一人娘の高校受験に向けて奮闘した、初心者受験生家族の記録です(^。^;)
http://hiyoko865.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

マミマミ

Author:マミマミ
園芸と犬猫が好きな思春期娘の母です(^_^;)

☆ブログ分析☆

ブログランキングならblogram

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2014.01.29/ 00:00(Wed)
2月中旬に行われるひよこの中学の後期期末テストは、C県公立高校前期入試と日程が重なるため、
3年生だけは公立入試前に期末テスト日程が組まれています。
それでも都内の私立受験と重なって、別日程で期末試験を受ける方もいらっしゃるようです。



C県では公立も私立も前期・後期の2回ずつ入試がありますので、
都内の高校も受験するC県中3生の入試スケジュールとしては。。。

1月中旬~下旬 C県私立前期  2月上旬 C県私立後期  2月上旬~中旬 都内私立
                  2月中旬 C県公立前期 又は 都内国私立 2月下旬 C県公立後期

。。。となり、入試三昧な1ヵ月半を過ごすことになります



もちろん、第一志望に合格した段階で、この入試三昧な日々は終了するわけですが、
私立はC県も都内も学校によって日程がズレていますし、
3~4日連続して別の学校を受験するというような方もいらっしゃって、
前半で受験が終了したとしても、かなり過酷なスケジュールの方も多いようです


その真っ只中に中学最後の期末テストが入ってくる訳ですから
「もう、内申だって確定してるんだから、中3は期末テストなしでいいじゃん
 先輩達が可哀想だよぉ~
 と、ひよこなんぞは言ってるわけです



でもね、これは違います。

先輩ママさん方に伺うと、公立入試直前の期末テスト問題は、先生方入魂の入試予想問題
進学を希望する生徒からは、絶対に高校浪人は出さない!
そして、できるだけ多くの生徒を志望校に入れてやるんだ!!
・・・・・・という先生方の意気込みの表れるテストなんだそうです。

  (実際、ひよこの学校の定期テスト問題では、中1でさえ、社会も公立入試そっくりの資料読解重視の問題、
   英語も私立上位校入試そっくりの英作文の問題が毎回出題されていますから。)




おりしも、中1・中2でインフルエンザが流行し始めました

通常、ひよこの学校では、定期テスト2週間前にテスト範囲表配布、1週間前から部活停止なんですが、
今回は、中3の受験のために、3週間前にテスト範囲表配布。
インフルエンザ感染の拡大を防ぐために、中1・中2も部活は全面停止。
給食も班で食べずに、授業と同じ机の位置で個々人で食べています。

マスク着用、手洗い、うがい、予防接種が推奨され、
生徒数1000人以上のマンモス校であるにもかかわらず、
登下校時に見かける学生は、ほぼ全員がマスクを着用しています

部活の顧問の先生からも、
「クラスでインフル感染者が出ている場合には、中3の先輩方に受験前のエールを送りたくても、
 近くまで行かずに、遠くから応援しておけよ
 という指示が出ています。
もちろん、既に私立合格して受験が終了した先輩も、決して部室に顔を出しません。


授業中はふざけてばかりで、全く先生の言うことを聞かないような生徒でも、
皆が先輩の受験のために、インフルエンザ予防に努めています。




                         頑張れ!

                      頑張れ、先輩達!!

                  あと1ヶ月だから!!!



          学校中が唱えるひとつの『祈り』 




「良い学校だね
ひよこが公立中学に入学して以来、初めて、マミマミはそう言いました(*^_^*)

「うん 再来年は・・・きっと皆がひよこ達を応援してくれるよね
そう言って、ひよこは嬉しそうに笑いました





          先輩方が、そして全ての受験生の方々が、体調を崩されることなく、
          日頃の実力を出しきられますよう、心よりお祈り申し上げます









最後まで読んで下さって、
ありがとうございますm(__)m
 

>>>Read more

スポンサーサイト
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中学校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
ひよこの通う I 塾は、英検の準会場になっているため、
本日ひよこは、初めての英検受験に出かけます(^m^*)

受験する級は4級です


中1で、英検初受験で、4級から・・・・・・というのは、ごく一般的なことなんですが、
実はひよこを良く知ってる方に言うと驚かれてしまいます(^。^;)

このブログを以前から読んで下さってる方はご存知なんですが、
就学前の大~昔~に、ひよこは父ちゃんの転勤でアメリカに住んでました

英語と日本語をほぼ同時くらいに話し始めたし、当時はネイティブ幼児英語スピーカーだったんですが、
帰国したら、3ヶ月でネイティブ関西弁スピーカーになってました(≧m≦)  ←関西に帰国したから。


でも、一応ね。。。 「うちの子、外人みたいじゃ~んと帰国当初は思ったので、
小学校の間はベルリッツで児童英会話を習わせましたけどね

だから、英会話教室のお友達の中には、小学生の頃から既に何度も英検を受験していて、
上の方の級を持ってらっしゃる方も多いんです。


そんな訳で、ひよこが今回初めて4級を受験すると言うと、
周囲の人に驚かれちゃったりするわけです(^_^;)

実際・・・・・・塾の先生にも「3級からでもいいんじゃないか?とか言われちゃったし


マミマミもね、4級&3級ダブル受験からスタートしても良いかと思って、
夏休み中に、中学英語の文法事項は一通りひよこと一緒に先取り学習したんですが、
本人が「3級の出題範囲の関係代名詞とか・・・・・・まだ全然完璧じゃないよ~とか言ってるから、
まあ納得いくまで勉強してから、受験しても良いのかなと。。。(*^_^*)

「そのかわり、4級は高得点合格するつもりで受験して来~いと言っときましたけどね



ただね。。。
チョット気になったのが、英検をはじめとした検定資格って、高校受験の併願推薦基準になってること
  (もっとサクサク上の級を目指さなきゃ、間に合わないのかもと心配になって

「中1で4級から始めて、1年に1級ずつ取得して行けば、高3で1級取れるかもだよ~ん
な~んていうひよこの理想プランは、現実には厳しいのは分かりきってますし。。。

受験年(中3、高3)は忙しくて資格試験まで手が回らないのだろうし、
そもそも高校生のうちに1級が取得できるのは、ごく一部の本当に英語の得意な人だけだから、
英検受験も上の級になればなるほど、なかなか合格できなくなるのが目に見えてますしね(ー。ー;)



とりあえず、I 塾からもらった受験情報誌で、C県私立の併願推薦基準を調べました
そしたら、驚いたことにC県の私立上位校には単願推薦以外なかったんです(@。@)

しかも、『単願』または『第一志望』であることが重視されていて、
内申点は考慮する学校でも、検定資格での優遇措置がない
んです


中堅校になると検定資格での併願優遇措置があり、英検準2級や3級で加点1~10と、
学校によって様々なんですが、こちらも検定資格で明らかに大きく加点してくれるのは、
ひよこの今の I 塾偏差値より20以上低い学校だけみたい


もちろん、ひよこの偏差値が中3までに20くらい下落する可能性は十分あるんですが、

父ちゃんの意見としては。。。
「この学校の併願優遇をもらうために検定資格取得に力を入れるより、
 中3までにそこまで偏差値を落とさず、一般受験でもこの学校に合格できるよう、
 苦手科目を勉強した方が、俺は良いと思うけどな」 
。。。とのこと


塾の先生からも「C県はテスト一発勝負な県」と言われてますので、
とりあえず検定試験受験はのんびりペースにして、
ひよこの苦手な社会の人名・地名の漢字練習にでも精を出そうかと思いました(^。^;)



理想としては。。。
普通に高校受験向きに英語の勉強をして行って。。。

   英検準2級レベルの実力に到達できると良いんですけどね~(^^*)








最後まで読んで下さって、
ありがとうございますm(__)m
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(14) 
テスト記録の記事が続きます
あまり皆様方に読んで頂いて楽しい記事ではないかもしれませんが、
このブログは、ひよこの高校受験までの学習記録を残す目的もあって
書いておりますので・・・・・・お許し下さいねm(__)m




先週はZ会の在宅模試だけでなく、塾の冬期講習到達度テストの結果も返却されてきました
実はこの冬期講習到達度テストは結構重要で、このテストと来月中旬の I 塾公開模試の結果で、
来年度のクラス分けが決定されることになると塾生には通達されていました。

でも、I 塾の新年度コース開始は3月初めから。
通常の定例テストでも結果返却に1~2週間はかかるため、
受験者数の多い公開模試結果が出るのは、早くとも2月末。
ギリギリになってクラス分けを行う可能性は低いので、
今回の冬期講習到達度テストで、来年度のクラスはほぼ決められるだろうとの噂でした。


ひよこの成績は。。。

数学  公立向け偏差値70~75  私立向け偏差値70~75
英語  公立向け偏差値60~65  私立向け偏差値65~70
国語  公立向け偏差値65~70  私立向け偏差値70~75
理科  偏差値65~70
社会  偏差値65~70

3教科合計  偏差値70~75
5教科合計  偏差値70~75


。。。というものでした



こうして偏差値だけを見ると、いつもとあまり変わりないように思えるのですが、
今回は成績内容が大きく変化していました。

 ①苦手科目だった数学の偏差値が、5教科中1番高くなりました。
     ⇒受講し始めて約半年。ようやくZ会の効果が出てきたのでしょうか?
 ②理科の順位が5教科中1番高くなりました。
     ⇒アウトプット(問題演習)を増やして成功でした(この記事)。
 ③社会の偏差値が初めて65を超えてきました。
     ⇒勉強法の見直し(この記事この記事)が功を奏しました。
      参考書等をご紹介下さった先輩受験&子育てブロガー様方に感謝いたします
 ④初めて5教科合計&3教科合計の両方で、一桁順位/約1700人になりました
 ⑤初めて英語の公立向け偏差値が65以下になりましたが、
   実は満点でも偏差値65に達しないという難易度&平均点でした



そして驚いたのは、今までは常に3教科合計(150点満点×3教科)の順位が
5教科合計(100点満点×5教科)の順位を上回っていたのに、
今回は順位が逆転していたことでした (偏差値的にはまだ3教科合計の方が上ですが。。。)

更に特筆すべきなのは、今回ひよこがとった5教科合計順位は、
今までの全ての3教科合計順位をはるかに凌駕する好成績だったということ
I 塾では実名記載の成績優秀者名簿が貼り出し&配布されるため、あえてブログで順位は公表しませんが、
まるで学校の定期テストかと思うような点数と順位でした(@。@)

その結果、なんと成績優秀者として I 塾から表彰状と図書カード(3000円分)を贈呈されました
「Z会はかえる付箋くれるけど、I 塾は何もくれないと思ってたら・・・・・・実はくれるんだね と、ひよこ
「俺は大学受験予備校の模試でペンをもらったことがあるけど、I 塾の方が太っ腹だな と、父ちゃん
「マミマミの社会特訓のおかげなんだから、半分図書カード使わせてよ と、マミマミ(^m^*)
まさか、大手塾でこんな成績をとることがあるとは思わなかったので、
おそらくもう二度とないだろうとは思いますが、一家揃って、すごく嬉しかったです(*^_^*)



そしてね。。。
何より嬉しかったのは、ひよこの気持ちに変化が見られたこと
「ひよこ・・・・・・もう、上位クラスの落ちこぼれじゃなくなったかな?」  by ひよこ
「そうだね。。。中2になっても日本地理や日本史で、やっぱり中学受験経験者との差に苦しむだろうけど、
 頑張れば、その差を縮めることができるって分かったよね
 by マミマミ
「ひよこ、I 塾の精鋭部隊になれるかな?」  by ひよこ
「うんうん・・・・・・きっと精鋭部隊になれるんじゃない?(^w^)」  by マミマミ
「調査兵団のリヴァイ班って感じだね by ひよこ (←「進撃の巨人」を知らない方には分からない会話ですが



ひよこの通う I 塾でも、未だに上位クラスでは圧倒的に中学受験経験者が多いです。
そして、高校受験でも最難関校に合格される方には、中堅や準難関の私立中高一貫校出身の方も多いです。
でも、公立小・中の出身で、中学入学前になって、ようやく真面目に勉強し始めたひよこでも、
1年間頑張れば、県内最大手塾のトップ層に食い込むことができるんだ
・・・・・・
そう、実感することができました



ひよこ一家のやる気スイッチ、オンです

     高校受験に間に合うかどうかは分かりませんが。。。
     きっと大学受験までには間に合うだろうと信じて。。。

         ブレることなく、この道を進んで行きたいと思います p(^-^)q







こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(8) 
先月受けたZ会の在宅模試の結果が返ってきました
タイトルのこの顔文字⇒( ̄▼ ̄|||) で、ご想像頂けてたと思いますが、
前回の一桁順位から大きくダウンしてしまいました(^。^;)
  (まあ、ひよこの実力から考えると、前回が良すぎる成績だったんだと思うのですが。。。)



数学満点、英語1問間違い、国語2問間違いで、こんな成績でした


英語     95~100点   偏差値(60~65) 順位(全国350位以内、県内15位以内)
数学         100点   偏差値(65~70) 順位(全国1位、県内1位)
国語     85~ 90点   偏差値(60~65) 順位(全国450位以内、県内30位以内)

3科合計    280点以上   偏差値(65~70) 順位(全国50位以内、県内5位以内)



志望校別順位は全教科1位だったんだけど・・・・・・はっきり言って
ひよこと同じ志望校の人が、ほとんどいなかったからなんですよね
受験者数も前回より随分減って、全国で約5300人くらいだったから、
通信教育の受講生でも受けなかった方が多いのかもしれません。



ひよこの反応はというと、
「わ~い 100位以内だから、かえる付箋もらえる~ヾ(*⌒∇⌒)ノ てな感じ(´。` ) =3

幾度となく書いていますが、ひよこの成績が山あり谷ありなのは、学校でも塾でも同じことで、
本人は意識していないのだろうけれど、単元別に得手不得手があるとかいう理由ではないんですよね
チョット成績が良いと安心しては、成績がガクッと落ちて、今度は「大変だと焦りだす
・・・・・・というのの繰り返し (_ _lll)

でも、Z会の在宅模試については、この「大変だってのがないから、更に困ったもんなんです(^。^;)
学校のテストみたいに内申に直結するわけでもなく、塾のテストみたいにクラス落ちの恐れもなく、
ただただかえる付箋目当てでやってる感じ。。。

間違えた箇所の復習さえしっかりやってくれれば文句はないんですが、
やっぱりひよこの様なタイプの子は、プレッシャーがないと、エンジンかからないのかなぁ~なんて
思っちゃいました



さてさて、2度目の在宅模試を受けた感想なんですが、
ひよこの数学の偏差値と各教科の平均点から予測すると、
全教科とも、満点でも偏差値70は出てないのかしら?って気がしました。
  (あくまで予想なので、間違ってたら、ごめんなさいm(__)m)

ひよこが言うには、Vテストの数学の問題より、難関国私立コースの普段の添削問題の方が、
絶対に難易度が高い
とのこと
そして、Vテストは、英数国とも、第1問目から全問解き直して見直しできる時間があったみたいで、
かなり時間にも余裕を持たせた出題だった気がするとのことでした。
  (解き直したくせに間違えてるトコが、情けないんですけどね(^_^;))



Z会の在宅模試が本格化するのは、きっと1年後に5教科記述式になった時なんでしょうね。。。
本気の志望校判定をするために、一気に在宅模試の問題の難易度が上がってきそうで、チョット恐いです



   ひよこごときが、かえる付箋を狙えるのも3教科マーク式の間だけ。。。

            あと2回、頑張れよ( ^ ^)/~~~      と思うマミマミなのでした







最後まで読んで下さって、
ありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: Z会
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
中3の先輩方は受験本番の真只中
でも、後輩の私達は、新学年に向けて、通塾、転塾、通信教育など・・・・・
来年度の学習計画を検討している時期だと思います。

ひよこは来月いっぱい通塾して、I 塾にまる1年お世話になったことになるのですが、
2~3月から始まる大手塾の新年度コース受講を検討してらっしゃる方の参考になればと思い、
チョット早めにこの記事を書くことにしました



昨年の今頃、ひよこ一家はこんなことを考えながら、塾選びをしていました。
そして、約1年を過ごした今、「ひよこを大手塾である I 塾に行かせて良かったと思うか?」と聞かれたら、
答は YES です。
でも、ひよこにとって大手塾が良かったからと言って、万人にとって大手塾が良い訳ではないと思うのです。

ひよこに1年間通塾させてみて、マミマミが一番痛切に感じたのは、
学力UPの基本はやっぱり家庭学習にあるのだということでした。
当たり前のことですが、集団塾、個別指導塾、プロ家庭教師、あるいは通信教育で・・・・・・
どんなに素晴らしい先生が、どんなに素晴らしいカリキュラムに沿って教えて下さったとしても、
毎日子供が下校してから就寝するまで勉強を見て下さるのではない以上、
習ったことを定着できるまで、絶対に家庭で自分で暗記するなり問題演習するなりしなければいけません。
それができなきゃ、どこの塾に入塾又は転塾しても、成績は上がらないんですよね
結局、塾であれ、家庭教師であれ、通信教育であれ、全ては受験生本人の家庭学習を
より効率良くするための手段にすぎない
と思うのです。

そして、どんな手段が最も本人の家庭学習を効率良くするのか・・・・・・は、
その子、その子によって違う
と思いました。



ひよこの場合は、お友達との差が目に見えて実感できる集団塾で、
切磋琢磨するという形でなければ、1人で頑張れるタイプではありませんでした。
また、強制的にテストや宿題で追いまくられなければ、
進んで勉強するような向学心旺盛な子でもありませんでした。
そして、思春期に片足を突っ込んでいて、親の言うことを素直に聞かなくなりつつありましたから、
親ではなく他人に指導してもらう必要性がありました。

そういうひよこの性格や状態からみて、集団塾が合っていたのだと思います


でもね、集団塾って我が子に必要な部分を重点的に教えてくれるわけじゃありませんよね(^_^;)
どんな得意科目であっても、時間ばかりかかる超基本問題の宿題もやらなきゃいけないこともありました。
逆に弱点克服のためにじっくり復習したい単元や科目があっても、大量に出される宿題や、
小テストのための副教材の学習に追われて、できないこともありました。
いっそ個別指導塾に変わって、ひよこのニーズに合った勉強をしてもらった方が良いのではと、
思ったことも何度もありました。

だから、個別指導や通信教育、あるいは家庭学習のみの方が合う方もいらっしゃると思うんです(*^^*)



ひよこにしても、学力向上という点に関してだけ言えば、
大手塾である必要はなかったのかもしれません。

ただ、地元出身でないひよこ一家には、良い個人塾の情報があまりなかったし、
県内最大手といわれる I 塾から得られるC県の受験全般に関する情報は、
親にとっても非常にありがたいものでした。

それに、個人塾のテストとは違って、大手塾の定例テスト結果は、
各問題の難易度、正答率なども詳しく記載されていて、
ひよこの弱点をあぶりだして、対策を考えるには最適だったことも事実です。

結局、大手塾には、ペースメーカーとしての機能と、情報源としての機能があり、
それがひよこ一家には必要だったと思います
あくまで『ひよこ一家にとって』であって、全ての家庭のニーズではないと思いますけどね


塾選びを成功させるには、まず我が子の状態を良く見ること
学力だけでなく、性格や、思春期にどのくらい入りかけているか等ですね。
そして、家庭の状態を把握すること
共働きや介護中で親があまり学習の進捗をみてやれないとか、
経済的にプロ家庭教師を長期間雇うのは厳しいとか、
地元出身じゃなくて、情報が乏しいとか。。。
実はそういうことが、誰もが気にする「塾の合格実績」と同じくらい大切なんだという気がしました


目標に向かって進む最良の道は、
きっと子供によって、そしてご家庭によって千差万別ですから(*^_^*)








最後まで読んで下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(8) 
中3のお子さんを持つ先輩ブロガーさん達が、今まさに受験直前の、あるいは受験真っ最中の
手に汗握る記事を更新していらっしゃるというのに・・・・・・・この様な のん気な記事を書くことをお許し下さいm(__)m




ひよこの学校では、受験の時期になると、必ず流れる都市伝説があるんです

それは。。。
3年間成績が『オール5』じゃないと、公立トップ校に入れない!
・・・というもの

だから、部活の中3の先輩が公立トップ校を受けると聞くと、
「すげぇ~! あの先輩、入学以来ずっと成績『オール5』なんだ
後輩どもは噂をするわけです

しかも、この噂は子供達の間だけに流れてるんじゃないんです
中3のお子さんのいるママ友さんや、既に受験を終えて、お子さんが高校生になられた先輩ママさんでさえ、
「○×ちゃん、公立トップ校に進学したんだってねぇ~。
 成績、3年間『オール5』じゃなきゃ・・・って聞くけど、ホントかしら?
 すごいわねぇ~。」
 ・・・・・・てな感じ(^_^;)



実はコレ、大ウソです
でも、中学入学したての頃は、ひよこ一家もこの都市伝説を信じてました
父ちゃんなんて、怒ってましたから

「なんだ、その公立トップ校は
 中3になるまで部活を一生懸命やってて、中3になってから必死で勉強して成績UPした奴は
 入学させねぇってことか
 中学3年間を受験勉強に捧げろってことかよ
 そんな学校、こっちからお断りだ!
 それだけ全教科一点の曇りもなく優秀な生徒を集めてるなら、
 全員東大に入れるくらいに、自分の高校で育ててみろってんだ!!」
 ・・・てな感じ


           まあまあ・・・(Ⅲ-`Д-)\(´∀` )



でもね、塾の保護者会でも、「C県の公立入試は、だいたい内申2割、テスト8割だと思って下さい。」
って言われてたし、マミマミが覗きに行かせて頂いてるC県の塾の先生のブログにも
「C県トップ校が、調査書による順位付けをしないとHPに載せてます。」って書かれてあったし、
ホントに『3年間オール5』が必要なの?と疑問に思って、
I 塾のコール・センターに電話しちゃいました


結論から言うと。。。
コール・センターの先生に笑われちゃいました(^。^;)
もちろん、生徒の父兄をあざ笑ったりはなさいませんでしたが、明らかに声が笑ってました~(T_T)

先生が仰るには、C県トップ校の場合は、内申は1割程度。
3年間の内申が公立入試では要求されるため、
生徒さんのご父兄はC県は内申重視だと誤解される方が多いけど、
トップ校じゃなくても内申は2割程度で、はっきり言ってテスト一発勝負な県なんだそうです。

だからと言って、内申でをとってしまうと、
それは成績だけでなく授業態度などに問題があると思われるので、厳しいらしい。

上位校を狙う場合にもで良いんですよ とのこと。
「トップ校でも『オール4』で良いんですか?」 と食いさがったら、
「今、手元に詳細なデータはありませんが、が混ざってるくらいの成績だと思って下さい。」 と。
・・・半々ぐらいで良いんですか???」 と更にしつこく聞いてみると、
「それくらいですかね。。。詳しくは中3の保護者会や進路指導の面談で、
 塾生のデータを元にご説明しますから。 とにかく、内申UPより本番で点数を取る勉強を心がけて下さい。」

・・・だって (やっぱり、電話じゃ教えてくれないのね


なんだかさ。。。
中3の受験生の親達でさえ、我が子の志望校となりうる学校に必要な内申点は知っているけれど、
それ以外の学校の都市伝説には惑わされちゃったりするんだなぁ~
と、改めて感じました
初心者高校受験生家族のひよこ一家なんて、ホントに何でもかんでも信じちゃいそう


やっぱり、学校なり、塾なり、
データを沢山持っている所に確認していかないと・・・・・・ですね(@_@)b
      (皆さんの学校にも、真しやかに語られてる都市伝説があるかも・・・ですよん(^m^*))







最後まで読んで下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中学校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(8) 
ひよこの中学も6日から始まり、すっかり元の生活に戻りました

ひよこ一家は、このお正月は近場に初詣に行ったくらいで、のんびり過ごしていたので、
前回記事にした『志望校』のことだけでなく、家族揃って色んな話をする時間が持てました
そんな中で、受験に関係したことをもう少しだけ記事に書いておきたいと思います。



ひよこ一家は、友人達から、非常によく
「ひよこちゃんに都内の国立大附属を受験させないの?」と聞かれます(^_^;)
なぜなら、父ちゃんは愛知教育大附属の小・中の出身で、
マミマミは大阪教育大附属の中・高の出身だからです。

夫婦揃って、国立大附属校の酸いも甘いも噛み分けてきたんだろうから、
その私達が「子供に同じ道を歩ませたい」と思っているのかどうかということに、
結構興味を持たれるみたいなんですよね。

そこで。。。
大~昔~の話で、今はすっかり母校も変わっているかもしれないし、
同じ国立でも、筑駒のような超進学校だとまた全然雰囲気が違うかもしれないけれど、
父ちゃんやマミマミが経験した国立大附属校はこんな感じだったよ♪と記事にしてみようと思いました



最近では県立や市立の公立中高一貫校が増えてきて、多少様相が変わってきているかもしれませんが、
それでも、各県の国立大附属校はそこそこ進学率も良い名門校が多いのではないでしょうか?
私立校と比較すると学費がかなりお安いのも、人気の秘密なのでしょう。

でも、父ちゃんやマミマミの経験から言わせてもらうと、
『進学校』としては国立大附属校にあまり期待しない方が良いと思います。
父ちゃんもマミマミも教育大学の附属校だったので、
まず教育大学生の教育実習が年2回、自分の学校(附属校)の卒業生の教育実習が年1回あり、
1年の3分の1くらいは、教員免許を持つ『先生』ではなく、『教育実習生』の授業でした。

授業の上手な教育実習生の方も多かったですが、そうでない方も当然いて、
結局、ある程度難関といわれる受験を乗り越えてきた生徒達だから、
授業で理解できなかったことは、自分達で勉強してマスターしていけたというのも事実です
もちろん質問に行けば、先生にきちんと教えてもらえましたけどね。

多くの私立校が実施している受験対策の補講などもなく、
父ちゃんの学校では問題集、マミマミの学校ではプリントが配られる程度でした。
基本的に、勉強は自分でする・・・・・でないと、落ちこぼれる可能性があると思います

つまり、国立大附属は自分のスタイルで自由に学習して行きたい人向きの学校でした。
あんまり宿題や補講でがっちりレールが敷かれるのは好きじゃない人には、とても居心地が良いです
でも、受験までの面倒見の良さを求めてらっしゃる方にはお薦めできません



一方で、国立大附属には他の学校より1年早く教育制度の変更を体験できるという利点があると思います
マミマミの在学中、日本は男女共に技術も家庭科も学習するようになったのですが、
他の公立校、私立校に先駆けて、私達は『技術家庭』を学びました。
『現代社会』とかいう社会の総合科目ができた時も、やはり1年早く習いました。

当時は「私達って実験動物よねぇ~なんて友人達と話していましたが、
今のように『日本史が必須になる』とか、『統一センター試験がなくなる』とか、
教育制度が変わっていく時期に、他の受験生よりも早く、新しい教育制度を経験できるというのは、
とても貴重だ
という気がします

もちろん、全ての国立大附属校が実験校として選ばれるとは限らないのでしょうが。。。



また、学習面だけでなく、文武両道っぽい色合いが濃いのも、
国立大附属の良さ(?)というか、特徴だという印象を受けました。
小学校の時には25mしか泳げなかったマミマミも、特訓されて、3km遠泳できるようになりましたし、
富士登山のためにキャラバンシューズで毎日ランニングさせられたり・・・・・・
体力もすごくつけてもらったと思います(^_^;)

音楽会、学芸会、文化祭・・・・・・など、学校行事もメチャクチャ多かったです(^。^;)
「我が校は勉強だけできる奴を育てたいんじゃない!巷では我が校をスーパーマン養成学校と呼ぶ
な~んて先生は仰ってましたが、とても楽しい学生生活を送れました(^w^*)



とまあ、色々書いてきましたが、父ちゃんやマミマミの行った国立大附属校は、こんな感じでした
これから国立大附属の小・中・高を受験される方々が、併願の私立や公立にも合格された時、
どちらを選ばれるか・・・・・・少しでもその時の参考になれば嬉しいです(*^_^*)
        (チョット情報が古過ぎますけどね








長い記事を最後まで読んで下さって、、
ありがとうございましたm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 子育て・教育 Category: 志望校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(19) 
2014.01.04/ 08:20(Sat)
これから受験を迎える中3の先輩方のお話を伺ってると、
中3の2学期末又は後期中間の成績から内申点が確定して受験校を決められた方、
先に行われる私立入試の結果を見て、公立入試をチャレンジ校にするか、
安全校にするかを決めるつもりの方、色んな方々がいらっしゃいますが、
『受験校』を最終決定するのは、かなり直前になるんだなぁ~という印象を受けます。



では・・・・・・『志望校』はいつ頃決まるものなのでしょうか(?_?)

ひよこの塾や学校でのお友達にも「中学受験で不合格だった学校に、今度こそ高校受験で合格する
という目標を最初から持ってらっしゃる方や、憧れの学校が既にある方もいらっしゃいます。

でも、元旦に添削教材と共に届いたZ会「高校入試を知る!」(新中2向け)で、
今やっておくべきこととして『志望校について考え始めよう』と語られていたことを考えると、
中1の現時点で志望校が決まっている方は少ないのかもしれませんね(^_^;)


実は、ひよこもまだ全然具体的な志望校が決まっていないんです
父ちゃんも、マミマミも関東出身じゃないので、今住んでるC県の高校の校風等はほとんど知らず
ひよこは「制服が可愛くて、校舎が綺麗で、長時間ラッシュの電車で通学しなくていい学校
とか言っとりますが、中2になったら、学園祭とか学校見学とか親子で色々行ってみて、
「ここだってトコを探そうと思ってたんですよね(^。^;)

早いうちから目標校があった方が勉強のモーチベーションが上がるような気はしてたんですが、
今の段階で志望校を選ぶとなると、大学進学率(偏差値)だけを見て決めてしまうことになりそうで。。。


ひよこ一家が各高校の大学進学率を重要視しないのには、実は父ちゃんの経験があるから
父ちゃんはあれでも一応東大院卒です。
でも、灘とか、開成とか・・・・・そういう超有名進学校の出身ではなく、
中部地方のごく普通の県立高校を卒業して、東大に進学しました。

父ちゃんが言うには。。。

「俺ってさ、超有名進学校に通ってたら、きっと成績は中の下ぐらいで、
 とても東大を受験しようなんて思わなかった気がすんだよな。
 地方の普通の県立高校だと、結構成績良い方だったから、
 いっちょ東大でも狙ってみようかって思えたんだと思う
 どんなに優秀な人間ばかりを集めても、そこには必ず能力差ができて、成績のピラミッドができる。
 超難関校で下位20%にいるよりも、準難関校の上位20%にいる方が、
 勉学に対するモーチベーションはUPしそうな気がするんだ
 ちょっとニュアンスが違うかもしれんが、『鶏口となるも牛後となるなかれ』って感じかなぁ~。
 ひよこが猛烈に負けず嫌いな性格とかいうなら、話は別だけどな
 あいつ・・・・・・全然闘争心とかなさそうだし


・・・・・・てな感じ(^_^;)


そんな訳で、父ちゃんもマミマミも、ひよこが大学受験で上を目指そうと思った時に、
切磋琢磨して一緒に頑張ってくれる友達がある程度いる学校
の中で、
校風なり、部活なり、設備なり・・・何かひよこが気に入る高校があれば、
そこを第1志望校にして行こうと思ってたんです(*^_^*)

だから、そういう基準で、C県の公立上位3校と私立上位3校くらいを大雑把に候補にしてただけでした。
いずれの高校も各学年の生徒数300~400人中、早慶に・・・早稲田で約100~200人、
慶応に50~100人くらいの合格者を出しています。
ひよこ一家としては、生徒の約3分の1が早慶レベルに進学できる学校であれば、
学業面では問題ない
と思ったんですよね



ところが、ひよこを I 塾に通わせたことで、中2になるまでに私立志望にするのか公立志望にするのか
という程度は、志望校を決めていかなければならなくなりました

ひよこの通う I 塾の教室では、中1は上位、中位、下位の3クラスに分かれていて、
上位クラスのみ、夏くらいから授業中に使う演習問題集が難易度の高いものに変更されています。
これが中2になると5~6クラス編成に変わるのですが、単に成績順でクラス分けされるのではなく、
志望校が国私立なのか、公立なのかによって、同じ成績でもクラスが違うみたいなんです。

以前にも書きましたが、C県の国立大附属には高校がないため、都内の国立を受験される方以外は、
C県の高校受験生はほとんど私立志望か県立志望です。
そして、C県の私立トップ校は、ここ数年東大入学者数10位以内に入っている進学校ですが、
公立トップ校もまた、全国の公立高校の中で15~20校しかない一般偏差値70を超える難関校のため、
成績優秀者の方々でも私立志望か県立志望かは分かれます。


「私立でも公立でも、どちらでも良いよね♪」な~んてのんびり構えていたひよこ一家ですが、
チョット真剣に第1志望を考えて、受験勉強の方向性を定めなきゃいけないみたい

ひよこの中1前期の成績は、43/45。
おそらく公立も狙えると思います。
でも、ひよこの塾での定例テスト結果は・・・・・・現時点までの中1の成績を平均すると、
英数国(150点満点×3教科)の偏差値が約75、英数国理社(100点満点×5教科)の偏差値が平均約70。
3教科受験の私立向きに見受けられます。

どちらを選ぶべきなのでしょう? 悩んでしまいます


I 塾の中2コースは、3月からスタート。
今月、来月の定例テスト結果で、国私立コースか、公立コースかを選べる成績が維持できていたら、
中2での各コースのカリキュラムの違いを、I 塾に詳しく尋ねてみようと思いました



     ひよこにとって、一番良い選択ができますように(>人<*)









こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 志望校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(15) 

明けまして おめでとうございます (=^・^=)



旧年中は、こんな拙いブログを読みに来て下さいまして、
本当にありがとうございましたm(__)m


ひよこ一家にとっては。。。
去年はひよこの小学校卒業、中学入学、婆ちゃんの病気など、色々あった一年でしたが、

マミマミにとっても。。。
ブログを始めたことをきっかけに、色んな方の素敵な記事を読ませて頂いたり、
色んな方とコメントを通してお知り合いになれたり・・・・・・嬉しい変化のあった1年となりました


相変わらず何の役にも立たない記事しか書けないのですが、
暗中模索&試行錯誤&悪戦苦闘な『ひよこの高校受験までの軌跡』を
今年もちまちまと綴っていくつもりです

こんなマミマミですが、今年もヨロシクお願い致します




そして。。。

今月から、いくつかの県では受験が始まりますよね。
受験ブロガーの端くれとしては、祈らずにはいられません。


どうか、受験生の子供達の努力が報われますように。

どうか、我が子を支え続けてこられたご家族の皆様方の努力が報われますように。

どうか、学校で、あるいは塾で、子供達を指導してこられた先生方のご苦労が報われますように。


                    皆さんに、桜が咲きますように


                sakura2.jpg





こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 子育て・教育 Category: ご挨拶
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(14) 
 
Copyright © 2014 ひよこと共に・・・, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。