるのかなぁ~(?_?)
県内3番手くらいの公立校や私立校なら、狙える位置にいるのかしら?

だとしたら・・・・・少しは希望の光が見えてくるんだけど・・・・・・(^^;)






人気ブログランキングへ 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.04.19/ 12:00(Fri)
I 塾は3月から新中1コースがスタートする。
他の塾に比べると、少し遅いくらいだ。

ひよこの通う上位クラスは10名前後で、全教科偏差値60以上、
全教科平均点より20点以上が所属条件になっている。

教科によって先生が違うので、当たり外れがありそうだが、
今年の中1上位クラスはベテラン講師が数学を担当するらしい。
アルバイトの大学院生の講師も多いと聞く大手塾では、ラッキーなのかもしれない


さて、年間スケジュールを見て、親として思ったのは・・・・・・

①こりゃほとんど英語と数学の塾だな。
 5教科を週2~3日で教えるのは確かに無理がある。
 理科、社会、国語は月に1回しか授業がないに等しい
 それだけ英語と数学で行き詰る子が多いのだろう。
 理科、社会、国語に関しては、学校と塾のテストに合わせて
 独自に家庭学習の計画を立てる必要がありそうだ。

②やはりテストで追いまくって、勉強させるって感じだな。
 漢字や語句、英単語のサブテキストから毎回宿題が出て、小テストが頻繁にある。
 その他に1~2ヶ月に1回のクラス分けテスト、年数回の模擬試験がある。
 ひよこに英検や漢検のテキストもやらせようかと思っていたが、
 塾のテスト勉強だけで手一杯で、そんな余裕はなくなりそうだ。


初回の授業に出たひよこの感想は・・・・・
  ついて行けないかもしれない

入塾時に言われたことだが、上位クラスのほとんどの生徒が中学受験経験者で、
小学校時代から通塾して受験勉強をしてきた子ばかりらしい。
初回の小学算数の復習授業を受けてみたら、問題を解くスピードが桁違いに速いようだ。
先生が「まだ時間が足りない人はいるかな?」と聞いて、手をあげるのはひよこともう一人の女の子だけ

解き方が理解できない訳じゃないけど、皆のスピードに追いつけないよ
こんな分不相応なクラスに入らなきゃよかった
と半泣きである

ひよこがどんなに2ヶ月間算数を猛特訓したといっても、
受験勉強のために何年も頑張ってきた子達とは、問題演習量が違うのである。
そう簡単に追いつける訳がない。

今の自分の実力を思い知ったってだけでも、上位クラスに入った意味があったかもしれないが・・・・・・
  ひよこが中位クラスに転落するのも時間の問題かも(^^;)





人気ブログランキングへ
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2013.04.18/ 12:00(Thu)
ついに来ました! I 塾の入塾テストの日

試験科目は国語、算数の2科目で、その点数によって入塾後
上位、中位、下位の3クラスに分けられるらしい。

学校外でテストというものを全く受けたことのないひよこは、
朝から「どうしよう~どうしよう~」と緊張しっぱなし

すでにI 塾に通っている友達から
「学校のテストと比べものにならないくらい難しい問題が出るぞ~
とおどされてきたようだ(^w^)

おそらく問題のレベルもC県標準学力検査とは比べものにならないはず!
「学校の成績は悪くないも~ん」とか言って、3年間も全く勉強しなかったひよこにとっては、
本当の自分の実力を思い知らされる良い機会になるだろう

「2ヶ月間、算数の問題が夢に出てくるほど頑張ったんだから、少しはマシになってるよ
ひよこでも解ける基本的な問題を、ミスなくきっちり解いてくればいいよ
中3までの3年間かけて、難易度の高い問題も少しずつ解けるように頑張ればいいんだから(^_^)b」

・・・・・・と、ひよこを送り出した私

2ヶ月間の算数猛特訓が効いて・・・・・・中位クラスに入れるといいなぁ~♪


ところが!!

2時間ほどの入塾テストを終えて帰宅したひよこが言うには

「国語は良く分かんない。 算数は・・・・・等差数列や旅人算とかあって、
確かに学校のテストより難しかったけど・・・・・・予習シリーズよりずっと簡単。
時間もテスト時間の半分くらいで終わっちゃったの。
ホントは難しい問題なのに、ひよこが間違って簡単だと思い込んでて時間余ったのかな?

と、心配そう


ん? ん? んん~?
なんなの? この期待外れなひよこの感想は(?_?)
私の予定では、井の中の蛙だったひよこが大海を知って、
これから頑張らないと大変だ!と奮起してもらう
はずだったんだけど・・・・・・(^^;)


そうこうするうちに、I 塾から結果報告のお電話が
ひよこの成績は、国語93点、算数96点
2科目とも90点以上なので上位クラスに入ることに・・・・・・(◎_◎)ウソヤロ

「特訓の成果あった!」と喜んでいいのだろうか???
否! この時はまだ分かっていなかったのだが、
いきなり上位クラスに入ったことで、ひよこは後々苦労することになるのである(^^;)

その話は、また後日





人気ブログランキングへ
 
Category: 中学入学前
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2013.04.17/ 12:43(Wed)
他の都道府県でも同様のテストがあると思うんだけど・・・・・・
ひよこ一家の住むC県では、毎年2月末に県内の全公立小学校で
国算の「標準学力検査」なるものが行われる。

1~5年の間はこのテストのために勉強したことは一度もなかったけど、
12月から始めた3年分の予習シリーズ(算数)総復習と
小学校で習う漢字総復習ドリルは終わっていたから、今年は勉強したことになるのかな(?_?)

結果から言うと・・・

算数98点  国語98点

算数は満点の子がいたので、学年トップは逃したが、クラスではトップ。
国語は満点の子がいなかったので、学年トップ。

ひよこは「2ヶ月頑張った成果だよねほめて♪ほめて♪」
・・・・・・と、喜んで結果を持ち帰ってきたが、私は素直に喜べない

だって、この県の学力検査って・・・・・・全然ホントの学力を測れないもん

前にも書いたが、ひよこは大手塾の出版してる算数の問題集で38点しか取れない実力だったのだ。
漢字の書き取りも小1で習う「南」という漢字さえ「商」と混同して、
まともに書けないレベルだったのである。

にもかかわらず、6年間のC県標準学力検査の成績は・・・・・

小1   算数100点  国語100点
小2   算数100点  国語100点
小3   算数100点  国語100点
小4   算数 90点  国語 96点
小5   算数 92点  国語 92点
小6   算数 98点  国語 98点


なのである(^^;)

確かに、私が勉強を見てやれなくなった4年生から学力が低下しはじめたのは見てとれるし、
6年生の最後に2ヶ月間猛勉強して、少しは学力回復し始めたという兆しも見える。

しかし、私に言わせれば・・・・・・

4~5年生の頃の成績はもっと悪くてもいいんでないかい?

なのである

中学受験塾の問題集レベルの出題をしろとは言わないが、
ひよこの学力が崩壊していた4~5年生の時期に、
せめて70点くらいしか取れない問題を、C県の教育委員会さんが作っていてくれたら・・・・・・

そうすれば、ひよこだって「学校の成績は悪くないも~ん」と遊び呆けていないで、
漢字ドリルくらいは真面目に勉強したんじゃなかろうか?

ひよこは今回の結果を学年トップだ、クラストップだと喜んでいるが、
こんなテストじゃ一体何人同点首位がいることやら・・・・・・と思えるのである(^^;)

結局、学校教育では実力もつかないし、実力差がテストの点数や成績表に反映されないから、
世の親たちは、塾だ、家庭教師だ、通信教育だ、漢検だ、英検だ・・・・・・と奔走せざるをえなくなる

そして・・・不景気の時代に子供の教育費は増える一方

ひよこには「頑張った成果があって、良かったねと言っておいたが、

子供の教育を考える親としては、なかなか大変な時代やのぉ~(-。-;)




人気ブログランキングへ
 
Category: 中学入学前
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(3) 
2013.04.16/ 12:28(Tue)
小学校の総復習と共にやらなきゃいけないのは塾選び!
ひよこ一家の考え方は・・・・・・「ほとんどの塾は、行ってるだけじゃ成績は上がらない」である。
塾のテキストや講師、情報量を利用して、どれだけ効率よく家庭学習できるかで決まると考えている。

確かに、各県にひとつぐらいカリスマ先生の経営する小さな塾があり、
その塾に通うと、途端に成績がオール5になったりすることがある。

私が中学受験のために通った塾もそんな塾だった。
先生が竹刀を持って入り口に立っていて、
宿題をやっていないと「帰れ~!」と言われて、授業を受けさせてもらえず帰宅する。
前回の復習をしていないと、大きな日本地図をまるめてポコポコたたかれる。
すごく厳しい先生だったが、教え方はピカイチだった。

きっとひよこ一家の暮らすC県にもそういう塾は存在するのだろう。

しかし、そういう塾は口コミ情報でしか知られておらず、
転勤族でたまたま現在関東圏に住んでいる、
地方出身のひよこ一家には知る由もない

残念ながら、大手塾の中から選ぶしかなさそうだ(^^;)

自宅から30分以内に通える範囲にある大手塾として、
S塾、W塾、I 塾が候補に挙がった。


★父ちゃんの意見★

俺はI 塾がいいと思う。

駿台、代ゼミ、河合塾・・・・・・と聞いたら、大学受験予備校ってイメージあるよな。
逆にサピックスだと中学受験塾ってイメージある。
どの塾も中学受験コース、高校受験コース、大学受験コースがあるけど、
どの段階の受験で名をはせてきたかってのはポイントだぜ!
例えば、同じサピックスの中でのカリキュラムの完成度を見た場合、
やっぱり大学受験コースより中学受験コースの方が充実してるんじゃないかな。
その点、I 塾はもともと高校受験の塾から始まったってトコがいい。

それと、I 塾の本拠地がひよこ一家の住む県だってトコもポイント高いな。
俺達の頃は、東大に入ってくる奴は駿台出身が圧倒的に多かったんだが、
愛知県の奴には結構河合塾出身がいたんだ。
河合塾の本拠地だからな。
ベストセラーの参考書を書いてるような超有名講師は、
都内の激戦区の教室にいるか、本拠地にいるか・・・・・・が多いらしい。
ひよこの通う教室にI 塾の看板講師がいる可能性は低いだろうが、
少なくとも同じ県内にいるんなら、夏休みの志望校別特訓なんかで受講できるかもしれないぞ。


★私の意見★

私もI 塾がいいと思う。

S塾は東大入学者数を競う超難関高受験に強いみたい。
宿題の量が半端じゃなくて、それについて行ければ実力がつくけど、
部活と両立できずに転塾する人も多いと聞く。

W塾は大学までエスカレーター式に進学できる私立の難関高受験に強いらしい。
確かに大学受験しなくていいのは魅力なんだけど・・・・・・例えば青山学院。
高校受験の偏差値よりも、大学受験の偏差値の方がはるかに低いよね。
青学に行きたいなら、大学受験した方が楽なんじゃないかな?(^^;)

I 塾は県内最難関の私立S校の合格者数ではS塾やW塾に負けてるけど、
公立最難関の県立C校の入学者数ではS塾やW塾を上回ってるよね。
今のひよこには、難関高向けの難易度の高い問題演習に力を入れてる塾よりも
基礎をしっかり固めてくれるような塾の方が良い気がするの。

それにね、HPを見ると、S塾やW塾は塾全体の合格者数だけで、各教室の合格者数が分からない。
少なくともI 塾は、自宅から通える5つの教室のうち、どの教室の合格者数が多いかが一目瞭然なの。
もちろん大手塾だから、講師の先生は転勤して教室を移って行くと思うけど、
教育熱心な家庭が多い地域とか、他の大手塾がなくてI 塾に優秀な生徒が集まりやすい教室とか、
見えてくる感じがするのよね。
だから・・・・・・・ひよこに通わせる教室を選びやすい気がするの。


父ちゃん「決まりだな! I 塾にしよう

マミマミ「うん I 塾の○×教室が良いと思う



この塾選びが今のひよこ一家にできる最善の選択・・・・・・
受験の神様、どうかこれが正しい選択でありますように(-人-)




人気ブログランキングへ
 
Category: 中学入学前
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
中学受験を目指すひよこの友人には、
サピックスに通う人が多い。

確かに難関中への合格率はとてもいい。

でも・・・・・・サピのテキストって通塾しない限り手に入らない。

通塾せずに手に入るのは、市販されてる日能研の書籍とか、
ネットで買える四谷大塚の予習シリーズとか。

その中で、私が選んだのは予習シリーズ
別に四谷大塚とは何の関係もないけど、
予習シリーズは非常に良くできたテキストだと思う。

小学校でまだ習っていないことを教えるために、
導入部分から丁寧に書かれている。
塾のテキストというより、教科書って感じ。
ひよこの様に、塾に通わず家庭学習をする人には、
お薦めのテキストだ。

ただ、いくつか気になる点もある。


まず、速さを比で解く問題。

方程式を使わずに解かなければいけないという苦労は分かるのだが、

「速さの比は3:2なので、仮にAの速さを③、Bの速さを②とすると・・・」

てな感じで始まって、その後は③と②を使った計算式が延々と続く。

もちろん正解は導けるし、中学入試では途中経過の式まで採点されないのかもしれないが、
③とか②とかって、一般的に数学の世界で使われてないから、
どうなのかな~と感じた。


次に例題として選ぶ問題について。

難関私立を目指す子にも対応しなければいけないのは分かるのだが、
「応用例題」として掲載されている問題の多くは、
例題レベルではなく、演習問題や発展問題として掲載すべきだと感じた。


最後に、学年をおうごとにテキストに掲載される問題数が増えるので、
例題や解答の解説がどんどん簡略化されてしまっているのが残念に思った。

例えば、高学年用テキストになると、

「辺AB=辺PQ、辺BC=辺QR、角B=角Qなので、
2辺とその間の角が等しいから△ABCと△PQRは合同である。」

という部分を飛ばして、

「△ABC=△PQRなので・・・・・・」

と解説が始まってしまう。

だから、子供に一人で解答を読ませても、
「分かんな~い」
と言われることが多々あり

中には私が見ても、突然意味不明な式が登場している解答もあって、
「え?なんでこの式になってるんだろ?
とか言ってると、
「なぁ~んだ!ママの算数って、私と同レベルじゃ~ん
と、ひよこから返ってくる。

言っとくが・・・・・・私は当時京大入学者数1位を争っていた某国立大学付属中に
中学受験して合格してるのである。地方の名門校なんだからね!
大手塾の算数の問題集で38点しか取れないひよこと一緒にされたくない
しかし、大学は私立文系やっぱり算数の家庭教師には限界がある

我家の場合は、そこで父ちゃん登場
腐っても理系大学院卒
とりあえず教えてもらえるというわけである(^^;)

「パパ、すご~いさすが東大卒
・・・・・・と、父ちゃんばかりが讃えられるが気に食わないが

とりあえず、4年生のテキストは1週間、5年生のテキストは1ヶ月、
6年生のテキストは後半は問題演習しかないため、3週間で復習完了

何とか実力UPできてるといいなぁ~(^^;)



人気ブログランキングへ
 
Category: 中学入学前
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.04.14/ 14:27(Sun)
私が手を離した小4~小6までの間に、
本人が与えられた教材で自主的に学習しなかったのが、
現在の悲惨な学力の原因なのは間違いないんだけど・・・・・・

問題は・・・・・・本人が何故学校の宿題以外の勉強を全くせずにいたか
この点を解明して、改善しないと何も始まらない。
まずは、本人の意思確認からはじめたよ

本人曰く、勉強しなかった理由は・・・・・・

①勉強しなくても、小学校の成績は悪くない。
②中学受験しない子は皆遊んでるから、自分も中学に入ってから
 高校受験の勉強をすればいいと思う。

ということ。

①に関しては、公立の小学校での自分の成績に安心しきっているようなので、
学校外の模試さえ受けさせたことがなかったことを親として反省
中1から通塾させて、自分の学力がいかに低いかを認識させた方が良いと感じた(^^;)

②に関しては、一理あるのだが、それでも小学校の学習内容のうち、
最低限理解していなければいけないことがあるということ。
それは小学校の宿題だけでは、足りないということを言って聞かせた(^^;)

ただ、親がどんなに言っても、本人にやる気がなければどうしようもない!

勉強が嫌いで、どうしてもやりたくないなら、
料理人とか、床屋とか、植木屋とか・・・・・・いわゆる技能で勝負する職人さんを目指してもいい。

両親のように、普通に高校、大学と進学して就職するつもりなら、ある程度の学力が必要。

3年間勉強しなかった分を、中学入学までに少しでも取り戻そうと頑張るのか、
学力以外のもので勝負していく道を選ぶのか、決めなさいと言ってみた(^^;)

ひよこの答えは
「スポーツ選手になりたいとか、特にそういう夢もないから、
 勉強して大学行って、普通に就職する。」
だった。

そのために、ちゃんと勉強するとも約束してくれた(^^;)一応なんだけどね

で!!

とりあえず本人に選ばせたら、後は弱点発見と対策!
3年分の国算理社を全て復習する時間はない
私が選んだのは算数強化だった(^^;)

ひよこの学力を分析すると・・・

●国語・・・読書好きなため、読解問題は大きく崩れない。
     漢字も読書が効いていて、読みはほぼ及第点。
     漢字の書き取り、四字熟語、慣用句、ことわざ等の知識面の補強が必要。

●算数・・・小3までの四則計算や分数、小数の計算は定着している。
     中学に入って方程式を使えるものはカットし、
     小学校で習わない等差数列などの分野、図形問題の補助線の引き方、
     理科や社会でも必要となる割合や比の理解を深める必要あり。

●理科・・・朝日新聞社の「かがくる」を愛読していたので、まだマシ。
     ただ教科書に載っていないような知識ばかり増えているのが問題。

●社会・・・ほとんど知識ゼロに等しい。


これに対する対策として、

●国語・・・市販の小学校で習う漢字総復習ドリルを一冊やる。
     四字熟語、ことわざ、慣用句に関しては、毎日ひとつずつ
     「ちびまるこちゃんの○○教室」を読ませて、覚えていく。

●算数・・・習い事のない日に、四谷大塚の予習シリーズの例題と基本問題を3年分やる。
     算数は解説を読んでも分からない部分が出るため、私が家庭教師としてつく。

●理科、社会・・・1日1曲ずつ七田チャイルドアカデミーの理科ソングと社会科ソングを覚える。
        その際、都道府県名や県庁所在地名など、必要なものは漢字練習する。

あとは、中学に入ってから授業で習う時に何とかしていくしかないだろう(^^;)

とりあえず、2月末に県内の小学校全てで行われる学力判定テストと、
高校受験のための塾の入塾テストまでに国算だけでも一通り勉強することを目標に、
ひよこと私の猛勉強が始まったのでした

頑張るべ~!



人気ブログランキングへ
 
Category: 中学入学前
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.04.13/ 15:19(Sat)
自分で言うのもなんだけど・・・・・・私(マミマミ)って結構教育ママゴンだと思う。
リアル本屋やネット上の本屋で、良さそうな教材を探すのが大好き♪

だから、小学受験や中学受験をしない娘(ひよこ)にも、
それなりに受験向けの教材は買い与えてたの。

良かったと思える教材をリストアップしとくと、

●小学受験向け・・・・こぐま会の知育玩具と問題集
●小学校低学年向け・・・・・はなまる学習会の「立体王」などの教材
                アルゴクラブ
●中学受験向け・・・・・宮本算数教室の教材
             七田チャイルドアカデミーの理科ソングと社会科ソング
             四谷大塚の予習シリーズ(特に算数と理社のサブノート)
             出口汪の論理エンジン(読解の基礎がため用)
             樋口裕一の小論文の書き方の教材(記述式の論理展開の仕方の学習用)

という感じかな

塾にも行かず、通信教育もさせずだったけど、
家庭学習で基礎学力はつけられると思ってた(^^;)

しかぁ~し!

小学校卒業3ヶ月前に、大手塾の模擬試験形式の入試直前問題集をやらせてみたところ、

ひよこの点数は・・・・・・

算数36点、国語68点

この悲惨な結果の原因は二つ!

①ひよこが小4の頃から、両親の介護→死→実家の売却と大忙しで、
 私が全く勉強についてやれなかった。

②それでも、ゆとり教育&絶対評価の時代の小学校では、
 6年間ほとんど90点未満の成績をとることはなく、
 馬鹿な私はひよこが一人できちんと家庭学習していると思っていた。

これじゃあ・・・・・中学に入ったら、落ちこぼれてしまうかも

てなわけで、ここから母と娘の猛勉強が始まるのでした

この続きは・・・・・また後日(*^^*)




人気ブログランキングへ

            

 
Category: 中学入学前
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.04.13/ 12:10(Sat)
中学生になったばかりの娘(ひよこ)と一緒に
高校受験のために頑張っていく記録を残していきたい
・・・・・・と思い、慣れないブログを始めることにしました

いつか、ひよこ自身が受験生の母親となった時、
読んでくれたら、嬉しいなぁ~と思っています






人気ブログランキングへ
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村


 
Category: ご挨拶
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2013 ひよこと共に・・・, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。