一人娘の高校受験に向けて奮闘した、初心者受験生家族の記録です(^。^;)
http://hiyoko865.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

マミマミ

Author:マミマミ
園芸と犬猫が好きな思春期娘の母です(^_^;)

☆ブログ分析☆

ブログランキングならblogram

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]

またまた1週間ぶりの更新ですのに、読みに来て下さって、本当にありがとうございます
8月も残りわずかとなりましたね
ひよこは無事夏休みの宿題を終了し、塾の夏期講習(後半)に通う日々を送っています
でも、地域によっては、すでに学校がスタートしているみたいですね





さて、先日、国語の家庭学習を変えていくという記事(コレ)を書きましたが、
中2の夏は、数学の家庭学習にとっても転機となりました

以前の記事にも書きましたが、ひよこは 中1の時受講していた塾の難関講座(数学)を一旦やめ、
応用問題を解ききる時間を確保するために、「高校入試突破 計算力トレーニング」を使って、
基本~標準問題の処理スピードUPを目指してきました。

そして、とりあえず、この本の既習部分については 制限時間内に高正答率を出せるようになり、
因数分解や平方根を習うまでは、一段落かなぁ~という段階まできました
塾の定例テストやZ会の添削問題でも基本~標準問題は正答率95%くらいで安定してきています。
(でも、前回のZ会在宅模試は正答率90%でしたから、引き続き計算力UPには努めるつもりですが


また、ひよこが読み続けてきた「図形の必勝手筋」の2冊も ようやく読破し、
メネラウスって誰? メンデレーエフじゃないの?」とか言って 塾友に笑われていたひよこも、
定理を使いこなして図形問題をビシバシ正解できるかどうかは別として、
定理そのものは理解することができました




という訳で

数学に関しては、秋から、そろそろ応用問題にも向き合ってみようと思います
メインとして使用するのは、「入試によくでる数学(有名高校編)」(通称:佐藤の数学)です。

佐藤の数学については、今更マミマミが記事にしなくても、皆さんよくご存知だと思うんですけど。。。
約20年も前に出版された参考書なのに、現在に至るまで 公立入試向けの標準編が30刷、
国私立入試向けの有名高校編が23刷も増刷され続けてきたという大ベストセラー

「標準編の201の解法、有名高校編の221の解法をきっちりマスターすれば、
数学の偏差値70は固い」
と、ひよこ一家も多くの先輩方に薦められてきました



ただね。。。

出版されたのが約20年も前だから、途中で改訂されてはいるんだろうけど、
新傾向の問題がどのくらい手厚く取り上げられているかが謎ですし。。。

今時の参考書みたいに、重要事項が太字赤字になっていない非常にシンプルな作りなんで、
ひよこが自分でどれだけ解説のポイントを把握できるかにも 不安が残りますし。。。



そんな不安をなくすために、「塾で教える高校入試数学 塾技100」(通称:塾技)も
併用していくことにしました
(先輩ブロガーさんが記事にしてらっしゃったので、チェックしてみたら、とても使い勝手が良さそうだったんですよね♪)

塾技の解説(まとめ)の部分は、赤字太字でポイントが一目瞭然な形になっていて、
とても見やすく、分かりやすいです

それに、出版されたのが佐藤の数学よりずっと最近ですから、
おそらく近年の私立の出題傾向に即したものなんだろうなぁ~という構成になっています。

たとえば、『球』に関する解法も、佐藤の数学「円錐と球」という1つの解法のみを紹介しているのに対し、
塾技では「内接球」「外接球」合わせて5つの解法が紹介されてるんですよね



んじゃ、いっそのこと塾技の方をメインに勉強しては(?)・・・・・・ってのも考えたんですけど、
佐藤の数学が221の解法を扱っているのに対し、塾技は100の解法しか扱っていないので、
網羅されてない部分が多そうなんです(^_^;)

今回の I 塾夏期講習(難関講座)でひよこが解けなかった『不等式』の解法も、
全く扱われていませんでしたから。。。
(著者の先生のブログに、「続編を書いて、中学数学の全範囲を網羅して下さい!」って、嘆願しに行ってみようかしら。。。)



んな訳で、両方の本の良いトコ取りをしようと思って、
塾技で補充しながら、佐藤の数学(有名高校編)を進めていくことにしました
1日1解法ずつ勉強していって、天王山前(中3の夏休み前)までに終了することを目標にするつもりです

そして、天王山以降に、ようやく2つ以上の解法を組み合わせた難問( I 塾の難関講座レベル)に挑戦する
という計画を立てましたo(^-^)o

 


高校入試までに、ひよこが 複数の解法を駆使する難問が解けるようになるかどうかは分かりませんが、
地道に一つ一つ解法をマスターしていくことが、高校数学へつながると信じて、頑張るのみです











最後まで読んで下さって、ありがとうございました
コメントのお返事は、引き続き遅れる可能性がありますm(___)m
 
スポンサーサイト
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中2数学
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
1週間ぶりの更新ですのに、読みに来て下さって、ありがとうございます
我家のニャンコは相変わらずで、まだ毎日通院を続けております
でも、遠出したりはできませんでしたが、ひよこ一家もお盆休みは少しゆっくりすることができました。
皆様のお盆休みはいかがでしたでしょうか?




さて、すっかり報告記事が遅くなってしまいましたが、
7月に受験したZ会在宅模試 実力判定Vテストが先週返却されてきました。


なんと 
ひよこは、いきなり 1桁順位から、3桁順位に陥落 してしまいました~


今回は成績優秀者表に載りそうにもなく、
身元(Z会の場合はHNと志望校ですが)がバレる危険性もありませんので、
いつもよりチョット詳しく書いちゃいますと。。。
英語1問間違い、数学2問間違い、国語2問間違いで、こんな成績でした


3教科合計      偏差値 60~65    全国順位 約300位 / 約4,700人 
                                                     (県内約15位、志望校別2位)

科目別の得点    英語 > 95 > 国語 > 数学 = 90


ひよこの成績は、中1の頃から、ずっと山あり谷ありなんですが、
今回は また派手に落ちちゃいましたね~ ( ̄。 ̄;A



間違えた問題が多いと、復習することも増えて大変なのですが、
今回一番大変だったのは、復習そのものではなく、ひよこの気持ちでした

ぐすぐす・・・(´_`。) Z会の在宅模試も、中2の終わりからは5教科記述式になって、
難関セットと標準セットに分かれるから、 きっと成績が落ちるだろうとは思ってたけど、
まだ普通の3教科マーク式で、問題も基本~標準レベルなのに・・・・・・こんなに成績落ちちゃった(PД`q。)
ひよこ、小学校の頃みたいに遊び呆けてるわけじゃなくて、
ちゃんと毎日勉強してるのに、こんなに成績が落ちるなんて・・・きっと頭が悪いんだ(T_T)
頑張っても、志望校になんて受かりっこない気がする。・゚(⊃ω⊂゚)゚・。」

                                   。。。てな感じ


地中にまで めり込みそうなほどの凹みよう

今まで大きな挫折を味わったことがなくて、すぐへこたれそうになるこの娘を
何とかせにゃ~いかんわな~(〃´o`)=3
と思って、父ちゃんと2人で語りましたよ



ひよこさ。。。全教科90点以上取ってるんだよね。
これが、学校の定期テストだったら、絶好調とは言えないけど、
絶不調ともいえない点数じゃない?
順位もきっとそこそこで、成績優秀者表には載ってくると思う。

でも、今回の在宅模試では、順位も偏差値も大きく落ちちゃったよね。
ひよこがZ会の在宅模試で1桁順位だった時は、2回とも3教科で1問間違い。
2桁順位だった時は、3教科で3問間違い。
3桁順位だった今回は、3教科で5問間違い。
・・・・・・受験者数が違うだけで、たった2問の差で、順位の桁が一桁違ってくるってことなんだ。
1問の差って大きいんだなぁ~って、いい勉強になったよね

だからね。。。
1桁順位だろうが、3桁順位だろうが、学校のテストだろうが、Z会の模試だろうが、
テストの後にやるこたぁ~同じさね
1問の重みをしっかり受け止めて、2度と同じ間違いをしないように、きっちり復習するだけだよ(^^)b
出ちゃった結果をいつまでも引きずって、くよくよしてても仕方ないさ(*^。^*)



それとね。。。
ひよこにとって、今回の成績急降下はとてもいい経験だったと父ちゃんとマミマミは思ってるんだ。

ひよこは今まで、学校でも、塾でも、Z会でも・・・・・いつも成績優秀者に名前が載っていたよね。
頑張って勉強したら、いつも努力が報われてた。
努力が結果として表れてる時は、また頑張ろう♪って思えるよね。

あるいは、小学校の時みたいに、全然勉強してなかったら、
勉強してないんだから、仕方ないよな~とか、
勉強してたら、もっと良い成績取れたかもしれないな~なんて、思えるよね。

でも、一番辛いのは、一生懸命頑張ったのに、思うような結果が出なかった時なんだ。
今のひよこみたいに、もうダメだぁ~って、多くの人が諦めちゃいそうになるかもしれないよね。。。
でも、諦めちゃったら、そこから先へは進めない。

もちろん、この先、努力が報われて、また良い結果が出るなんて保証はないさ。
頑張ってるのに、もっと成績が落ちていく可能性だってある。
それでも、反省&改善を繰り返しながら、今より1歩でも、2歩でも先に進もうと、
努力し続けることができたなら、学力以外にも、受験勉強を通して大きなものを得ることになる
と思うよ

ここからが、ひよこの心の強さが試される時だね(*^_^*)
父ちゃんやマミマミが、安心して先に死んでいけるくらい。。。

               逞しくなれ~! ひよこ (o ̄。 ̄)q



。。。という訳で、ようやくへたれ娘の気力を復活させることができました(^。^;)



ひよこには言いませんでしたが、勉強しているのに成績が下がっていく時というのは、
わりと じわじわと成績が下がることの方が多いと聞きます。
今月末の塾の定例テストや、来月初めの学校の期末テストでも成績が急降下するようであれば、
思春期中だるみによる急降下を疑ってみた方が良いかもしれませんね (⌒_⌒;


中1と比べて・・・・・なかなか前途多難な中2になりそうです ( ̄ω ̄A;


              









最後まで読んで下さって、
ありがとうございました
コメントのお返事は遅れる可能性があります
お許し下さいませm(___)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 子育て・教育 Category: Z会
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(20) 
お盆休みに入られたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ひよこも、ようやく部活&夏期講習が完全にお休みに入り、
夏休み開始以来、初めての自由な1週間を満喫しております
とはいっても、父ちゃんはお盆も仕事ですし、マミマミもニャンコの通院があるので
家族でお出かけは近場のみなんですけどね




さて、中2の夏はひよこにとって、色んな教科の家庭学習の転機となっています

そのひとつが。。。 論理エンジン Lv. 100 達成 。。。になりそうです(^^)v



ひよこが出口汪先生の市販の問題集を気に入って、現代文読解はこの先生の教材で学ぼうと、
論理エンジン本体(100レベル分)を購入したのは、中学入学直前のことでした。

最初は一文の構造を学ぶような単元。
主語、述語とか、修飾、被修飾の関係とか・・・読解というより国文法の学習のようでした。
レベルごとに、文章が長くなっていって、読解のテキストらしくなっていきましたけどね

Lv. 50 くらいまでは、1レベルに9ステップずつの問題があったので、
なかなか進まず、嫌になりそうになったこともあったようですが、
現在は1レベル5ステップずつしか問題がないので、
夏休み中は毎日1レベルずつ学習が進んでいるようです

ひよこは、現在、Lv. 85 辺りを学習していますので、残り2週間ほどで、Lv. 100 に到達し、
中2の夏休みをもって、論理エンジンを終了することになります

実に、勉強を始めてから1年半以上をかけて、ようやく終えることができる・・・・・
そのことに、ひよこもマミマミも感無量です



論理エンジンはLv.80を超えると公立高校入試問題が登場し、
Lv. 90以降は私立高校入試問題、センター試験問題、私立大学入試問題と、
一気に問題文のレベルがアップしていきます

80ものレベル(段階)を踏んで、文法的知識と、論理展開を追って、
解答を導き出す訓練をしてきたのだから、文章の難易度にかかわらず、解くことができるのだ!

・・・・・・という出口先生の自信が感じられる終盤のテキスト構成だなぁ~と思いました

ひよこがそのレベルまで到達できたかどうかは分かりませんが、
前回の塾の定例テストでは国語の偏差値が75を超えてきました

論理エンジンを Lv. 100 までやりきったということが、
きっと現代文読解に対するひよこの自信につながっていくだろう
と思っています(*^^*)
お話したこともないけれど、素晴らしい教材を作って下さった出口先生に感謝です




という訳で

秋からの国語の家庭学習は 古文中心 にシフトしていく予定です。



現在まで、ひよこが家庭学習してきた古文の内容は、ふたつだけ

「富井の古文読解をはじめからていねいに」を読破。

     古文常識をつけるためには、とても読みやすい良書。
     特に省略された主語を発見するための糸口の説明が分かりやすかったみたいです♪



中学国語のツボというサイトにある古文重要単語の暗記。
  (  リンクフリーということなので、サイトのリンクを貼らせて頂きました♪)

     中学生が最初に覚えるべき古文単語のリストとして、とても良いと思いました
     ただ、ひよこはこのサイトで紹介されているゴロ合わせで単語を覚えるのではなく、
     このサイトに載っている単語の説明(背景など)「マドンナ古文単語230」で読んで覚えていました
     マドンナのシリーズは大学受験用だけど、ゴロだけで覚えるのは苦手という方には、お薦めです♪



学校でも、塾でも、古文は大して習っていないので、今まではこれで何とかなっていましたが、
入試問題レベルまで実力UPするためには、やっぱり沢山読まなきゃって気がするので、秋からは、
何人もの先輩ブロガーさん方が記事にされていた「古文完全攻略63選」を読んでいくことにしました

その際に、本文中に登場する助詞助動詞については、「合格へのベストアプローチ 古文」
「望月光の超基礎がため古文教室 古典文法編」も使って、勉強するつもりのようです
   敬語「古文完全攻略63選」の知識編に載ってるリストが覚えやすそうとか言ってましたが・・・。)



C県私立上位校には、韻文や国文法は出題しないけど、
古文は毎回出題するという学校が多い
です(^_^;)


     現代文だけでなく、古文もしっかり勉強して。。。
     国語を得意科目としていけるよう。。。

                 頑張れ!! ひよこ o(*^-^*)o











こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
コメントのお返事は遅れる可能性がありますm(___)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中2国語
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
2014.08.06/ 00:00(Wed)
皆様、ニャンコのことでは大変ご心配をおかけしておりますm(__)m
いまだに毎日通院中ですが、吐き気止めが効いてきて、
少し食べてくれるようになって来ました(^^)v
お刺身などはあまり食べないので、市販の猫用ウエットフード(缶詰やレトルト)はほぼ全種類購入し、
日替わりで与えて、少しでも食べてくれるものを探している状態です(^。^;)
体重も100gくらい増えてきたので、血液検査の結果は相変わらず悪いですが、
このまま持ちこたえてくれるんじゃないかという・・・わずかな希望の光が
また、次回の更新の時に、少し容態が良くなったとお伝えできると良いんですけど。。。





さて、今回はひよこが部活で留守中に、父ちゃんとマミマミが密談していたことを
記事にしておきたいと思います
各ご家庭によって、教育方針も様々で、志望校選びの仕方も全く違うことと思いますので、
「こういう家庭もあるんだなぁ~くらいの感じで、読み流して頂けると嬉しいです(*^^*)



以前の記事にも書きましたが、我家の父ちゃんはこんな考え方の持ち主

「俺ってさ、超有名進学校に通ってたら、きっと成績は中の下ぐらいで、
 とても東大を受験しようなんて思わなかった気がすんだよな。。。
 地方の普通の県立高校だと、結構成績良い方だったから、
 いっちょ東大でも狙ってみようかって思えたんだと思う
 どんなに優秀な人間ばかりを集めても、そこには必ず能力差ができて、成績のピラミッドができる。
 超難関校で下位20%にいるよりも、準難関校の上位20%にいる方が、
 勉学に対するモチベはUPしそうな気がするんだ
 ちょっとニュアンスが違うかもしれんが、『鶏口となるも牛後となるなかれ』って感じかなぁ~。」


もちろん、これはひとつの考え方であって、超難関校に行った方が、ライバルと切磋琢磨して
成長していく子もいると思うから、子供の性格次第だと思うんですが、
親としては、ひよこに「できるだけ高い偏差値の難関校を目指せ!」と言うのではなく、
ひよこが大学受験で上を目指そうと思った時に、一緒に頑張ってくれる友達が
ある程度はいるだろうと思える学校
であれば、校風であれ、部活であれ、制服であれ・・・・・
ひよこが何か気に入った学校を志望校にしていけば良いと考えてきました



でもね、父ちゃんが進学フェアで、併設大学への進学率が高い大学付属校のお話を聞いてきてから、
首都圏には早慶GMARCHなどの名門大学附属校が沢山あり、
そもそも大学受験のことを考えて学校選びをするのではなく、
大学を選ぶつもりで高校を選ぶということもできるんだということを再認識させられたんです



父ちゃんがお話を伺った高校・・・・・それは、W大系属の高校
学力的にひよこには手が届かないだろうと思われる『雲の上の存在』だということを置いといたとしても、
我家から通学すれば2時間以上かかってしまう学校
ひよこは遠距離通学をしたくないと言っているし、我が家も持ち家で引っ越すつもりもないし、
その学校には学生寮もなさそうだし。。。
何で父ちゃんがそんな99.999・・・%受験しないだろう高校のお話を聞いてきたんだろう(?)と、
マミマミはすごくびっくりしました(@。@)


父ちゃんが言うには。。。

「C県の私立高の学校案内をもらいに行ったら、近くにブースがあったんだ
 俺、自分の大学受験の時もW大受けたし、結構校風が好きだから、
 いわゆる併設大学進学率の高い大学付属校ってどんな感じか、話だけでも聞いてみようと思ってさ ♪ 」


。。。とかなんとか(^。^;)

でも、そんな軽い気持ちでお話を伺ったのに、「良いなぁ~と感じることが沢山あったみたいなんです



まず、カリキュラム

「本校はいわゆる進学校ではないので、大学受験に向けて先取り学習はしていません。」とのことでした。
つまり、公立中学から入学しても、学習の進度が遅れているという心配が全くないってことなんですよね。



そして、高入生の数

「本校には小学校から入学してきた子達もいます。
 そして、大学までずっと同じ友達に囲まれて過ごすことになるのです。
 だから、外部から入学してくる生徒達には、新しい風を吹き込んでもらいたいと私達は思っています。
 そのため、高校受験でも多くの生徒を募集しています。」
とのこと。
確か、1学年の3分の1くらい(?)は高入生だと仰ってた気がすると言ってましたから、
内部進学生達の中に、うまく馴染んでいけるだろうか・・・というような心配は要らなさそう。



最後は、もちろん大学付属校としてのメリット

高校生の間に、W大の授業を聴講して、単位認定してもらえたり、
大学の先生方によるセミナーなどが開かれたり。。。
大学受験勉強とは違う意味での『勉強』ができそうですよね。




「ひよこが獣医になりたいのなら、有名大学の付属校なんかに行ったら、
 一緒に大学受験勉強をする友達がいない中、一人で頑張らなきゃならなくなるから、薦められないけどな
 今回話を伺ったW大系属校は通学するのに遠すぎるけど、
 有名大学付属校には、学生寮のある学校や、C県から通える範囲の学校もある。
 もしこの大学で学びたいと思える学校があるなら、
 大学受験に分断されずに7年間部活に打ち込むことだってできると思うんだ。」 
。。。と父ちゃん


「併設大学への進学率は生徒の4分の1くらいだけど、私はI○Uの付属校なんかも良いと思うんだよ
 日本の大学で獣医学を学べるトコは少ないでしょ。
 だから、帰国生もすごく多くて英語の授業も充実してるI○Uの高校みたいなトコに行って、
 海外の大学や大学院へ進学するということを考えてもいいと思うの。
  (ただし、私立じゃなくて州立にしてもらわないと授業料払えないかもしれないけど
 あのインターナショナルスクールみたいな雰囲気って すごく良いと思うし♪」 
。。。とマミマミ



とまあ、ひよこのいないトコで、父ちゃんと2人でアレコレ密談しちゃいました(^m^*)

むろん、ひよこの将来の夢だって『獣医』と言ってる日もあれば、
『考古学者』と言ってる日もあって、全く確定していませんし。。。

それに、ひよこの学力を度外視しての話なので、全然現実味はありませんし。。。

何より、志望校にせよ、職業にせよ、親の人生ではないので、子供自身が決めるべきだと思っていますから、
ひよこのいない所で勝手な話を父ちゃんとマミマミがしていても、仕方ないんですけどね


でも、自分の夢に向かって進む道には 色んな選択肢があって、
首都圏に住んでいるということで、その選択肢の幅が広がっているのだということを知った上で、
ひよこには 志望校を選んでいってほしい
・・・・・そう願う父ちゃん&マミマミなのでした(*^_^*)











こんな拙いブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
コメントのお返事は、遅れてしまう可能性があります
お許し下さいませm(___)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 子育て・教育 Category: 志望校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(15) 
2014.08.02/ 00:00(Sat)
暑中お見舞い申し上げますm(__)m

8月に入り、ますます暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?



ひよこは、部活は相変わらず毎日ですが、
塾の夏期講習の方は毎日あった本科講座(前半)が7月いっぱいで終了し、
ようやく単科講座のために隔日ペースで伺えばよいという状態になりました~(^。^;)

お盆は完全に部活も夏期講習も休みに入りますが、
8月下旬には また部活&夏期講習(本科講座)が毎日という日々に戻りますので、
ひよこは 今のうちに夏休みの宿題と期末テスト(2学期制なので9月上旬)の準備に
猛攻勢をかけてるみたいです(^_^;)

夏休みの宿題は、絵画読書感想文数学理科技術のレポート(自由研究)。
期末テスト準備としては、テスト直前に提出する5教科のワーク
副教科対策としてZ会の実技4教科マスターBOOK
・・・・・・てな感じの勉強を頑張ってるみたいです

去年の夏にも感じましたが、ひよこの学校も塾も、学期中より夏休み中の方がはるかにキツイです
来年は天王山だから、学校の宿題だけでも減るのかと思ったら、
先輩方のお話を伺っていると学校の宿題の量は全く変わらないみたい
部活を引退した分、塾の講習が更にびっちり詰まるというパターンの方も多いらしいです
  (正直言って、ひよこ一家なんて、天王山の夏期講習は最小限にしたいくらいなんですけど。。。)



とまあ、ひよこの近況はこれくらいにして。。。

ただでさえ4日に1回くらいのペースでしか更新していないマミマミが、
このところ更に不定期かつ疎ら更新となりつつあることについて、
「どうしたの~?とご心配下さった方がいらっしゃるので、
こちらの方もチョット近況報告というか、事情説明させて頂いておこうと思います(^。^;)

長くこのブログを読んで下さってる方はご存知なんですが、
我家にはニャンコが2匹おりまして、このうち1匹(10歳の猫娘)は先天性異常による腎不全で、
何年も週1回ペースで動物病院に通院してきました
腎臓の片方に生まれつき膿胞があり、成長と共に膿胞が大きくなって、
現在は片方の腎臓が潰れた状態になっているんですよね。


                   P1000345blog.jpg


残った一方の腎臓に負担がかかるため、じわじわと腎不全が進行していくのみ
完治することはありませんが、それでも家族ですから、
少しでも長く、少しでも元気で生きていてほしい
と、ひよこ一家は通院を続け、
薬と処方食を与え続けてきました。
「お姉ちゃんが、動物のお医者さんになって、きっと治してあげる
完治することはないと理解できなくて、幼い頃のひよこはそんなことも言ってましたよ



そんな我家の猫娘が。。。

先月下旬から、急激に食欲がなくなり、4㎏あった体重が、3㎏近くにまで落ちました。
血液検査の結果もかなり悪く、週1回だった通院が、現在毎日になっています。
動物医療の世界では人工透析による治療法は使われていませんので、
皮下輸液または点滴で水分補給するしかないのです。
毎日通院といっても、皮下輸液の場合は1日1回ですが、
点滴の場合は時間がかかるため、朝預けて、夕方迎えに行くという半日入院の形をとり、
毎日病院に2回出向くことになります。

それに毎日夜に行われていたひよこの夏期講習の送り迎えが重なって、
かなりマミマミもヘロヘロになってたという訳です(^。^;)



入院させて24時間点滴を・・・・・という選択もありました。
でもね、主治医の先生が仰ったんです。
「入院して回復するような急性腎不全なら、それもいい。
 でも、この仔の腎不全は多少もちなおすことはあっても、完治することは決してない。
 だったら、1分1秒でも長く、住み慣れた家で、家族と過ごしてほしいです。
 食べ物だって・・・もう、処方食なんてまずいものは与えなくて良いですよ。
 お刺身でも、ささみでも、好きなものを食べさせてあげて下さい。」 


だからね、しばらく通院頑張ろうと思います
あ・・・・・・言っときますけど「猫娘が天寿を全うするまでブログ休止します」とか言うつもりはありません
今まで猫娘は何度となく「おそらく最後でしょう」と言われてきましたが、
元気に生きながらえてきてくれたからです
血液検査の結果が良くなることはなくても、悪化が止まって停滞期に入ってくれるんですよね



だから・・・・・容態が落ち着くまで、しばらくの間、超不定期更新になることをお許し下さい
婆ちゃんの病気の時と違って、新幹線で遠距離看護に行く訳ではありませんので、訪問が遅れてしまったり、
読み逃げが増えちゃったりすると思いますが、皆様のブログにはできる限り伺いたい
と思っています(*^^*)
当ブログに頂くコメントにつきましても、お返事が超絶遅くなったり、
まとめてお返事させて頂くようなこともあるかもしれませんが、しばらくはお許し下さいませm(___)m

とりあえず、ひよこの高校受験が終了するまで、身元がバレない限りは(?)
細々とでも、ブログを続けて行くつもりですので。。。(*^_^*)









最後まで読んで下さって、ありがとうございました
コメントのお返事は、すご~く遅れたり、まとめてのお返事になる可能性があります。
お許し下さいませm(__)m
 
Genre: ペット Theme: 猫のいる生活 Category: 日常
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(12) 
 
Copyright © 2014 ひよこと共に・・・, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。