一人娘の高校受験に向けて奮闘した、初心者受験生家族の記録です(^。^;)
http://hiyoko865.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

マミマミ

Author:マミマミ
園芸と犬猫が好きな思春期娘の母です(^_^;)

☆ブログ分析☆

ブログランキングならblogram

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
ひよこの塾も冬期講習中
連日、英数国の復習授業が行われ、宿題もたっぷり出ております
でも、その合間をぬって、ひよこの社会特訓も継続中です



ということで、今回は歴史学習についてなんですが、歴史分野に関するひよこの問題点は、
資料分析があまいこと歴史の流れを捉えていないことにつきます


ひよこ一家の住むC県の公立入試では、「基本問題と資料分析問題しか出題されていない。」
と言っても過言じゃないくらい、毎年たくさんの資料分析問題が出題されます。
私立校の方はほとんどが英数国の3科目受験ですが、
それでも社会が受験科目に入っている高校では、毎年出題されています。

そういう状況下ですから、ひよこの中学の定期テストでも資料分析問題は頻出
ひよこも定期テスト対策として、「中学総合的研究問題集(社会資料読解)」を使ってきました。

この問題集は個々の資料の「目のつけどころ」「読み取りどころ」「考えどころ」を解説してくれていて、
資料解釈の視点を身につけるためにはとても役立つのですが、
1冊で地理、歴史、公民の全分野の資料読解を解説しているため、
扱われている資料の数は非常に少ないです

他に中学生向けの資料読解問題集も見かけないというのに、私立入試では、
『蒙古襲来絵詞』の絵の中で、石塁(博多湾に築かれた防塁)の描かれたものを見せて、
それが文永の役(1回目の襲来)か弘安の役(2回目の襲来)かを判別させたり、
『伯耆の国東郷荘下地中分絵図』から地頭の力が大きくなっていく時代背景を語らせたり・・・・・・。

教科書や資料集ではあまり大きく取り扱われていない資料や、
中学生にとっては「おそらく初見では?」と思うような資料まで、容赦なく出題されています

そんな訳で、意を決して、教科書と資料集に載っている資料を全て見直すことにしました(^_^;)
おそらく授業の進度にそって、各時代の資料をチェックして行ったとしても、
受験前に再度『資料』の総復習をしないと、記憶に残っているかどうか怪しいところなんですが、
こういう出題傾向の県に住んでいる以上、力技でゴリゴリやらざるを得ないという感じです(^。^;)



歴史の流れを捉えるという方も、求めているレベルぴったりの参考書が見つかっていません

外交史、文化史、土地制度史・・・・・・といったテーマ別の歴史は、
ひよこが小学校の復習用に使っている四谷大塚 予習シリーズ(6年下)にも登場しますし、
I 塾でも夏期講習の単科講座でやってはくれているのですが。。。

実は、ひよこの場合『歴史の流れの把握』という点では、
学校の定期テストが一番要求されているレベルが高いんです

例えば、聖徳太子が小野妹子らを遣隋使として送った理由。
ひとつは、隋の優れた制度や文化を取り入れようとしたから。
この点は、予習シリーズでも、ひよこ愛用の参考書である「実力メキメキ合格ノート(中学歴史)」でも
全く記載の仕方が変わらないのですが、もうひとつの外交上の理由についての書き方がチョット違うんです。

中学受験用の予習シリーズや、予習シリーズ準拠のサブノートでは
「(隋と)対等の国交を開こうとした」と記載されてはいても、
太字で強調されているのは、遣隋使小野妹子のみ。
この部分は、さらっと書かれているだけです。

高校受験用の実力めきめき合格ノートになると、赤字になっているのはやはり遣隋使小野妹子ですが、
「(隋と)対等外交をめざす姿勢」というのが太字になってきます。

大学受験用の「“考える”日本史論述」(河合塾)になると、隋と対等な関係を目指すということは、
「隋に対して朝貢の礼をとっていた新羅・百済よりも、倭が上位に立つことを意味した」
というところまで書かれていて、この部分が青字で強調されてるんです。


で! ひよこの学校の定期テストの模範解答は「外交上優位に立とうとした」です
なぜなら、ひよこの学校で使用している東京書籍の教科書には
「東アジアでの立場を有利にし・・・」と記載されていますから
ただし、教科書では太字になっているのはやはり遣隋使小野妹子のみで、
この記載はやっぱりさらっと書かれているだけなんですけどね

全国の問題をチェックしたわけではありませんが、
おそらく高校受験には本格的な社会の論述問題は出題されないのでしょう。
そして、通常の記述問題では、「隋と対等な外交を目指そうとした」と答えれば、減点されることはなく、
むしろ「他のアジア諸国との関係では優位に立つことを意味した」まで書ければ、
加点対象になる程度なのかもしれません。

でも、それまで金印もらったりして中国に朝貢する形をとってた日本にとっては、
ここは外交上の一大転機! 
しかも、高句麗と隋が対立していた時期に、聖徳太子がかの有名な
「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。」という国書を送って、
返礼の使者まで送られたという点に、聖徳太子という人の外交手腕の凄さが顕れているところ。

なんで、ひよこにとっては細かいことまで書かれ過ぎてる大学受験用の参考書にしか、
そういう話はしっかり説明されていなくて、
高校受験用の参考書に載ってないんだろう・・・・・・・って思っちゃいました



とりあえず、ひよこには、お気に入りの小説と同じくらい歴史の教科書を読み込んで、
学校の授業で社会の先生が仰る『歴史の裏話』的なことは、耳の穴をかっぽじって、
よ~く聞いておくようにと言っておきましたけどね(^_^;)

資料読解にせよ、流れの把握にせよ、
歴史分野の学習については、コレといったテキストが見つからないので、
今後もかなり苦労しそうです


          どこかに良い教材はないかなぁ~?(^。^;)









長い記事を最後まで読んで下さって、
ありがとうございましたm(__)m
おそらくこの記事が今年最後の更新になると思います(*^_^*)
皆様、良いお年をお迎え下さいね
 
スポンサーサイト
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中1社会
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
今日はクリスマス・イブですね 皆様、良いクリスマスをお過ごし下さい


それはさておき、ひよこは冬休み社会特訓中でございます
ということで、一応学生時代は社会科学系が専門だったマミマミも
久しぶりにひよこの家庭教師に復帰しております(^m^*)


そうすると、ひよこの社会の勉強法の問題点が、
ブログでシリーズ化できるんじゃないってくらい 見えてくるわ、見えてくるわ・・・・・・
長~くなりそうなので、とりあえず今回は地理についてのみ書きたいと思います(^。^;)


地理学習におけるひよこの最大の問題点は、
一行問題集的に知識を丸暗記していて、各単元ごとの知識が繋がっていない
もっと言えば、地理の学習なのに、それが地図上でイメージできていないことでした!


例えば、ひよこは、ヨーロッパ州を学習した時に、
スペイン以外のオリープの産地を問われた選択肢問題が不正解でした。
  (正答はイタリアなんですけどね。)

ひよこの暗記の仕方は・・・
     スペイン ⇒ オリーブ、コルクガシ
     イタリア  ⇒ ぶどう、オリーブ

・・・って感じで、サブノート的というか、一行問題的なんです。
この覚え方だと、イタリアの主要農産物を忘れてしまったら、まず答えられませんよね


でも、何故スペインではオリーブが沢山生産されているのか・・・を考えれば、
この問題は選択肢問題だったので、イタリアの主要農産物を覚えていなくても正解できるんです。
スペインは夏、高温で乾燥する地中海性気候です。
だから、乾燥に強い樹木作物であるオリーブの生産が盛んなんですよね。

ということは、選択肢の中で地中海性気候に属さない(西岸海洋性気候である)、
イギリスだの、フランスだの、ドイツだのといった選択肢は、答である可能性が低いですよね。
そうすると、地中海に面したイタリアが答えじゃないのかな?ってのが見えてくるはずなんです。

でも、ひよこは「世界の気候」の単元で習った「地中海性気候」と
「ヨーロッパ州」の単元で習った「地中海式農業」を関連づけて考えようとしないんです


社会科学の分野に限らず、教科書類って総論⇒各論って感じの構成のものが多いですよね。
ひよこの使っている中1の社会の教科書も、世界の地形、世界の気候・・・・・・と、総論を習ってから、
アジア州、ヨーロッパ州・・・・・・というように各論に進んでいきます。
ひよこの塾のテキストもほぼ同じ構成で、受験頻出の重要事項をまとめたサブノートっぽいものになってます。

塾や学校のテストの度に、ひよこは何度もそういうテキストで覚え直しをしているので、
素直に地中海性気候の特徴を問われれば、スラスラと答えられると思います。

でもね。。。
ひよこの頭の中には、各単元で学んだことが、分断されたバラバラの知識としてしか入っていない
だから、学校の定期テストならそこそこの点数は取れても、
入試問題に近い形で出題されると、そうは行きません


例えば『オランダ』と聞いたら、まずヨーロッパの地図を思い描いて、
北大西洋海流の上から吹いてくる偏西風を思い浮かべられなきゃいけないと思うんです。
そして、その偏西風を利用して排水用の風車が回っている・・・・・・
そこは、酪農や園芸の盛んなポルダーと呼ばれる干拓地。
地球温暖化で水没が懸念されている地域でもあります。

ポルダーだけでなく、EUの玄関港ユーロポート(ロッテルダム)や、
中3の公民で詳しく習うであろう国際司法裁判所(ハーグ)のことも思い出せなきゃいけないでしょう。
高校に入って、本格的に世界史を習ったら、歴史的なことも思い浮かべられると良いですよね♪


学校や塾で習う時期や、教科書に登場する単元はバラバラであっても、
『オランダ』と聞いた時に、それら全てを地図と一緒にビジュアルにイメージできて、
初めてどの角度から問われても答えられる
のではないでしょうか。


「政治学、経済学、歴史学・・・なんて学問分野は、後世の人間が作った分類だ。
国と国との関係を本当に理解するためには、interdepartmental な視点を持たなければならない!」
と、
大学時代の国際関係論の先生が仰っていたことを、マミマミは思い出しました
ひとつの国や地域を理解するのにも、そういう見方が必要な気がします



んじゃ、単元別にバラバラな知識を溜め込んでいるひよこに、
どうすれば、そういう視点を持たせることができるのでしょう?


ひとつの方法は、時を待つことだと思います。
偉そうなことを書いてますが、マミマミだって中学に入って初めて世界地理を習った時から、
そういう視点を持ててた訳じゃありません
地理分野も、公民分野も、歴史分野も・・・・・・一通り全て学んで、
初めて色んなことが繋がったってのはあります。


でもね、やっぱり各単元の知識に繋がりを持たせやすい地理の学習法ってのもあると思うんです
ある大手中学受験塾の先生の書かれた本を読んで、
白地図ワークが良いんじゃないかな~とマミマミは思いました


でっかい白地図に、山脈も、川も、海流も、季節風も、炭田も、油田も、鉱山も、世界遺産も・・・・・
習った順番にどんどん書き込んでいって、ベタベタ壁に貼っちゃうの(^w^)
今まで一行問題集的に、各単元別に重要事項の暗記を繰り返していたひよこに、
今度はビジュアルにどばっと地図を見て、国別、州別に復習してもらえば、
少しはバラバラな知識が繋がってくるんじゃないかと・・・・・・


という訳で、白地図・自由帳 世界(州別)を購入して、拡大コピーしまくりました(^m^)b
んでもって、この冬休みは、ひよこに色々書き込んでもらおうと思っています。



          効果があると良いんですけど~ (o^ー^)o








長い記事を最後まで読んで下さって、
ありがとうございましたm(_)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中1社会
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(11) 
ひよこは、明日から冬休みです
でも・・・・・・事実上、全く休みじゃありません
連休明けから部活がほぼ毎日 そして、塾の冬期講習もほぼ毎日
ほとんど大晦日と三ヶ日しか休みなしです


ひよこの学校の部活は・・・学校での拘束時間を長くしないと、
非行に走っちゃう子がいるからなのかなぁ~
なんてチョット疑ってしまうくらい、
盆と正月以外は休まないんですよね(^_^;)
でも・・・まあ・・・旅行や帰省でお休みするのは認められているんですが。


驚いたのは、塾の方
今回、ひよこはオプションの単科講座を一切受講していないのですが、
それでも本科講座が連日あって、冬休み明けにテストというスケジュールなんです(@_@;)

マミマミの中学受験の時も、小6ならともかく、小4の冬休みに毎日通塾した記憶はないし、
父ちゃんの高校受験の時も、中3ならともかく、中1の冬休みに毎日通塾した記憶もなく、
「今時の進学塾って、大変過ぎない?今時の受験自体が大変ってことなのかしら?
と、ひよこ一家はただただ驚くばかり


それはさておき、この冬、ひよこ一家が塾と方向性がズレてしまったのは、
冬期講習の日程ではなく、その内容なんです(^。^;)

ひよこの通う I 塾は、今月に入ってから約5時間ほどの理社の復習授業を終了し、
冬期講習では、英数国を集中的に勉強するというカリキュラムになっています。
数学は平面図形の復習と立体図形、英語は疑問詞、助動詞などの総復習、
国語は国文法、語彙、漢字などを総復習する予定。


これはこれで、各教科の知識の定着を目指した良いカリキュラムだと思うのですが、
正直言って・・・ ひよこのニーズとは違うんです~(T-T)


この冬休みは塾でも学校でも一番成績の悪い社会の勉強法を見直して、
しっかり復習し直そうと思ってたんですよね

学期中はまとまった学習時間が取れないから、なんとか冬休みに・・・・・・と思っていたのに、
毎日部活、通塾&塾の宿題をこなしていては、社会に十分な時間が取れません
こういう時、ちょっとだけ「個別指導塾にすれば良かったのかな?」なんて思うんだけど、
ひよこはやっぱりお友達がいる集団塾が好きみたい


夏休みも、家庭学習では小学校の漢字総復習等をしたり、英文法を先取り学習したりして、
塾のカリキュラムに乗っからず、休み明けのテストで散々な成績だったひよこですが、
今回も成績が下がるのを覚悟の上で、塾の英語は捨てて、社会を勉強することにしました(^_^;)

得意の英語の偏差値が下がっても、苦手な社会の偏差値を上げることの方が、
高校受験を乗り切るためにも、そして高校入学後の学習にとっても、
ひよこには必要な気がする
からです


英語100点で社会80点・・・よりも、英語も社会も90点を目指してほしい!
特に基礎基本を学んでいる小中学生の間は、そういう勉強の仕方をしてほしい!!

それが父ちゃんとマミマミの願いです(*^_^*)

きっと・・・休み明けにひよこが悲惨な成績を取ってきたら、それはそれで凹むだろうとは思うんですけどね(^m^*)









こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(5) 
中1も終わりに近づいてきて、最近ひよこ一家が悩んでいたのは、
1年に1回くらい自塾以外の模試を受けてみるべきなのかしら?ってこと。

受験ブログなんて書いてるくせに、ホントにお恥ずかしいんですが、
マミマミは高校受験に関しては全くの初心者
最初は「ひよこの通ってる I 塾って・・・C県内の高校受験塾では最大手って言われてるから、
I 塾の定例テストと模試さえ受けてれば、良いんじゃない?」
くらいにしか思ってなかったんです


でもね、先輩高校受験ブロガーさん達の記事を読ませて頂いてると、そうではないみたい
どの県にも業者がやってる『公立入試そっくり模試』みたいな大規模模試があって、
地域によっては、学校の内申だけでなく、その業者の模試の成績を持って個別相談会にのぞみ、
確約をもらってらっしゃったりする
ということを知りました
しかも、地域によっては、業者の大規模模試には中1、中2を対象としたものもあるらしいんです
 (もちろん、『確約』をもらえるかどうかは、中3での結果次第なんでしょうけど・・・。)

さらに、C県でも、難関私立受験に関しては、
問題の難易度や受験者層の関係で、業者の大規模模試での合否判定が難しいため、
多くの方が駿台模試を受験されているとか



いつも分からないことは I 塾に聞いているマミマミですが、
今回ばかりは「他塾や業者の模試って、いつから受けたら良いんですか?とも聞けず

かといって、「駿台模試受けたら、I 塾模試より偏差値5くらい下がるわよとか、
「大規模模試だと、I 塾偏差値より10くらい上がるわよとか、
色々と先輩ママさん方から教えて頂くと、すごく気になってしまって・・・(><)

まだ受験しないにしても、とりあえず、出来る範囲で調べてみることにしました



で! まず大規模模試について分かったのは。。。
C県には、5~6万人いる高校受験生のうち、2万人前後が毎回受験するという大規模模試が
2種類存在するということ。

どちらの大規模模試も、I 塾偏差値よりも7~10くらい高くなると言われているけれど、
一方は合否判定が非常に甘く、もう一方はかなり辛いらしいんです。
甘い方で合格率80%でも、辛い方だと40%くらいになることがあるみたい(^。^;)

そして、関西圏の五ツ木の模試や、埼玉県の北辰テストには、中1、中2向けの模試があるけれど、
C県の大規模模試は、個人での受験はいずれも中3からになるようでした。
  (甘い方は塾向けに中1、中2用のテスト提供をしているみたいですが・・・。)

C県の場合、『確約』交渉にこれらの業者模試の結果が採用されているのかどうかは謎ですが、
I 塾の塾生は中3でも5千人くらいだという噂ですし(つまり定例テストは業者模試より少人数ですし)、
C県公立入試では毎年出題される国語のリスニングも、
今のところ学校のテストでも塾のテストでも登場していないので、
中3になったら、合否判定の辛い方だけでも受験してみようと思いました(^_^;)



駿台模試の方は、業者ではなくである駿台フロンティアJr.が主催する模試なので、
当然中1、中2向けのテストもあります
HPには首都圏超難関国私立高の合格80%ラインの偏差値が載っていたので、
I 塾偏差値や、入塾案内に同封されていたサピックスの偏差値と比較してみると。。。


              駿台            I 塾           サピ

筑駒            70            72            64
学芸大附属     男67 女68      男71 女69      男63 女62
開成            68            72            63
慶應女子         70            71            61
慶應志木         66            68            60
慶應義塾         65            67            58
早実         男65 女67      男69 女71      男57 女58
早大学院         65            67            57



駿台偏差値について「I 塾より5くらい下がるという先輩ママさんの言葉も、
サピから転塾して来たお友達の「I 塾に来たら、偏差値10くらい上がったという話も、
合格率80%ラインの差とほぼ同じなんだなぁ~と分かりました
   (それにしても・・・・・・こうして見ると、サピの模試を受ける人って、本当に難関校を目指す方ばかりって感じですね



それはさておき、気になったのは「難しいという噂の駿台模試の難易度
こちらの方は去年の駿台模試3回分をまとめた問題集が市販されているので、チェックしてみました

印象としては、とてつもない難問ばかりの模試というのではなく、
むしろ非常に良問の多い模試だと感じました
ひよこが I 塾Z会を利用せずに家庭学習だけで受験勉強をしていたとしたら、
この模試をペースメーカーとしていたかもしれない・・・・・・と思うくらいに(*^^*)b

ただ・・・やっぱり駿台は進度が少し速いみたいなんですよね
I 塾やZ会はゆったりしたペースのカリキュラムだから、
12~1月に立体図形を習うんだけど、1月中旬の駿台模試には既に出題範囲に入ってるの
まだ勉強が終わっていない単元がテスト範囲に入っていると思うと、
ひよこには、チョット敷居が高いのかなぁ~なんて考えちゃいました
中3になったら、I 塾やZ会が出題範囲に追いついてなくても、
是非とも受けてみようとは思ってるんですけどね



・・・という訳で、心配になってあれこれ調べたけれど、
結局、今は I 塾やZ会で習ったことがしっかり定着できているかどうか、
それぞれのテストで確認して、きちんと復習していこう
と思いました(*^_^*)








長々と書いてしまった記事を 最後まで読んで下さって、
ありがとうございましたm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 模試
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
受験直前の中3の先輩方とは『重み』が全然違うのですが、
ひよこ達の学年でも、今週は3者面談が行われました

前回の3者面談の際にも、ひよこは非常~に生活面が心配だと書きましたが(この記事)、
その後、ひよこが中学生として成長できたかというと・・・・・


                     |||(-_-;)||||||


小学生の頃に比べれば随分マシになったとは思うのですが、
相変わらず登校途中で習字道具だの体操服だのを忘れたことに気づいて、
家まで駆け戻ってきております

だからね、成績の方は前期中間前期期末後期中間と、とりあえず元に戻った感じなので、
何か言われるなら生活面の方だろうと思ってたんだけど、
言われたのは学習面についてでした((((((ノ゚⊿゚)ノ

先生がおっしゃるには、前期中間から前期期末への成績downは落ち過ぎだと
期末テストは範囲が広いし、科目数も多いんだということを念頭において、
早めに、かつ計画的に学習するようにとのことでした
いつもテスト直前になって慌ててるひよこの家での様子をご覧になってたかのようなお言葉に、
やっぱ、学校の先生ってすごいわぁ~なんて思ったマミマミなのでした(^_^;)



で! 前回同様、可もなく不可もない各教科の先生方からのコメントを伺った後、
話は現在のひよこのクラスの様子に。。。
     (個人面談のはずが、『ひよこ個人』のことより、こっちの話が長くなっちゃったのよね)



以前も記事にしたことがあるんだけど、ひよこのクラスは学級崩壊の噂がたったこともあるくらい、
あんまり授業態度の良くないクラスなんです(この記事)。

今までも社会の先生が怒って授業を中断してしまわれたり、
色々と問題の多いクラスなんですけど、今回は理科の先生との間にトラブルが発生しちゃったみたい

ある日の授業で、ひよこ達は班に分かれて実験することになったんだけど、
ひと班だけ、きちんと先生の指示通り実験準備しなくて、実験ができなかったらしいんです。

でね、先生は放課後居残り実験するから、その班の子達だけは実験室に来るようにと仰ったらしいんだけど、
部活が大会前だからって、居残り実験に行かずに部活に行っちゃった子がいたみたいなの。

で、理科の先生はその子を部活から呼び戻して、注意された・・・・・・ここまでは、まあ当然ですよね。


ただ、理科の先生も相当頭にきてらっしゃったみたいで、その生徒に『死ね!』って言われたらしいの

それを聞いていた同じ班の子達が「可愛そうだよね~って言ってたら、
「死ね!」と言われた当事者の生徒が翌日学校を欠席してしまったもんで、
もうクラス全員がその子に同情して『理科の先生、ひどいってムードになってるんです


でね、その話が他教科の先生に伝わったもんだから、
居残り実験した班のメンバーと共に、後期も学級委員をしているひよこも、
担任の先生やら、学年主任の先生やらに呼び出されては、事情聴取されてるみたい(^_^;)

ひよこも、色んな先生からあれこれ質問されるから、
「だから、ひよこは居残り実験班じゃなかったし、クラスメイトから聞いた話しか知らないのにぃ~
って感じ


ひよこが言うには、理科の先生は普段から厳しいけど、授業も面白いし、良い先生らしいんだけど、
先生や先輩から「死ね!」と言われて、ホントに自殺しちゃった子もいて、ニュースになってるんだから、
やっぱり生徒を注意する時の言葉の選び方としては、不適切だったんじゃないかなってことで、
落ち着きそうな雰囲気みたい(^_^;)



なんだかさ。。。
マミマミにとっては、素直に居残り実験しないっていう思春期の子供の難しさも感じたし、
どんな時にも感情的になっちゃいけないっていう教職の大変さってのも感じた3者面談でした(^。^;)


    ・・・って、あれ  

        ホントはもっと 学校でのひよこの様子 も聞きたかったんですけど~







こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 中学校 Category: 中学校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
今週末はZ会在宅模試「Vテスト」
塾での数学の成績が思わしくなく、半年くらい前から数学のみ受講しているひよこにも、
問題&解答用紙が送られてきました。

Z会の通信教育は、3月、7月、12月の年3回在宅模試があるみたいで、
ひよこが在宅模試を受験するのは、7月に続いて今回2回目
単科受講生にも全教科模試を受験させてくれるので、ありがたいです


でね、今回マミマミが何に驚いたかというと。。。
前回(7月)までは、中1も中2も英数国3科目マーク式の模試だったのに、
今回(12月)から、中2は英数国理社の5科目記述式に変わったことなんです
(中1のひよこ達は3科目マーク式のままです。)

しかもね、中2は国語の選択問題が志望校によって違うみたい
出題範囲を見ると、難関校志望者は「古文」で、
それ以外の人は「韻文(短歌)」の問題を解くようになってました。
きっと、その方がより正確な合否判定ができるってことなんでしょうね


中3の方々の受験本番は、早い地域でも年明けからだと思うんですけど、
Z会では・・・というより、受験業界では、もうすでに中2の方々も『受験生』なんだな~って、
感じました(^_^;)

ひよこも、ついこの間中学に入学したつもりでいたけれど、
1年後には正真正銘の受験生に仲間入りかと思うと、
気が重くなっちゃいましたよ( ̄_ ̄|||)



・・・・・・とまあ、ここまでが真面目なマミマミの在宅模試を前にした感想なんですが、
うちのお気楽極楽なバカ娘の反応は、全然違いました



前回(7月)の在宅模試で、宝くじが当たったような成績だったひよこ
まあ・・・自分でも「あのテストで、ひよこは一生の運を使い果たした気がするとか言ってましたが、
実はひよこには、今回、密かに抱いていた淡い夢があるんです(@_@)b

それは・・・Z会オリジナル カエル付箋 をゲットすること!
前回、確か100位以内(?)の人は、カエルのイラスト付きの付箋がもらえたんですよね。


で! ひよこはこのカエル付箋がやけに気に入ってしまったらしく、
「可愛い 塾では成績良くても何も貰えないのに、Z会って気前いいてな感じ(^。^;)
そんなにカエルが好きなら、サンリオのけろけろけろっぴの付箋を
お小遣いで買えばいいのに・・・・・・とマミマミは思うのですが(^_^:)


でね、前回のような好成績は無理だけど、
今回もあわよくばギリギリ付箋がもらえるくらいの成績だと良いなぁ~なんて、
ひよこは思ってたみたいなの(ー_ー;)

でも・・・国語のテスト範囲にひよこが大嫌いな『韻文』が入ってたもんだから、
絶対無理ぽ~(T。T) とか言ってるわけです


マミマミに言わせれば、国語だけでなく数学も崩壊すると思うんですけどね

だって、この半年間のひよこの添削問題の点数を見ていると、
全国平均の+10点と-10点を行ったり来たり
いくら難関国私立コースで応用問題が多いといっても、日頃の添削がそれでは、
100位以内どころか、3桁順位も危ういんじゃないの?って思うんですよね(ー。ー;)


ひよこの成績が音の振動数のように上がったり下がったりするのは、
塾も学校も同じなんですが・・・・・・今回はZ会でもガツンと一発くらって、


         気合いを入れ直すしかないでしょ

                         な~んて思うマミマミなのでした(^。^;)









こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: Z会
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
「公立中学の授業は、受験までに中学の履修範囲が終わらないことが多いから、要注意だよ~
・・・・・・とよく聞くけど、皆さんの学校はどうですか?

ひよこの学校は、理科の進度が恐ろしく遅いの )))))))(゚o゚;)
中1の学習範囲である生物(植物)、化学(物質の状態変化、水溶液など)、物理(光、音、力など)、
地学(地層、地震など)の4分野のうち、中1の12月時点で半分(生物分野と化学分野)しか終わってません
多分中2になるまでに、中1の学習範囲の3分の2が終われば良い方



もちろん塾では既に中1の学習範囲は終了しています。
でもね、週2~3日の授業で5教科全てを教える大手塾の宿命だと思うんだけど、
全科目をじっくり教えてくれる訳ではありません

授業時間数が足りないから、理社にあまり時間は割かず、英数重視になっちゃう
ひよこの塾でも、中1の地学分野なんて、2時間で終了しちゃったんだよね(^_^;)
 (まあ、長期休暇の時期には復習授業をしてくれたりするんですけど。。。)

で! よくできるお子さんならともかく、小学校の復習からやり直してるひよこでは、
なかなか塾の授業ペースで各単元をマスターしていけないんです
再度学校で教えてもらって、実際に実験してみたり、
定期テスト前にワークを2~3回解いてみたりして、
ようやく知識が定着するって感じ(^。^;)



最初は「学校で習った後でも、最終的に定着できればいいじゃん♪」な~んて思ってたけど、
このままじゃ・・・理科は受験に間に合わないことがほぼ確実
母娘で対策会議を開いちゃいました

「ワークだけでも塾のペースに合わせて、先に解いてみれば?」と言ってみたんだけど、
「ワークは、やっぱり学校の定期テスト前に集中的にやりたい!」と言うもんだから・・・
とりあえず、塾のペースに合わせて、市販の問題集でアウトプット(問題演習)を増やしてみることに

二人で本屋さんに行ってきました(*^_^*)



国立や難関私立の問題ばかりを集めた問題集は、ひよこのレベルでは全然解けそうにないし、
3科目(英数国)受験の私立と県立しか受験しないかもしれないんだし・・・・・・ということでパス

かといって、電話帳では、部活引退後の追い込み時期ならともかく、
今は量的にとてもこなせそうにないので・・・・・・これまたパス

という訳で
ほとんど公立入試問題しか載ってない 高校入試 合格でる順(理科)を買って来ました
ひよこが言うには、学校の定期テストに出た「植物」の問題と、
塾の定例テストに出た「光と音」の問題が載ってたらしいんですけどね(@。@)b


「また同じ問題が出るかもって期待してるみたいだけど。。。

       そんなにうまく行くかなぁ~?(^‐^;)







こんなまばら更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中1理科
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
 
Copyright © 2013 ひよこと共に・・・, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。