一人娘の高校受験に向けて奮闘した、初心者受験生家族の記録です(^。^;)
http://hiyoko865.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

マミマミ

Author:マミマミ
園芸と犬猫が好きな思春期娘の母です(^_^;)

☆ブログ分析☆

ブログランキングならblogram

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
3学期制の中学に通われる皆様方が期末テストの記事を書いてらっしゃるというのに、
「今頃?」と言われそうなんですが、マミマミが記事を書くのをサボってた訳ではありません


ひよこの学校の中間テストは今月上旬に終了し、答案自体はわりとすぐに返却されてきてたのですが、
ひよこ達は今月中旬に林間学校というか、宿泊学習みたいなものにお出かけしてしまい、
結局順位や平均点も入った『テスト結果』が渡されたのは、つい最近だったという訳です(^_^;)



ひよこの成績は。。。

        英語(100) > 数学=社会 > 95 > 国語=理科 > 90


。。。という感じで、学校の先生の「5位以内キープで・・・」という要求と、
塾の先生の「10位以内でウロチョロしてれば・・・」という要求は、とりあえずクリアできてました

いつも通りの成績で、あんまり激しく 山あり谷あり にならずにすんだので、
マミマミとしてはホッとしてます~(´。` ) =3



本人が一番喜んでいたのは、英語が満点だったこと
塾の定例テストで崩壊していた『不規則動詞の過去形』も今回のテスト範囲に入っていたので、
リベンジのつもりで、英語は真面目に勉強してたみたいです(^m^*)


でね、ひよこの学んだ教訓としては、
「やっぱり不規則動詞の過去形・過去分詞形は、唱えて覚えちゃいけない!」 のだそう(^m^*)
塾の定例テスト前にも「リーブ、レフト、レフト」「ウィン、ウォン、ウォン」とかって口で唱えて
復習はしたらしいんだけど、きちんと書いて覚えてないから
「win」の過去形を「wan」と書いたりして、沢山を食らったって反省してましたよ(^。^;)


それとね、ひよこだけなのか、児童英会話を長くやってきた人は皆そうなのかは分らないんだけど、
新出単語に出会った時に、スペルじゃなくて、音(発音)で覚えちゃうみたいなんですよね
でも、聞いた発音も完璧とは限らないし(特にネイティブ以外の先生から習った場合)、
発音どおりにスペルできるかというと、ヴァリエーションがありすぎて大変だし、
今回のことがあって、そういう覚え方は、チョット危険だな~というのも感じました
スペルも、発音も、和訳も・・・・・全てセットで覚えて、セットで練習するっていうのが、
やっぱり王道
なのかも



英語以外の反省点としては、記述問題での減点が目立つこと

ひよこの学校の定期テストって、各科目とも大体平均点が60~70点くらいで、
他の公立中学と比べて、そんなに定期テストの問題が難しい訳でも、簡単な訳でもないんです。
だから、定期テストの記述問題なんて、ほとんど学校のワークに登場する
チョットした記述問題の類題って感じなの


なのに、記述問題で満点が取れないというのは、ワークのマルつけをしている時に、
模範解答と自分の解答の違いをきっちり把握してないんじゃないかなぁ~と感じました(^_^;)

模範解答を丸暗記しようとするんじゃなくて、「模範解答には①②③の三つの要素が含まれてるけど、
自分の解答には①と③しかないから、満点解答とは言えないんだ
って感じで、
もうチョット意識しながら、答え合わせした方が良いんじゃない? とアドバイスはしておきましたが、
次回もどうなることやらです~(^。^;)









こんな拙いブログを読みにきて下さって、
本当にありがとうございます
 
スポンサーサイト
Genre: 学校・教育 Theme: 子育て・教育 Category: 中学校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(16) 
各塾で夏期講習の申し込みが始まっていますね
既に申し込みをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?


ひよこ一家にも、沢山の塾からDMが送られてきていましたが、
I 塾のカリキュラムでは、夏期講習中も本科講座が進んでいくので、
父ちゃんもマミマミも当然 I 塾の夏期講習を受講するつもりで、
どの単科講座(オプション講座)に申し込むかしか考えていませんでした。



と・こ・ろ・が
「他塾の夏期講習を受講してみようなかな~とひよこが言い出したので、ビックリ!


ななな・・・・・なんで(?_?)
去年、マミマミが「まだ中1なんだし、夏期講習だけ他塾に浮気してみない~?(^m^*)♪」
とか言ってた時は、絶対に嫌だと拒否していたひよこが、何故今年はそんなことを言い出したのか?
塾のお友達と喧嘩でもしたのでしょうか?
チョット詳しく話を聞いてみました(^_^;)



ひよこが言うには。。。
本当に I 塾ペースで大丈夫なのか、不安になる時があるとのこと


詳しく話すとね。。。
まずひとつめは、I 塾はZ会の通信教育と同じで、中3の夏までに中学の履修範囲を終了して、
高校受験までの残り半年間を演習に当てる感じのカリキュラムになってるんです。
でも、他の大手塾の多くは中3になるまでに、中学の履修範囲の先取り学習がほぼ終了して、
中3はほとんど演習になってたりするみたいなんです
「同じ学校のA君は、私立受験向けの塾に通ってるんだけど、数学はずっと先まで進んでるみたい
と、ひよこ


もうひとつは、I 塾の定例テストは、英数国の3科目は基本~標準問題100点と応用問題50点の
150点満点になっていて、難易度の高い国私立の問題にも対応しているけれど、
理社は応用問題なしの100点満点。
学校の定期テストや公立入試レベルの問題しか出題されないこと。
(中3になると、4教科、5教科受験の一部の国私立を狙う人のみ、難関講座(理社)を受講するシステムになっています。)
「同じ塾のB子ちゃんが、季節講習だけ他塾の理社を受講したら、
もっと難しい問題を演習してたって言うんだもん
とのこと



どうやら、焦っちゃってるみたいだな~と分りました(=´ω`=)y─┛~~
んな訳で、ひよこ一家の教育方針(というほど大層なものではないですが)を交えて、話をしました



ひよこさ。。。この難関私立向けの塾の夏期講習案内を見てごらん。
数学は「一次関数」をやるみたいだよね。
この間の定例テストでさ、ひよこは「連立方程式」でいっぱい失点してたのに、
夏休みに「連立方程式」を復習せずに「一次関数」をやった方が良いと思う?
父ちゃんもマミマミも先取り学習をすることを全面的に否定するわけじゃないよ。
能力のある人は、早期教育して、どんどん飛び級して、先に進むのも良いと思ってるくらい。
でもね、全ての人にハイスピードな学習が合ってる訳じゃないと思うんだ
ひよこは、得意の「英語」だけならハイスピードな塾でも全く問題ないと思うけれど、
じっくり基礎基本を固めていかなきゃいけない科目も多いんじゃないかな?


レベルもね、私立の入試問題は理社も難易度が高いから、
ひよこももっと難しそうな問題を演習しなきゃ・・・・・って、思う気持ちも分かるよ
でもね、小中学校で習うこと、つまり義務教育で習う教科書レベルの超基本事項の方が、
常識として、あるいは教養として知っていなければならないすごく大切なことばかりなんだよ。
だからね、例をあげると。。。
父ちゃんも、マミマミも、ひよこに「建礼門院右京大夫集」の作者の名前は答えられなくても、
「土佐日記」の作者の名前はきちんとフルネーム漢字で書けるようになっていてほしいんだ
たとえ難関校の入試では、そんな簡単な問題が出なかったとしてもね
まず、本当の基本事項をしっかり覚えてから、もっと深く細かいことを勉強した方が良いんじゃない?
ひよこが両方一気に覚えられるくらい記憶力が良いんなら、何も言わないけどね


父ちゃんも、マミマミも、他塾の講座でも、ひよこにとって役に立ちそうな講座があるなら、
受講しても良いと思うよ
きっと中3になったら、志望校別特訓とか、弱点補強の講座とか、
色んな塾が色んな講座を開講すると思うからね。
でも、今のひよこみたいな気持ちで、他塾の講座を受講するのは、あんまり賛成できないなぁ~(^_^;)
自分の実力を見極めて、今の自分に何が必要かをもう一度よく考えてみてごらん(*^^*)



。。。という訳で
ひよこの「他塾の夏期講習を受けたい騒動は無事終了し、
結局、いつも通り I 塾の夏期講習を受講することになりました(^。^;)



これから受験が近づいてくると、子供同士でも受験に関する話題が増えて、
ひよこも、色々不安になったり、焦ったりすることが増えてくるのかもしれませんね

自分達の選んだ塾や、通信教育や、問題集がひよこにとって本当にベストなのかどうか・・・・・・
自分達の選んだ勉強法がひよこにとって本当に効果的なのかどうか・・・・・・
正直言って、ひよこ一家には全然自信はありませんが、
あまり他人の言葉に揺らぐことなく、信じた道を歩んで行けると良いなぁ~なんて思いました(*^_^*)









こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
今週末はお出かけの予定をいっぱい入れてしまっているので、
とりあえず報告のみの簡単な記事更新・・・・・・お許し下さい




遅くなりましたが。。。
先ほど英検サイトでチェックしましたところ。。。
ひよこも 英検3級1次を無事にパス してました


気になる正答率は。。。95.38・・・%で、3問 間違いでした~
そして、間違えた問題は、またしても全て リスニング

もちろん、前回4級を受験した時より、更にバージョンUPして、ひよこを苛めておきました



リスニング?  (o ̄∇ ̄)=◯) ・д*)☆

一番得意なはずのリスニング? o(*´∇`)┌θ☆(ノ>_<)ノ

唯一のとりえのはずのリスニング? (ノ-o-)ノ ""┻━┻☆(>○<)




まあね。。。英検のリスニングは3級になると1回しか読まれない問題が登場しますから、
注意力散漫のひよこは聞き逃したりするんじゃないかなぁ~とは思ってたんですが、
ひよこの英語歴を考えると、ちと間違いが多すぎやしないかと、心配になっちゃいました


ひよこのリスニング能力は、帰国直後の幼児の頃が一番高かったと思うのですが、
その後通っていた英会話スクールも中学入学を機にやめたので、
英語にさらされる機会が激減しちゃったせいかもしれないですね


C県の高校入試では、公立も私立もリスニングがありますから、
入試前には得点源にできるように、きちんとリスニング対策をした方が良いのかも?(^_^;)
  (他教科の勉強も山積してて、リスニングまで手が回らないかもしれないんですが~(T_T))



     とりあえず。。。今は。。。

           2次試験で落ちないでね~(>人<)

                                         。。。と祈るマミマミなのでした(^。^;)







こんな拙いブログを読みにきて下さって、
本当にありがとうございます
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(18) 
ひよこの前期中間テスト結果も続々と返却されてきているのですが、
順位が出るのはもう少し先になりそうなので、イベント記事が続きます(^_^;)



さて、マミマミは今月、来月と塾主催の学校訪問会へいくつか参加させて頂く予定ですので、
父ちゃんには、首都圏私立中高が一堂に会する進学相談会へ行ってもらいました。
受験関係のイベントには、父ちゃん初出動です


まず、報告事項としては、ひよこ一家が学校案内を頂いた私立高では名前を残すよう促された学校はなく
基本的に相談の席に座ってお話を伺って、初めて学校案内を無料で頂けるという学校が多かったです。
  (相談せずに、学校案内だけ頂いたのは、相談コーナーが長蛇の列になっていた1校のみでした。)


また、お子さんをお連れの方も小学生が多いせいか、父ちゃんの見た限りではほぼ全員が私服
お母様方はそれなりにきちんとした服装の方が多かったけれど、
お父様方の中には、ジーンズにポロシャツといったカジュアルな服装の方も結構いらっしゃったようです。


結局、2週連続で、塾主催の相談会と、大手出版社主催の相談会に伺って、
父ちゃんはC県私立上位4校の学校案内を頂いてきました。
 (実は都内の学校の案内も頂いてきたんですが、長くなるので、その話は後日に。。。)
この4校のうち、 I 高校だけは、かなりの人数の方が相談待ちをしておられたため、
学校案内を頂いただけで、先生とお話するのを断念して帰ってきてしまいましたが、
S学園M高校T大付属T高校S学院S高校の先生とは個別面談していただけました
  (C県民の方とシェアできるように、分かる方には分かる伏字にしておきます。)


S学園M高校に伺ったのは、
「昨年に引き続き、今後も高入生の数を絞られる方針でらっしゃいますか?」
という点です。
これについては、マミマミの伺った学校訪問会でもお話がありましたが、
基本的に高校受験で2クラス分の生徒を募集するという方針に変更はないとのこと。
2014年度入試は人数調整が上手くいかず、1クラス分の高入生を受け入れる結果となった
とのお話でした。


T大付属T高校は、ひよこの学年(現中2)をもって、高校受験を終了し、完全中高一貫校になるため、
「高入生が内進生に学力面でついて行けないという理由なのでしょうか?」と伺ってみました。
これに対し、内進生のカリキュラムでは、特に『数学』が進んでいるので、
心配であれば、入学前に数学I、数学Aを予習しておくことを薦められました。
ただ、高入生の受け入れを停止する理由は、高入生が授業についていけないからではなく、
私達が子供たちに教えたいことは6年をかけた方が伝えやすいからとのこと。
高校受験を実施する以上、現中2の高入生までは、しっかり育てますので安心して下さいとのことでした。


S学院S高校は、英語のリスニング問題を公開していらっしゃらないので(過去問に問題文がないので)、
「リスニングの問題について、何語くらいとか、あるいは英検○級レベルとか、
勉強の目標となる基準があれば、教えて頂けませんか?」
という質問をしました。
これについては、長さも結構あるし、リーディング同様、中学の教科書には登場しない単語が
リスニングにも含まれているので、読む時も、聞く時も、前後の文脈から
知らない単語の意味を想像できるように訓練しておくと良いとのアドバイスを頂きました。


というわけで、面談して頂いたどの高校の先生も、父ちゃんの不躾な質問に、
真摯に&丁寧に答えて下さって・・・・・・父ちゃん的には、
ひよこがどの高校に行きたいと言い出しても、安心だなぁ~と感じたみたいでした(*^^*)
そして、次の機会があったら、是非 I 高校の先生ともお話してみたいとも言ってました


もちろん、今回学校案内を頂いたり、お話を伺ったりした学校は、難関校ばかりですので、
行きたいと思っても、学力的に合格できないということが、十分ありうるんですが。。。


でも、中2のうちは、あくまで『志望校』なのだから、目標を高く持って良いと思うし、
中3になって『受験校』を決定する際に、厳しい現実(?)を踏まえて選んでも良いのではないかと。。。(^。^;)
そして、地方出身のひよこ一家は、首都圏の高校に関する知識がなさ過ぎるので、
受験するかどうかは別として、色んな学校を見学したり、お話を伺ったりしてみたいと思っていますo(^-^)o



私立高校のイベントばかりが続きましたが、今月はC県公立高校の文化祭がいくつか行われる予定です
中間テストを無事終了したひよこは、「絶対に行くとはりきっています


      ひよこにとっては、初の高校訪問。。。

 
               今から、感想を聞くのが楽しみです(*^_^*)









こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 志望校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
塾主催の学校訪問会で、S学園M高校に伺ってきました (←分かる人には分かる伏字。)


こちらの学校はC県トップの進学実績を誇る超進学校
ここ数年、東大合格者数TOP10入りし、更に昨年度の入学者数を絞ってきたこともあって、
高校受験で女子の進学できる学校としては首都圏最難関校のひとつとされています
   ( I 塾偏差値の合格80%ラインは、慶女、早実と同じです

およそ我家のバカ娘には学力的に手が届かないだろうと思われる学校なんですが、
ひよこの憧れる要素満載の私立校のひとつなので、一応見学だけでもと・・・伺ってきました(^。^;)



どういうトコが、ひよこ好みかというと。。。

①自由な校風。(これは私立も公立もC県の上位校はほとんど自由な校風なんですが。。。)
②制服が可愛い。(私立は可愛い制服が多いですもんね。)
③校舎が綺麗。(ひよこは外観しか見てませんが。。。)
④ラッシュの電車に長時間乗らなくても通学できる。(県内ですからね。)
⑤国際性豊かである。(文部科学省からスーパー・グローバル・ハイスクール(SGH)に指定されています。)
⑥図書の蔵書数が約12万冊。(東日本最大級だそうです。)

。。。という感じでしょうか(^^)b



「自ら調べ、自ら考える」という姿勢を重んじる教育理念といい、大学への進学実績といい、
親から見ても 申し分のない素晴らしい学校だなぁ~と思いました

まあ、C県には、同じく蔵書数約12万冊で、スーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)に指定されている
I 高校という私立もあって、私立志望の方は好みが分かれるところなのかもしれませんが。。。



とりあえず、ひよこには、講堂は市民会館大ホール並み、図書館はアメリカの大学なみに綺麗だったこと、
ひよこと同じ年ぐらいの生徒さんとも立ち話ができたけど、
「自由で、高校生もいて、部活や文化祭準備が楽しい♪」と生き生きと語ってくれたことを
伝えておきました(*^^*)



この学校の前期入試は首都圏私立校では珍しく5教科 (他は開成くらい?)、
後期入試は3教科とはいえ、昨年は倍率17倍超の厳しさ

正直言って、ひよこがこの学校を第1志望にすると言い出したら、
イバラの道を歩むことになるだろうなぁ~
とは思います

でも、通うのは本人ですから
文化祭に行ってみて、本当にこの学校に通いたいとひよこが望むなら。。。
目標にして、頑張って、チャレンジしてみるのも良いのかもしれません。
それで、玉砕しちゃっても、成長できるような気がしますものね♪



塾主催の学校見学には、あと2校申し込みました(*^_^*)
「この学校は、ひよこにピッタリと直感できるような学校に
巡り会えると良いのですが。。。








こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 志望校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(16) 
2014.06.11/ 00:00(Wed)
今回はチョットひよこの成長記録というより、初心者高校受験生母マミマミの成長記録的記事ですので、
恥ずかしいから、興味のない方はどんどんスルーして下さいませ(><)



I 塾の保護者会に行ってきました
中2コースが3月にスタートしてから、ひよこの学年の塾生が約500名増えたこともあってか、
保護者会の内容も、どちらかというと新しく入塾された方向けでした。

でもね
C県公立入試における『内申』と『テスト』について、イメージが変わったというか、
ようやく I 塾の言わんとするところが理解できてきたんじゃないかなぁ~と思ったので、
記事にしておきたいと思います


以前、マミマミは I 塾に「公立トップ校って、3年間9教科オール5じゃなきゃ入れないって聞いたんですけど、
ホントですか?
な~んてお馬鹿な質問をしたという記事(コレ)を書きました(^。^;)

その際、塾から教えて頂いたのは、C県の公立高校は内申2割、入試8割で合否を決める学校が多く、
内申の比重は軽い県、つまりテスト重視の県であるとの説明を受けました。
(その時応対して下さったコールセンターの先生は「C県ははっきり言ってテスト一発勝負な県」とまで仰ったんですよね。)
だから、勉強の仕方としても、内申をあげる・・・・・・つまり、定期テスト対策を重視するのではなく、
本番での得点力を上げるように心がけなければならないとアドバイスされたんです



ところが、今回の保護者会では、内申を軽視していると、本番では内申による差を覆せないのだ
という点が、非~常~に強調されたんです


保護者会でのお話を要約すると。。。

C県では、中1から3年分の内申が公立高校に提出されます。
9教科5段階評価なので、9×5×3年分=135点 が内申点満点ということになります。
学校によって、内申を考慮する比重が違うのですが、
内申点(135点)とテスト5教科(500点)をそのまま合計して合否を決めると、
内申21%、テスト79%となるため、C県は内申比重約2割の学校が多いと言われています。

ただ、ここで気をつけるべきなのはC県が絶対評価の県であること。
県の教育委員会が標準値を設けて、各中学の成績格差を是正した後でも、
C県高校受験生の約半分は評定平均が『4』か『5』らしいんです(^_^;)
(だから、C県では『3』がつくというのは、実は平均以下になっちゃうらしい

でね、オール『5』で内申135点の子と、オール『4』で内申108点の子がいたら、
当日入試を受ける前に既に27点差をつけられていることになり、
この差を当日のテストで覆すのは、容易ではないですよ
     。。。そういうお話でした。



これを聞いて、皆さんは、チョット戸惑いそうになりませんか(?_?)
C県が 内申2割、テスト8割で合否の決まる県だという事実は同じなんだけど、
『テスト』か『内申』か・・・・・強調されてる点が180度逆という印象を受けますものね

正直言って、今よりもっと高校受験のことを何も知らなかった中1の頃なら、
この一見相反するコールセンターの先生と保護者会のお話に、
マミマミの頭の中は、大混乱のパニック状態に陥ってたと思うんです(^_^;)

でも、マミマミは、中2の今頃になって。。。ようやく。。。
コールセンターの先生のお話と保護者会のお話は
矛盾するわけじゃないんだと理解できてきました


つまりね。。。
C県が全国的に見れば「テスト一発勝負な県」であることは間違いないんだと思うんです。
Z会で以前頂いた「高校入試を知る!」という新中2生向けの情報誌には、
日本全国(各都道府県)の内申書の計算方法が書かれていました。
その中で、選抜基準の『内申』と『テスト』の比率が記載されている県を見ると、
宮城県とか、東京都とか、新潟県とか、沖縄県とか・・・・・7:3、6:4、5:5、4:6、3:7といった比率から、
学校や学科によって定められてるトコが多いみたいなんです。
つまり、比率の記載のある県の中には、多くの学校が『内申』を2割しか考慮しないC県のような県は
見当たらなかった
んですね(@_@;)


でもね。。。
だからといって「テスト一発勝負な県」というのは、中学入試や大学入試のような意味での
テスト一発勝負ではない
ということだと、I 塾は保護者会で強調したかったんだと思うんです
『内申』の比重が低いC県であっても、『内申』で大差をつけられてしまっていたら、
当日の『テスト』で覆すのが非常に厳しくなる・・・・・それが公立高校受験というものの現実
だということ、
おそらく I 塾が言わんとするところは、そういうことなんだな~と、納得することができました(^。^;)

ホントに、お恥ずかしい限りですが、
マミマミは、今さら・・・・・・ようやく・・・・・『公立高校受験』が分ってきたという訳です


そして。。。
「C県の公立高校入試は、中学に入学した時から始まっています!」
保護者会で言われたその言葉の重みを・・・・・・ひしひしと感じている次第です il||li▄█▀█●il||li



                 遅すぎ。。。かもしれませんが









こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(18) 
「不規則動詞の過去形で崩壊した~とひよこが騒いでた定例テスト結果が返却されてきました

結果は。。。

        3教科合計  偏差値 75~80  順位 20位以内 / 約2200人

。。。でした

半年ぶり(?)くらいに一桁順位から陥落してしまいましたね~
なのに、偏差値だけは高いってのが納得できなくて、
しばらく順位しか見ないもんね~とか思っちゃってるひよこ一家です




最近は思春期で親に学習アドバイスを求めてこなくなったひよこなんですが、
成績が悪くなると、急に父ちゃんやマミマミに相談してくるもんで、
久々に家族で定例テスト結果分析をしたというわけです(^m^*)

まず、今回の結果なんですが、確かにひよこの言う通り英語過去形で大量失点してるんだけど、
一番足を引っ張ってたのは、数学でした
唯一引き上げてくれたのが国語で、初の偏差値75超
色々と課題や目標を見つけられる、興味深い結果になってました


テスト返却時の塾の先生のコメントは。。。

「英語と国語で引き上げようとしたけど、英語での引き上げ方が足りなかったという感じだな。
 次回は英語・・・・・頑張れ!
 数学は基本~標準レベルの問題で1問ミスがあるのが惜しいな。
 応用問題については、解こうとした問題の選択は間違っていないぞ。」


。。。とのこと

先生の仰ることを確認しつつ、一家で各科目の課題確認をしちゃいました



まず英語

これは、塾の教材で、僅か2~3頁にまとめられている不規則動詞の過去形・過去分詞形
完璧にすることが、まずは最優先課題
これだけ過去形で大量失点しても、ひよこが偏差値70以上をキープできてるのは、
やっぱり英語は成績分布の二極化が進んでいるのかもなぁ~と感じました
とりあえず、選択肢問題ではなく、記述で得点できるよう、きちんとスペルを覚えていかないと、
高校入試では崩壊する
とひよこも痛感したみたいです
その反省が学校の定期テストに生かされてると良いんですけど



次に数学

これはね、連立方程式の失点が多く、ひよこも苦手意識があるので、
日頃使ってる教材全てに父ちゃんのチェックが入りました
連立方程式でこけちゃうと、大学で理系に進むという道はなくなっちゃうぞって、
珍しく父ちゃんも心配になったみたいで。。。

まず塾の定例テストについては、基本~標準問題の正答率は95%以上で、
応用問題が崩壊しているみたい。
そして、返却されてきたZ会の添削問題でも、「式の計算まとめ」の単元は正答率98%なのに、
「連立方程式」に入った途端に応用問題で崩壊して、正答率が76%までダウンしちゃってることが発覚

父ちゃんが言うには、中1の初めと同じ状況。
理解は出来ているけど、演習量が不足しているとのこと。
 (中1でも、正負の数、文字式、方程式で、最初は計算ミスだらけでしたから。)
途中式を丁寧に書いて、自分がどこで計算ミスをしているか、徹底的に洗いなおすことが必要ですね

塾でも、Z会でも、連立方程式の授業や添削問題が続くし、学校でもこれから連立方程式に入るから、
式が立ったら、計算は絶対に間違えないというレベルまで、やりこむ必要あり
連立方程式の単元だけは、塾のテキストの類題演習をやることにしました

中1と同じパターンだと考えると、塾の夏期講習での復習授業が功を奏して、
秋からは計算ミスが激減する・・・・・ということになるんですが、
そう上手く行くとは限らないので、夏期講習後もミスが減らなかった時のために、
Z会の夏期集中シリーズも買っとくことにしちゃいました(^。^;)
 (使わずにすんだら、嬉しいんですけど~(>人<))



最後に国語

これはね、ひよこが言うには、塾の通常のテキスト(上位・最上位クラス用)よりも、
担当の先生が時折持ってくる早慶などの実際の入試問題を使った演習の方が役に立ってるみたい

でね、家庭学習でやってる論理エンジンでは、レベル80くらいで公立高校入試問題、
レベル90くらいで難関私立高校入試問題が登場するのに、
ひよこはまだレベル60くらいをやっていて、全然塾のスピードに追いついてないみたいなんです(^_^;)

なので、夏休みは、論理エンジンをザクザク進めて、とりあえず現代文読解を中2で仕上げるつもりでいくか、
それとも、塾では最近全く勉強していない古文読解を家庭学習として進めておくか、

ひよこはかなり悩んでいます
 Z会の在宅模試では7月のテストから、古文が入ってくるみたいなんですよね



何をペースメーカーにして、どういう優先順位で勉強していくか
・・・・・・なかなか『中学生』には判断が難しそうですが、
受験から逆算して『今』勉強すべきことを考えられるレベルまで、
いつか到達して行ってほしいです(*^_^*)










こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
中1の時は、秋になってから、首都圏の高校の学校説明会や、
文化祭、体育祭といった見学・体験行事日程をまとめた冊子が配布されただけだったのに、
中2になったら、春先から、色んなイベントの案内が、塾から配られてきています(@_@;)


まず、I 塾保護者のための学校訪問会
大手塾ってすごい~と思ったのは、学校側が一般的に設定してるオープン・キャンパスの日じゃないのに、
特定の塾の保護者のためだけに、平日学校見学させてもらえるってところ(@。@)
しかも、学校によっては見学希望者が多数いるらしく、無料バスまで出たりするみたいです
C県内の4強と言われる私立上位校のうち、3校はリストに入ってたから、
行ってみたほうが良いのでしょうか?


もうひとつは、I 塾主催&大手新聞社後援の首都圏私立中高の進学相談会
こちらもC県私立4強のうちの3校が参加しているみたいなんだけど、
残りの1校は、紀伊国屋書店&声の教育社主催の進学相談会の方にしか参加していないみたい
I 塾主催の方が混んでなさそうだけど、4校全てそろう方に行くべきなのでしょうか?
でも、C県の場合、「確約」の相談は 個人が大規模模試の成績などを持って行ってするんじゃなくて、
ほとんど中学の先生を通じてだと聞くのに、個別相談で志望校の先生と何を話せば良いのでしょう?


それから、学校説明会
こちらの案内は、I 塾からはもらっていないんだけど、中学受験したお友達のママによると、
「学校説明会は5年生の時から行ったわよ~!」とのこと。
。。。てことは、高校受験のためには中2から行っとくべきなのでしょうか?


憧れの志望校を見つけるために、今年はひよこと一緒に文化祭巡りはするつもりだったけど、
こんなにいっぱいイベントがあると・・・・・・
中2の段階で、どれに参加すべきなのか、全然分らない初心者高校受験生家族のひよこ一家


やっぱり、聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥だと思って、
全ての疑問を I 塾にぶつけてしまいましたぁ~(ノ><)ノ




コールセンターの先生が仰るには。。。

私立の学校が一挙に集まる進学相談会のようなものって、
受験生にとっても一箇所で色んな学校の情報が得られてありがたいんだけど、
学校側としても入学希望者を把握する貴重な情報源なんだそうです(@。@)
だから、進学相談会とか、進学フェアとかって、学校側が費用を負担して参加してらっしゃるらしいの。
そこで個別相談を受けたり、学校案内を頂いたりすると、名前を残してくることになるから、
その後のオープンキャンパスなどのご案内を下さる学校もあるみたいです。

でね、親子で個別相談を受けた場合にも、子供の受け答えが悪いからって、
入試に響くことはないし、良識の範囲内でカジュアルすぎない服装であれば、
子供は制服じゃなくても良いみたいでした。

質問内容としては、マミマミは英語のリスニング内容を公開していない学校に、
「どの程度の長さのリスニングか?」とか聞いてみたかったんですが、当たり前だけど、
入試に関することは学校説明会などで開示される内容以上のことは教えて頂けないみたいです(^_^;)
遠距離の学校の場合、「自分の住む地域からどのくらいの生徒が通っているか?」
などの質問が考えられますと、先生は仰ってました。

まあ、でも、ひよこはまだ中2だから、学校案内だけ頂いて、
進学相談会の雰囲気だけ見てくる程度で良いんじゃないかなぁ~とのことでした


学校訪問会については、平日なので子供自身は見学できないんだけど、
文化祭や体育祭と言ったイベント時ではない、
いわゆる平常の授業風景、学校内の様子などが見られるから、行ってみると良いらしいです。
仕事があるのに休んでまで行くべきかどうかは分らないと仰ってましたけどね(^。^;)
ただ、説明会だけでなく、進学相談、学校見学・・・と、色んな機会に学校を訪れている方というのは、
本当に自校に入学を希望しているのだなぁ~という印象を 学校側も持たれるだろうから、
悪いことではないですよ~とのことでした


最後に学校説明会については、志望校が決まっているなら行ってみても良いが、
中学受験と違って、受験学年(中3)で行く方のほうが多いとのことでした。
そう伺って、私立に関しては、中2の間は、他の機会に学校訪問できない高校のみにしようかなぁ~
なんて思いました
ただ、公立高校については、C県の場合、進学相談会や学校訪問会がなさそう(?)なので、
早めに学校説明会に足を運んでみた方が良いのかもしれませんけどね


という訳で
今年は、志望校選定に向けて、色々とイベントに参加することになりそうです(^_^;)
   (まだ中2だと呑気に考えてたんですけど


でもね。。。
やっぱり志望校選びは 本人が入学したいと思うかどうかが大事だと思うから、
本人に志望校候補の文化祭へ行ってもらうことが最優先かなぁ~と思っています(*^_^*)


                ひよこに合った学校が見つかりますように









こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 志望校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
 
Copyright © 2014 ひよこと共に・・・, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。