一人娘の高校受験に向けて奮闘した、初心者受験生家族の記録です(^。^;)
http://hiyoko865.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

マミマミ

Author:マミマミ
園芸と犬猫が好きな思春期娘の母です(^_^;)

☆ブログ分析☆

ブログランキングならblogram

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
皆さんのお子さんの学校は、もう冬休みに入られたでしょうか?
ひよこの学校は、明日が終業式
そして、終業式当日から、塾の冬期講習が始まります


塾の冬期講習は、やはり復習メインのラインアップになっていました
本科講座は英数国の3科目のみです。



数学は、「式の計算」「連立方程式」「1次関数」という代数分野の復習で、
「平面図形」「空間図形」などの幾何分野は単科講座で復習する
というラインアップになっていて、本科講座と単科講座を両方受講すれば、
「場合の数・確率」を除く中2数学を総復習できるカリキュラムになっています
   (ひよこは単科講座を受講せず、独自の数学テコ入れ計画を進めるつもりですが、
     その話は長くなるので、後日別記事にします





英語唯一『復習』っぽいカリキュラムが組まれておらず
冬休み前に「受動態」を終了し、冬期講習は文法的には「接続詞」
英作文対策としていくつかの重要表現ををやる以外は、
ひたすら長文読解の解き方を演習していくようです
   (中学英文法も、残すところ 大物は「現在完了」「関係代名詞」だけになりましたから、
     あっという間に終了しそう
ですよね


ひよこ一家的には、長文読解は英検対策も兼ねて独自に学習してきたこともあり、
冬休み中の家庭学習は、学研ニューコース 中学英文法最高水準問題集 高校入試英語
「受動態」「接続詞」の国公私立の入試問題を解くに止めるつもりです




国語は、授業では論説文小説文の読解演習をするようですが、
宿題を見ると、完全に「国文法の総復習」というカリキュラムになっています

国文法も、動詞・形容詞・形容動詞・助動詞・助詞・・・といった大物は
全て冬期講習前に終了していますから、
冬期講習後は読解と漢字以外に何を勉強するんでしょうかね(?_?) 
古文漢文?? 文学史
???

とりあえず、ひよこは本人が絶賛している合格へのベストアプローチ 国文法で、
まだ助詞の部分を学習していないようで、
家庭学習としては このお気に入りの参考書を使って「助詞」を仕上げるつもりらしいです




。。。てな感じで、塾のカリキュラムに合わせて冬休みの家庭学習を考えていくと、
英国は最小限に抑えて、ひたすら数学テコ入れという冬となるのかなぁ~
とマミマミは予測してたんですが、ひよこの計画はチョット違うみたい(@_@)b





今月中旬にZ会の在宅模試を受けてみたらね。。。
理社は中1の履修分野からの出題が多かったみたいで、
「すっかり忘れちゃってるぅ~ってトコが沢山あったらしいんです


 ひよこもようやくヤバイと思ったみたい(^m^*)b


もともと中1・中2の理社の履修分野は、2月の I 塾模試3月のZ会在宅模試あたりを目標に
総復習をかけるつもりで回してきたんだけど。。。
夏から I 塾の定例テストが5教科でなく、3教科のテストばかりだったので、
覚え直しが甘かったとかなり反省してました(^w^)


塾でも、冬期講習前に理科と社会の歴史分野は中2の履修範囲を終了し、
残すは地理分野の「東北地方」「北海道地方」のみ。
学年末に向けて総復習をかけるには時期的にも良さそうですよね♪




ということで
中2の冬は 数理社な冬 で 行ってみますo(^-^)o

塾も部活も大晦日と三が日以外ほぼ休みなしで、家庭学習の時間はあまり多く取れませんが、
約1年後の受験に向かって、走り始めるしかありませんε=ε=ε=(o・・)o











こんなまったり更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
コメントのお返事は遅れる可能性がありますm(___)m
 
スポンサーサイト
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(40) 
2014.12.17/ 00:00(Wed)
学校の三者面談に行ってきました
ひよこの中学では、中1・中2の間は年2回の三者面談のみ。
中3になると、別途『進路指導面談』が数回加わります(@_@)b




今回、少し様子が変わったなぁ~と思ったのは、三者面談前に、進路のことも含めて、
子供たちに学校外の生活についてのアンケートがあったことでした

そして、ひよこの回答を交えての話が面談の話題のメインになっていて、
「学校での様子を先生から親が伺う面談」というより
「家庭での様子を親子で先生に話す面談」になってました

なんだか、ひよこみたいに中二病っぽい子が学校に沢山いて、
先生方も心配なさってるのかなぁ~
という印象を受けましたよ(^。^;)




 ひよこの回答なんですが。。。

Q: 生活態度で問題は・・・・・?
    A: ある  <理由>夜更かししたりするから。

Q: 勉強に不安は・・・・・?
    A: ある  <理由>勉強が嫌いだから。

Q: 家庭で困ったことは・・・・・?
    A: ある  <理由>反抗期だから。


。。。という感じで、生活面では良さそうなことはひとつも書かれておらず



にもかかわらず、先生には「『面談で親御さんに見せるからね』と伝えていたのに、
非常に正直な回答を書いてくれましたね~(´▽`) 」
と笑われただけでした

家では『困ったちゃん』の時もある思春期娘も、学校では相変わらず『良い子ちゃん』
担任の先生には心配いらないと思われてるんだなぁ~って感じでしたよ(^。^;)

ここで、家での思春期ぶりを詳しく語ったりしようものなら、
しばらく ひよこに口をきいてもらえなくなりそうだったので、
マミマミは何も言いませんでしたが。。。(; ̄ー ̄A





でね。。。

先生から突っ込まれたのは、進路面でのひよこの記載の方でした

ひよこが書いたのは『全日制の国公立又は私立高校への進学希望』ということだけで、
志望校名はあえて記載しなかったらしいのね。

でも、ひよこは県内の高校の文化祭巡りをしたことは、クラスの皆に話してたみたいで。。。
どうやら先生には、もう いくつか候補の学校があるんじゃないのか(?)
って思われてたみたいなんです

「中2の段階で、志望校を学校側に言って頂く必要はないんですが。。。という感じで、
やんわり促されちゃったので、ひよこが気に入ってる学校を公立1校、私立1校 お伝えしました。



そしたらね。。。

進路指導は、学校の成績だけでなく、外部の模試や塾での成績なども
考慮に入れて行う方が良いので、学校外でのひよこの成績の状況も、
その時になったら教えてほしい
というようなことを言われました




ひよこの中学の先輩ママさん方に伺ってるとね。。。

「外部の模試の成績がどんだけ良くても、学校の成績がコレだったら、
このレベルの高校しか受けさせられん

・・・って感じの学校至上主義の先生もいらっしゃるし、

逆に 「塾はどのくらい合格可能性があると言ってるんですか?」・・・てな感じで、
学校では『指導』は ほとんどしない塾任せな先生もいらっしゃるって噂だったから、

中3にそのまま持ち上がる 現在のひよこの担任の先生がどんなタイプの方なのか、
かなり心配してたんですが。。。(^。^;)


とりあえず、あまり両極端じゃなく中庸な感じの進路指導をして頂けそう
だったので、ホッとしましたよ~(〃´o`)=3




という訳で

ひよこ一家も、中2最後の三者面談を無事終了して参りました ε=ε=(ノ^0^)ノ










こんなまったり更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
コメントのお返事は遅れる可能性がありますm(___)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 子育て・教育 Category: 中学校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(22) 
Z会通信教育 高校受験コースを受講されている皆様は、
今日か明日のいずれかで在宅模試を受験されることと思います。




中2のひよこには 前回までの3教科(英数国)マーク式のテストではなく、
5教科(英数国理社)記述式のテストが送られて参りました
初めて志望校判定(3校分)も出るようです(@_@;)


どの教科も100点満点中80点分は共通問題で、残り20点分は標準セットの選択問題か、
難関セットの選択問題かを選んで解く形式になってるんだけど、
ひよこのように「公立校も難関私立校も受験したい」と思っている人は
両方の選択肢問題を解くことになり、試験時間も1科目70分で、5教科で約6時間
休憩や食事時間も含めると、ほとんど1日がかり(?)の在宅模試になりそうです(^。^;)


ひよこ一家の住むC県の高校入試は 来月中旬の私立受験からスタートするので、
「まだ我家は受験1年前じゃない」という気持ちが心のどこかにあったんですが、
この在宅模試を見て、一気に気持ちが引き締まっちゃいましたよ~
もう、中2のひよこ達も受験に向かって走り始めなきゃいけない時期に来たってことですよね




でね。。。
今回5教科のテストになったことで、ひよこ一家ではひと騒動あったんです(ー。ー;)b
それは、Z会の在宅模試の理社のテスト範囲が、
ひよこの通う I 塾や学校の進度と全く違った
こと


ご存知の通り、ひよこはZ会では数学しか受講していません。
でも、英数国の3教科のテストだった時は、中3夏までに中学の履修範囲を終了するという
I 塾の先取り学習の進度と Z会通信教育の先取り学習の進度がほぼ同じで、
塾以外で既習範囲の定着度を測るには、Z会の在宅模試は最適だったんです
  (首都圏大手塾の中では中3夏に先取り終了というのはゆったりペースの方なんですけどね


ところが、今回Z会の理社のテスト範囲は。。。
理科中1の学習内容&中2生物分野(人体のみ)で、
社会地理全範囲&歴史は18世紀前半までになってるの

つまり、理科の範囲は塾や学校の既習分野よりはるかに狭いんだけど、
社会の方は、地理分野で、ひよこが塾でも中学でもまだ習っていない
関東、東北、北海道の3地方がテスト範囲に含まれてたわけ




例によって、へたれ娘は。。。
「どうしよ~ただでさえ、5教科記述式になって成績下がると思うのに、
 塾でも習ってないトコがテスト範囲だなんて、きっと悲惨な志望校判定になっちゃうよ

。。。とオロオロするばかり


「一夜漬けでも、関東、東北、北海道の3地方を勉強しようか?」
な~んて言い出したもんだから、マミマミははっきり言っちゃいました!
「いいじゃん! 悲惨な志望校判定になっても」って


本来 日本地理は小学校でも習ってるはずだから、
I 塾生でも小学校時代にきちんと学習してきた人なら何の問題もないはず
ひよこだけが玉砕してしまったら、それはある意味『自業自得』だし


それにね。。。
ひよこ一家は、ひよこが小学校時代に学校の宿題以外の勉強を全くしてこなかったからこそ、
あまりハイペースな先取り学習をしない I 塾に入塾することを選んだんだから

ゆったりペースの I 塾で、小学校時代にできた『穴』を潰しながら勉強して行こうと、
理社に関しても、必ず塾の授業前に小学生用の参考書(四谷大塚予習シリーズ)で予習し、
中学生用の参考書(図でわかる中学理科実力メキメキ合格ノート)で復習してきたんだもの


だから、自分のペースを乱さずに、きちんと自塾の既習部分を仕上げていくことだけを
考えていればいい

中3の夏になれば、必ずひよこの塾でも先取り学習が終了する! 勝負はそれからだよ!!
ここまできたら、自分達の選んだ塾のカリキュラムを信じて、最後までついて行くだけさね
・・・・・・などなど、色々とへたれ娘を励ましたりもしたのよね(^。^;)




という訳で
社会はかなりやばそうなんだけど、標準セット5教科で判定される学校と、
難関セット5教科で判定される学校を、志望校として記載してみましたよん(^m^*)
   (ホントは第3志望までに入っていない学校もあるんだけど。。。)


さぞかし悲惨な成績が返ってくることとは思いますが・・・・・
初のZ会の志望校判定はとても楽しみです(*^^*)


そしてね。。。
今回どんなに悲惨な成績であっても。。。
受験までに もう一度『かえる付箋』(100位以内の賞品)をゲットできるように頑張ろう
と、ひよこと2人で話していますo(^-^)o












こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
ありがとうございます
コメントのお返事は遅れる可能性がありますm(__)m すみません
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: Z会
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
ひよこの学校関係の方がこの記事を読まれたら、非常に驚かれるかもしれません
多分中学でのひよこのイメージは、成績優秀で生徒会役員もやってる『優等生』でしょうから。。。

ブログを読んで下さってる皆様方も、ひよこのイメージが変わられるかもしれませんね(^。^;)  多分悪い方に。。。
でも、ひよこの高校受験までの道のりを 良いことも悪いことも記録に残すことが、
マミマミがこのブログを書く目的でもあるので、正直に思春期真っ只中のひよこの様子を綴っておきたいと思います




受験学年を前にプレッシャーを感じているのか。。。
最近のひよこは「私はそんな理想的な中学生になれないのと、
大人達の言葉に反発しています




例えば。。。

その① 『学ぶことに興味を持てれば、勉強が苦でなくなるよ』ということについて

ひよこだって、知識を増やすことは嫌いじゃないよ!
科学博物館に行くのも、TVで「NHKスペシャル」とか、「世界ふしぎ発見」とか、
「ヒストリア」とか、「世界一受けたい授業」とか・・・そういう番組を見るのは大好きだよ!!
「かがくる」とか、「子供の科学」とか、「そーなんだ」とか、「Newsがわかる」とか、
「ジュニアエラ」とか、そういう雑誌を読むのだって楽しいよ!!!


でも、英語に興味が持てたら、受験勉強のために英単語のスペル覚えるのも全く苦じゃなくなるの?
遊びたいのを我慢して受験勉強するのが、楽しくなるの?


小学校時代のひよこみたいに、ほとんど勉強していない人の中には
「別に勉強は好きでも嫌いでもない」って人もいるよ。
そして。。。 きっと、世の中にはすごく向学心があって、受験勉強さえ好きだと言う人も存在するんでしょう。

でもね、ひよこの周りのほとんどの人達は、受験勉強なんて嫌だなって思っているよ。
受験なんて、早く終わればいいと思っているよ。
それでも、「やらなきゃ仕方ない」と我慢して頑張ってるいる人達が、
学校でも塾でも成績が良い人達なんだ!


「興味を持てば、苦じゃなくなる」って言ってる大人達は、
自分達が受験生の時、本当に苦じゃないと思ってたの?
そんな理想論じゃなくて、嫌でも我慢して受験勉強を続けているひよこ達が、
あと1年、心が折れずに頑張り続けられるような言葉をかけてよ






その② 「毎日、自分で、早起きして、勉強し続けられれば・・・」ということについて

ひよこね。。。科学雑誌で地球物理学の竹内均先生が、毎朝すごく早起きして、
何十年もの間勉強し続けてきたって話を読んだことがあるよ。


ひよこもZ会の添削問題を朝勉してるけど、たったの30分だけ。
それも、寝坊してサボっちゃう日もあるし、自分で起きられなくて、親に起こしてもらう日だってあるよね。
そんな著名な学者の先生のように 意志の強い中学生じゃないよ


勉強に限らず、スポーツのトレーニングでも、楽器の練習でも、
そんなに長い間、毎朝必ず早起きして努力するだけの精神力がある人は、
その道ですごく高いレベルに達することができる人達なんだと思う。


でもね、ひよこ達中学生に「朝、勉強しなさい」って言ってる大人達は、
本当に中学生の頃から 竹内先生みたいに朝勉してたの?
ママは中学受験生の頃から朝勉してきたの?
パパは高校受験生の頃から朝勉してきたの?
きっと、多くの人達は、竹内先生のようにはできなかったんじゃないの?
大人って、自分達が中学生の時にできなかったことを、どうして今の中学生にやれと言うんだろう?



・・・・・・とまあ、その③、その④と書こうと思うときりがないくらい、
最近のひよこは、強烈に『大人に対する反発』の意思表示をすることがあります


思春期がピークにさしかかっているということもあるだろうけれど、
ひよこがこんな風に思うようにさせてしまったこと自体、
父ちゃんやマミマミが受験生の親として失格だということかもしれません





ひよこにはね。。。
二つだけ言っておきました


ひとつは。。。
父ちゃんもマミマミも知識欲はそれなりにあっても、受験勉強そのものは苦痛だと思っていたこと。
だから、ひよこと全く同じように、「嫌だけど、やらなきゃ仕方がない」と思っていたこと。

そして、朝勉はしていなかったけど、日々の勉強だって、ひよこと一緒で、サボっちゃう日もあったこと。
だから、もちろん竹内先生のような有名な学者さんにはなれなかったけど、
それでも、嫌々でも自分にできる範囲で受験勉強を頑張ってたら、
ひよこの友達に『高学歴両親』と言ってもらえる程度にはなれたよってこと。

だから、ひよこも完璧な(理想的な)中学生になれないからって、苦しまなくても、
今の自分にできる限りでいいから、途中で投げ出さずに頑張っていけば良いんだよ
ってこと(*^。^*)



もうひとつは。。。
大人は、「自分達が若い頃にこうしておけば良かった」と思うことを
子供たちに伝えている面もあるんだよってこと。

思春期のひよこ達から見たら「自分もできなかったくせに、大人は勝手なことばかり言って
と思うかもしれないけど、いつかひよこ達も大人になったら、
それが「自分と同じ過ちを犯さないように。。。」という善意からの言葉なんだって
思える時が来るかもしれないよってこと




この対応が正しかったのかどうか・・・・・・全く自信はありませんけどね(^。^;)
でも、父ちゃんやマミマミの正直な気持ちを 感情的にならずに伝えることはできたかなぁ~


思春期真っ只中の娘と、出来の悪い両親ですから、中3になったら、更に波乱万丈な気もしますが、
何とか受験学年を無事に乗り切れるように、頑張って行きたいですo(^-^)o
    (思春期のお子様を持つ受験生両親の皆様、一緒に頑張って行きましょうね♪)










こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
コメントのお返事は遅れる可能性がありますm(___)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 子育て・教育 Category: 思春期
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(26) 
3学期制の中学に通われてる皆さんが期末テストの記事を書いてらっしゃる今頃になって、
ようやく ひよこの中学から、後期中間テストの結果が配布されました~(⌒_⌒;
いやぁ~、職場体験で先生方がお忙しかったらしく、今回は順位&平均点が出るまでに、
随分時間がかかっちゃいましたね(^_^;)



さて、ひよこの成績なんですが。。。

  100点 = 数学 > 英語 > 国語 = 社会 > 理科 = 90点     5科合計 470 ~ 480点

。。。という感じでした(^。^;)


点数的には、前回学年トップだった時と1点しか違わなかったのですが、
今回は、残念ながら・・・というか、予想通り(?) 学年トップではありませんでした
でも、あまり大きく順位を落とさず、5位以内キープ / 約300人 の目標はクリアできていたので、
ホッとしました~(*^。^*)



ただね。。。
ひよこの成績はあんまり変わらなかったんだけど、
学校の定期テスト順位(10位以内)のメンツが随分変わってきたの

以前の記事でも書いたけど、ひよこの学校のTOP10メンバーって、
今まで男子はほとんどいなかったのに、男子が急に上位に入り始めたんです

実は、前回の塾の定例テスト成績優秀者表を見ても感じたことなんだけど、
最上位クラスでない子が急激に成績を伸ばして上位に食い込んでたり。。。
同じクラス内でもいつも通りの順位じゃなくて、すごく入れ替わってたり。。。

中2終盤になって、そろそろエンジンがかかってきた子達がいるなぁ~という印象を強く受けました



でね・・・ひよこは男子に宣戦布告されやすいタイプ(?)みたいで、
学校でも、「そのうち、お前を抜かしてやるからなと言われたり、
塾でも、「近いうちに最上位クラスに行ってやるから、待ってろよと言われたり

マミマミはそれを聞いて、男性陣に刺激されて、そろそろひよこも気合入ってくれないかなぁ~?
とチョット期待したんですけど、「ひよこって、おバカっぽいから、すぐ宣戦布告されちゃうのとか言って、
本人はいたってのん気なままでした



順位と共に気になったのが、平均点
中1の頃から、「中3間近になると、皆、頑張りだすから平均点が上がるわよ~!」とか、
「中2、中3と学習内容が難しくなるから、だんだん平均点も下がるわよ~!」とか、
ほとんど都市伝説のような真逆の噂を耳にしてきたひよこ一家

今回、結構順位が入れ替わってきたってことは、平均点も随分変わってきたのかも?
な~んて思って、中1の最初からの平均点推移をチェックしてみました


少しぼかして書きますと。。。

     英語  約80点 約60点
     数学  約80点 約65点
     国語  約75点 約60点
     社会  約65点 約65点
     理科  約65点 約65点


。。。となっていて、理社は中1前期中間と中2後期中間の平均点が同じであるにもかかわらず、
英数国は大きく平均点がDOWNし、5教科とも約60~65点くらいの間で、
平均点が落ち着きつつある
ように見受けられました


これって、ひよこの学校だけの特徴なのかしら(?_?)
それとも、やっぱり英数国は学習内容が難化して、どこの学校でも平均点は下降気味なのかなぁ~(?_?)
英数国は2極化したような得点分布になってきたってことなのかも(?_?)
・・・・・・などなど、色々考えさせられちゃいました(@_@;)
   考えても、データがない限り、結論が出る訳じゃないんですけどね(^。^;)アハハ・・・


中3になると、またチョット平均点や順位に変化が出てきそうで。。。 ドキドキです









こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
コメントのお返事は、遅れる可能性がありますm(___)m

 
Genre: 学校・教育 Theme: 子育て・教育 Category: 中学校
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(20) 
師走に入りましたね
大掃除、年賀状書き・・・・・ひよこ一家も忙しいひと月になりそうでございます

さて、先月中旬の後期中間テスト報告記事をさっさと書いてしまいたくてしょうがないんですが、
未だに学校からは順位&平均点の結果報告がなく
どうやら、先生方が職場体験後の御礼訪問に忙しくて、
中2だけが結果報告をもらえていないみたいです

という訳で、中間テスト報告記事はまたまた先延ばしにして、
ひよこのお勉強記事なんぞを書いておこうと思います




夏休み後くらいから、数学のテコ入れを始めたひよこ
解説を読んで「分かったな~んて思っていても、
しばらくして解きなおしてみると、やっぱり自力で解けないという問題も多く、
月に1回くらい(?)、父ちゃんに数学の家庭教師をしてもらっています

ところが。。。
解けない応用問題を教えてもらってたはずが、
今回はひよこがよくやる計算ミスを発見しちゃったらしくて、
その対処法を教えてもらってたみたいなんです(^m^*)



実はね。。
かれこれ半年くらい前になるんじゃないかと思うんですけど。。。
「計算ミスってのは誰でもやるものなんだけど、統計とってみたら、
『分数の通分』でよく間違えるとか、『符号のミス』でよく間違えるとか、
その子によって特徴が必ずあるから、よ~く見てみると良いですよ
それなりに成績の良い子はミスが少ないので、そのパターンを見つけるのが難しいのですが・・・・」

って、ひよこ一家は プロの先生からアドバイスして頂いたことがあるんです(*^^*)


でね。。。
当時、その先生のアドバイスに従って、ひよことマミマミが見つけたのは、
『一桁の割り算』でよく間違えるってことでした
        信じられないでしょ? 小学校3~4年レベルなんですけどね


でもね。。。

      2X=8
       X=2
 

。。。なんて書いて、ひよこは間違えてるわけ



さすがに、8÷2 を間違えないように、
小学生向けの計算ドリルをやろうとは思いませんでしたよ



でも、今後は面倒でも、必ず。。。

      2X=8
       X=8 / 2
       X=4
  

。。。と、暗算しないで、分数にした途中式を書いてから、Xの値を求めてみよう♪
ってことにしたのね



そしたら、本当にXの係数で割る段階での計算ミスがなくなったんです
たった一行の途中式で。。。
その時、計算ミスを分析して、対策を考えていくことの大切さを、学んだ気がしました




だから。。。
今回、父ちゃん家庭教師も、見つけたひよこの計算ミスをスルーしなかったみたいです
  (まあ、本人もスルーしちゃいけないと感じるようになってきたみたいですけどね


この度のミスは『一桁の数のかけ算』でした  (またまた一桁の計算なのが情けないですが。。。
でも、一桁の掛け算で間違えるのは、どうやら式の展開(カッコ外し)の時 限定みたい

     3 ( 3X + 2 ) = 3X + 6  

。。。とか書いて、間違えてるの



でも。。。
今回も さすがに 3 × 3 ができてないから
九九を計算練習するという結論にはいたりませんでしたよ



マミマミは。。。

     3 × 3X + 3 × 2

。。。という「途中式を書け!」とアドバイスするのかなぁ~と思って見ていたんですけど、
父ちゃんのアドバイスは「式を展開したら、必ず数のボリュームを見てごらんでした



小1の子でも分かることだけど。。。
カッコを外す前のカッコ内の数字を見るとね、Xの係数『3』『2』を見たら、
『3』の方が大きいですよね。3 > 2 )

だから、カッコの前の数が正の数でも、負の数でも、
『3X』という項と、『2』という項に同じ数をかける訳だから
カッコを外した後の式でも、Xの係数の絶対値の方が、
数字だけの項の絶対値より大きくなってるはず
ですよね



そうすると。。。

正解の 9X + 6 なら、9 > 6 だから違和感は感じないけど、
ひよこが書いた 3X + 6 だと、3 < 6 になってて、
なんだか変に感じるだろ?って父ちゃんは言うわけです


そうやって、式の展開後に各項の数のボリュームを確認させて、
計算途中で間違いに気づくようにして行こう
って、アドバイスだったのよね



ふ~ん 途中式を丁寧に書くだけがミスを減らす方法じゃないんだ
。。。と、ひよこもチョットだけ賢くなったみたいでした



父ちゃんは、「この方法で、式の展開のミスがなくならなければ、
解く時間がかかっても、初心にかえって、途中式を書いた方が良い」
とも言ってましたけどね


何とか、父ちゃん方式でカッコ外しのミスがなくなってくれると良いのですが。。。(^。^;)
そろそろ一桁の計算ミスから、ひよこは卒業できるかなぁ~?
 

 









こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
コメントのお返事は遅れる可能性がありますm(___)m
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(16) 
 
Copyright © 2014 ひよこと共に・・・, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。