一人娘の高校受験に向けて奮闘した、初心者受験生家族の記録です(^。^;)
http://hiyoko865.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

マミマミ

Author:マミマミ
園芸と犬猫が好きな思春期娘の母です(^_^;)

☆ブログ分析☆

ブログランキングならblogram

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2014.05.30/ 00:00(Fri)
ひよこは来月初めの中間テストに向けて、ひき続き お勉強中でございます

最近は 思春期真っ只中で、「自分でやるから、ほっといて!」と言ってるので、
テスト勉強の進捗は マミマミには全然分らないんですが、
チョット「ひよこにとっては良い薬になったなぁ~(^m^*)」なんて思う出来事があったので、
記事にしておきたいと思います



皆さんのお子さんの通われてる塾では、学校の定期テストが近くなると、
先取り学習を止めて、定期テスト対策の復習授業をしてくれたりしますか?
あるいは、塾の定例テストの時期って、学校の定期テストと重ならないように配慮されてたりしますか?


ひよこ塾はね、定期テスト前になると週末に無料&任意参加の定期テスト対策授業が入るけど、
通常授業はどんどん先取り学習が進みます

そしてね、必ずと言ってよいほど、塾の定例テストが学校の定期テスト直前に来るから、
毎回Wテストになるんですよね
実は、このことについて、ひよこは入塾以来、ずっとブーブー文句言ってたんです



でも、今回ばかりは 塾のテストが 学校のテスト前にあって、良かった~(p>□<q*))
と 思ったみたいなの(^m^)b  
だって、学校の定期テスト前に大穴があることを発見できたから



詳しく話すとね。。。

その定例テストって、ついこの間受けたばかりなので、結果はまだ返却されてないんですけど、
再現答案を自己採点してみた結果、ひよこは英語で崩壊しちゃったみたいなんです
しかも、その間違いのほとんどは不規則動詞の過去形のスペルミス



確か。。。塾で『過去形』を勉強したのって、中1の後半(?)だったと思います。
習った直後の定例テストでは、もちろんきちんと暗記してたたから、ミスなし

でもさ、それで安心しきっちゃったもんだから、今回の定例テストでは最近習った
 『不定詞』だの、『助動詞』だのを復習して、不規則動詞は全く復習せず

それでも、英検みたいなマークシートなら何とかなったんだと思うんだけど、
今回は記述だったもんでボロボロという、お決まりのパターン(^。^;)

英検受験のために『関係代名詞』とか、まだ塾でも学校でも習ってもいない単元ばかり予習したり、
Z会の在宅模試や英検用問題集といったマークシートの問題で正解できているからと安心していたら、
完全に足元をすくわれちゃいましたね~(^w^)b



まあ、どんな恐ろしい成績が返ってくるのかは分りませんが、
今回のことは、ひよこにはかなり良い薬になったなぁ~と思うんです(^m^*)

だって、ちょうど『過去形』が、今回学校の中間テスト範囲になってるから、
ひよこにしては、いつになく真面目に不規則動詞の復習をしてるんですもん


ひよこの成績が悪かったのに、マミマミの顔文字がこんな(^w^)だったり、
こんな(^m^*)だったりして、嬉しそうな理由も、分ってもらえますよね

塾のテストでの失敗を繰り返さないように、学校のテストに向けてきちんと復習しようと
自分で思えただけでも、ひよこは成長できたんじゃないかなぁ~
と思うからなんです



今回の不規則動詞に限らず、どんな教科のどんな単元を勉強する時も、

基礎基本ができないうちから、応用問題をやってみたり。。。
復習が完璧でないうちから、予習してみたり。。。
先へ進むことだけを考えてると、積み残した学習内容がどんどん増えていくのだ


と、気づいてくれていたら、嬉しいんですけどね~(*^_^*)









こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(8) 
3学期制の中学に通ってらっしゃる皆さんは、中間テストが終わってホッとしてらっしゃるでしょうか?
ひよこの中学は2学期制なので、つい先日、中間テスト範囲表が配られました

前期の中間テストだから、そんなに大変じゃないだろうと思っていたら。。。
大間違い だったらしいです

何故 『らしい』 としか言えないかというと、
中1の時は 定期テストの勉強計画表親のコメント&ハンコが求められてたんですが、
中2になったら親のコメントが不要になったので、
マミマミはテスト範囲表を見せてもらってないんですよね(^^)b

学校も、ひよこ達を自学自習へ導いてくれているってことですよね



それはさておき、ひよこの話によると、今回のテストは色々大変みたい(^。^;)

ひよこの学校では、中1後期の期末テストって、2月にあるんですけど、
当然といえば当然なんですが、中1最後の期末テスト後に習ったことは、
全部今回の中間テスト範囲に入っている
そう

特に理科は、昨年度末に中1の履修範囲が終わりそうになくて、
猛スピードで授業が進んだもんだから・・・・・・今回のテスト範囲って、
中1の履修範囲が中2の履修範囲の2倍くらいあるらしいです

んな訳で、計画性のないひよこは、例によって、ひょえ~ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ と、焦りまくっています
   (自業自得で、全く同情の余地がないんですが。。。



それとね、ひよこの学校では、学年が上がると各科目の担当の先生が結構変わるんですよね
そうすると、テスト範囲表を見ただけで、出題傾向が変わるな~って分かっちゃうみたいなの

今までのテスト範囲表には「教科書の○頁~△頁(但し、□の部分は除く)」とか書いてあったのに、
「(但し。。。)」の部分がなくなったから、中2からはテスト範囲に入るんだ・・・とか、
毎回10問近く出題されてた理科の時事問題が、先生が代わったら、テスト範囲から消えちゃった・・・とか。

とにかく、今回、中2担当の先生方の出題傾向をまず確認してみないと、
今後の定期テスト対策が立てにくいとか言ってました
   (どんな傾向にも対応できる自信は全くないらしい(^。^;)アハハ)



中3の先輩方を見てるとね。。。
私立志望で、学校の定期テスト勉強には力を入れず、
塾の勉強を重視している方もいらっしゃるみたいです。

逆に、公立志望や推薦狙いで、塾よりも学校のテストを重視という方も
いらっしゃるみたい。。。

志望校が決まると、勉強の優先順位というか、方向性が決まって行くということなんでしょうね。。。
ひよこの場合は 公立も私立も受験するつもりなので、
中3の内申が確定するまでは、両方頑張るしかなさそうです


  私立志望と割り切れるほど、応用問題に強いわけでもなく。。。
  公立志望と胸を張れるほど、内申に自信もなく。。。
  方向性が決まらず、揺れているひよこ一家なんですが。。。

     今年は積極的に学校見学して、憧れの志望校 を見つけたいです









こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
 
Genre: 学校・教育 Theme: 中学校 Category: 中学校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(12) 
今回は備忘録的な記事ですので、お急ぎの方はスルーして下さいませm(__)m


ひよこの塾では、各クラス、理数系科目を担当される先生と、
文系科目を担当される先生のお二人で担当されてるんですが、
そのうち お一人が学校でいう『担任の先生』的な存在になっています。

ほぼ毎月行われる定例テストの結果が出ると、『担任』的な先生がお電話下さって、
学習アドバイスをして下さるというシステムになってるんですよね。

ひよこのクラスは、中1の時は文系科目の先生が『担任』でしたが、
中2になって理数系科目の先生が『担任』に代わりました。



中1の時の『担任』の先生もね、すごくきめ細かな学習アドバイスをして下さったし、
お人柄もとても良くて、ひよこも大好きだったんですけど、ひとつだけ。。。
「中学受験勉強をしてこなかったひよこが、上位クラスについて行くだけで いかに必死か」
という点だけは、あんまり理解して頂けなかったみたいなんですよね(^_^;)

社会以外の文系科目って、ひよこは わりと得意だったから、
授業中の様子と定例テストの点数を見る限りじゃ「そうなんですか~?
って感じだったんです(^。^;)

でもね、ブログを読んで下さってる皆さんは良くご存知だけど、
ひよこは、社会だって人名・地名の漢字練習からやらなきゃいけないレベルだから、
「暗記」に入る前段階で とてつもなく時間がかかってたし、
国語だって、中学受験経験者にとっては「復習」でしかない四字熟語や慣用句なども
ヒーヒー言いながら、一から覚えてたんですよね



ところが、今年はひよこが苦手な数学を担当して下さってる先生が担任になったもんだから、
もう、めちゃくちゃサクッと、ひよこがいっぱいいっぱいの状態だと理解して下さったみたいなんです

そもそも、定例テスト後のフォローのお電話を下さった時、数学の答案を見て、先生の方から、
「総合順位も偏差値も素晴らしい成績なんですが、ひよこさんの場合、数学の失点は
 書いた答えが間違っているのではなく、ほとんど白紙になっているのが気になりまして。。。」

と、仰って下さったんですね



だから、マミマミは思いっきり語ってしまいました
  (先生にとっては長電話になって、かなりご迷惑だったかもしれないんですが

I 塾の定例テスト(数学)で1番難易度の高い大問は、ひよこには全く手が出ないこと。

2番目に難しい大問は、家に帰って時間をかければ自力で解けたりもするけれど、
テスト時間中にはとても解ききることができないこと。

そもそも、入塾した時から、同じ点数が取れていても、
中学受験を経た子達とは問題を解くスピードが全然違っていたこと。

そして、応用力という面でも、中1で受講した難関講座の問題は半分以上自力で解けず、
中2は難関講座を受講する代わりに、計算ドリルのようなものを購入して家庭学習をしていること。

更に、中2になって最上位クラスの問題集の難易度が高くなってきたら、
宿題をこなすだけで精一杯で、類題演習まで手を出せなくなったこと。

・・・・・・などなど



そしてね、親の私達は、中1終盤からのひよこの好成績は、
この先続かないだろうと思っている
と話しました(^_^;)
だって、ひよこは、すでに『精一杯』という状態だから。
この先、中2、中3と、各教科とも演習の難易度も量もUPしていった時に、
ひよこには、それをこなすだけの余力が残っていないだろうと思われるから。


それでもね、親は、もともと そう易々と小学校時代に勉強しなかった分を取り戻せるとは思っていないので、
中学3年間をかけて、小中学校レベルの基礎学力さえつけられれば
次につなげられると考えている
のだけれど、
必死で最上位クラスについて行こうとしている本人が、それを納得できているかどうか分からない
ということも。。。


学校でも、塾でも、ひよこの本当に実力から考えると、
予想外に早く『成績』だけが上がりすぎ
てしまって。。。
今後、同じように努力し続けていても、じりじりと成績が下降し続けるという事態に陥った時、
頑張って勉強し続けようという気持ちを失ってしまうのではないか。。。
親が慰め、励まそうとしても、思春期の娘は素直に耳を傾けてくれないのでは。。。

そんな不安を持っているのだと、全部、ぶっちゃけちゃいました(^。^;)



そしたらね。。。
先生は「力になりますよって仰って下さったんです

「確かに中学受験勉強をしたか、しなかったかは大きな差です。
 このまま行けば、いつかひよこさんの成績はガクッと下がる時が来るかもしれませんね。
 ひよこさんが、全ての宿題をこなせなくなったら、相談して下さい。
 こちらで取捨選択のアドバイスができると思いますよ。
 そして、思春期で親御さんの話に耳を傾けないようなら、私達が話しましょう。」
 って。。。

もう。。。 ホントに。。。 涙が出るくらいありがたかったです(ToT)



正直言って。。。ひよこの危うい状況を理解してもらえるとは思っていませんでした。
だって、中学に入ってからのひよこしか知らない人は、先生も、友人も、
ひよこのことを、あんまり勉強面では苦労しない子だと勘違いされる方が多いから。。。

でも、ダメもとで、相談してみて良かったです
家族以外にも、相談したり、助けてもらえる方がいるって・・・大きいですもん(*^_^*)



                   親身になって下さる先生に、感謝です










こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます 
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(16) 
中1の初めならともかく、中2になってから、そんなことに気づいたの?って感じの記事が続きますが、
一家そろってボケっとしているもので・・・・・・お許し下さいませ(^。^;)


ある日のこと、ひよこが問題集か何かを音読中に、
improve』という単語を『インプローブ』と発音していました

「それ、発音が違うでしょ
「だって、gameの『 a 』 と同じで、最後に『マジック e 』がついたら、
  improveの『 o 』もアルファベットの読み方通りに『オー』って発音になるのが、
  フォニックスのルールじゃないの?」

「ママはフォニックスのルールは詳しく知らないけど、とりあえず辞書を引いて発音を確認ごらん。」

何気なくマミマミは近くにあったライトハウス英和辞典 をひよこに手渡したんですが。。。
なんと
「この辞書、発音をカタカナで書いてくれてないでしょ? 音声CDとかないの?」
という返事がかえってきました∑(゚□゚*川


えええっ ひよこって、発音記号が読めないの? ・・・・・・コレってかなり衝撃でした(^_^;)



ひよこが言うには、塾では中1の初めにさらっと発音記号の説明があったけど、
学校では習った覚えが全くない。むしろ、児童英会話教室みたいに、フォニックスをやったとのこと。
そして、学校の教科書に出てくる単語は、授業でネイティブが話してるCDで聞くし、
塾の英単語集にも音声CDがついてるから、発音は全部聞いて覚えてたとのこと。
実際 テストに登場する発音問題も、「同じ発音の単語」か「違う発音の単語」を選ぶ問題ばかりだから、
発音記号を問われることはなく、覚える必要がなかったんだそうな。。。(^_^;)

でもね、家にいる時は単語の発音をド忘れしても、電子辞書も、スマホも、PCも、CDプレーヤーもあるから、
即ネイティブの発音を確認できるけど、学校や塾には紙の辞書しか持って行ってないわけだから、
どうやって発音を確認するわけ(?_?)・・・・・と思ったら、
ひよこが使ってるジュニアアンカー英和辞典は、カタカナでも発音が書いてあるから、
それを見てたらしいんです


発音記号で発音を学習してきた親の世代が、実際にネイティブの英語をきちんと聞き取ったり、
綺麗な発音で話したりできないという反省から、フォニックスを使った発音の学習法を取り入れたり、
CD等の多くの音声教材が市販されるようになったことは、本当に良いことだし、
今の子供達は恵まれてるなぁ~♪って思います(*^^*)


でもさ、紙の辞書で調べた時にカタカナで発音を確認してたんじゃ。。。
hardbird も同じ『アー』の発音になっちゃうじゃん(ー。ー;)
それじゃあ、発音記号の方がまだマシじゃない?


ひよこには、まだスマホ電子辞書も買い与えていないから、
常に音声で正しい発音を確認できる状態にはないんだし。。。

やっぱ、発音記号でも、発音の違いを確認できるようにしといた方が良いのかも?
な~んて思ったもんですから、ひよこに「一応、発音記号も覚えときなよ~と言っちゃいました(^。^;)



今時、発音記号を覚えるなんて、時代に逆行しちゃってるんでしょうか?

それとも、「学校では習ってないというのは ひよこが覚えてないだけで、
皆さんのお子さん方は、普通に発音記号も覚えてらっしゃるんでしょうか?


『耳』で聞き覚えて、センター試験の発音問題くらいなら全問正解できる・・・・・
というレベルに達することができたら、それが一番素晴らしいとは思う
のですが。。。

結局、両刀使いを ひよこに薦めちゃったマミマミなのでしたσ(∧_∧;)









こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(24) 
今回は、チョット自己反省的な記事でございます
でも、初心者高校受験生ママのマミマミの失敗談も、記事にしておけば、
皆さんが読んで、反面教師にして下さるかもしれないので、恥ずかしいけど書いちゃいます


5~6月頃になると、電話帳のようにぶ厚い来年度の高校受験案内(ガイド)が書店に並びますよね!
中学受験や大学受験と違って、高校入試、特に公立高校の入試は、各県によってシステムが全然違うので、
おそらく皆さんの県でも県別の高校受験案内が販売されてると思います。

ひよこの通う I 塾は首都圏一円に展開する大手塾なので、
東京都版、埼玉県版、神奈川県版・・・・・・とそれぞれに市販しています。
もちろん、普通の書店にも並ぶし、Amazon などでも購入できますが、
ひよこ達 I 塾生には、自分達の住む県の『高校受験案内』が無料配布されるんです。
今年も、つい先日、2015年度入試用(C県版)をひよこが持ち帰ってきました
 


でね。。。
何をマミマミが反省中かというと、去年の『高校受験案内』の使い方についてなんです(ノ´UωU`*)

去年、初めてひよこが塾の『高校受験案内』を持ち帰ってきた時はね、
C県の公立入試と私立入試について、本当に基本事項だけ確認して、
後は、学校別紹介の頁で、大学進学実績とか、偏差値80%ラインとか、倍率とか見て、
「きゃ~ この学校って、難関校なんだぁ~とか騒いでただけだったんですよね(^_^;)

はっきり言って、電話帳のようなぶ厚さを見ただけで、マミマミなんて熟読する気を喪失しちゃってたし、
それに地方出身でC県の高校の名前すらほとんど知らないひよこ一家にとっては、
学校別紹介の頁を見て、どの学校が上位校で、どの学校が中堅校なのかを
知るだけでお腹いっぱい状態でした



ところが、この1年間に、マミマミが I 塾の保護者会、入試報告会だけでなく、
他の大手塾のセミナーや入試報告会にも参加したり、
C県の高校受験塾の先生方のブログを読ませて頂いて得た知識の多くは、
学校別紹介以外の頁に記載されていることだったんです(@_@;)

国立・私立・公立といった分類別の学校の特徴も、教科別、時期別の学習法も、
近年の大学受験動向や、首都圏全般の高校受験動向も・・・・・・。
 (もちろん、セミナーの資料の方が詳しい箇所も多いですが。。。)

ひよこ一家みたいに、地元出身じゃないとか、上の子がいなくて初めての高校受験だとかいう初心者こそ、
誰もがチェックする学校別紹介の頁だけじゃなく、それ以外の部分を熟読すべきだったんだ!
と痛感してしまいました
昨年度版は、完全に『宝の持ち腐れ』にしちゃいましたね~(^。^;)



てな訳で、今年度版は頑張って熟読中ですo(^-^)o

2015年春から、公立の志願理由書は「高校が必要とした場合のみ提出」になるよ~とか、
2016年春から、公立の専門学科(理数科など)は全員前期入試で募集(後期募集0%)も
可能になるんだよ~
とか、
2017年春からは、私立御三家の内の1校が高入生を募集しなくなって、
完全中高一貫校になるよ~
とか。。。

そういう、マミマミがC県の塾の先生方のブログで知った入試制度の変更も、
よく読めば、今年度版の『高校受験案内』にも書かれているんだということを発見しました
昨年度版よりは、チョットだけ有効活用できるようになった気がしています



来年度版は、いよいよ ひよこが受験する年の『高校受験案内』

受験者数が桁違いに多い公立入試そっくり模試なども受験し始めて、
I 塾偏差値以外の尺度から、志望校、受験校を確定していくためにも使用するのだろうし、
受験日程がはっきりして、併願戦略を決めていくためにも使用するのだろうし、
更なる『高校受験ガイド』の有効活用が必要になっていくんでしょうね。。。

よく ひよこに「1冊の参考書をボロボロになるまで使い込むつもりで・・・」とか言ってるマミマミですが、
自分自身も『高校受験ガイド』をボロボロになるまで使い込むつもりでいなければ
なかなか、受験生の親として、初心者マークを外せないのかもしれません(^。^;)









こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 学習全般
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
ひよこが中2になって 初めての授業参観に行ってきました(*^^*)

ひよこの学校ではね、授業参観はいつも担任の先生の授業なんです(^_^;)
だから、中1の時は英語の先生のクラスだったので、
『英語』『道徳』(道徳の授業はクラス担任が指導するので)の授業しか見たことがなかったんですよね。

中2になって、ひよこは数学の先生のクラスになったので、今回は初の『数学』の授業参観
ひよこには「数学の授業なんて、文系人間のママが見ても、分からないでしょとか言われましたが、
さすがに中2レベルなら分かるわい(`ヘ´#)と思って、見に行ってきました。


公立中学の方は、中2数学の最初は皆さん「式の計算」ですよね
ひよこの授業参観も、文字式の展開(?)の導入授業のようでした。

「皆、何でも良いから数字を思い浮かべてごらん。」
「次にその数に5を足してみる。」
「それから、その答に2をかけて。」


・・・・・・と、先生の指示通りに計算していったら、あ~ら、不思議
自分が思い浮かべた最初の数になっちゃいました(@。@)b

ということで、自分の思い浮かべた数を X として、式を書いてみると、(X + 5)× 2 ・・・・・となって、
式を展開してみると、結局 X に戻っちゃうのを確認

その後は、グループに分かれて、自分達も元の数に戻るような法則を作ってみよう
。。。てな感じの、なかなか楽しそうな授業でした(^m^*)


塾の授業は、限られた授業時間の中で、解法を教え、演習させて、先取り学習がどんどん進むから、
なかなか『興味づけ』的な導入部分に1回分の授業時間を割くことはできなさそうですが、
学校の授業は、こういう『興味づけ』的な部分に時間をかけられるトコが醍醐味なのかもしれないですね~



授業参観の後は、部活保護者会

ひよこ達美術部員が 新入生勧誘のために作成したアニメを見てきました(^^)♪
アニメというと、セル画を何枚も描いて作るというイメージのある「昭和な女」のマミマミですが、
今はパソコン上で作っていくんでしょうかね(?_?)
短編アニメではありましたが、バックに流れる効果音や音楽も自分達でつけたりして、
結構手間がかかったんだろうなぁ~と思わせるような作品に仕上がってました

その勧誘アニメのせいか、今年の新入部員にはアニメ好きが多いらしく、
「美術部というより、オタク部にした方が良いんじゃないの~?
というメンバーになりつつあるようですが。。。(^w^)

まあ、とりあえず、念願の男子部員も、数名入部したみたいですし、中3も夏には引退。
ひよこ達、中2メンバーは、部の中心となって頑張ってるみたいでしたo(^-^)o



という訳で!
マミマミにとっては、ひよこの中学での様子が色々分かった貴重な1日になりました

こういう機会でもないとね。。。 最近は。。。
「学校の授業で、何か面白そうな実験とか、やった?」
「別に
「部活で何作ってるの?」
「色々

・・・・・・てな感じで、なかなか自分のことを親に話さなくなってきましたからね(^。^;)


               皆さんのお子さん方も 同じ感じでしょうか?

               思春期 ってことなんでしょうね~(^_^;)









こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
 
Genre: 学校・教育 Theme: 中学校 Category: 中学校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(16) 
2014.05.06/ 00:00(Tue)
今日は、GW 最終日ですね。
1日早いですが、皆さんは、充実したGWを過ごされたでしょうか?

ひよこ一家は特に家族旅行もせず、家でのんびりしたGW を過ごしていました
小学校の頃は、「近場で良いから家族でお出かけしようよ~!」とか連日言ってたひよこも、
勝手にお友達と映画だの、カラオケだの、TDLだのに出かける予定を立ててくるので、
一家そろってのお出かけは、アウトレット・モールにお買い物に行っただけでした(@。@)b
チョットは親離れしてきたってことかなぁ~なんて、淋しいような、嬉しいような。。。
父ちゃんとマミマミです(^m^*)



さて、学習面でも、ひよこは 昨年と GW の過ごし方が随分変わりました

去年はね。。。
ひよこの学校は5月下旬に中間テスト6月上旬に体育祭だったもので、
学校の宿題はなかったんですが、中間テストに向けてワークを進めたりしなきゃいけなかったんです。

今年も学校から宿題が出ていないのは同じなんですが、
5月に体育祭6月に中間テストという行事予定に変わっていて、
GW 中にやるべきことというか、できることが、あまりないんです
 (連日体育祭練習で、各教科の授業が進んでないから、ワークも進められないみたい

そしてね、その代わりという訳じゃないんでしょうが、去年は全く出なかった塾の課題が、
今年はドバッと出たんです(@_@;)
しかも、塾全体のカリキュラムで決まってる宿題じゃなくて、ひよこの所属クラス限定の課題
 (多分、ひよこのクラス担当の先生が自主的に出してらっしゃるものだと思うんですが。。。)



実は、コレって、チョット驚きだったんですよね(@。@)

中1の時はね、ひよこの塾って成績上位者のクラスほど、『宿題』が少なかったというか、
先生による『宿題チェック』もされない場合が多かったんですよね

下位のクラスになるほど、『宿題』じゃないと何を勉強して良いか分からないって子や、
『宿題チェック』がないと、サボって宿題をやってこない子が多いみたいで、
ガッチリ塾で管理されてる感じだったんです。

逆に上位のクラスになるほど「このクラスはチェックしなくても、やってるよな!」って感じで、
流れて行ってました。

ところが、今回 ひよこ達のクラス限定で出された課題って、すごく細かく指示されてるの
例えば、英語は、塾の教材じゃなくて、「学校の教科書の単語をレッスン2まで、暗記しておく」とか、
国語は、塾の「読解問題の『解き直し』じゃなくて、『要約』を150~200字程度でやってみる」とか。。。

単に、中2クラスの担当の先生が面倒見の良い先生なだけかもしれないんですが、
「中2になって、上位や最上位クラスの子達の中にも、中だるみしちゃって、
 課題を出さなきゃ手を抜いちゃう子が増えてきたってことなのかしら?

な~んて、心配になったりもして。。。(^_^;)



ひよこはというと。。。
「学校の教科書の英単語は、学校で小テストがある時にやってるから、大丈夫だも~んとか、
「要約は、今、ちょうど『論理エンジン』で要約の単元やってるから、そっちで練習するも~んとか、
塾の先生から出た課題をカットしまくっている様子 ヾ( ̄o ̄;) オイオイ

だだだ・・・・・・大丈夫なの?    

と、言いたくなる気持ちを抑えて、とりあえず本人の自己判断に任せてみました(^。^;)
取捨選択に失敗しちゃってたら、次はもう少しは考えられるようになる気もしますしね



とにかく。。。

試行錯誤しながら。。。

自分の勉強法を改善して行ってくれ~   と、願うばかりです  人(^□^*)









こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
 
Genre: 学校・教育 Theme: 子育て・教育 Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
中2になってボリュームUPしてきた塾の課題と、今まで続けてきた家庭学習の両方をこなそうと思っても、
こなし切れなくなって来てしまったひよこ

「頑張ってるけど、できないよ~ どうしよう~?(><) という感じ(^_^;)


中学受験生なら、ここで親が取捨選択して、学習計画を完全管理して・・・という年齢なのかもしれないけど、
高校受験生になると、チョットずつ自学自習できるようになって行かないと・・・ですよね


でも、思春期で、「自分でやるから、あっち行っててと、親の干渉排除の意思表示してみたものの、
ひよこは困ると「どうしよう~?(><)って、すぐに泣きついて来ちゃうんですよね

まだまだ完全自学自習への道は遠いのかなぁ~なんて思いながら、
父ちゃんと2人で方向性を決める手助けをしてやることにしました


「まずは現状把握だね。。。どうしてこなせなくなったんだろう?」
「塾の宿題の問題が難しくなって、類題演習も増えたから!」
「んじゃ、今みたいに夜更かしして、ずっと勉強を続けられると思う?」
「無理~眠くて全然進まなくなっちゃうもん
「時間の使い方が悪いかなぁ~って自分で思うところはある?」
「ひよこ、塾の行き帰りの電車の中で英単語の暗記してるし、
  学校のワークの宿題は休み時間に終わらせてるし、頑張って隙間時間に色々やってるもん
「んじゃ、何かお勉強を減らすしかないんじゃない?」
「でも、どれをどう減らして良いか分かんないんだもん~


・・・・・・てな感じで、
まるで父ちゃんの誘導尋問(?)から始まったかような家族会議でしたが、
質問に応えていくことによって、ひよこも 少しずつ自分の考えや、
すべきことが見えてきたみたいでした(^m^*)



結果として、家族で確認したのは。。。

・まず、ひよこは、ひよこなりに一生懸命時間の使い方を工夫して、
 全く勉強しなかった小学生時代のひよことは別人かと思うくらい、お勉強を頑張ってるってこと
 (これを父ちゃんとマミマミが認めてあげたことが、一番嬉しそうでした

・でも、他の大手塾と比べると、宿題の量も通塾日数も少なめの I 塾の課題をこなしきれない
 というのが、今の自分の実力だってことも、きちんと受け留めなきゃいけないねってこと
 (きっと、もっと短時間で、同じ課題をこなして行けるようになるのが、理想あるいは目標ですよね

・だからと言って、成長期なんだし、勉強の効率を考える上でも、
 無理して睡眠時間削ったりしちゃいけないってこと
 (中学生の間は7~8時間、高校生でも6~7時間くらい確保したいと思うんですよね

・そして、高校受験で燃え尽きちゃったり、潰れちゃったりせずに、
 大学受験までの5年間、そして、その後も、細く長く 学習を続けていけるように
 部活、友人や家族とのお出かけ、読書など、息抜きをする時間も確保して、
 リフレッシュもしないといけないってこと
 (さすがに中3とか、高3になると、家族旅行なんかは我慢すると思いますけどね。。。)


という訳で、勉強を取捨選択して、無理なくできる範囲まで削減することにしました(^^)v



ただ、 どれを削減するの? ってのが一番悩んだんですよね

ひよこの場合は I 塾の課題だけやって、勉強時間が足りなくなってる訳じゃなくて、
Z会の数学や、国語の論理エンジンなど、ひよこ一家が家庭学習として選んだ教材もやってるから、
時間が足りなくなってる
というのも事実です。


だから考え方としては、

①素人であるひよこ一家が あちこちの家庭学習教材に手を出すのはやめて、
 選んだ塾を信じて、その塾の教材を完全にこなして行くことを考えた方が良いという考え方。
 (大手塾のカリキュラムは豊富なデータに基づいて練ってあるんだからってことですよね。)

②現在 成績が悪いのではなく、塾や学校で上位をキープできていることを考えると
 「効果あり」と思われる勉強法をわざわざ変えるのは、かえってリスクを伴うという考え方。
 (少なくとも、今の好成績は 自主的に選んだ家庭学習教材のおかげでもあるってことですよね。)


・・・・・・の2通りがあって、どちらもそれぞれ一理ある気がしちゃったんですよね(^_^;)

結局、ケース・バイ・ケースで、①も②も『どんな子の場合でも、確信を持って正しいといえる答』
ではないんじゃないかと。。。


中受経験者のブロ友さんが「塾に取捨選択の相談してみたら。。。」とアドバイスして下さったので、
相談しちゃおうかなぁ~とも思ったんですが、よく考えたら、ひよこ一家の場合は、
塾の教材の中での取捨選択じゃなかったんですよね

だって、塾の 先生に「塾の教材とZ会の添削・・・どっちを優先すべきでしょう?」って聞いたら、
立場上、「当然、塾の教材です。」って答が返ってきますよね。。。(^。^;)



だから、意を決して、 やってみて、駄目なら変えれば良いじゃん
って、開き直ることにしました(^。^;)


まずは、中1からやってきたことだけをやって、成績が下降していくのかどうかを見る!
つまり、塾の教材は、必須の『宿題』のみをやる。
新しく加わった『類題演習』は、やることが推奨されてるだけだから、基本的に手をつけない!

その中で、時間的に余裕があったら、ひよこ自身の判断で、
「数学は、定例テストで間違いが多かった単元の類題演習だけやる」とか、
「国語は、苦手な漢字の部分の類題演習だけやる」とか、
自分が『弱い』と感じる部分の類題演習のみ やってみる。

逆に、類題演習に全く手をつけなくても、睡眠時間を削らなきゃいけないくらい余裕がない状態が続くのなら、
塾にも『宿題』の取捨選択の相談をしてみなきゃいけないし、
家庭学習もZ会の分量をレギュラーからライトに変えるとか、検討していく。

また、『類題演習』をやらないことによって、時間的には無理なくこなして行けたとしても、
塾や学校の成績の方が下降していくことになったら、中1で使用していた家庭学習教材をストップして、
塾のカリキュラムに完全に乗っかる(類題演習までやる)ことを考えていく。


という訳で、②⇒①へというパターンでやってみて、どちらが効果的かを検証していく形を選びました



はっきり言って、これが正しい選択なのかどうか、全然自信はありません
だから、数ヵ月後に「成績ガタ落ちしちゃった~って、報告記事を書いてる可能性もあります(^。^;)
そしたら。。。 皆さんに反面教師にしてもらえるから、それはそれで 少しは役に立つかも(?)
なんて思ってたりもします


          でも。。。
          とりあえず。。。
          今の気持ちは。。。

               試してみるっきゃない!・・・・・・です \(>0<)/









長い記事を最後まで読んで下さって、
本当にありがとうございました
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(8) 
 
Copyright © 2014 ひよこと共に・・・, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。