一人娘の高校受験に向けて奮闘した、初心者受験生家族の記録です(^。^;)
http://hiyoko865.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

マミマミ

Author:マミマミ
園芸と犬猫が好きな思春期娘の母です(^_^;)

☆ブログ分析☆

ブログランキングならblogram

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
夏期講習の最終日に、総括としてテストをするという塾は多いのではないでしょうか?
ひよこの塾でももうすぐ定例テストが行われます

テストの結果によって、クラスを移動する生徒が出るのはどこの塾でも同じだと思うんですが、
ひよこの塾でも、今までのテストで中位クラスから上位クラスに上がってきたお友達がいて、
最初は5~10人だった上位クラスも、今では15~20人になっているようです。

不思議とクラス落ちする子がほとんどいないのは、先輩のお話によると、
よほど成績が暴落しない限り、中1の3クラス編成から、中2の5~6クラス編成になる際に、
クラスを移動する子が多いのだそうです。

それでも、やっぱりクラス落ちがないわけではありません

あまり向学心があるわけでもなく、闘争心が強いという訳でもないひよこでさえ、
仲良くなった上位クラスのお友達と離れるのは嫌だから、クラス落ちはしたくないと言い続けてきました(^。^;)



ところが、最近、上位クラスでは

「中位クラスに落ちると、宿題が増えるから、クラス落ちしたくない!」

という意見が、子供達の大半を占めるようになってきたというのです(@。@)


実は、コレ・・・・・・本来ありえないことなんです

I 塾では、上位クラスから下位クラスまで同じテキストを使用していて、
『宿題』はそのテキストに掲載されているため、全クラス共通のはずなのです。

入塾前に I 塾のコールセンターで聞いた時も、演習用のプリント以外は全クラス共通だということでしたから

なのに・・・なぜクラス落ちすると宿題が増えるのか(?_?)
その理由は、生徒の問題処理能力の差にありました



I 塾では、どの教科もだいたい講義⇒問題演習⇒解説というパターンで毎回の授業が行われています。
でも、生徒がサクサク問題を解けないと、8割くらいの生徒が解き終わるまで、
先生は解説に入れませんよね

生徒の問題処理スピードの速い上位クラスでは、授業中にするべき問題演習が終了しても
時間が余ることがあり、宿題になるはずの問題まで授業中に解いてしまうこともあります。

それに対して、下位クラスになると、生徒の問題処理スピードが遅いため、
授業中にするべき問題さえ、授業中に終了することができなくなり、
通常の宿題だけでなく、授業中にやり残した問題も宿題に加えられることも多いようです。

というわけで、上位⇒中位⇒下位とクラスが下がるほど、宿題の量が増えてしまうらしいのです(^_^;)



最初から上位クラスにいたメンバーはそんな差があることは知らなかったのですが、
最近中位クラスから上がってきたメンバーから「クラス落ちすると宿題が増える」という話を聞いて、
急に定例テスト勉強をやる気になったとか。。。(^。^;)

何だか・・・チョット方向性がずれている気がするんですけど・・・
とりあえず、皆、テスト勉強を頑張る気になって良かったんでしょうかね(@_@;)



親としては。。。
その話を聞いて。。。

やっぱり先頭集団について行く方が、力がつきそうだなぁ~

なんて、思っちゃいました
常に・・・自分のできる最速のスピードで問題演習した方が、良さそうですもんね(^。^;)





読んで下さって、ありがとうございます
コメント残さず、読み逃げが多くて、すみませんm(__)m


人気ブログランキングへ




*おまけ*
一瞬チューリップかと思いますが、カンナです(^_^;)    『夏』って感じですね♪


P1040671.jpg 
スポンサーサイト
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(8) 
先月受験したZ会の在宅模試では数学満点で一桁順位だったのに、
同じ範囲(正負の数と文字式)今月の添削教材は全国平均われだったことについて、
まず反省したのが、添削問題に取り組む姿勢でした

朝、学校に登校する前にZ会を勉強したことによって、
まるで学校や塾の宿題のような解き方をしていました。
でも・・・・・・もっと、テストだと思って添削問題に取り組むべきでした。
せっかく解答時間の目安が記載されているのだから、
その時間をめいっぱい使って見直しをし、ミスをなくすというようなやり方をしてこそ、
制限時間が記載されているZ会の添削教材の良さを生かすことができたのだろうに
・・・・・・
って、反省したの(T_T)



でもね、それ以外にも、夏休み中いっぱい数学の間違い潰しをしてきて、
もう少しやり方を工夫すれば、もっと効果的だったんじゃないかな・・・って思うことがあったんです

皆さんは、間違い潰しって・・・どんな方法を使ってますか?

マミマミが読んだ受験のノウハウの本でよく言われてたのは、
『一冊の問題集をボロボロになるまで解き直しなさい』とか、
『間違えた箇所を書き出したノートを作りなさい』とか。。。

『間違えノート』を作るのって、暗記科目向きという気がしたから、
数学を鍛えたいひよこの場合は『解き直し』だろうと思って、
マミマミは、ひよこに、夏休み中ひたすら間違えた問題を解き直すことを推奨したんです。
塾の先生にも「間違えた問題を何度も解きなおしなさい」ってアドバイスしてもらったしね。。。


でもね・・・夏休み中ひたすら解き直しをやってみて、数学の問題の間違え方にも色々あるんだから、
それによって間違い潰しの方法を変えた方が良さそうだと思ったんです



まず、計算問題っぽいもの

例えば、ひよこがZ会の添削問題で間違えた、正負の数の符号や、文字式での分数の約分
1回はもちろん解き直しが必要なんだけど、2度、3度と解き直してると、答を覚えてきちゃうのね

だから、何度もやってるうちに、勿論正解するようにはなるんだけど、
同じ問題の解き直しで正解したからって、以後、正負の数の符号を間違えなくなるわけでもないんです

こういう計算問題っぽいものは・・・同じ問題を何度も解き直すより、
計算ドリル的なもので類題演習する方が良さそうな気がしました。



次に、ホントに解き方が分からなかった問題

これはサクサク解けるようになるまで解き直すことが必要だと思うんだけど、
例えば、数の性質の問題で、1+2+3+・・・・+10=55 だと知ってれば解けたとか、
図形問題で、多角形の外角の和が360度だと知ってれば解けたとか。。。
知っていれば、答を簡単に導けたという場合もありますよね(^_^;)

そういう場合の数学的知識は『間違いノート』みたいなものにリストアップして、
英単語のように暗記していくのが、効果的
な気がしました。



最後に、問題をよく読んでいないために間違えた問題

例えば、扇形の周囲の長さを問われているのに、の部分の長さだけ求めて書いてしまったとか、
もっと単純なところで、何kmかと聞かれて、何mと答えてしまったとか。。。
こういうミスって、ひよこタイプのうっかり者は際限なく起こします

もちろん1回はきちんと解き直すことが必要だと思うけど、
こういうミスって中1の夏までの半年間でもかなりあるのに、
中3までにこの手のミスで落とした問題を『全て何度も解き直し』してると、
膨大な時間が必要になっちゃいますよね

むしろ、この手のミスは、学校や塾や通信教育のテスト前に、
毎回「この問題は何故間違えたのか?どこに気をつけるべきだったのか?」を
口頭で繰り返しひよこに説明させて、自分の犯しやすいミスを再確認させる
のが
良いんじゃないかと思いました。



というわけで、夏休み中の間違い潰しの反省としては、
数学だから、ただやみくもに解き直しを繰り返す・・・というのではなく、
間違いの分類をして、より効果的だと思われる間違い潰しの方法を選んでいく必要があったかな

ってことだったの(^_^;)



ひよこ自身が自分の間違いを分類して、それに対処して行けるようになるには、
チョット時間がかかりそうなんだけど・・・
勉強の仕方も日々反省と改善が必要な気がするので、
しばらく間違いを分類して潰して行ってみようと思います(*^_^*)

効果があるといいなぁ~σ(∧_∧;)







人気ブログランキングへ



*おまけ*
ニャンズはくっついてお昼寝中  仲良しだね(*^^*)


P1000248.jpg 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中1数学
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
おっそろしく出来の悪いZ会(数学)の添削問題が返却されてきました

なんと  初の全国平均われ

塾でも学校でも既に学習した正負の数文字式の総復習回なのに


I 塾の定例テストも前回からいきなり難易度が上がってきたし、
いよいよZ会も本領発揮で、ひよこでは太刀打ちできない難問ぞろいの添削問題になってきたの?
と思って問題をチェックしてみたのですが。。。

難易度は全く変わっていない!
んでもって、ひよこが解き方が分からなかった問題は1問もない!!
つまり・・・・・・ミスのオンパレードだったわけです!!!




何を間違えたかというと・・・

①正負の数の計算の符号(+、-)の間違い。
②文字式の分数の約分をしていない。
③答はあっているのに、式が解答欄ギリギリまで書かれていて、
 『33a/2』という解答が、一行上の式の『1/2』の分母と合体したように見えるため、
 『233a/2』と見なされて、になってる。
 (女の子のくせに、もうチョット綺麗な答案書いて~
平均点との差(+10点とか、-5点とか)を答える問題で、
 実際の点数(85点とか)を答えてしまっている。
⑤方陣算で1辺がNの時の値を求める文字式書けという規則性の問題で、
 N番目の値を求める文字式を答えている。
 (問題の図では、1番目は1辺が3個からスタートしてたのよね

・・・・・・・とまあ、こんな感じ



この原因と思われるのは朝勉

ひよこは朝30分だけ早起きして、Z会の添削問題を解いているのだけれど、
基本的な問題制限時間より速く解き終わっても、
見直しは全くせず
に、登校準備(夏休み中も部活登校の準備)をしちゃってるんです。
難易度の高い問題では、制限時間内に解けてはいるものの、
きっちり見直ししているほどの時間的余裕はない
んです。

この夏休み中にミスを減らすための間違い潰しをかなり頑張ったけれど、
十分な見直し時間がなければ、ひよこの正答率はガタ落ちするという状況は
変わっていないということですね(^_^;)

学校の中間テストや、Z会の在宅模試で、このところ調子が良いように見えていましたが、
今回の添削問題が、本当のひよこの実力
決して安定して高得点を狙える状態ではなく、問題の難易度や見直しの有無によって、
点数が大きく変わってくるような不安定な状態のまま
だということが明らかになりました


ローマは1日にして成らず

注意力散漫なひよこのミスを減らすためには、更なる努力の継続が必要だということでしょう。
ミスを減らす注意深さを得るという意味でも、見直しをする時間的余裕を得るという意味でも


高校受験までに改善することができなくても。。。
大学受験までには改善することができるように。。。
地道に頑張っていくつもりですp(^-^)q


ただ・・・チョット数学の間違いつぶしのやり方について思うところがあったので、
次回はそのことについて、書いてみようと思ってます





読んで下さって、ありがとうございます
コメント残さず、読み逃げが多くて、すみませんm(__)m


人気ブログランキングへ



*おまけ*
我家の百日紅です(*^^*)
今年は花つきが悪いので、お花のアップ写真で。。。

P1040790.jpg
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中1数学
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
おっそろしく出来の悪いZ会の添削問題が返却されてきたので、その話も書きたいところなんですが、
夏休み中、お勉強以上にひよこが頑張ってきた
バレエの発表会の記事を先に書いておきたいと思います(*^^*)

毎年恒例のひよこのバレエ発表会が無事終了いたしました
今年の演目は・・・ザ・クラシックと言える白鳥の湖と、
コンテンポラリー等のいくつかのバレエ・コンサート作品でした

チャイコフスキーの3大バレエのひとつである『白鳥の湖』を知らない人はいないと思うけど、
バレエをやったことのないマミマミなんかは、最初は「コンテンポラリーって何(?_?)」って感じでした

どうやら、コンテンポラリーっていうのは、ボレロなんかに代表されるモダンバレエより、
もっと後に登場した現代舞踊みたいです(^。^;)



それはさておき、今年の発表会では、ひよこは、白鳥のコールド(その他大勢の白鳥)と、
いくつかのバレエコンサート作品を踊らせてもらえました(^m^*)

この白鳥のコールドがめちゃくちゃ大変だったの!!
それも・・・・・・踊り以外の部分が!!!



ご存知の方も多いと思いますが、バレエを踊る時って、前髪も全部オールバックにしたシニヨンヘアにして、
髪のお団子は頭を出来るだけ小さく見せるために、潰すのが基本なんです。
新体操やフィキュアスケートの選手がやってるみたいな感じ。

でも、白鳥とかシルフィードみたいに白物(出演者が皆白い衣装だから?)と呼ばれる演目の時は、
サイドの髪だけスヌーピーの耳みたいに垂らしたセミ・クラシックって髪型で踊るんです。
うまく説明できないけど、昔の洋画に出てくる乳母みたいな髪型なわけ

で! 今回の発表会では、白鳥以外の演目は普通のシニヨンヘアだから、
本番途中でセミ・クラシックに髪型を変えなきゃいけなくなったんです



幼稚園や小学校のチビッコ達は、舞台メイクも先生がやって下さるし、
お母さん達も楽屋に入って、衣装の着替えとか手伝えるんだけど。。。
中学生以上は、全部自分でやるのが基本

メイクだけでも、自分でやったことのないひよこは、
アイライナーの塗りすぎで・・・目がまるでパンダのよう(@_@;)
その上、ダンス用品の専門店で売ってる紙バサミのような長~いつけまつげをつけるもんだから、
ほとんど顔は妖怪人間ベラ

せ・・・先生
この上、ホントに髪型まで自分で変えるんですかぁ~?

・・・・・・と思ってたら、先生方がヘルプに入って下さってました(^。^;)




というわけで、今年は踊り以外のことで、冷や汗ダラダラな発表会でしたが、
無事に転ぶこともなく(?)踊りきることが出来ました

そして・・・幼児から大人まで・・・皆が一丸となってひとつの舞台を作り上げる感動
また味わうことが出来ました(*^^*)



当日はカメラマンの方以外の撮影はできないので、
白鳥の写真はまだ手元にありませんが、昔の発表会の時の写真を載せておきますね♪

ひよこが小さい頃の写真だから・・・
何だかマミマミはとっても懐かしいです(*^v^*)



mazu.jpg      bara.jpg     arab.jpg

左が『コッペリア』の「マズルカ」、右が『くるみ割り人形』の「アラブ」だけど、
真ん中は忘れちゃいました
顔は潰しておきましたが、クリックすると画像が大きくなります(^m^*)







人気ブログランキングへ

 
Genre: 学校・教育 Theme: 子育て・教育 Category: 日常
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(8) 
ひよこの夏休みも残すところ1週間ほどになりました

小学校時代は、宿題とバレエの発表会練習さえ何とかすれば、
ただただ遊んでいれば良いだけの夏休みを過ごしてきたひよこにとっては、
中1の夏は、学校の宿題の量は多いし、塾の夏期講習はあるし、休み明けに期末テストはあるしで、
初めての『勉強しなければいけない夏休み』でした(^。^;)

あれこれ計画を立ててやってみたけど、中学生の夏休みというものを経験してみて、
「こんな感じなんだ(@。@)」って驚いたり、「こうすれば良かったぁ~(>_<)」って後悔したり、
色々と思うところがあったので、チョット早いけど、夏休みの反省を書いてみることにしました(*^_^*)



主な反省点は3つ

まずは部活を甘く見てたこと

小学校時代、マミマミはいつもひよこに「7月中に夏休みの宿題を終わらせちゃいなさいよ!」
な~んて言ってたわけ!
もちろん、切羽詰らないとやらない性格のひよこは、例年8月末に宿題に追われてたんですけどね

だから、中学に入っても、早めに宿題を終わらせて・・・・・・と考えてたんですが、
それは無理だってことが良く分かりました(^_^;)

ひよこの中学って、文科系のクラブでもお盆以外はほぼ毎日部活があります!
しかも、ひよこのバレエの発表会も毎年夏だから、バレエのレッスンも毎日あるんです
その上、塾の夏期講習まで入ってきます

毎日1頁ずつやれば仕上がるようなワークのような宿題ならともかく、
その状態で、絵画を描くとか、読書感想文を書くとか、自由研究のレポートを書くとか・・・
まとめてやった方が良い大物の宿題をこなすのは、厳しいです

だから、大物の宿題は、部活もバレエも塾も休みになるお盆の時期
集中的に仕上げるしかないことが、判明しました。

それに、ひよこからも指摘されたんだけど、理社のワークの宿題に関しては、
期末テスト勉強のために先にノートを暗記してから、確認として問題を解かないと意味がありません。
だから、どうしても夏休み終盤にすることになるんですよね(^_^;)



二つめは、勉強の種類を考慮した学習計画を立てなかったこと

夏休みは得意を伸ばすより弱点を潰すんだと計画したまでは良かったんですが、
ひよこの最大の弱点である漢字学習というものは、ひよこの性格から考えると、
毎日何十頁も勉強して、短期集中型で勉強できるものじゃなかったんだと悟りました

英単語なんかもそう。
長時間それだけを勉強してると、絶対に飽きてきて、頭に入っていかなくなりますよね(^_^;)

だから、夏休みに短期集中型で小学校の漢字総復習をしようと思ったのは間違い!
図形センスのないひよこが、毎日図形問題を1問ずつ解いているように、
漢字も、夏休みに限らず、毎日1~2ページずつドリルをやっていく・・・というような
学習計画を立てなければならなかったなぁ~と反省しました



三つめは、塾のカリキュラムをもっと信頼すべきだったこと

I 塾の夏期講習を受講してみて分かったんですが、
本科講座は、ほとんど夏休み前に習ったことの総復習授業だったんです。
数学だけは、方程式の最後まで先取り授業を進めていきましたが、
英語は、代名詞の目的格とか、疑問詞 (whose) が新しく登場したくらいで、ほぼ復習。
理社と国語の知識分野にいたっては、完全に総復習でした。
(オプションの単科講座では、理科で少し地学分野を先取り学習しましたけどね。)

でもね、小学校時代は塾も通信講座もやってこなかったもんだから、
ひよこもマミマミも「自分で復習しなきゃ!!」なんて考えて、
それなりに問題集とか準備してたんです。

まるっきり必要なくなりましたけどね(^_^;)
塾の宿題だけで手一杯だったし、また、塾の宿題だけで十分な復習量でした。

小学校の漢字総復習みたいに、ひよこだけができない分野でないなら、
塾や通信教育は、それなりに定着するような復習カリキュラムを組んでくれているんだなぁ~と、
改めて感じました(@_@)



というわけで!

色々学んだ中1の夏だったので、

来年の夏の過ごし方に生かせるといいなぁ~(*^_^*)







人気ブログランキングへ




*おまけ*
百日紅@清里高原です♪  我家の百日紅は白い花なのですが、
今年はあんまり咲いてません 剪定が悪かったのかしら(?_?)


P1040663.jpg
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
選択肢問題なら正解するのに、記述問題になると、途端に満点解答が書けなくなる・・・・・・
それが、夏休み中に見つかった、ひよこの新たな課題でした

記述と言っても、論述問題や小論文のような長文ではなく、
100字程度で書けば良い記述問題。

もちろん、英語に関しては、中1では、まだ英語長文を和文で要約させるような問題は登場するはずもなく、
数学に関しても、まだ証明問題が登場するわけでもないので、
記述問題といっても、理科、社会、国語の3教科についてなのですが・・・(^_^;)

ひよこの場合は、記述メインのテストを受けたら、おそらく点数が半減すると思われるくらい、ひどいんです



例えば、理科の記述。

『オオカナダモを2本の試験管に入れて栓をし、一方を日向に、もう一方を暗室に1時間置いた』
という中学受験用問題集にも、高校受験用問題集にも登場する問題を考えてみましょう。
1時間後に2本の試験管の栓を抜いて、石灰水を入れたところ、
『暗室に置いた方の試験管に入れた石灰水だけが白濁したのは何故か?』とか聞かれちゃったりしますよね。


満点解答を書くためには。。。

①どちらの試験管のオオカナダモも呼吸をしていたこと。
②光合成には、光が必要だから、日向のオオカナダモだけが光合成をしていたこと。
③石灰水は二酸化炭素によって白濁すること。
④日向の試験管のオオカナダモが光合成によって吸収する二酸化炭素量が、
 呼吸によって放出する二酸化炭素量より多かったと推定されること。


以上の4点を網羅した形で簡潔にまとめなければなりません。

でも、記述に弱い子は①~④のどれかが抜けている
だから、減点されるんですよね(^。^;)


でもね・・・理科や社会の記述はまだ楽ですよね。
だって、テストを受ける前に、書くべきポイントは重要事項として暗記しておけるんですから。
参考書や塾のテキストの赤字太字の部分をしっかり覚えておけば、
少なくとも何を書けば良いかは明確なんですよね。



一番厄介なのは、国語の記述なんです
だって、国語の場合は、テスト会場に行って読解問題を読んでみないことには、
書くべきポイントが事前に分からないんですから。


国語の記述問題を解くためには。。。

①設問の答となる箇所を本文中から見つけ出す。
②見つけた該当箇所の要点を箇条書き風にリストアップ。
③リストアップした要点を更に1文にまとめる。
④設問の答に相応しい形に仕上げる。


という手順を踏まなければなりませんよね。


④の設問の答に相応しい形にするという点に関しては、塾などで嫌と言うほど教え込まれます。
「どうしてですか?」と聞かれたら「~だから。」
「どういう点ですか?」と聞かれたら「~という点。」と答えるとか、あとは字数制限を守るとか・・・。

でね、やらせた問題集が基本的なものだったせいかもしれませんが、
ひよこの場合は、①の設問の答となる箇所は、8割がた本文中から見つけ出せるんです。
でも、②の該当箇所の要点のリストアップがまずできない。
んでもって、それを③簡潔に1文にまとめるということが全くできないんです

文中から抜き出せという問題ではないというのに、字数制限がなければ、
本文中で見つけた該当箇所をダラダラと長ったらしく書き写して、
最後に「~だから。」とか「~という点。」とか形式だけ整えるんですね



これは・・・実は大変な問題です
受験生の間は、理科・社会については重要事項が太字赤字になった参考書がありますが、
大学や大学院で読むような専門書や学術論文には、赤字太字はありません
自分で本を読んで、要点をまとめる・・・・・これって、全教科共通のノートの取り方の基本ですから

できれば、TOEFLのリーディングくらいの分量の文章(日本語だと400字くらいの文章)の
要点をリストアップして、1文にまとめるという訓練を大量にさせたいな~
と感じました(^_^;)

今使っている論理エンジンでも、レベル60くらいまで行けば、
記述問題の解法が登場するようですが、ひよこはまだレベル30くらい
猛スピードで論理エンジンを進めていくのはなかなか厳しそう

また・・・良い教材を求めて・・・でっかい本屋に旅に出るしかなさそうです(´。` ) =3






人気ブログランキングへ




*おまけ*
ムクゲ@清里高原です(*^^*)


P1040668.jpg

 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中1国語
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(8) 
ただいまですぅ~(*^o^*)ノ

ひよこ一家、無事家族旅行より帰還いたしました


行ったのは・・・清里高原@山梨県なんだけど、
車で道を走ってたら、いつの間にか野辺山高原@長野県に入ってたから、
まあ、八ヶ岳付近の高原に行ってきたと言うのが正しいかもしれません(^。^;)


話せば長いことながら・・・我家のニャンコ1号は先天性異常による腎不全のため、
毎日5種類のお薬を服用しているんです

neko02.jpg

調子の良い時は1日くらい薬を飲まなくても平気なんだけど、
長期で旅行する場合には、必ず入院して投薬してもらわないと、いけなくなっちゃうの
だから・・・ひよこ一家は今まで近場の海にばかり旅行してたのね(^_^;)

でも、今年はすごく暑いから「できれば涼しい山に行きたい」ということで、
そう遠くない清里高原にお出かけすることになったんです(*^^*)



目的は避暑って感じののんびり旅だったから、まず満喫してきたのが・・・森林浴
コレ はホテルの部屋のベランダからの景色なんだけど、心が洗われるよう♪

P1040713.jpg

最低気温17℃くらい。 日中は暑かったけど、朝夕は長袖でも良いくらいでした



どこで見つけてきたのか、父ちゃんが予約したホテルは、隠れ家のようなトコで、
お料理は山菜の天ぷらでも出るのかと思いきや、完全フレンチ

P1040706.jpg

でもね、スープは山梨県産桃のコールドスープ
写真 のオードブルの皿の真ん中にあるサーモンらしきものはなんと虹鱒で、
やっぱり山の幸で作ってあるお料理なんだなぁ~と感心しちゃいました(@。@)
もちろんワインは甲州ワインを頂きました♪



とっても居心地の良いホテルだったけど、1日ホテルでのんびりしてるのも何だから、
とりあえず色々周辺散策もしてきましたよん(^m^*)


ひよこが見たがってた日本で唯一連続上演されている野外バレエ公演「清里フィールドバレエ」は、
残念ながらお盆前に公演が終了していて見られず

まあ・・・「部活と夏期講習とバレエが全部休みの時期しか旅行ができないんだから、
仕方ないよね
なんて言いながら、オルゴール博物館へ。

ピアノの中に10種類以上の楽器が内蔵されたようなオーケストリオと呼ばれるオルゴールの演奏が、
なかなか迫力あって良かったです(*^^*)

P1040702.jpg

それから・・・鉄道最高地点(標高1375m) ↑ に行ったり。。。
食べログ2010で19万人に選ばれたという清泉寮のジャージーソフトを食べたり。。。
アウトレットでお買物したり。。。

色々見て回って、またホテルに帰って、のんびり貸切の家族風呂に入って、
夜はジャズピアノのコンサートを聴く・・・って感じの旅行を楽しんできました(*^^*)


今日からまた、忙しい日々がスタート
ひよこも部活&夏期講習&バレエのレッスンの日々が再開です。

でも・・・ 夏バテしないで、頑張らないと・・・ですねp(*^-^*)q







人気ブログランキングへ 
Genre: 旅行 Theme: 国内旅行 Category: 日常
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
今日から 家族旅行に行って来ま~す (*^o^*)ノ


・・・ということで、週明けまでブログ更新をサボろうと思ってたんですけど、
Z会通信 在宅模試 『実力判定Vテスト』の結果が届いたので、報告記事だけ書いていきます
帰ってきたら・・・旅行の記事の方を書きたいしね(^m^*)ムフ♪
でも、コメントのお返事はかなり遅れると思いますので、お許し下さいねm(__)m


さて、7月下旬に在宅受験した模試の結果が返ってきました
5教科記述式で、公立受験向け基本レベルと、私立受験向け難関レベルの問題で、
2段階の順位と偏差値を出してきた I 塾の定例テストと違い、
Z会は、3教科マーク式で、全国、県内、志望校別の3つの順位と全国偏差値が記載されていました


ひよこの結果は。。。

英語        100点   偏差値(60~65) 順位(全国1位、県内1位、志望校別1位)
数学        100点   偏差値(60~65) 順位(全国1位、県内1位、志望校別1位)
国語      95~99点   偏差値(65~70) 順位(全国100位以内、県内5位以内、
                                  志望校別1位)
3科合計    295点以上   偏差値(65~70) 順位(全国10位以内、県内1位、志望校別1位)


・・・・・・で、マークシートだったせいか、思いのほか良くできてました(@。@)


国語で1問だけ間違えたのは、もちろん漢字
慣用句中に使われている言葉の、正しい漢字を選ぶ問題を間違えていました
慣用句自体は I 塾でももちろん学習済みの基本的なもの
でも、I 塾の定例テストでは四字熟語の漢字しか書かされないからって、
慣用句やことわざ、故事成語中に登場する常用漢字をしっかり覚えていなかったことが露呈
早速、勉強の仕方を改めてもらうことにしました



Z会在宅模試についてのマミマミの独断と偏見による感想を述べると。。。

まず中1受験者数は約6000人で、小6の3月に受験した I 塾の模試とほぼ同人数。
思ったほど『高校受験コース』を受講していないんだなぁ~と思いました。
おそらくZ会の場合は『中高一貫校コース』の受講者が多いのではないでしょうか?(^_^;)

I 塾は地元C県密着型の大手塾と言えるので、おそらく約6000人の模試受験者の大半はC県民。
それに対して、Z会は全国区なので、C県内の受験者数は約450人でした。
C県の高校であるひよこの志望校を志望している人数にいたっては、
何とたったの約15人だったので、Z会の模試を元に合格可能性を割り出すのは
チョット厳しそう
だと感じました(^。^;)


まあ、Z会の全国順位が I 塾模試の順位代わりだと考えれば、
試験範囲が小学校の復習ではなく中学入学後の学習範囲であること、
得意の英語が試験科目に加わったことなどもあり、
ひよこは少し順位を上げることが出来た
と考えて良いのかもしれません。

県内順位についても、ひよこの中学校の中1生徒数が約300人であるのに対し、
Z会模試のC県内受験者数が450人であるので、
まあ・・・学校の定期テストの順位が少し上がったというくらいに
考えておけば良いのかなぁ~
と思っています(^_^;)


偏差値に関しては・・・非常に興味深いと思いました(^^)b
まず、満点だった英数よりも、1問間違えた国語の方が、やっぱり偏差値が高かったこと。
これは、Z会受講者に限ってかもしれませんが、受験者の国語の実力がバラけているってことですよね。

もっと言うと、満点だった英数も、1問間違いの国語も、3教科合計も、
ひよこが偏差値70に達しなかったということは・・・
全教科満点で全国1位の人達だけが、国語と3教科合計で偏差値70に達している可能性があるということ!
          ( I 塾の定例テストなら、偏差値70はザラにあるのにね

つまり、公立難関校向けの塾である I 塾よりも、Z会通信の受講者の方が、
学力が拮抗している
ってことですよね
ただ・・・ひよこの感想を言わせてもらうと、
Z会の在宅模試は、学校の定期テストより難しいけど、I 塾の定例テストより簡単らしいので、
この得点分布は、問題の難易度のせいなのかもしれません。


中3になれば嫌でも色んな模試を受験するのでしょうが、
母集団問題の難易度が違う模試を経験してみるというのは、
なかなか興味深いなぁ~
と思いました(*^_^*)



ひよこの感想はというと。。。
在宅模試とはいえ、全国1位を惜しくも逃したことなど、全く残念に思っていないようで。。。

ひよこって・・・マークシートのテストに向いてるのかも(=∩_∩=)♪

・・・てな感じでした( ̄_ ̄;)  ソウイウ セイカク ヨネ 

          まあ、記述式のテストに向いてないことだけは確かだけど。。。(^。^;)







人気ブログランキングへ




*おまけ*
ニャンコ1号です♪  24h エアコンのおかげで、チョット復活してきました(^m^*)

P1010173_20100108145006.jpg
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: Z会
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
良いのか、悪いのか・・・・・判断に困るところなんですが、
中間テスト前と同様、期末テスト前にも、塾の定例テストが来ることになりました(^_^;)
前回は1週間だったけど、今回は10日くらい間が空いてるだけって感じです


塾の定例テスト範囲は。。。

英語・・・be動詞、一般動詞、動詞の3人称単数形、代名詞の所有格、目的格、
     疑問詞(whose)まで。
数学・・・正負の数、文字式、方程式、小学校の復習
国語・・・知識問題(既習の漢字、四字熟語、慣用句、ことわざ、故事成語など)、文法、読解。
理科・・・植物、身のまわりの物質、小学校の復習
社会・・・世界地理(アジア州、ヨーロッパ州まで)、日本史(奈良時代まで)、小学校の復習
   


ということで、塾の先生が仰るには、中1の冬くらいまでは、
しつこく『小学校の復習』数理社のテスト範囲に入ってくるようです

数学はおそらくまた中学受験の難問でしょうし、
理社も小学校の全範囲を復習することは不可能なので、
この部分は潔く玉砕して、間違えた問題の復習を頑張りたいと思っています(^。^;)



さて、ほとんどの教科は、学校の期末テスト範囲より広いため、
先に来る塾の定例テストの勉強で、一般的な(受験向けの)重要事項を押さえた後、
学校の期末テストに向けて、授業のノート等で、
ひよこの中学特有の出題傾向に合わせた勉強をするというのが理想

ただ、驚いたことに・・・ひよこの中学の社会は歴史分野だけをどんどん進めていて、
テスト範囲は平安時代まで
I 塾もテスト範囲には入れてないけど、とりあえず授業の方は終了しているし、
『小学校の復習』として出るかもしれないので、定例テスト前に平安時代まで勉強してしまうことに

そして、塾の定例テスト後、学校の期末テストまでの期間は、
ワークノート を徹底的に学習することにしました


テスト範囲は教科書、資料集、ワークなど・・・教科によって様々な指定のされ方をするのに、
ノートはともかく、何故ワークに拘るのか

それは・・・もう・・・マミマミはこの方のブログで学びましたというしかないと思ってるんです
はっきり言って、ひよこが中間テストで思いがけず良い成績を取れたのは、
半分はHAYAさんのおかげだと思ってるくらいです



今でこそ、ひよこの中学の先生方は、テスト前になると一斉に
「ワークをやってきなさい。」って宿題を出されるんだということが分かりましたが、
入学したての頃は定期テスト対策に何を勉強していけば良いのか・・・まるっきり分かりませんでした。

参考書チェックの好きなマミマミは、市販の教科書ガイドとか、教科書トレーニングとか、教科書ワークとか、
色々本屋で立ち読みして、各教科1冊ずつ買った方が良いのかなぁ~なんて悩んでたんです
定期テスト対策だけのために、進研ゼミなどの通信講座の受講も考えました。

塾に行ってたのに何故って思われるかもしれないけど、
中学受験の場合は、塾の勉強さえしていれば、
教科書の出版社が作る小学校のテストはほぼ満点を取れるけれど、
高校受験の場合は、各中学の先生の独自問題は、
塾で習う受験頻出事項と一致しない場合も多いからです


そんな時、読ませていただいたのが、HAYAさんのブログでした。
HAYAさんは、私がブログを始めた時には既に人気高校受験ブロガーさんで、
ブログを始めたばかりのマミマミは、当時はとてもコメント書込する勇気はなかったんですけどね(^m^*)

HAYAさんが、ずっと息子さんとワークを使って家庭学習なさっていることを知って、
「ワークって・・・そんなに大事なの?って理社のワークをまずチェックしてみたんです。

小学校で使用していた漢字や計算ドリルみたいなワークとは大違い
市販の教科書ガイド、教科書トレーニング、教科書ワークと違って、
ひよこの中学の先生自身が選ばれた副教材だし、一行問題集みたいで、すごく使いやすそう♪
以来、学校の定期テスト対策は、ワークとノートの2本立てにすることにしました(*^_^*)


もちろん、ひよこの学校では・・・英語に関しては教科書ガイドを学校で販売してくれるので、
教科書の全訳には教科書ガイドを使ったり、
社会に関しては資料読解問題が多いので、資料集を熟読したり、
各教科で少しずつ勉強の仕方は違いますが、副教材のワークを重視するのは変わりありません

後に・・・地方の個人塾の先生の書かれた本で、副教材であるワークの重要性が説かれているのを見て、
「あぁ・・・やっぱりな。」なんて思ったものです



全ての公立中学で通用するかどうか分かりませんが。。。
「うちの子のノート・・・イマイチなのよねって方がいたら。。。

是非ワーク中心のテスト対策を試してみて下さいませ(^.^)b






読んで下さって、ありがとうございます
コメント残さず、読み逃げが多くて、すみませんm(__)m


人気ブログランキングへ




*おまけ*
ニャンコ2号です♪ この猛暑でも日当たりの良い窓際にいます(^。^;)
エアコン入ってるから? 外が見たいから?


P1000172.jpg
 
Genre: 学校・教育 Theme: 子育て・教育 Category: 中学校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
今月末にある I 塾の定例テストの範囲も発表されてたので、
来月初めの期末テストと合わせてのWテスト勉強の記事を書きたいところですが、
その前に、記事をひとつ!

だって・・・
父ちゃんにお説教されちゃったんです~(T_T)



少し前の記事で、同じ出版社の漢字ドリルを使って小学校の漢字復習をしてたら、
出てくる熟語が同じものばかりだから、違うテキストを検討中だって書きました。

で! 日本語検定用の問題集をチェックしてみたんだけど、
ネット本屋での評判がかなり悪いんです
そこで、やっぱり漢検用の問題集を使用することにしました。

ご存知の方が多いと思いますが、漢字検定は10級~1級までの12レベルに分かれていて、
5級が小学校卒業程度、準2級が中学卒業程度、2級が常用漢字全てをマスターしたくらいの
レベルになっています。

『脱・ちちぼ(乳母)女』を目指すひよこが学習すべきなのは、当然5級以下の問題集なんだけど、
10~5級までの5冊の問題集をするというのはかなりの量
なので、とりあえず5級用から始めて、「まだまだだ!」と判断したら、6級、7級・・・と
レベルを下げて行こうと考えました

でね、ひよこの通う I 塾は大手なもんだから、英検も漢検も準会場になっていて、
テスト時期になると塾から案内が来るんです。
だから、「そのうち受けてみても良いかもねぇ~♪」なんて言いながら、
ひよこに問題を全部解くように言ってたもんだから、
父ちゃんに「目的がズレとる! 現状把握をしろ! 優先順位を考えろ!」ってお説教されちゃったんです



父ちゃんが言うにはね。。。

漢字学習に限らず、ひよこの教育に親としてできる限りのお金や時間をかけてやろうと思っているのは、
将来、ひよこが希望の職業に就いて、食べて行けるようになってほしいからだろう
そのために、ハンデとなるような学歴ではなく、プラスとなるような学歴であることが望ましいからだよな。

だから・・・最終学歴が大学院なら大学院入試、大学なら大学入試をパスすることを
第一目的として学力をつけるべきだ。
そして、高校入試は、そのための第一関門といっていい。

漢検のテキストを使って勉強するのも、検定の資格を取るためではなく、
これから高校入試を通過していく上で必要となる漢字の知識の欠落を
なくすために、使っているはず


C県の公立高校入試にも、難関私立校の入試問題にも過去5年間全く登場していない
部首、画数、筆順の問題
はカットすべきだろう。
おそらく、大学入試でも、難関校になればなるほど部首、画数、筆順なんて出題しないしな(^_^;)
I 塾の語彙・漢字用サブテキストにさえ登場しないのだから、
中学の授業で習うことを真面目に勉強しておく程度でいいんだよ。


確かに、小学校で学習するようなことはきちんと学んでおいた方が良いという気持ちは分かる。

でもな、ひよこの現状を見ろ
ひよこに足りないのは漢字能力だけじゃない
中学受験勉強をしてきた人と比較して、圧倒的に問題演習が足りないから、
数学の問題処理スピードも遅いし、応用力もない
理科・社会の知識も乏しい

ひよこは決して物覚えの良い方じゃないから、
遅れを取り戻すには、その分努力するしかないよな。

でも、今のひよこは夏休み中も毎日部活、好きなバレエを止めずに
通塾もしていたら・・・・・・遅れを取り戻すために勉強する時間がないよな。


じゃあ、何をまず勉強しなきゃいけない?
漢字に限って考えたとしても、部首や画数や筆順の問題演習する時間があったら、
理社の地名、人名、物質名を全て漢字で書けるようにすることの方が大事だろう。
もっと言えば、数学の応用力をつける方がずっと大切だろう。


資格を取ることは、漢検であれ、英検であれ、数検であれ・・・
extra curricula activity として、推薦入学私立確約をはじめとして、
入試では、確かに評価されるだろう。

でも、それは・・・・・受験科目である主要5教科の学力が十分にあって、
+ α を目指す余裕のある人がすることだ。
今のひよこには、+ α を求める前にするべきことがある。

受験勉強は全てを完璧になんてできやしない。
だから、優先順位を考えなきゃダメだ!


俺には一緒に東大を受験して、合格できなかった友達がいる。
そいつは、高3になる頃には英検1級を持っていた。
英語ははるかに俺よりできたのに、そいつが落ちて、俺が合格したのはなぜか。
それは・・・そいつが目的を忘れ、現状把握を怠り、優先順位を間違えたからだ。
英検は大学入学後でも取れるのに、東大合格ラインに達していない科目の勉強よりも、
英検取得のための勉強に力を注いでしまったからだ。

もちろん、英検1級をとって、かつ東大に入学してきた奴だっている。
そういう奴等は、それだけの余力があったってことだ。


自分の娘を良く見ろ
今のひよこに高校受験以外の勉強をさせたら、東大に落ちた俺の友達と同じことになる。
資格を取って、推薦や私立確約を有利に運ぶことを考えるのは、
全教科余裕を持って I 塾の先頭集団について行けるようになってからにしろ!




・・・というわけで、久しぶりに父ちゃんに説教されちゃいました



まあ、父ちゃんの言うことも尤もだと思うから、

ひよこには、漢検用問題集の必要と思われる部分だけを、
                    勉強させて行くことにしました(*^_^*)


                あと・・・理科と社会の漢字練習もね






読んで下さって、ありがとうございます
コメント残さず、読み逃げが多くて、すみませんm(__)m


人気ブログランキングへ




*おまけ*
ニャンコ1号です♪ 日中は暑すぎて・・・夜にしか活動してません(^。^;)

P1010456.jpg
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
学校の部活も、塾の夏期講習も、お仕事も・・・・・・お盆休みに入られた方が多いのではないでしょうか?
ひよこもようやく部活&バレエ&夏期講習から解放されて、本当のお休みに入りました
でも、今月末から来月初めにかけて塾の定例テスト&学校の期末テストをひかえたひよこにとっては、
この1週間が勝負なのでございます(^_^;)

先日の記事「どうしよ~と言ってた夏休みの宿題の方は、
部活で描かせてもらった絵画2枚、数学のレポート、英(半分)と数国(全部)のワークが終了し、
自由研究と、英(半分)と理社(全部)のワークを残すのみとなりました

随分進んだと思うでしょ?
ひよこに唯一とりえがあるとしたら、学校の宿題を家にあまり持ち込まないことなんです。
もともとひよこの学校は宿題が少ないってのもあって、
学校の宿題はほとんど学校の業間休みか、塾の休憩時間にやってしまいます。

塾の英単語テストや学校の漢字テストなどの勉強も、
塾やバレエの行き帰りのバスや電車の中でしかやりません。
じゃないと、週3日通塾して、週3日バレエに行ってたのでは、こなせないからなんですけどね(^。^;)
まあ・・・・・・中1の間はそれで何とかなる量だから、助かってます♪

さて、英(残り半分)と理社のワークは夏期講習中の塾の休憩時間にやることにして、
お盆は自由研究とともに、期末テストの副教科の勉強を始めることにしました

以前の記事にも書きましたが、ひよこの中学でペーパーテストがある副教科は音楽と技術家庭のみ
試験範囲は・・・・・・音楽は、歌の実技テスト、アルトリコーダーの指使い、課題曲の楽典、調音、
技術家庭は、中1の家庭科分野全てとなっています。

音楽に関しては・・・・・・ひよこは一応3歳から小学校卒業までピアノを習っていたので、
通ってたヤマハの音楽教室のカリキュラムを信じることにすれば、楽典や調音で問題はないはず
とはいえ、ひよこはバレエは大好きだったけど、ピアノは大嫌いだったからなぁ~

それでも10年近く習い続けたのは、歌謡曲くらいは耳コピできて、
適当に伴奏作って弾けると楽しいだろうと思ったのと、
一時期ひよこは「保母さんになりたい」とか言ってたことがあったので、
保母さんの試験にしろ、他の楽器で音大を目指すにしろ、ツェルニーの30番が課題になってくるから、
その程度まではピアノを弾けるようになってから、やめた方が良いかな・・・・・・と思ったんですよね(^_^;)
というわけで、ソナチネの初め辺りまでは続けてたという訳です。

アルトリコーダーの指使いなんかは、さすがにテスト直前に復習すれば良さそうなので、
歌の実技テストを元NHK放送児童合唱団員のマミマミが「消臭力の宣伝風の歌い方を教えてやろう
と言ったのですが、ひよこに思いっきり拒否されてしまいました(┰ω┰)

・・・・・・というわけで、音楽はノータッチ ひよこに任せることに



技術家庭に関しては、ひよこの中学は教科書だけで、ワークなし!
だから、授業のノートを中心に学習するしかないのですが。。。
ひよこのノートだけでは心もとないので、問題集チェックが大好きなマミマミは、
でっかい本屋さんでアレコレ立ち読みなどして、比較検討して参りました(^m^*)ムフ♪

検討した教材は4つ
①Z会通信教育受講者に無料配布される『実技4教科マスターBOOK』
② I 塾で購入案内をもらった『合格自在 実技4科』(学研)
『中学 技術・家庭をひとつひとつわかりやすく。』(学研)
『中間・期末テスト ズバリよくでる(技術・家庭)』(新興出版社)

マミマミも副教科は定期テスト前に少し勉強してきただけなので、
内容的な吟味というよりは、使い勝手の方を吟味してきました♪

まずね、試験範囲って、教科書の頁数か、○月×日の授業分までって感じで出てる学校が多いと思うんだけど、
副教科の問題集って、全学年共通&全教科書対応ってのがほとんどですよね。

そうすると、各教科書対応頁が記載されてるものの方が、断然使いやすい
上記の4冊の中で、各出版社の教科書対応頁が一覧表で記載されてたのは、
Z会の『実技4教科マスターBOOK』と学研の『合格自在 実技4科』のみでした。

新興出版社の『ズバリよくでる・・・』にも標準的な出題範囲として、
「中1前期中間テスト」とか「中2後期期末テスト」とか表形式で書き込みされてるんだけど、
通ってる中学が3学期制か2学期制かによっても違ってくるし・・・
ひよこの学校みたいに前期は家庭科、後期は技術って分けて教える学校もあるし・・・
そういう意味では、自分で対応頁を見つけられないと、うまく使えないと思いました。

学研の『・・・ひとつひとつわかりやすく。』にいたったら、
各教科書への対応表が見当たらなかったので、もっと大変かも



もうひとつのポイントは、暗記のためのサブノート代わりにするか、問題演習に使うかって点

Z会の『・・・マスターBOOK』や新興出版社の『・・・ズバリよくでる』
各単元の重要事項のまとめ&問題演習が半々くらいになっていて、
付属の赤フィルターで覚えていけるようになってるから、
子供の授業のノートがきちんとまとまっていない場合には、良さそう♪

学研の『・・・ひとつひとつわかりやすく。』の方は、重要事項のまとめが8割で問題演習が2割くらいの構成。
副教科はそんなに問題演習しなくても・・・・・・と言う人向きかも。
ただ、重要事項は赤字太字になってて、赤フィルターがついていないから、
そのままコレを使って即暗記にかかれないかなって感じでした(^。^;)

同じ学研でも『合格自在・・・』の方は、ほとんど問題演習!
各単元に「よく出るポイント」や「得点力アップのポイント」が登場するけど、
学校のノートやプリントで暗記を済ませてから着手すべき教材だと思いました。



・・・というわけで、技術・家庭だけにそんなにテスト勉強の時間を割けないので、
ひよこには、Z会の『実技4教科 マスターBOOK』のみさせることに
さすが通信教育だけあって、FAXで質問できる「専用ヘルプシート」までついてて、
行き届いた感じです(*^_^*)  でも、学校の先生に質問する方が速そうだけどね

受講したことないけど、多分進研ゼミなんかの定期テスト対策教材も
結構充実してるんじゃないかしら?


今時の通信教育って。。。

ホントに色々便利にできてるわよねぇ~(@^-^)b






人気ブログランキングへ



*おまけ*
箱ねこでございます(^。^;) ニャンコって本当にダンボール好きよね(^m^*)

P1010514.jpg
 
Genre: 学校・教育 Theme: 子育て・教育 Category: 中学校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
ちまちま書いてたら長くなったので、お急ぎの方はスルーして下さいね

夏期講習を『お試し期間』代わりに入塾を検討される方も多いようですが、
夏期講習を機に転塾を考える方もいらっしゃるようです。

ひよこの通う I 塾でも、夏期講習を機に早稲アカへ転塾して行くことにした子、
サピックスから転塾してくることになった子・・・が、ちらほら出始めました。



転塾というと、まず思い浮かぶ理由が成績不振なのですが、
中1のこの時期に転塾を考える理由は、他にある場合が多いようです。

ひよこ一家の住むC県は2学期制で、成績不振といっても・・・・・・学校の中間テスト1回と
塾の定例テスト数回しか、受けていない子がほとんどですから(^。^;)

塾のカラー(体育会系であるとか)や、先生や、クラスメイトと合わないというケースもあると思いますが、
ひよこの周囲では圧倒的にカリキュラムに対する不満が原因の場合が多いみたいです。


カリキュラムといっても・・・テキストが不満で転塾するって人は、今のトコ聞いたことがありません
I 塾のような大手塾は、どこも膨大な入試データに基づいてテキストを作っていますし、
テキストの中身は大差ないような感じに見うけられます(^_^;)

例えば・・・マミマミが唯一知っている他塾のテキストである四谷大塚予習シリーズと、
I 塾のテキストを比べた場合、早稲アカや全国の提携塾がこぞって使っている予習シリーズは
発行部数が違うので、カラーで綺麗に製本されたテキストであるのに対し、
I 塾のテキストはオフセット印刷のようなものであったり、プリントであったりする場合が多いです。

でも、内容的にはどちらも押さえるべき点が押さえられますし、
反復学習をすることによって、学習内容を定着させるようなものになっています。

あ・・・でも、塾の先生はひよこ達に「各塾の本当のノウハウの部分は市販されてるものには出さないんだ
と仰ってるらしいので、実はマミマミが目にするようなテキストでは、
違いが分からないだけかもしれないんですけどね



ひよこやマミマミが聞いたところによると、中1の夏の時点での転塾の理由は、
先取り学習のスピード宿題の質や量がほとんどなんです(@_@;)

先取り学習のスピードについては、大手塾は中3の夏までには中学の学習範囲を終わらせて、
残り半年は問題演習ってトコが多いと思うんですが、それでも速いトコはもっと速い!

例えば、ひよこに夏期講習の宣伝のお電話を頂いた駿台FJなんかは、
夏休み前に本科生は方程式を終了していて、
夏期講習のカリキュラムも一度習ったことを前提に作ってあるみたいだったから、
それを理由にお断りしました(^。^;)

『先取り』ってのは、補習塾でなく、進学塾なら多かれ少なかれやってることですが、
そのスピードが合うか合わないかは・・・・・・やってみないと分からないみたいですね。
もっと言えば、科目によって『合う』、『合わない』が分かれちゃうみたいなんです。

これって実は学校のカリキュラムにも言えると思います
チョット昔話をするとね・・・・・・マミマミには兄貴が1人いました。(いや・・・今もいます。)
兄貴もマミマミも中学受験して、中高一貫校に入りました。
マミマミの兄貴は東大寺学園中(奈良)と洛星中(京都)に合格しましたが、
当時、京大入学者数1位を争っていた洛星中に進学します。

  (まあ・・・母にとっては自分の父親が教鞭をとっていた大学でもあり、自宅から通える最高峰の大学でもあったので、
   兄にも、おそらく私にも、京大を目指してほしかったんだと思います(^_^;))


マミマミはというと、やはり洛星と京大入学者数1位を争っていた
大阪教育大附属中(どこの校舎かは内緒)に進学しました。
マミマミの学校は高校では3附高合体してたから、生徒数的には県立高校なみだったので、
合格率という意味では、はるかに洛星の方が良かったんですけどね。

入試問題の難易度も洛星の方がずっと高かったけど、倍率だけは大教大の附属も18倍とかだったから、
偏差値的には似たりよったりだったんじゃないかと思います。
  (マミマミは運だけで合格しましたが、当時近畿地方で女子が行ける中学としては、一応最難関だったので。)

でもね、入学してからが全然違うの
私立の進学校である洛星は、当然高2までに高校の学習範囲を全て終える先取り教育
マミマミの学校は国立だから、普通の公立高校と同じスピード

途中でね、小学校時代に英語を勉強していなかった兄貴は、
学校の英語で落ちこぼれそうになって、個別指導塾に通い始めます。
まあ・・・塾だの家庭教師だのを利用して、何とか学校の先取り授業について行って、
最終的には国立大の医学部に合格したんだから、問題はなかったんですが。。。
本人は一時期「学校に行きたくない」とまで言ってたことがあったんです

難関といわれる受験を突破してきた子供達であっても、得意不得意があるのだから、
主要5教科全ての先取り教育がすんなり行くとは限らないってことですよね(^。^;)

その点、マミマミはのんびり国立で過ごせて良かったのかもしれません(^m^*)♪

・・・というわけで、転校はなかなかできないけど、転塾はわりとしやすいので、
猛スピードで先取り学習を進める塾から、I 塾に来られる方がいらっしゃるみたいです。



そして、もうひとつは宿題の質と量

I 塾は徹底基本反復みたいな宿題が多い塾で、
「夏休みまでに塾の宿題になってた英語の問題集を全部解きなおして来なさい。」てな感じの宿題が出ます。
でも・・・マミマミでさえ、英語が得意なひよこには、その時間に苦手な漢字を復習させたいって
思っちゃう時があるわけです
ただ、これはもう集団塾の宿命なのだからと割り切って、宿題はやって行ってますけどね。
でも、それが嫌で個別指導の塾に移られる方もいらっしゃいます。
      (I 塾も大手だから、個別指導もあるしね

もっと言うと、膨大な宿題の中から「取捨選択してやらせて。。。」と言われるサ○のような塾が合う方もいれば、
「全教科親が取捨選択なんてできないし、こなせる量の宿題だけ出してほしい。」と思われる方もいて、
それが転塾の原因になっていることも確かです(^。^;)

塾の授業の方は毎回参観してるわけではなくても、宿題の質や量は見てる親が多いから、
合わないなら中1の早い時期に転塾してしまった方が良いと考える方が多いみたいです。



父ちゃんも、マミマミも、大学受験に至るまで転塾を経験することなく来たというのは、
ラッキーだったのかもしれませんね。。。

ひよこも・・・ 高校受験まで・・・ I 塾に楽しく通って行けるといいなぁ~ (*^_^*)
 
       (もちろん楽しいだけじゃなくて、実力もつけてほしいですけどね







人気ブログランキングへ




*おまけ*
サザンクロスです♪ 
冬に温室咲きの小さな鉢を買ってきたんですが、普通に育てると咲くのは夏
鉢替えし続けてますが、どんどん大きくなっていきます(@。@)

P1010483.jpg 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
皆様、夏休みの宿題の進捗はいかがでしょうか?
はっきり言って・・・ ひよこは・・・ かなりヤバイ です


小6の12月「このままでは落ちこぼれるかも?と思って、
以来、半年余りひよこの専属家庭教師をしてきたマミマミなんですが、
学校の宿題に関しては、小1からノータッチ

もちろん「算数が分からない」とか言い出したら、教えるつもりではいたのですが、
とりあえず、ひよこは中学受験勉強をしていたわけでもないので、
そんな難問にぶち当たることもなく、小学校の授業は乗り切ってきました(^_^;)

だから・・・学校の宿題は本人に任せっきりだったのですが、
毎年夏にやってきたバレエの発表会練習はともかく、今年は毎日部活あり、塾の夏期講習ありの上に、
8月末に塾の定例テスト、9月初めに学校の期末テスト(2学期制のため)が来るから、
テスト勉強もしなきゃいけないってのに。。。

超絶のん気 な ひよこ なのでございます



もともと、ひよこの中学って宿題がほとんど出ません。
でも、定期テスト前に各教科の先生が一斉に
「テスト範囲のワークをやって、テスト前に提出しなさい」って言われるんです
 9月に入ったら10日前後で期末テストなもんだから、ワークは全部夏休みの宿題も同然
計画性のあるお子さんは、授業で習う度にワークを使って復習してきてるから問題ないんだけど、
『宿題』とか『テスト』とか言われないと全く自主的に勉強しない我家の怠け者娘は、
ワークが真っ白なんザマス

もちろん、ワーク以外にも夏休み特有の宿題も出されるので、かなりの量になってるんです(^_^;)
読書感想文、作文、習字などは、コンクールの案内のようなプリントが配られて、自由参加となんですが。。。
自由研究、環境保護ポスター(美術の宿題)、曲のイメージ画(音楽の宿題)、
数学のレポート(各自の自由テーマ)は必須となっています。



8月も第2週に入って、さすがにひよこも焦りはじめました
展覧会に出品する作品が仕上がったので、顧問の先生にOKを頂いて、
環境保護ポスター音楽のイメージ画部活で描くことに
顧問の先生、ありがとうございます~

数学のレポート『方陣算』をテーマにすることにして、
四谷大塚予習シリーズ(4年下)を引っぱり出してきて、
I 塾の夏期講習の休憩時間(質問のための自習時間)に書いているようです。
他塾のテキスト使って、学校の宿題やってて良いのかしら。。。(^。^;)

自由研究は、野菜や野草をザクザク切って、維管束から単子葉類と双子葉類に分類するだけ
超手抜きな研究にするらしく、デジカメで写真を撮りまくっています。
いつもブログを読ませて頂いてるなんちゃってさん家の娘ちゃんは、
助成金までもらって、きちんとした研究をしようと頑張ってるのに・・・・・・

中学生にもなって、そんな自由研究でいいのか~?(T0T)

と、情けなくなっちゃいますが、何も言うまい(-_-;)  宿題は自力で何とかすべし



ホントはさ、自由なテーマで学習できる自由研究とか、数学のレポートこそ、
やってて楽しい勉強なはずなのに
・・・・・・と思うマミマミなんですけどね (゜-Å)シクシク・・・

読書感想文の課題図書も3冊買って、本好きのひよこは読むだけ読んじゃったけど、
感想文書いてる暇があるかどうか分かんないし...φ(。。*)イジイジ...

ワークは、「夏休みの宿題が終わったら、全教科期末テスト勉強を兼ねて仕上げるとか言っとりますが、
どうなることやら・・・・・・です(´。` ) =3



ひよこ・・・ いいかげんに・・・ そろそろ・・・

計画性を持って学習することを覚えんかい(★´Д`)ノ --==≡ ≡卍







人気ブログランキングへ




*おまけ*
どすこい って感じのニャンコ1号でございます(^。^;)


P1010766.jpg
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(8) 
夏休みの学習について、英数国社・・・・・・と書いてきたから、次は理科しかないでしょ?
と思ってらっしゃった方も多いと思うんですが、理科に関しては、I 塾の夏期講習で、
本科講座だけでなく、オプションの単科講座まで受講しているというのに、書きようがない

というのはね。。。社会みたいに単科講座に特徴がないんです
ひよこの通う I 塾の本科講座では、現在『植物』は終了して『身のまわりの物質』をやっています。
「光」「音」「圧力」・・・と進んで、夏期講習中に『身のまわりの物質』が全て終了する予定。

で! 単科講座の理科は何をやってるかというと、やっぱり「光」や「音」といった『身のまわりの物質』と、
もう少し地学分野を先取りして『大地の変化』を習ってるんです。

小学校時代に塾や通信教育を全くしてこなかったひよこにとっては、
何度も違う先生から同じ分野の理科の授業を受けることは、
理解を深めたり、記憶を定着させるのに役に立つと思うので、不満はないのですが。。。

いずれ本科講座でも学習する『大地の変化』を先取りする意図は何? って感じなんです(^_^;)

教科書の順番どおりに教えない学校もあるようなので、
そういった中学にも対応して、地学分野の先取り学習を入れてきたのか?
はたまた、月末の定例テストに「小学校の復習」と称して『大地の変化』の問題が出題されるため、
単科講座受講者にお得感を持ってもらうためなのか?

とにかく謎(?_?)なので、まともな記事が書けましぇん



ということで 3年生の部活引退の記事と合体させちゃうことにしました(^m^)♪


ひよこの中学では、運動系の部活は、ほとんど7月末の県の総体(C県総合体育大会)を最後に
3年生が受験勉強に専念するため引退し、2年生を中心とする新体制に代わって行きます。

でも・・・ひよこは幼い頃から習ってきたバレエを続けたいため、
文科系の部活に入ったということは、以前の記事でも書きました。
文科系は文科系でも、吹奏楽部や合唱部は、 に相応しいコンクールや定期演奏会などがあるのですが、
ひよこが入っているのは美術部
一応、地元の展覧会らしきものに、作品を出展したようなのですが、イマイチ  って感じがしません(^.^;)


そこで、今年は部員全員でルーヴル美術館展@東京都美術館に行ってきたようです

お絵かきや工作は大好きなひよこですが、美術鑑賞に関しては、
アメリカ滞在中にどれだけ Smithonian 博物館に通ったか分からないのに、
Air & Space Museumしか覚えてなかったので
果たして今回のルーブル美術館展を楽しめたのかどうか心配だったんですけど。。。
今回の特別展は、美術鑑賞そのものが好きじゃなくても、いろんな意味で楽しめるものだったようです


まずね、テーマが「地中海四千年のものがたり」だから、歴史好きなら、絶対面白い
特に子供達には地中海地域の年表の書かれた『ジュニアガイド』なるものが配られるから、なお楽しい
ちなみに、ジュニアガイドはこちらからもダウンロードできるみたい


それからね、今回の目玉は・・・日本初公開ってだけじゃなくて、
19世紀初めにルーヴル美術館が所蔵して以来、
初の館外での公開となったアルテミス像(通称:ギャビーのディアナ)なわけだから、
神話好きや星座好きの人も楽しめると思うの

ギリシャ神話に登場するアルテミスは、太陽神アポロンの双子の兄弟で、狩猟と純潔の女神。
ポセイドンの息子であるギリシャ随一の狩人オリオンと仲良くなっていったのを良く思わなかった
アポロンにはめられて、アルテミスはオリオンを射殺してしまうの。
アルテミスは父であるゼウスにオリオンの復活を願うけど、かなわず。。。
代わりにゼウスはオリオンを天にあげたとされています。
それが、私達が夜空で見るオリオン座ってわけ

ギャビーっていうのはイタリアのことで、ディアナはローマ神話の狩猟の女神の名だったと思うから、
ギリシャ神話とローマ神話が融合したってことなのかしらね(?_?)
とにかく・・・星座好きのひよこは、楽しめたみたいです


中学生以下は無料だし、他にも色々楽しみ方があると思うから、

お近くの方は是非足を運んでみて下さいませ(*^_^*)





人気ブログランキングへ



*おまけ*
ニャンコ2号、日向ぼっこ中です(*^^*)  ちょっと・・・おねむかな♪

P1000157_201308031908028e0.jpg 
Genre: 学校・教育 Theme: 子育て・教育 Category: 中学校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
夏休みの国語学習・・・それは『脱・ちちぼ(乳母)女』に向けて漢字学習しかないでしょう
・・・・・・・って思ってたマミマミなんですが、漢字って長時間勉強してると飽きてくるんですよね
本来なら、漢検10級用~5級用までのテキストを全部やって、
小学校の漢字を徹底的にやり直したいくらいでしたが、作戦変更

国語は I 塾夏期講習でも単科講座は受講せず、本科講座のみにしたので、
今月末の塾の定例テストに向けて、総合的に学習して、
国語を得意科目として定着させちゃおうって感じの家庭学習を進めています

題して。。。国語を外国語だと思って、学んじゃおう大作戦 (^m^*)b

     外国語学習みたいに、語彙、文法、読解、作文を網羅しようって魂胆です♪
      リスニングとスピーキングはいらないけど、漢字学習が加わるのがチョット違うかしら。。。




<漢字>
大昔の本で、新学習指導要領に則してないんだけど、中学入学前の小学漢字総復習用に使った
小学漢字ドリル1006字がなかなか良かったので、同じシリーズで
小中学生の漢字を網羅している中学漢字ドリル1945字をやっています。
でも・・・著者が同じだと小学漢字ドリルと同じような熟語ばかりが登場するため、
意外にもひよこはほとんど間違わないんです(@。@)

んじゃ、ひよこの漢字力がUPしたのかと言うと・・・・・・全然

学校に提出した夏休みの計画表には『家旅行』とか書いてるし、
『根負け』をまけ』とか読んでるし。。。(T。T)
続々と、新たなる漢字伝説を作り上げてるんです

I 塾の保護者会で「C県公立入試の漢字は、高校受験頻出といわれるものよりも、
むしろ日頃新聞などで見かける言葉の方がよく出題されます」
と言われたので、
あまり膨大な量にならない程度に、漢検日本語検定用の問題集を利用することを検討中です
     (ちょうどちびまる子ちゃんの敬語教室を読破したから、日本語検定用も良いかも?)

それと同時に、ひよこの書いたものを見てると、ひらがなが非常に多いので、
いつも読ませて頂いてる友美さんのブログにも書かれていましたが、
『習った漢字は必ず使う』をモットーにしなきゃいけないなぁ~と痛感しました(-_-;)



<語彙>
四字熟語、ことわざ、慣用句、故事成語に関しては、完全に I 塾任せで良さそう
I 塾は月に2回くらいしか国語の授業がないんですが、
毎回、漢字の読み40個、書き20個の他に、四字熟語、ことわざ、慣用句、故事成語のいずれかを
50個ずつ覚える宿題が出されています。
夏期講習は、1学期に覚えたこれらの語彙の総復習のカリキュラムになっているので、
お任せしておいても、そこそこ定着しそうな感じです(*^^*)
そういう意味では、中学の学習範囲の漢字もあまり心配しなくて良さそうで・・・非常に助かってます



<文法>
今月末の塾の定例テストにも、来月初めの学校の期末テストにも、国文法が入ってきました
ひよこの今までの文法学習といったら、ドラえもんの学習シリーズを読んだくらい
塾や学校の副教材をメインに学習することにはなるのですが、
とりあえず買ってみた参考書 合格へのベストアプローチ(国文法)がなかなか良いです

文節分けはを入れれば良いと説明する参考書も多いのですが、
各文節には必ず自立語1つが含まれていなければならない点まで、きちんと説明されています。

例えば。。。

夜空には ダイヤモンドの ような 星々が 輝いていた

という文節の分け方は、一見正しいように見えますが、実は間違い
『ような』付属語である助詞だから、一文節にはなりえないと解説されてるんです

辞書のような国文法の参考書というよりも、読み物として楽しめる感じの本なので、
しばらくコレを塾と学校の復習代わりに読んで行こうと思います♪



<読解>
これは以前の記事に書きましたが、論理エンジン本体をレベル100まで購入して、
大学受験までに終わるように、亀のようなスピードで、地道に続けています
でも、論理エンジンって『要約』を学ばせる時は要約問題ばかりが続くって感じのカリキュラムになってるので、
夏休み中は、気分転換に、同じ出口汪先生の出口の国語レベル別問題集(東進ブックス)
1冊やることにしました
レベル0は中学入学前の春休みにやったので、今回はレベル1(公立高校入試の基本レベル)です
中2の夏にレベル2(国立・私立難関高入試の標準レベル)、
中3の夏にレベル3(国立・私立難関高入試の難関レベル)を解いて、
その後は過去問やって受験に臨むって感じの現代文 学習計画を立てています(^m^*)ムフ♪

     どうもマミマミは四谷大塚予習シリーズが好きだってことといい・・・・・・
      東進系の塾のテキストとか、問題集とかが好みなのかもしれませんね(^。^;)




<作文>
アメリカの教育と比べて、日本の教育は論理的なライティングを学ばせる時期が遅い気がして、
ひよこには樋口裕一先生の主宰する小論文講座を受講させてきました(*^^*)
それに・・・C県の公立校の2次試験にも、作文や小論文を書かせるところがあるしね
こちらも月1回の提出だから、論理エンジン本体同様、大して負担になってはいないんですが、
最近、添削指導のコメントが「型はできていますが、主張をサポートする具体例などが弱い」の一点張り
これはもう、知識不足としか言いようがないなと悟っちゃったんです(-_-;)

ひよこは中学に入ってから、それなりに時事問題の記事なんかを読んでます。
でも選挙の記事を読んでも、小学校時代に真面目に社会を勉強していないから、
小選挙区制比例代表制の違いも理解していない。
だから・・・・・・読み方が薄っぺらくなっちゃうのよね

そこで、いわゆる controversial issue の基礎知識を絵本の読み聞かせのように、
寝物語として話してやることに
使うのは、かな~り古いけど・・・小論文講座と同じ樋口先生の大学受験用テキスト。
「正しい愛を考える 看護・医療・福祉系小論文」「短期完成! 人文系小論文」
「目からうろこの 社会系小論文」『背景となる知識』って部分だけ

夏休みだけではとても終わりそうにないから、継続して寝物語にするつもりです(*^^*)



少しは・・・ひよこも・・・常識人になれるかなぁ~? σ(∧_∧;)







人気ブログランキングへ




*おまけ*
大賀ハスです(*^^*)  2000年の時を越えて開花した世界最古の花


P1010501.jpg
  
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中1国語
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
 
Copyright © 2013 ひよこと共に・・・, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。