一人娘の高校受験に向けて奮闘した、初心者受験生家族の記録です(^。^;)
http://hiyoko865.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

マミマミ

Author:マミマミ
園芸と犬猫が好きな思春期娘の母です(^_^;)

☆ブログ分析☆

ブログランキングならblogram

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
今週、来週と、首都圏ではいくつかの県で公立高校入試が行われます。
多くのクラスメイト達が進学先を決めた今、なお最後のテストに向かって頑張っている皆さん!
長い受験勉強の中で積み上げてきた努力を信じて、有終の美を飾ってきて下さいね (v^ー°)




さて、ひよこ達は来週から塾の新中2コースがスタートします
中2の履修分野は、どの科目も高校受験頻出
中1の学習方法の反省も踏まえて、中2の学習計画を立て直しました
例によって、マミマミは書き始めると長~くなっちゃうので、今回はまず数学から。。。(^。^;)


ひよこ一家は、中2数学は塾のカリキュラムに逆らうことに・・・・・・じゃなくて、
塾の難関オプション講座の受講をやめて、ドラゴン桜流を目指すことにしました(*^-゚)b
どういうことか、説明させて下さいね♪


中1の間にひよこが数学の学習に利用していたものを
難易度の高い順に並べると、下記のようになります。


                   I 塾 難関オプション講座テキスト
                            
                         I 塾 定例テスト
                            
 I 塾 最上位&上位クラス用 演習問題集  ・  Z会 難関国私立コース 添削教材
                            
    I 塾 全クラス共通 テキスト  ・  Z会 在宅模試  ・  I 塾 公開模試
                            
                学校の教科書、ワーク、定期テスト



でね、ひよこの成績を見てると、基本~標準レベルにある下2段の教材の問題は、
コンスタントに正答率95~100%とってます。

でも、I 塾の最上位&上位用演習問題集や、Z会難関国私立コースの中の応用問題になると、
できる時とできない時があるんです  正答率で言うと、75%と95%を行ったり来たりな感じ

I 塾の定例テストになると、15点配点で平均点が0.5点~2点という難問が必ず出題されますから、
ひよこの成績は、偏差値は70を超えていても、正答率は80%をきってきます

I 塾の難関オプション講座になると、ひよこが自力で解ける問題は約3分の1です。
もう3分の1は先生に教えてもらって、何とか解けるようになるのですが、
残りの3分の1は、父ちゃんが見ても「この問題がテスト時間内に解ける子は、
本当に数学が得意な子だけだろう。」
というレベルの問題で、
数学が苦手なひよこに、現段階で解けるようになることを望むのは厳しそうなんです

父ちゃん曰く「大学受験までには解けるようになってほしいけどなぁ~とかなんとか。
まあ・・・・・・数学の I 塾偏差値が80近くて、数学オリンピックに出てるような男の子なら、
そのレベルの問題を解いちゃう子もいるし、開成などを目指すなら必要かもしれないんですけどね(^。^:)



このひよこにとっては超難しい難関講座も、最上位クラスに在籍している限り、中3では必須
でも、ラッキーなことに中2の間は、あくまでオプション講座なんです

そこで、(塾も商売ですから、最上位クラスの子達には、難関オプション講座の受講を勧めてくる
とは思うのですが、) ひよこ一家としては、中2段階では、現在正答率の安定しない
Z会難関国私立コースレベル(I 塾 最上位&上位クラス用演習問題集レベル)の正答率UP
目標とすることにしました



そしてね。。。
ひよこの I 塾定例テスト結果を見ていると、解法が分からなかったのではなく、
もう少し時間をかければ、自力で完答できただろうという問題が結構ある
んです。

もちろん、応用問題自体を演習して解くスピードをUPすることも考えられますが、
ひよこ一家の作戦としては、まず基本~標準問題を解くスピードを大幅UPさせて、
そこそこレベルの応用問題を解ききる時間を確保しよう
ということになりました


だ・か・ら♪
ドラゴン桜流なの (^m^*)b


TVシリーズ第1回で、阿部ちゃんがストップウォッチで時間計りながら、
生徒達に小学生レベルの計算ドリルをやらせてたでしょ?
アレをやっちゃいます!!


まず、ひよこには「中学入試 計算名人免許皆伝」で、おそらく中学受験経験者が大量の問題演習を通して
自然に暗記してきたであろう素数の倍数や、累乗など、
必要最低限のものを暗記してもらいます

その上で、河合塾の先生が書かれた「高校入試突破 計算力トレーニング」で、
計算の精度とスピードUPに努めてもらおうと思っています 100均で、ストップ・ウォッチを買ったわよん♪
   (それで足りなきゃ・・・・・四谷大塚の「計算と一行問題」まで遡るしかないでしょうかね?(^。^;))


一応ひよこの名誉(?)のために言っておきますと、
この1年間コツコツ勉強してきた結果、現在のひよこの計算能力はそこまで崩壊していません。

I 塾の中1上位クラスだと真ん中くらい。
学校の定期テストやZ会の在宅模試なら、あくまで『中1の段階では』なんですが、
全ての問題をひと通り解き直しして、ほぼ満点をとるくらいの精度とスピードはあります。

でも・・・・・・塾の定例テストになると、それでも時間不足になるんですよね
ということは、私立の入試本番では、解ききる時間が必ず足りなくなります


という訳で
中2数学はドラゴン桜流で頑張ってみようと思います

高校受験をターゲットとすると、これは正しい選択なのか・・・・・・正直言って、自信はありませんが、
大学受験を考えると、ひよこには必要な選択・・・・・・と、父ちゃんとマミマミは信じたいです(*^_^*)








こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
スポンサーサイト
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中2数学
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(8) 
今月中旬に受験した I 塾公開模試の結果が返ってきました

公開模試だから、日頃の定例テストと比べて受験者数が倍増するのかと期待してたんですけど、
例の大雪で交通マヒしてた日だったせいで、受験者数は約2500人しかいませんでした



特筆すべきなのは、テスト形態も問題の難易度もいつもの I 塾の定例テストとは全く違ったこと


まず、テスト形態については。。。

通常、I 塾の定例テストは、英数国が150点満点、理社が100点満点になっていて、
英数国の3教科については 公立レベルの基本~標準問題が100点、
国私立レベルの応用問題が50点のテストなんです。

C県の私立校には4教科受験や5教科受験の学校もあるのですが、
首都圏の大半の私立校は3教科受験だからなんですよね(@_@)b

で!
I 塾定例テストでは毎回、150点満点 × 3教科の私立向け偏差値と、
100点満点 × 5教科の公立向け偏差値を出してくれていた
わけです

ところが、今回の模試は、100点満点 × 5教科のテストになっていて、
公立3校と国私立3校の志望校判定をこの500点満点のテストでするという形
になってました



難易度については。。。

英数国が100点満点になって、基本~応用レベル全ての問題が入ってくるかと思ったら、
応用問題がなくなって、基本~標準レベルの問題のみになったという感じだったようです

Z会の在宅模試の時も、模試の問題の方が通常の難関国私立コースの添削問題より難易度が低い
と感じましたが、大手塾や通信教育の模試は、
幅広い母集団を想定して、塾内テストより簡単な問題が出題されるものなのかしら(?_?)
という印象を持ちました(^_^;)



さて、ひよこの結果なんですが、
チョット懲りたので、ぼかし方を強化して書きますと。。。

3教科合計  偏差値70~75   順位 10位以内 / 約2500人
5教科合計  偏差値70~75   順位 10位以内 / 約2500人


。。。でした


志望校はまだ決めていないので、私立はC県内の上位3校と、
公立はひよこ一家の住む学区から受験できる上位3校を記載しましたが、
いずれも合格率80%以上との判定が出ていました



1年前の今頃は、「県内3番手くらいの高校に進学できたら良いなぁ~」なんて言いながら、
I 塾の入塾テストを受けに行ったのに・・・・・・
県内の高校ならどこでも狙えるって判定をもらえたなんて、

ホントに信じられません(┬┬_┬┬)


実際には、中2になっても、やっぱり社会の日本地理や日本史などで、
中学受験経験者との知識の差に苦しむことになるでしょうが、
チョットだけ・・・ 希望の光 が見えてきました(*^_^*)


また1年後に、同じような判定を頂けるように、
毎日コツコツ小学校の復習からやり直して行くつもりです


という訳で、期末テスト結果の記事が途中で入るかもしれませんが、
次回からは、中2に向けての学習計画の見直しを いくつか記事にしていこうと思っています







こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 模試
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(24) 
C県では今月末に後期公立高校入試が終了し、ひよこの通う I 塾では、3月から新年度がスタートします。

「1月の定例テスト結果と2月の公開模試の結果で、新年度のクラス分けをするから、
頑張って勉強するように
と子供達はハッパをかけられていたのですが、
公開模試の結果が出るのはギリギリになるため、
やはり模試を待たずに、クラス分け通知が郵送されてきました(@。@)



驚いたのは2つ

まず一つめは、ひよこの教室の現中2と現中3は5~6クラス編成になってるんですけど、
来年度の新中2は4クラス編成になってたこと
難関国私立クラスと、公立上位、中位、下位の3クラスの計4クラスが設定されてたんですよね。

ひよこの学年ってミレニアム・ベビーの年だから、子供の数自体は多いはずなのに、
クラス数が減っているということは、地域的にひよこの教室に通う方が減っただけなのか。。。
それとも、I 塾の人気がなくなって、塾生全体の人数が減ったってことなのか。。。
あるいは、中2の夏あたりから、通塾される方がぐっと増えてくるってことなのか。。。
はっきりとした理由は分かりません(?_?)



もうひとつは、塾側から志望校を聞かれる前に「難関国私立クラスに入るように。。。」って通知が来たこと

以前の記事にも書きましたが、C県の場合は、
私立トップ校も近年東大入学者数TOP10に入る進学校ですし、
公立トップ校も全国に15~20校しかない一般偏差値70超の難関公立高校のひとつなので、
成績優秀者でも、私立志望の方も公立志望の方もいらっしゃいます。

ひよこ自身もまだ十分に学校見学などをしておらず、はっきりと志望校が決まっていないため、
塾のコースが中2から難関国私立と公立に分かれていくことに、どうしたものかと悩んでいました

中学受験をなさった同級生のお子さんをお持ちのブロガーさんが
「文化祭や体育祭の時でなくても、『志望校です』と言えば、見学させて頂けるから、
実際に見に行ってみられたら。。。」
とアドバイスして下さったので、
いくつかひよこを連れて学校を見に行ったりもしました

(週末だったので、門の辺りに先生らしき人影もなく、結局校内まで入れては頂きませんでしたが、
 それでも、部活などで登校される在校生の方々は目撃できたんですよね




なのに。。。

なんで、いきなり 『難関国私立クラス』 って通知が来るの?

な~んて思っちゃったもんですから、塾に電話して、あれこれ質問しまくっちゃいました(@_@)b



結論から言うと。。。

ひよこ一家の住む、そして、ひよこ一家の住む公立高校の学区内にある教室では、
中3になるまで、難関国私立クラスでも、公立上位クラスでも同じテキスト(演習問題集)が使用され、
カリキュラムにほとんど差はない
とのことでした。

そして、中1の学年末の段階では志望校が確定していない方も多いので、
ひよこの教室では完全に成績順で難関国私立クラスと公立上位クラスを分けた
とのことでした。


ここでポイントとなるのが、『ひよこ一家の住む地域では』ってトコなんです


ひよこ一家の住むC県の公立高校は学区制が採用されていて、
自分の住んでいる学区とその学区に隣接する学区の高校しか受験できません

そして、C県には国立大附属高校がないため、国立は都内の高校を受験することになるのですが、
筑駒などは通学区域を限定しているため、C県でも東京近郊に住んでいないと受験できないんです。


だから、I 塾が言うには、同じC県内であっても、県立トップ校に通学するにはかなり遠方の学区で、
かえって都内の国立の方が近いような学区にある教室であれば、
難関国私立クラスのカリキュラムは都内の国立とC県および都内の私立向きにしているし、

逆に県立トップ校を受験できる学区にある教室では、
国私立が第一志望の生徒でも県立校を併願する場合が多いので、
難関国私立クラスといえども、C県の公立対策もやっていくんだそうです



ひよこの通う I 塾は、もともとC県の高校受験塾として名をはせて、
中学受験などにもシェアを伸ばしながら、関東一円に広がっていった大手塾。

同じ塾である以上、同じレベルのクラスなら、関東圏のどの教室で受講しても
カリキュラムはほとんど変わらない
とマミマミは思っていました

でも、実際には、大手塾が『県ごと』どころか、『学区ごと』に対応を変えている
それこそが、高校受験の特殊性、あるいは難しさなのだ
と痛感させられました



という訳で。。。

ひよこは 志望校をはっきり決めることなく、新中2 難関国私立クラスへ進級します!!
事実上の最上位クラス・・・・・所属条件は偏差値65以上という噂です

でも、クラス落ちせずについて行けるよう、頑張るのみです p(^-^)q








こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(20) 
今日はバレンタイン・デーですね
ひよこは今年も本命チョコはなく、友チョコを配り歩くようでございます(^w^)




さて。。。
先日悪天候の中、『高校入試の基礎知識』という駿台フロンティアJr.の無料セミナーに参加してきました


4月までにC県の駿台FJでは何回か高校受験セミナーが開催される予定で、今回はその第1弾
初心者高校受験生ママのマミマミは、テーマ的に第1弾の内容に一番関心を持ち、
今回一般参加を申し込んだというわけです♪


参加者は、一般の方より駿台FJの塾生の方のほうが多いように見受けられ、
親子で参加なさっている方が多かったです。
また、学年別ではなく、新中1~新中3全ての方を対象にしたセミナーである点が、
とても興味深いと思いました
新中1に限らず、C県の高校入試についてあまり詳しくないという方が結構いらっしゃるってことですよね



セミナーの内容は ①高校入試の方法、②併願作戦、③合格への鉄則 の3部構成になってました。


まず、「高校入試の方法」というテーマでは、C県およびC県から受験できる近隣県の高校を、
国立、私立、公立に分類し、それぞれの長所、短所を指摘した上で、
推薦入試(単願推薦、併願推薦)と一般入試のシステムが説明されました。
非常に well-organized な構成で、好印象を持ちました


特に、マミマミは先輩受験ブロガーさん達の記事に度々登場する『確約』のシステムが、
C県ではどうなっているのか理解できていなかったので、
「C県では、確約は個人でなく中学校を通じて・・・・・」とのお話にホッとしました(^。^;)

一応、『確約』については、I 塾のコールセンターでも聞いたことがあったんですけど、
I 塾の先生が仰った「学校で受験を進められる高校は受験するように・・・・・」とか、
先輩ママさんから言われた「先生の言う学校を受験しないと、他の学校の調査書も書いてくれないわよ~!」
とかいう台詞の意味がクリアになりました

C県における『確約』は、個別相談会で個人で取りに行くものではなく、
ほとんど中学校を通じて取るものなのだ
ということだったんですよね


次に、「併願戦略」というテーマでは、受験校の偏差値を縦に広げること(チャレンジ校から安全校まで)と、
無理なく受験して行けるように日程を横に広げることの大切さが語られました。
また、高校受験の初日が人生初の受験本番という子も多いので、
本命校を初日に持ってこないよう薦めているとのお話などもありました。

「塾を学力向上だけでなく、そういう受験テクニックを学ぶ場として利用してほしい。」
という言葉が、とても印象的でした

それから、ひよこは駿台模試を受験したことがないので、駿台模試での合格80%ラインは、
駿台FJのHPに載っている首都圏TOP校のものしか知らなかったんですけど(この記事)、
「併願戦略」の資料にはC県内の難関校の偏差値が記載されていたので、とても参考になりました


最後の「合格への鉄則」のテーマでは、各学年別の学習方法が紹介されました。
新中1生に対しては、学習習慣を身につけて、計画性を持って学習すること。
新中3生に対しては、中1・中2の復習をしながら、いち早く目標とする志望校を設定して、
本気で受験勉強に取り組むことなどが推奨されていました。

そして、ひよこの学年である新中2生に対しては、苦手科目を作らないこと、
また苦手科目を作ってしまった場合には、理解できている時点まで遡って学習しなおすこと
に留意するようにとのことでした。

塾のカリキュラムに逆らって、得意の英語を捨てて、冬休みに苦手科目の総復習をし、
5教科のバランスを重視したこと。
そして、いまだに小学生向け(中学受験用)参考書で、基礎から勉強し直しているひよこ一家の学習方法は、
「決して間違ってはいないよ」とプロに言って頂けた気がして・・・・・・とても嬉しかったです(*^_^*)

全体として、とても有意義で勉強になるセミナーでした



余談なんですが、学校にもカラーがあるように、塾にもカラーがあるのだなと強く感じました。
それはね。。。
「併願戦略」のテーマの時に、おそらくティーチング・アシスタント的な立場にある駿台FJの元塾生の方が、
自らの高校受験時の併願戦略についてお話して下さったんですけど、
現役大学生であるにもかかわらず、ビシッと紺のスーツにネクタイで登場されたんですよね。

もちろん塾生だけでなく、一般参加者もいるセミナーだからということもあるのでしょうが、
駿台FJはすごく『きちんと感』のあるというか、フォーマルな感じの塾だという印象を受けました。


それに対して、中1の初めに参加した I 塾の保護者会は、塾生のみが対象ということもあって、
もちろん服装自体は教室長もスーツを着ていらっしゃいましたが、内容的には
「ぶっちゃけ、C県公立中高一貫校に進学した第1期生の子達の大学進学率はこんな感じで・・・」とか、
「ぶっちゃけ、C県の国立大付属中では、中間、期末の点数がこのぐらいでも、
学期末の成績はこれくらいになりますから・・・」
とか、
『ぶっちゃけ話』が多発する、ある意味カジュアルな感じの保護者会でした(^m^*)


「I 塾教室長のお人柄は良いんだけど、ダンディーさでは駿台FJの校舎長に負けちゃってたかも( ̄m ̄*)」
な~んて、帰宅してからマミマミがバカなことを言ってたら、
「教室長なんてまだ良いほうだよ! ○×先生なんて、スーツの上着脱いで授業してるんだけど、
 ワイシャツもズボンもいつもチョークの粉だらけで。。。
 授業は面白くて良い先生だけど、きっと女の人にはモテそうにないと思う ≧m≦ 」

とかなんとか、ひよこは言っておりました
  (先生方にはすごくお世話になっているというのに、こんな失礼なこと言ってる親子ですみません



という訳で
今のところ転塾する気は全くないんですが、
勉強にもなったし、他塾の雰囲気も楽しめたので、


これからも、機会があったら他塾のセミナーに参加してみたいなぁ~

・・・・・・なんて思ったマミマミなのでした(*^。^*)







こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: セミナー
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(14) 
2014.02.10/ 00:00(Mon)
前記事に、沢山の慰めや励ましのコメント頂きまして、
本当にありがとうございましたm(__)m
これからも、きっと良いことも、悪いことも・・・・・・色々あると思いますが、
ひよこが無事に高校生になるまで、ブログを書き続けて行ければと思っております(*^_^*)




さて、昨日ブログの記事を更新するつもりが、除雪作業のためにほとんどPCを触れなかったマミマミ(^_^;)
皆さんのお住まいの辺りは大丈夫だったでしょうか?


我家はひよこが公開模試の日だったのですが、
バスも電車も止まっていて、いつもの会場まで辿り着けず
急遽、別会場で受験いたしました


マミマミも他塾が開催するC県の高校入試についての無料セミナーに参加する予定でしたので、
スノーブーツで30分以上歩いて何とか駅まで辿り着き、
ダイヤが乱れまくっている電車に乗って、決死の覚悟で行って参りました

2人とも帰宅後は父ちゃんの雪かきをお手伝い
模試やセミナーの話も書きたいのですが、まずは英検の結果の記事から。。。



ひよこも、無事 英検4級に合格 してました

気になる正答率は、98.46・・・%
うっかり者のひよこが「ミスなし」ということはないだろうと思っていたら、
案の定1問間違いでした(^。^;)


解答状況などは本日午後から英検HPで公開されるようなので、まだはっきりとは分からないのですが、
ひよこが解答(選択肢)に印をつけてきた部分は全問正解しているので、
おそらく、問題用紙にはイラストしか載っていないリスニング第1部で1問間違えたのだろうと思われます



リスニング?

一番得意なはずのリスニング?

唯一のとりえのはずのリスニング?


・・・・・・と、父ちゃんと2人で、思いっきりひよこを苛めておきました(^m^*)ププ


まあ、本人が本気で凹んでたりする時はしないんですけど、
父ちゃんもマミマミも、基本的にひよこをからかうのが大好きな意地悪な親なもので(^w^)♪



でもね。。。

冗談ではなく、受験本番って、たった1問のミスで合否が分かれることが多いですよね(^_^;)
ひよこは、塾のテストでも、未だに大文字と小文字を間違えて失点しちゃうような時があるので、
塾の先生からも「厳しいようですが、本番はミスが許されないと思って・・・」と、
よく言われます


「リスニングは得意だから♪」と慢心することなく、
正解できる問題はきちんと得点に結びつけられるように、
2年後の高校受験本番までに注意深さを身につけて行ってほしいなぁ~
なんて思うマミマミなのでした(^。^;)



次は 3級 です

まだきちんとマスターできていない文法部分をしっかり勉強して、臨んでいってほしいですが。。。


                 どうなることやら ・・・・・・ です (ー。ー;)








こんな拙いブログを読んで下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(22) 
ご訪問いただきまして、ありがとうございますm(__)m


さて、今月に入りましてから、マミマミが記事を更新していないにもかかわらず、
にほんブログ村への IN ポイントが急増し、ランキングが急激に上昇するという現象
が発生し始めました。


初めは、ちょうどブログトーナメントに参加したばかりでしたので、
トラコミュなどからの閲覧は OUT ポイントにはカウントされないと聞いていたため、
IN ポイントのみ増加しても「トーナメントから来て下さった方がいるのかも・・・・・・」と思っておりました。


しかし、翌日記事を更新しても OUT ポイントはいつもと大差ないにもかかわらず、
IN ポイントだけが急増し続けること、また、同じようにサイドバーに貼り付けている
他のブログランキングの状況には全く変化が見られないことから、
不審に思い、一昨日にほんブログ村にバグではないのかとの問い合わせを致しました


昨夜ブログ村から、問題は発見されないとのお返事を頂きましたが、
何らかのウイルスが感染した可能性もあると思い、
ブログ村のランキングバナーを当ブログのサイドバーより削除いたしました




結論から申しますと、この記事を皆様方が読んで下さっただろうと思われる期間を経過しましたら、
マミマミは、今週末にでも、にほんブログ村のランキングを『不参加』に変更しようと思っております



理由はふたつあって。。。

まず、たとえこの不可思議な現象が、ランキングバナーのウイルス感染でなかったとしても、
はっきり & きっぱり言えるのは、このブログは、単にできの悪い娘の勉強に
頭を悩ませる愚かな母のつぶやきみたいなもので、高校受験のサブカテゴリーや、ましてや
受験のカテゴリー全体の上位にランクインするような素晴らしいブログでは全くないと思う
からです。

それでもランキングに参加してたのは、勿論応援クリックして下さる方がいらっしゃるだけで嬉しかったですし、
サブカテゴリーでそこそこ目に留まるような順位にいれば、ひよこと同世代のお子さんのいる方が
ふらっと立ち寄ってコメント下さったり、子育ての先輩方だけでなく、学校や塾で教職についてらっしゃる
先生方がアドバイスして下さったり・・・・・・そういうことが嬉しかったからです。


でもね。。。
このブログは、ようやく勉強する気になった娘と、それをできる限り助けてやりたい親の
高校受験までの記録を残したくて始めたもの

だから、多少ぼかしつつも、良い成績も悪い成績もそのままブログに書いてきましたし、
これからも書いていきたいと思ってるんです。

ただ、ここまで分不相応にランキングが上がってしまって、多くの方がこのブログを読まれることになると、
このまま受験までの塾や学校の成績を書いていたら、きっとひよこが特定されてしまうと思うのです。
       (ひよこの塾って毎回成績上位者名簿を配りますから
現にランキングが急上昇する前にも、同じ塾、同じ県だと言ってコメントを下さった方もいらっしゃいましたから。

身勝手な願いなんですが、皆さんが訪問して下さる程度で、ひよこが特定されてしまわない程度に、
マミマミはランキングに参加していたかったんです




もうひとつの理由はね、こういう不審な現象が起こっても、マミマミはメカ音痴で
ランキングバナーにウイルスが感染してるかどうかも自分で調べられないんです

もちろん、パソコンにウイルスバスターは入ってますけど、
記事を書く以外のFC2ブログの機能は全く使いこなせていないから、
自分のブログにアクセス解析さえ貼っていません。

たとえ、今回ランキングバナーを貼り替えて、不審な現象がなくなったとしても、
今度またいつ同じような事態に陥るか分からないですよね。


実はね、他のブロガーさん達の記事なんかでもお見かけしたことあるんですが、
マミマミのブログにもランキングがらみで、嫌がらせの鍵コメが何回か入りました。
今回の不審な現象が起こるずっと前ですけどね。

FC2には特定のホストからのコメントを拒絶できる機能があるので、
マミマミはそいつらをブラックリストに入れて、完全無視してたんですけど、
何だかそういうトラブルを自分で撃退できるようなパソコンなりブログなりの知識もないのに、
再度ランキングバナーをつけてみるのは良くないかなぁ~
と考えたからです。



はっきり言ってしまうと・・・・・・

マミマミが望んでるのは、ひよこの学力UPなのであって、ブログの人気UPじゃないの!
マミマミがブログ書いたせいで、ひよこが特定されて恥ずかしい思いとか、嫌な思いしないようにしたいの!!
ブログなんかより、ひよこの方が、マミマミにとっては百億倍大事だから!!!


・・・・・・ってことなんですよね(^_^;)



というわけで、ランキングは外しますけど、サブカテゴリーには参加したままにしておくつもりなので、
「ひよこが志望校に合格できるかどうか、最後まで見届けたるわい!」と思って下さる方がいらっしゃったら、
新着記事情報からとか、トラコミュからとか、ご訪問下さると嬉しいです(*^_^*)

一応、人気ブログランキングの方は引き続きランキングに参加しておりますが、
同じような不審な現象が起きた場合には、こちらのバナーも取り外すつもりです(^。^;)



仲良くして下さってる皆様、心配しないで下さいね

マミマミは図太いですから、2年後にひよこが見事志望校に合格できたら、
住んでる県も、通ってる塾も、志望校も・・・・・・・全部ドバっと実名にでもして、
ランキングバナー貼りまくって、高校受験体験記のサブカテゴリーにでも
エントリーしちゃうかも
しれませんし。。。(^m^*)

ついでに、この分不相応なランキング画面もプリントアウトして、額にでも入れときますかね♪




              今まで、こんな拙いブログの応援クリックをして下さった皆様、


              本当にありがとうございましたm(__)m






 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(36) 
首都圏では今週末が中学受験のピークですね。
見事志望校合格を果たされた皆様、本当におめでとうございます
そして、不本意な結果に終わられた方々にとっても、受験勉強を通して学ばれたことは、
これから先の人生にとって、決して無駄になることはないと思います。
年をとって振り返った時、「あの時、あの学校に行かなくて・・・かえって良かったね
思える人生を歩んで行かれますように。。。




公立中学に進学される予定の小6の皆さんにとっては、
お友達の中学受験が終了したということは、今度は自分達が高校受験生になるということですよね(^_^;)
中学受験塾に通って長年頑張ってこられたお友達を横目で見ながら、
宿題だけやって外遊び・・・というのん気な小学校生活を続けてきたひよこにとっても、
昨年の今頃は「どうしよう~中学は受験しなくても行く学校があるけど、
高校は受験しなきゃ、行くトコないんだよね
と、急に高校受験が現実味を帯びたものになった時期でした。

そこで、1年間のひよこの学習を振り返って、「中学入学前~中1の間にやっておいて良かったなぁ~♪」
と思ったことを、書き留めておきたいと思います


学習法については、プロの先生方が沢山素晴らしい記事や本を書いてらっしゃるし、
きちんと小学校時代に勉強して来られた方には全く参考にならないと思います

でも・・・もし・・・ひよこの様に、小学校時代はほとんど学校の宿題しか勉強してこなかった。。。
でも、高校受験あるいは大学受験で、上を目指して頑張っていってほしい。。。
そういう方がいらっしゃったら、読んでみて頂けると嬉しいです(*^_^*)

(マミマミもこの1年間、多くの先輩ブロガーさん達が、色んな勉強法や参考書を使ってらっしゃるのを
 参考にさせて頂きましたから♪)




さて、マミマミがまず最初にやって良かったと思うのは、自分の県の入試システムを調べることです。
上のお子さんがいらっしゃる方は既にご存知だと思いますが、
中学受験や、大学受験と違って、高校受験は各県で随分システムが違います。
公立高校も3年間の内申を考慮する県もあれば、中3の成績しか考慮しない県もあります。
そして、内申とテストをどのくらいの割合で考慮するかも全然違います。
2~3月のこの時期は、各大手塾が高校入試報告会のようなものを沢山無料で開催してくれますし、
情報収集には最適な時期だと思います



次にやったのは、入試問題をチェックすることです。
公立入試の共通問題と、志望校にしたい私立2~3校の入試問題を見て、
3年後にどの程度のレベルまで学力を向上させなければならないのかを明確に知ることが大切
だと思いました。


その際、同時に学習の目標設定をするわけですが、
中学入試で惜しくも合格を逃した(難関校の補欠であった)とか、
公文などで既に中学・高校レベルまで先取り学習してらっしゃるとか、
そういう既にある程度学力がある方でない場合は、
最初の目標設定のレベルは低く、目標達成時期はできるだけ先にした方が良いと思いました。


ひよこ一家も最初から応用問題レベルに手を出すことは考えませんでした
C県では、私立より公立の方が入試問題の難易度が低いと感じたので、
まずは公立レベルの問題が解けるように、基礎基本を叩き込むことだけを目標にしたんです。

特に数学の場合などは、定理を使って解くだけの中学数学ではなく、
何故その定理が成り立つのかを学ぶ高校数学になってから、数学に目覚める子も多いので、
応用力がついたというレベルに到達する時期は、大学入試前でも良いと開き直ってました(^m^*)


そして、小学校時代に習う事項のうち、中高になってもツールとして使いこなせなければならないものを
小6の冬休みくらいから、最優先で復習
しはじめました。
重点をおいたのは、もちろん『読み、書き、そろばん』です。

国語は、小学校の漢字総復習とことわざ、慣用句、故事成語、四字熟語などの知識面強化から。
ちびまるこちゃんシリーズを愛用しました♪)

数学は、1 / 5 = 0.2 = 2割 = 20% な~んてことが瞬時に使いこなせるようになることから。

理社に関しては、中学入学前はほとんど手をつける余裕さえありませんでした
やったのは、ツールとして地理分野でも歴史分野でも必要になるだろう県名を覚えただけ
七田の社会科ソングを何度も歌いました♪)



それでもね。。。

毎日少しずつやっていれば、中1の夏休みまでには
そこそこ必要最低限の復習はできました

読解の教材として、論理エンジン本体を使用したこと、
そして、算数の復習教材として予習シリーズの小4~小6までの例題と基本問題を解いたことが、
随分『読み、書き、そろばん』の力をつけてくれたと思います



ふたを開けてみれば、この1年間、ひよこの学力は見違えるほど伸び、
学校でも、県内最大手塾でも、Z会の在宅模試でも・・・・・・良くて一桁順位、悪くて50位以内の成績を
1年間維持することができました

ひよこが、最初から学業優秀な子供だったら、大して驚くほどの成績ではないのかもしれませんが、
小学校時代、塾も通信教育も何も受講せず、学校の宿題しかやってなかったひよこが、
1年でよくここまで学力UPできたなぁ~と、正直、親としては信じられません(^。^;)
     (最初のレベルがかなり低かったですから



だからね。。。

小学校時代はひよこみたいに遊び呆けてたっていう人も、あきらめないでほしいんです(*^^*)
 (たとえ、中学最初のテストでガツンと頭を打ったとしてもです。)

あと伸びすることを目標として、基礎基本を大切に、小学生レベルの簡単なものから始めて
こつこつ少しずつレベルアップすることを心がける
・・・・・・そうすれば、きっと1年後には見違えるほど成長していますから
 
 (な~んて、まだ中1を乗り切っただけのひよこ一家の言うことじゃないですよね(^。^;))








長い記事を、最後まで読んでくださって、
ありがとうございますm(__)m
追記にひよこがこの1年間に使った初心者向け参考書を載せておきますね
 

>>>Read more

Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 学習全般
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
 
Copyright © 2014 ひよこと共に・・・, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。