一人娘の高校受験に向けて奮闘した、初心者受験生家族の記録です(^。^;)
http://hiyoko865.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

マミマミ

Author:マミマミ
園芸と犬猫が好きな思春期娘の母です(^_^;)

☆ブログ分析☆

ブログランキングならblogram

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
皆様、GWはいかがお過ごしでしょうか?

ひよこの塾ではGW期間中の講習がないため、の~んびり♪
・・・・・・のはずだったんですが、ひよこのお勉強は、いきなり中2最初の壁にぶちあったって、
只今、家族会議中でございます~


その壁とは。。。いわゆる、よくある こなしきれない!! って奴なんです
はっきり言って、この壁には いずれぶち当たるだろうとは思ってたんですが、
中3 でぶち当たるかなぁ~と思ってたら、中2で来ちゃいました



原因は、英数国の3教科全ての塾の教材が上位&最上位クラス用の難易度の高いものになり、
今までの宿題以外にも類題演習というのが加わってきて、1回塾に行ったら、翌日4時間くらいかけないと、
塾の宿題&類題演習が終わんなくなっちゃったからなんですよね


でもさ、平日に4時間塾の宿題&類題演習やるって、かなり無理があるんです!
ひよこの学校の部活はサマータイムで午後7時前まであるわけ。
そうすると、帰ってきて、着替えたりして7時半。
風呂入って、8時。 ご飯食べて、8時半。
それから休憩なしで塾の宿題をやり続けても、午前0時半ですよね
学校の宿題がある時なんて、もっと悲惨なことになっちゃうんです


今まで6時起きしてZ会(数学)を朝勉してたけど、寝坊しちゃって起きられない事態が多発
その上、平日こなせるのは、塾の宿題&類題演習だけだから、
理科、社会、英単語、漢字などの暗記物は全て週末にシワ寄せが来ちゃってて、
家庭学習で進めていた論理エンジンなどは、ほぼストップ状態


まあね。。。ひよこって、小学校時代に何も勉強してこなかったから、
社会でも人名・地名の漢字練習から始めなきゃいけない ってのはあって、
どの科目も定着するまで人一倍時間をかけて反復練習が必要だというのは分かってたんですよ


でも、親の私達と比べても「私達がこんなに勉強してたのって、小6とか、中3とか・・・受験学年だけよね
って思うくらい、ひよこはすごく頑張ってるように見えます
だから、ひよこが勉強サボってる訳じゃないと思うんですよね。


なのに。。。受験直前どころか、定期テスト直前でもないのに、
1日7時間の睡眠時間が確保できなくなって
きちゃいました
しかも、中2は塾の難関講座受講をやめて、通塾日が1日減っているにもかかわらずです



睡眠時間を削らなきゃいけないの?
週末は1日中勉強するつもりじゃなきゃいけないの?
中2からそんな状態で、途中で潰れちゃったりしないの?
あるいは、高校受験で燃え尽きちゃったりしないの?



優先順位を決めて、取捨選択していくしかないんだけど。。。 

どうする? ひよこ一家 ・・・・・・という訳で、長~くなりそうなので、次回に続きますm(__)m







こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(12) 
皆さんのお子さんの中学では、どんなものが学校で販売されていますか?
体操服、習字道具、絵の具、辞書・・・・・・きっと色々ありますよね



ひよこの学校ではね、新年度になると、英語の教科書ガイドと教科書準拠の単語集が販売されるんです

もちろん強制的に購入させられる教材ではなく、「業者さんが学校に来て販売してくれるので、
希望者は購入して下さい。」
という購入申込書が配られるだけなのですが。。。

マミマミは、学校で 辞書ならともかく、教科書ガイド教科書準拠の単語集が販売されるということに、
すごく違和感を覚えたんです(@_@;)



正直に白状しますと、マミマミも中高生の頃はそんなに真面目で勉強熱心な生徒ではなかったので、
英語の教科書ガイドを買って、定期テスト前に教科書の全文和訳と全文英訳をやってみたり、
国語の教科書ガイドを買って、やっぱり古文の口語訳を利用したりしてました。

でもね、それってマミマミ個人がこっそり買って使ってただけで、学校の先生に言わせれば、
「授業をしっかり聞いていたら、教科書ガイドなんていらないだろ~って感じだったんですよね

ましてや、教科書準拠の単語集なんて使って、もし先生にバレたりしたら、
絶対に「こら~ちゃんと辞書引いて予習して来い!」って怒られちゃってたと思うんですよ



なのに、ひよこの学校では、業者がわざわざ学校にまで来て売ってくれるの
それって、ひよこの学校の英語担当の先生方は、教科書ガイドや準拠の単語集を使って良いと
思ってらっしゃるってことですよね


何度も言うようですが、この事実にマミマミは すご~く違和感 を覚えたのでした(@_@;)



「皆、買ってるよというひよこの言葉に負けて、マミマミは今年も購入してしまったんですが、
教科書ガイドはともかく、英単語集については買うべきじゃなかった。。。と後悔してるんです


だって、ひよこってほとんど英語の辞書を引いてないんです
英単語の意味は、全て教科書準拠の単語集に載っているから


じゃあ、塾の授業だけでも辞書を引いて予習していけば・・・と思うんだけど、
塾でも英単語のサブテキストがあって、小テストが毎月行われてるから、
本科の授業に登場する単語のほとんどは既習済み。
いくつかのイデオム以外は、辞書を引く必要性がほとんどないのが現状です



このままほとんど辞書を引くことなく英語を勉強し続けて良いとは、とても思えませんよね
アナログ人間のマミマミとしては紙の辞書を引いてほしいくらいだけど、
「電子辞書で良いから、きちんと辞書引く癖をつけなさいよ~って思うんですよね(^_^;)


だって、大学とか大学院に行ったら、ひよこがどんな分野を専門にしていくにしろ、
絶対に英語で書かれた学術論文を読んでいくことになるわけで。。。
「そんな論文には 『準拠の英単語集』 なんてあるわけないのよ~!」
って言いたくもなります(^。^;)


でもって、ひよこがお世話になってるのに あんまり批判的なことは言いたくないんですけど、
「何でわざわざ学校で教科書準拠の単語集なんて販売しちゃうの?
 学校こそ、辞書の使い方を子供達に教えて、使うことを推奨すべきところだと思うのに

な~んて、正直思っちゃってたりするんですよね(ー。ー;)



という訳で。。。
ひよこから教科書準拠の単語集を取り上げてしまいました
ひよこはブーブー文句を言ってましたが、父ちゃんと2人で説得して・・・・・・


でもさ。。。
ひよこの学校の英語の先生方が 「使っても良い」と考えてらっしゃって。。。
多くの生徒のご家庭が 何の違和感も感じずに購入してらっしゃる。。。


        そう考えると、ひよこ一家は 夫婦そろって、

            頭が固くて、古いタイプの人間 ってことなのかもしれません









こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
 
Genre: 学校・教育 Theme: 中学校 Category: 中学校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(16) 
I 塾の春期講習到達度テストの結果が返ってきました

ひよこの結果は。。。

      3科合計    偏差値 75~80    順位 10位以内 / 約2100人    。。。でした


この結果だけ見るとね。。。
中1最後の定例テストと比べると、受験者数が約400人も増えているのに、一桁順位を維持できた訳だし、
偏差値だって、75を超えてきたし、調子良かったんじゃない?って思えるような成績なんですけど・・・・・・
今回の成績はなんだか変(?_?)というか、素直に喜べない(^_^;)って気がしたので、
どうしてそう思うのかについて記事にしておきたいと思います。



今回ひよこの3科合計を引き上げたのは、ひよこの得意科目である
英語の偏差値が75~80に跳ね上がってたからでした

中1の時、同じように英語の偏差値が跳ね上がって、3科合計偏差値が75を超えてきたテストでは、
英語1科目だけの順位も I 塾内でトップを争うような順位で、非常に出来が良かったんです。

ところが、今回の英語の順位は2桁順位
ひよこ自身も、テストが終わった直後に、
「読解が長くなって、時間不足ぎみだったし、凡ミスしたりで、英語は失敗しちゃった~(T_T)
 次回リベンジしないと、ひよこの得意科目と言えるものがなくなっちゃうよ~(><)

なんて言ってたんです
結果も本人の言う通り、点数も順位も下がってました

にもかかわらず。。。
平均点がかなり下がっているとはいえ、偏差値だけ跳ね上がるって、変じゃない(?_?)




マミマミが少ない脳みそを使って考えた結論としては、
母集団の変化得点分布の変化が原因なんじゃないかと。。。

つまりね、今回入塾されたのか、春期講習だけ受講されたのかは分からないけれど、
新たに定例テストを受験することになった約400名の方々。。。
もちろんこの中にはいきなり成績上位に食い込んでくるような方もいらっしゃっただろうけど、
その大半は、平均点を引き下げるような成績だった可能性が高いってこと(^。^;)
   (初めての塾のテストって方も多いんだろうし、最初は成績が悪くても仕方ないですよね。)

その結果、古参の塾生の中でのひよこの英語の順位は落ちているにもかかわらず、
全体の平均点が低くなったために、偏差値だけ跳ね上がっちゃったんじゃないかと。。。

もっと言えば、英語の得点分布自体が綺麗なひとつの山になっておらず、
古参の塾生と、新入塾生や季節講習のみの受講生との間に成績の乖離があって、
二極化されたような得点分布(ふた山型)になってる疑いがあると感じました(^_^;)



そしてね。。。
これって、新年度が始まる時だけに起こる偏差値バブル現象かと思ったんですけど、
先輩ママさんによると、これから受験本番までの間に、
季節講習ごとに何百人という単位で塾生が増えていくらしいんです
ということは、季節講習ごとに、本人の学力自体は大して伸びていなくても、
偏差値だけは上がる可能性がある
ということですよね


受験生の中で、自分の立ち位置を知るという意味では、
同じテストを受ける母集団の人数が増えることは喜ばしいことだと思います。
でも、こんな風に偏差値だけが上がる現象があると考えると、
偏差値の信頼性という意味ではどうなのでしょう?

特に、似たような成績の受験生しか受けない私立高校入試では、
高校受験生全体の中での偏差値が高くても、
上位層、中堅層といった特定の集団の中での順位が落ちたということは、
不合格になる可能性が増えたと考えるべきなのかもしれないですよね

そんなことをアレコレ考えると、今回の成績を素直に喜ぶことができなくなりました~



結局、自分の立ち位置は、偏差値ではなく順位で考えて行くべきなのでしょうか。。。
多分、点数、偏差値、順位の全てを見て総合的に判断できればベストなのでしょうが。。。
その時々の出題傾向との相性もあって、更に謎が深まりそうです。。。


       自分の今の実力を正確に把握するって。。。

                  本当に難しいですね(>_<) 








こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(14) 
最初に断っておきたいのですが。。。

ひよこが入塾して約1年・・・・・I 塾には大変お世話になってますし、その他にもZ会通信小論文講座など、
ひよこが受講させて頂いてる塾や通信教育には、本当に感謝しています

でもね、マミマミは特定の塾や通信教育の宣伝のためにブログを書いてる訳じゃないから、
たとえどんなにお世話になっていたとしても、
「本当に良かったと思うことしか記事にしてこなかったつもりだし、
逆に他塾の教材等でも、ひよこが使ってみて「良いなぁ~と思ったものも
どんどん記事に書いてきました

ある意味、恩知らずな奴かもしれないんですが、
それでも、マミマミは全ての塾、通信教育、教材に対して中立な立場の『一受験生の母』として、
正直な気持ちをブログに綴って行きたい
と思っています


でもね、今回は、国語の家庭学習教材として「論理エンジン」を見つけた時と同じくらい、
ひよこが持ち帰ってきたI 塾の新しい英語のテキストを見てチョット感動したので、
熱~く 語っちゃいたいと思います(^m^*)♪




皆さんのお子さん方は、どのように英語を勉強されていますか?

ひよこはね、父ちゃんの海外赴任で就学前に英語圏に住んでたこともあって、
小学校の間は耳だけ鍛えるつもりで、ネイティブの先生の英会話を習っていました。
だから、中学入学時には「聞く」「話す」「読む」「書く」という言語の4つの技能のうち、
「聞く」「話す」だけは少しだけできるようになってました。 (幼児英会話レベルですけどね

で、ひよこ一家の方針としては、中学に入ったら ひたすら英文法重視で、
「読む」「書く」を鍛えるぞ~なんて思ってたもんですから、
塾の宿題以外に家庭学習で勉強するのは英文法の参考書だけのつもりだったんです。
使ったのは、たまたま家にあった古~い学研のニューコース中学英文法準拠の問題集です。

今でも、「文法が大事!」って気持ちは変わりないんだけど、
中1の1年間、学校の定期テストだけじゃなくて、高校受験をターゲットとした
I 塾やZ会の定例テストや模試を受けてみて、
『高校受験英語』として何が求められてるかがどんどんクリアになってくると、
「こりゃ、文法書だけじゃ足りないなって感じることが増えてきたんです。



例えば、会話表現。。。

児童英会話を長年習っていたひよこでも、忘れちゃってたりするものが結構多いんです。
でも、教科書や塾のテキストには、たま~にポツポツ登場するだけだったりしますよね(^_^;)
継続して「基礎英語」でも聞いていれば良いのかもしれないけど、
もっとドバっと一気に復習したいと思って、「でる順パス単(英検3級)」会話表現の部分を
勉強しました。



それから、単語。。。

beauty を知ってるなら、beautify も、beautiful も、beautifully も、
初見でも意味を想像できるだろうと思うのに、そうは行かなかったんですよね(^。^;)
だから、「英検準2級総合対策教本」品詞を変える働きをする接辞をやったりしました。



もちろん、イデオムも。。。

以前の記事にも書きましたが、ひよこは特に前置詞の入ったイデオムが苦手なんです。
go to schoolgo on a picnic go for a walk なんかに登場する
前置詞のイメージ を理解するために、「世界一わかりやすい中学英語の授業」を読んだりもしました。



てな訳で、理科は「図でわかる中学理科」だけ・・・とか、社会は「実力メキメキ合格ノート」だけ・・・とか、
他教科はわりとメインにする教材を1本に絞りやすかったのに、
英語はこんなにあちこちの本を使う羽目になっちゃったんですよね

その理由のひとつが、英語の参考書って、英会話の本、英文法の本、単語の本、イデオムの本、
リスニングの本・・・・・・てな感じで、細分化された参考書が非常に多いし、
総合的な参考書にしても、高校受験、大学受験、英検、TOEFL、TOEICなど、
それぞれのテストに向けたものが別個に出版されているってこと。

どの参考書のどの部分がひよこのニーズに合っているのかを考えて行くと、
1冊に絞ることが難しくなってしまったからなんです(^_^;)



でも、色んな参考書に手を出しすぎるってのは、勉強法としてはかなり危険ですよね
「受験本番まで、コレを何回も回せばいい!」という
高校受験に必要な英語の重要事項を全て網羅するようなテキストがあったほうが絶対に良い!!



そこに、ひよこが持ち帰ってきたのが I 塾オリジナルの「入試英語の要点」という New テキスト
英文法から熟語、単語、発音問題、会話表現、ことわざまで入って、200頁弱のテキストになっていました。
むろん、この頁数ですから、文法部分に詳しい解説などはなく、
あくまで一度習った重要構文を総復習するための構成になっています。

でも、おそらくこのテキストは高校入試直前まで、過去問演習と並行して、
ボロボロになるまで使い込むべきテキスト

このテキストを作るために、一体どれだけ膨大な量の高校入試問題を、
どれだけの時間とマンパワーを使ってデータ入力&分析したのだろう
と思わせるほど、
凝縮された内容でした
そして、このテキストを手に入れただけでも、I 塾で英語を受講した価値があったと感じました



きっと他の大手塾でも同じようなことをして入魂のテキストを作っているんでしょうね。。。
改めて「大手塾って、すごい!」って、感心しちゃいます(^。^;)

いや。。。本当にすごいのは、この大手塾のマンパワーを駆使したテキストに対抗できるだけの自作教材を
作り上げてらっしゃる個人塾のカリスマ先生方かもしれないですけどね~(^。^;)

ひよこ一家には そんな超人的な先生方の真似はできないので、
ありがたく、この I 塾 NEW テキストをひよこの英語学習のメインにさせて頂こうと思います v(^^*)



   
    良いテキストに出会えて。。。

      英語のパワーUPができるといいなぁ~(*^_^*)♪










こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中2英語
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(18) 
2014.04.14/ 09:10(Mon)
「ひよこと共に・・・」も、ブログ開設1周年を迎えることができました



最初はね。。。

こんなに沢山の方が読んで下さるなんて、想像もしていませんでした。

でも、マミマミが教材を買い与えても、小学校時代は全く手をつけようとしなかったひよこが、
中学入学前に「勉強、頑張る!」って言ってくれたから。。。

高校受験までに、小学校時代に遊び呆けた分の遅れを取り戻すことができなかったとしても、
ようやく本人が勉強する気になったんだから、親としてできる限り応援してやりたかったから。。。

そして、ひよこが頑張っている記録を残したかったから。。。

ほとんど自己満足のためにブログを始めました(^_^;)



だからね。。。

この1年の間に、婆ちゃんが病気になってほとんど更新できなくなった時期があったり、
バグなのかウイルス感染なのか良く分からないけど、ランキングが暴走しちゃって、
ブログ村のランキングバナーを外したり。。。

色んなことがあって、もうブログは非公開にしちゃおうかな・・・・・なんて思った時期も
正直言ってありました。



でもね。。。

こうして、ブログを公開したまま続けてきたのは、ひよこの子育てや勉強法について悩んでるマミマミに、
アドバイスして下さる見ず知らずの先輩ママさんパパさん達や、塾や学校の先生方がいらっしゃったり、
共感のコメントを下さる同級生の親御さん方がいらっしゃったり。。。
本当にありがたかったし、嬉しかったからです(*^_^*)

ひよこが、この1年間に驚くほど学力UPできたのも、もちろんひよこ自身も頑張ったし、
指導して下さった I 塾や、Z会通信や、小論文講座の先生方のおかげでもあるけれど、
受験生や受験生の親に向けて、多くの有益なアドバイス記事を書いて下さった
プロの先生方のブログのおかげでもあるし、
親目線で使い勝手が良いと思われた参考書を沢山ブログで紹介して下さったり、
我が子の体験談を語って下さったりした先輩ブロガーさん方のおかげでもあるよなぁ~
って、
マミマミは思ってるんです



だからね。。。

ひよこ一家の場合は、暗中模索&試行錯誤中で、失敗談の方が多いかもしれないけど、
ひよこが高校受験までの間に色んな壁にぶち当たって、そして悪戦苦闘していく様子を
こうしてブログに書き留めることが、反面教師としてでも良いから、誰かの参考になれば嬉しいなぁ~
なんて、
思うようになりました(*^^*)



きっとね。。。

高校受験の経験もないマミマミは、ひよこ成績のUPdownに一喜一憂するばかりで、
先輩ブロガーさん方のように、後輩受験生の方々の役に立つことは何も書けないかもしれないんだけど、
それでも、ひよこが志望校に合格しようが、玉砕してしまおうが、
ひよこの高校受験が無事に終わるまで、このブログを書き続けたいと思ってるんです(*^。^*)



そして。。。

2年後の今頃は、「高校受験お疲れ様でした♪ 頑張ったよねって、
同級生の親御さん方と一緒に、笑っていたいです 



こんな拙いブログを読みに来て下さって、本当にありがとうございますm(__)m

そして、こんなへっぽこブロガーのマミマミと仲良くして下さって、本当にありがとうございますm(__)m

これからも、どうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m










最後まで読んで下さって、
ありがとうございましたm(__)m
 
Genre: ブログ Theme: 今日のブログ Category: ご挨拶
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(30) 
先月受けたZ会通信の在宅模試「実力判定Vテスト」の結果が返却されてきました

ひよこの結果は、英国満点、数学1問間違いで、こんな成績でした


3科合計   偏差値 65~70   順位 全国10位以内 / 約5000人 
                             (県内順位と志望校別順位は1位)


学校でも、塾でも、山あり谷ありな成績推移のひよこですから、
Z会の模試でも、きっちり 7月12月3月 という結果でした( ̄。 ̄;A

もう、ここまで来ると、一家揃って「次は谷だなぁ~って覚悟しちゃうんですけど、
少しでもなだらかな『山』と『谷』にすることを目標に、頑張るしかないですよね(^。^;)
受験本番で『谷』がきちゃうと、笑ってられないですから



さて、Z会の在宅模試も中2の12月に5教科記述式になるまでは、
大きな変化はないと思っていたのですが、
今回はいくつか「変わってきたのかも~と思える点があったので、書いておきたいと思います


まずね、ひよこの点数や偏差値から考えると、今回は確実に3科合計偏差値で70超えの方が出ている
と思われます。  (前回までは全教科満点でも偏差値70行かないかも・・・・・・って気もしてたんですが。)
中1の学習範囲が全て終わった時点で、受験者の中でも実力差が出はじめたってことなんでしょうね


そしてね、英語は満点でも偏差値65未満なのに、国語は満点で偏差値70を超えていたんです
ひよこは満点じゃなかったけど、数学もおそらく満点でも偏差値70は行かない気がするので、
国語の問題が難しかったってことですよね


問題を見た感じでは、3教科とも急激に難易度が上がったという印象は受けませんでしたが、
「国語だけじゃなくて、他の教科も徐々に問題が難しくなって、受験者の得点差が開いていくのかしら
な~んて、チョット不吉な予感がしたマミマミなのでした(^_^;)



ひよこはというと。。。

わ~い 100位以内だから、かえる付箋もらえるヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ  とか

今回初めて国語満点だった~
苦手な韻文が出なかったし、珍しく漢字も間違えなくて、ひよこ絶好調(=∩_∩=)v
  とか

完全に脳天気に喜んでいるので、数学で間違えた 空間図形
よ~く復習するようにと言っときました(´。` ) =3


春休みは塾の春期講習の宿題に追われて、図形の必勝手筋(動く図形・立体図形編)
あまり進められなかったので、引き続き頑張って行ってほしいと思います



テストを受ける度に弱点があぶり出されるのは良いけれど、
弱点潰しが全然追いつかないのが、大変です~  (ひよこって弱点あり過ぎますから。)

でも。。。 へこたれずに。。。 p(*^-^*)q 頑張るっきゃないですよね








こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: Z会
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(18) 
ご入学、ご入園、ご就職なさった皆様、おめでとうございます

最近おまけ写真を撮影している暇がなくて、文字ばかりのブログを書き続けていたマミマミですが、
久しぶりに「この~木、何の木、気になる木♪」の日立の CM のような桜の大木の写真をUPしてみました

今週末はC県でも雨風が強くて、随分桜が散ってしまいましたが、
桜の花満開の入学式を迎えられた方もいらっしゃるのではないでしょうか?(*^^*)


          sakura.jpg


さて、ひよこも今週から新年度がスタートし、新中2となりました
1年生も入学してきて。。。いよいよ 先輩  ←コレが一番信じられない!

ひよこの所属する美術部は、男子部員が非常に少ないので、
今年も男子部員獲得に燃えているようでございます(^m^*)



気になるクラスがえの方は、中1の時に仲良しだったクラスメイトとは離れちゃったけれど、
小学校時代に仲良しだったお友達と一緒のクラスになれたりして、
それなりに楽しそうなクラスみたいです(*^^)b

ただ『問題児』とか噂されている男子が数名同じクラスにいるので、
「中1に引き続き、授業態度のあまり良くないクラスかもなぁ~なんて
ひよこは言ってました(^_^;)  ←またしても学級崩壊候補?

でも、『問題児』なんて言われてる子達も、勉強が嫌いなだけで、根は良い子達みたいなので、
ひよこもあんまり心配してないみたいなんですけどね


担任の先生の方は、女の先生から男の先生に代わりました。
今年からひよこの中学にいらした先生みたいで、良く分からないけど武道の達人なんだそうです
でも、見ためは眼鏡の文学青年タイプで、全然マッチョじゃないらしいんですけどね(^w^)



マミマミが一番驚いたのは、今回のクラスがえが中学最後のクラスがえになるってこと
ひよこの学校はね、中1から中2に進級する時にはクラスがえがありますが、
中2から中3に進級する時にはクラスがえがないんです

担任の先生の方は、転勤や定年で代わられる可能性はあるけど、
卒業までこのクラスで過ごすことになるんですよね。

中3のクラスがえがない理由は、思春期や受験前の難しい時期なので、環境が激変しないほうが良い
という噂なんです。

でも、マミマミは正直言って、学年全体で校外学習だの修学旅行だの行ってるんだろうに、
クラスがえで多少環境が変わっただけで、子供達が情緒不安定になっちゃうものなのかしら(?_?)
な~んて思っちゃいました(^。^;)


とにもかくにも、このクラスで卒業までやっていくことになります

     明るく楽しく、中学生生活を送れますように。。。(*^_^*)








こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 中学校 Category: 中学校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(16) 
2014.04.05/ 08:05(Sat)
ひよこの春期講習も昨日で終了し、来週からはいよいよ学校が始まります

その前に、まだキャリア診断結果の部分が届いていないのですが、
英数国の学力テスト部分の結果は返却されてきたので、
先月行われた大手塾数社合同のPISA型全国模試の結果報告記事を書いておきたいと思います



タイトルのこの顔文字 ⇒ (lll-ω-) からして、「相当悪かったの?と思われたかもしれませんが、

3科合計   偏差値 70~75   順位 30位以内 / 約5500人

で、偏差値的には昨年のPISA型模試と変わらず、順位的には50位以内から30位以内にUPしていました。
          (ひよこの日頃の成績から考えると、決してすごく良い順位や偏差値とはいえませんが、
            受験者の母集団が違いますから、このくらいの変化はありうるのかと。。。)




でも、今回のPISA型模試は、内容的にはひよこの問題点を浮き彫りにした結果だったんです

まず、数学の点数、偏差値共に、他の2教科に比べて非常に悪い
なんと 中学入学以来、初めて数学の偏差値が65を切ってしまいました

そして、その数学の間違い方がまた最悪  やってはならないケアレスミスをやらかしてきてました
正答率が非常に高い基本問題(マッチ棒で四角いマスを作っていく問題)で、
「何マスできますか?」と問われて、しっかりマスの数を数えて数字はあっているにもかかわらず、
解答欄に、ひよこは「○×と、単位を本数と間違えて書いてたんですよね

この1問で、一体どれだけ数学の順位と偏差値が違ってくるだろう。。。って感じでしたし、
総合偏差値65以上でなく、各教科の偏差値65以上が所属条件だとしたら、
早速最上位クラスから、上位クラスにクラス落ちさせられてるような数学の成績でした


それでも、3科合計でそこまで悪い偏差値や順位にならなかったのは、
ひとえに英語が満点で、全体を引き上げてくれたから(^_^;)
でも、「春期講習後に、数学が悪いから 『クラス落ち!』 って言われちゃうかも?」
な~んて、怯えてます(^。^;)

このブログを以前から読んで下さってる方は良くご存知だと思いますが、
『うっかりが服を着て歩いているようなひよこ』 は、今まで度々、教科を問わず、
この手のケアレスミスをやらかしてきました

その度に、親も、学校の先生も、塾の先生も、本人に注意を促してきました。
本人もそれなりに気をつけるようにはなってきたし、
ここ最近の定例テストでは問題文の線引き読みを徹底して、
随分この手のケアレスミスが減ってきていたんですが、
やっぱりひよこの 『うっかり』 はまだまだ健在だったってことですよね



国語の間違いの方も、相変わらず小学校の履修範囲の漢字で、
「専門」の『専』の右肩に『、』をつけてきてました
中1のZ会在宅模試でも「一線を画する」の『画』「案の定」の『定』を間違えていましたし、
日常使う言葉の中に登場する小学校レベルの基本的な漢字を学習する必要性を感じました


という訳で、今回のPISA型模試は、『ケアレスミス』にしろ『小学校レベルの漢字』にしろ、
中1の間に弱点克服しようと努力してきたけれど、まだまだひよこには克服できていない課題がある
ということを明らかにしてくれました~(_ _|||)


                  ローマは1日にしてならず!

                           でも。。。
  
                  千里の道も一歩から ♪

                           と信じて。。。

                   努力していくしかありませんよね


              ガンバ!p( ̄へ ̄o)(o ̄へ ̄)qガンバ!







こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 子育て・教育 Category: 模試
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
4月に入りましたね
関東はお花見シーズンに突入していますが、
皆様の地方はいかがでしょうか?


さて、ひよこは部活に、春期講習にと忙しい日々を送っております
ひよこは昨年の3月から I 塾に入塾しましたので、昨年も春期講習は受講したんですが、
今年は去年と随分様相が変わり、ハードになりました
そのため、長期休暇中にアレコレ家庭学習したいものもあるのですが、
部活もやりながら、春期講習&その宿題をこなすだけで大変で、
家庭学習の方はどこまでやりたいことをやりきれるか・・・・・・微妙な感じです(^_^;)


というわけで、今回は新中2になって、あるいは最上位クラスになって、
I 塾の様子がどのように変わってきたかを書いておきたいと思います


まずね、最上位クラスになっての変化は、クラスの人数約3分の1になったこと。
中1上位クラスは約15人でしたが、新中2最上位クラスは約5人くらい。
一応、I 塾のカリキュラム設定としては、最上位クラスが難関国私立向けで、
上位クラスが難関公立向けということになってるから、
中3になって志望校が確定するとクラスを移動される方もいるし、
定例テストなどの成績でクラス落ちしちゃう子もいれば (ひよこが真っ先に落ちそうですが)
クラスが上がる子もいて、高校受験直前までには、
中3最上位クラスも約15人に増えていくみたいです。(←先輩ママさん情報による)

使用テキストがどう変わったかというと、中1の間は、上位クラスの数学のみ
難易度の高い演習問題集を使用していましたが、
新中2になると上位クラスと最上位クラスは英数の2科目で
難易度の高い演習問題集を使用
するようになったようです。


授業を担当される先生方も変わりました
理数系科目の最上位クラス担当の先生は、春期講習では別のクラスを担当していらっしゃるらしく、
まだ数回しか授業を受けていないので、ひよこから特にコメントはないのですが、
文系科目の担当の先生は春期講習もひよこのクラスを教えて下さっているらしく、
「超基本英文法の説明にあまり時間を割かずに、さくさく授業を進めてくれるし、
 国語の読解でひよこが間違った問題なんかは、すごく丁寧に教えてくれるから良い感じ

とかなんとか ひよこは言ってて、
「ひよことは相性が良い先生みたいで良かったなぁ~♪」
なんて、マミマミは思っています(^m^*)


結局、最上位クラスになって何が一番変わったかというと、授業中の待ち時間が減ったこと
中1上位クラスの時も、先生から指示された問題を解き終わっても、
皆が解き終わるまで時間があれば、各自宿題の問題を解いて良いことになっていましたが、
最上位クラスになると、全体的に皆の解き終わる時間が速いので、
さくさく進んで行くという感じみたいです(^。^;)
(それでも、演習問題集の難易度が上がった分、授業中に終わらなくて宿題になることも多いのですが。。。)


ただ、ひよこのクラスは数学得意男子と英語得意女子が多いらしく、
数学は男子が待つ立場、英語は女子が待つ立場になってるみたいですけどね(^^)b
お互いの苦手科目を教え合ったりして、なかなか雰囲気は良いみたいです



中1の春期講習と新中2の春期講習で変わった点は、授業時間数でした

短い春休み中の講習だから、ほぼ毎日あるのは同じなんだけど、
中1の春期講習は1日2時間だったけど、中2は1日3時間授業になったんですよね
I 塾の春期講習は理社はなく、英数国のみだから、毎日3教科あるって感じです。
内容的にも、多少中1の復習が入ってるけど、ほとんど中2の先取りなんじゃないかしら
英語は過去形、過去進行形、数学は式の計算、国語は現代文読解
・・・・・・・というカリキュラムになってます。
ひよこのコメントは「最近、塾で全然古文やってない気がするとかなんとか
まあ、そのうち集中的に古文が進むのかもしれませんね(^_^;)


この春期講習の変化で何が一番大変かと言うと、毎日3教科分の宿題をこなしていかなきゃいけないこと
部活もあって、塾に行ってる時間も1時間長くなって、使ってる問題集も難しくなって。。。
で! 宿題も当然増えちゃってるんですよね
だから、今までみたいに「長期休暇中に小学校の漢字総復習しような~んて計画立てたとしても、
宿題だけで手一杯で、家庭学習で個人の弱点補強のために勉強できる時間はかなり少なくなりました


というわけで、ひよこ一家も、最初は「英検用の問題集もやりたいなぁ~」とか、
「『公立入試のために役立つ』と I 塾が言ってた教科書準拠の理社の問題集で、
 まだ解いていない中1の学習範囲は終えておきたいなぁ~」
とか、
色々やりたいことはあったのですが、塾の宿題以外の家庭学習をかなり限定しています


英語は、既に基本問題だけを一通り終わらせた学研のニューコース 中学英文法準拠の問題集を使って、
I 塾のペースで、同参考書と問題集に掲載されている公立高校の入試問題を解いてきましたが、
春休み中は、できれば長文読解練習用に購入した最高水準問題集 高校入試 英語の前半の文法部分にある
私立高校の入試問題(既習部分のみ)も解いてみようと思います。

数学は、学期中にもやっているZ会通信や、高校入試突破 計算力トレーニングの他に、
図形の必勝手筋(動く図形・立体図形編)を進めて行こうとしています。
中学受験用の参考書ですが、同シリーズの平面図形編が良かったので、
中1の最後に習った図形分野の復習を兼ねて、新しく出版された立体図形編に取り組んでいます
  (図形って・・・C県では公立入試でも、私立入試でも頻出ですしね。)

国語は、国文法古文法の復習もしたいところですが、
中2になると、塾やZ会のテストでも、徐々に記述式の問題が増えてくることが予想されるので、
現在レベル50辺りの論理エンジンをレベル60目指して進めていくつもりです。
論理エンジン本体では、レベル57から「記述問題の基礎」という単元が始まりますから



という訳で、今回の春休みは塾のカリキュラムを優先しつつ、
できる範囲で家庭学習を進めていくことにしました(*^_^*)


中3になって、塾の季節講習スケジュールがもっとハードになっていくと。。。
長期休暇中に家庭学習でひよこの弱点を補強する時間がもっと少なくなりそうだから。。。


     取捨選択と時間の使い方が むずかしそうですね~(⌒_⌒;A










こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございますm(__)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 子育て・教育 Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(14) 
 
Copyright © 2014 ひよこと共に・・・, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。