一人娘の高校受験に向けて奮闘した、初心者受験生家族の記録です(^。^;)
http://hiyoko865.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

マミマミ

Author:マミマミ
園芸と犬猫が好きな思春期娘の母です(^_^;)

☆ブログ分析☆

ブログランキングならblogram

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
後期中間テストの結果が返ってきました
(個人や学校が特定されないように、チョットぼかして記載しています。)

英語      100点  (学年平均 70~75点)
数学      100点  (学年平均 65~70点)
国語  95~100点  (学年平均 60~65点)
理科  90~ 95点  (学年平均 65~70点)
社会  95~100点  (学年平均 60~65点)

5教科合計  485~490点
学年順位   1位 / 約300人



はっきり言って・・・親子そろって信じられません (O_O;)



このブログを以前からを読んで下さってた方はよくご存知だと思いますが、
ひよこって・・・全然成績優秀な子じゃありませんでした
    (いや・・・今もそんなに優秀って訳じゃないんですけど)

公立の小学校のテストでは、そこまでとてつもなく悪い点数をとってくることはなかったけど、
ちょうど1年くらい前(小6の12月)に中学受験用の模試形式の問題集をやらせたら、
算数36点、国語68点 でしたから

このまま行ったら・・・公立中学でも落ちこぼれちゃうんじゃないかとか、
親が死んだ後、自分の力で食べていけないんじゃないかとか、
父ちゃんもマミマミもさすがに心配になって、塾に入れたり、通信教育始めたり。。。
半年くらいはマミマミもガッツリ家庭学習を見てました



ヒーヒー言いながら頑張ってきたかいあって、1年前より随分学力UPできたとは思うんだけど・・・
塾では、ひよこは相変わらず上位クラスの落ちこぼれなんです

例えば、社会でもね、平安時代から鎌倉時代に授業が進んだら、まず人名と地名の漢字練習からスタート
それから、小学生用の中学受験参考書で超基本事項を押さえて、
ようやく今通ってる高校受験塾のテキストで中学生レベルの勉強にとりかかれるって感じ(^_^;)
同じ宿題をこなすのに、ひよこは上位クラスのお友達の倍近く時間をかけていると思います。

それでも・・・ 時間的には倍くらい勉強してたとしても・・・
悲しいかな、分量的には皆と同じ『宿題』に登場する事項しか暗記してないわけだから、
塾ではクラス落ちしない程度の成績を『維持』することはできても、『UP』できるわけじゃないんですよね(^。^;)

本人も、小学校時代のツケを払わされてるんだと分かってはいるみたいですが、
それでも、やっぱり「頑張っても、頑張っても、ついて行くのが精一杯」という状態には、
心が折れそうになる
みたいで、なかなかモーチベーションが維持できませんでした



だからね。。。
今回、学校の後期中間テストで、目に見える形で努力の成果があらわれて、

   えへへ(=∩_∩=)♪

な~んて言いながら、何度も成績表をチェックしてるひよこを見ると、
ホントに良かったね♪ って思います(^m^*)

まあ・・・音の振動数のグラフみたいに山あり谷ありな成績推移のひよこのことですから、
次は恐ろしいくらいの落ち込みを見せてくれるんじゃないかとは思いますけど・・・(ー。ー;)



でもね。。。
人から見たら、すごくレベルの低い目標かもしれないけど。。。

ひよこが中学を卒業する時
「もう小学生用の参考書はいらないよね♪」
って捨てることができたら、
たとえ本番の高校受験に失敗しちゃったとしても、
親としては、娘に、合格 をあげたいなって・・・そう思ってるんです(*^_^*)








こんなまばら更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
スポンサーサイト
Genre: 学校・教育 Theme: 中学校 Category: 中学校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(12) 
ひよこの塾と学校のWテストも無事終了し、
学校の後期中間テストの方も続々と返却されてきてるんですが、
まだ順位まで発表されていないので、
先に塾の定例テスト報告記事を書いています(*^^*)

タイトル見て「なんで今月は『理社勝負の時』なの?」と思われた方もいらっしゃったかと思うので、
まずその説明をすると・・・

ひよこの塾の定例テストは、毎回どの教科も「中1のはじめ~前回の授業まで」
というテスト範囲なんです。
塾によっては、定例テスト範囲は「今月習った部分」という感じで、
学校の定期テストみたいに限られた範囲のトコもあるみたいなんですが、
ひよこの塾の場合は、学校の実力テスト模試みたいにどんどん出題範囲が広がっていきます。

でも、中1の初めの頃はテスト範囲がすごく狭くなっちゃいますよね
だから、「小学校の復習」というのが必ずテスト範囲に入っていた訳です
で! 小学校時代は学校の宿題以外全く勉強してこなかったひよこは、
特に暗記物の理社で「小学校の復習」分野が崩壊してたんですよね

「だって・・・小学校の頃は、中学受験塾どころか、
 公文や進研ゼミみたいなものもやったことなかったんだもん~(T_T)」


と言い訳するひよこに、 塾の先生は、

「中1後半になったら、完全にテスト範囲が中学での学習範囲だけになるから、
 言い訳できなくなるからな


とおっしゃってたわけです(^_^;)


そして、今月の定例テストから、ついに「小学校の復習」というのが、
理社のテスト範囲から消えたんですよね

・・・という訳で、今回の定例テストでは理社の順位や偏差値がどのくらい変わってくるのか、
ひよこはドキドキ・・・ハラハラ・・・だったわけです



んでもって、返ってきた結果がこちら↓↓↓


数学  公立向け偏差値65~70  私立向け偏差値65~70
英語  公立向け偏差値65~70  私立向け偏差値70~75
国語  公立向け偏差値65~70  私立向け偏差値70~75
理科  偏差値70~75
社会  偏差値60~65

3教科合計  偏差値70~75
5教科合計  偏差値70~75



理科は、点数は全く変わってないのに、問題が難しかったらしく、平均点downで偏差値UP
社会は、点数は9割を超えてかなり良くなったんだけど、平均点も高くて偏差値は変わらず

英数国は、数学が平均点10点UP、英語は平均点20点UPと、
かなり難易度が下がったせいか、偏差値は軒並みdown

でも、順位的には3科合計で一桁順位/約1700人を維持
5科合計は20位以内/約1700人だったから、あまり変化なしという成績でした


理科のグラフで、1目盛20gなのに10gで計算してみたり・・・
社会で、ア~ウの記号で答えるべき問題をA~Cの地図上の記号で答えてみたり・・・
うっかりミスの頻度まで変化なしなのが悲しいんですけどね


中1も終盤になってきたので、今まで勉強法の工夫を考えなかった理社苦手な数学について、
抜本的な見直しが必要なのかもしれませんね(^。^;)

でも・・・その話は長くなりそうなので、また後日に・・・(*^^*)







こんなまばら更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
2学期制のC県の公立中学に通うひよこにとっては、
今月は学校の後期中間テスト塾の定例テストのWパンチの月

直前にならないとテスト勉強しない我家の怠け者娘も、
勉強に追われております(^_^;)

で! 中1も後半になってきて、塾や学校で習う英語のイデオムも急増してきたもんで、
ひよこは、冠詞前置詞の壁にぶち当たって・・・
毎日ブーブー文句をたれまくり

今頃、こんなこと↓↓↓を言ってるなんて・・・ホントにお恥ずかしい限りなんですが




time』って、three times とか four times みたいに、回数を表す時しか数えられないんじゃないの
いつもは Do you have time? とか言ってるのに、何で I had a good time. の時は a が入るのよ

I go to the park. なのに、I go to church. だし、I go upstairs. だし。。。
to とか the とか、入ったり入らなかったりするの・・・やめてほしいのよね

なんで be surprised at なのに、be scared of なわけ?
なんで、なんで、get to なのに arrive at なわけ?
コロコロ前置詞変えるなって言うの

もう・・・覚えにく過ぎ~(ToT)


・・・てな感じ(´。` ) =3




まあ、気持ちは分かります

父ちゃんやマミマミだって、原則と例外って感じでまとめて覚えられるもの以外は、
最初はほとんど力技でイデオムを暗記してました(^^;)

長年英語を学んできて、この年まで使い続けてきて、
ようやく「ネイティブの人って、こういう感覚でこの前置詞を使ってるのね」って分かったものも多いです

でも、父ちゃんやマミマミが中学生の頃と違って、
今時は英語圏の人達の言葉の使い方の感覚みたいなものについての本って結構出版されてますよね
力技の暗記に入るに、それぞれの前置詞のイメージ等を知ることができれば、
ひよこも少しは楽になるのかも?

ということで、とりあえず中学生向けの「世界一わかりやすい中学英語の授業」をと薦めてみました(^_^;)


この手の本を読んだからといって、イデオム中の前置詞が全て閃けるようになって、
暗記がなくなるという訳ではないけれど。。。


     ひよこのイデオム暗記スピードが、
          少しでもアップすればいいなぁ~(^。^;)







こんな まばら更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
古文って・・・・・・高校受験でも大学受験でも得点源だってよく言われますよね(@_@)b

確かに、古文って覚える単語もすごく少ないし、
和文英訳と英文和訳の両方が必要な英語なんかと比べると、
現代語訳がほとんどなんだから、勉強量は少なくてすみそうです

でもね、ひよこのやってる古文の宿題なんかを見てると、
文法や単語はそれなりに勉強してるから、ドリル的な問題は解けてるんだけど、
長文読解になると、すっきりいつも全問正解してるわけじゃないんです

何がいけないのかなぁ~と思って見てみると、
『主語』がちゃんと発見できてないの!


英文読解と比べて、古文読解の方が難しい点って、省略が多いことですよね
特に厄介なのが、主語の省略
私が猫を飼っていたのか、あなたが猫を飼っていたのか、第3者が猫を飼っていたのか・・・・・・
省略された主語を発見できないと、話が全然違ってきますもん


『て』や『で』の前後では、主語はほとんど同じ。
『を』『に』『が』『ど』『ば』の前後では主語が変わってることが多い。

・・・といった助詞から考えるとか。

会話文の中で、自分で自分に敬語を使うような人は帝(天皇)くらいだろう
・・・という感じで、敬語から考えるとか。

語り手が登場する「大鏡」のような物語では、謙譲語や心情語が使われてたら、語り手が主語かも
・・・という感じで、文学的な豆知識から考えるとか。

平安時代って通い婚だから、「明け方自宅に帰る」とあったら、主語は旦那の方だろう
・・・という感じで、歴史的な豆知識から考えるとか。


書いてるとキリがないんだけど、とにかく色んなツールを駆使して、きちんと主語を見つけないと、
せっかく覚えた文法知識や単語力が生きてこないんですよね



というわけで、
マミマミは、またまた本屋に走りましたε=ε=(o・・)o

で、見つけたのが「富井の古文読解をはじめからていねいに」という本
主語発見の方法が、かなり詳しく書かれています
大学受験用でもこういう参考書があるということは、
ひよこと同じような壁にぶち当たる受験生は少なくないってことですよね(^。^;)
著者と猫2匹の会話形式で解説が進められているので、とても読みやすい

久しぶりに、ひよこのニーズにピッタリの本を見つけたので、
ひよこに薦めてみちゃおうと思っています


古文を得点源にできると良いなぁ~o(^ー^)o






こんな まばら更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中1国語
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2013 ひよこと共に・・・, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。