一人娘の高校受験に向けて奮闘した、初心者受験生家族の記録です(^。^;)
http://hiyoko865.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

マミマミ

Author:マミマミ
園芸と犬猫が好きな思春期娘の母です(^_^;)

☆ブログ分析☆

ブログランキングならblogram

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
何とか今年度中に更新できましたが、またしてもスポンサー広告を出してしまいました
(FC2ブログは、1か月以上更新しないと、トップにでかでかとスポンサー広告が出ちゃうんですよね
にもかかわらず、読みに来て下さった皆様、本当にありがとうございます


さて、ひよこも2日前から春休みに突入し、部活に春期講習にと忙しい日々を送っております
今月初めから I 塾の新中3コースもスタートしていますし、書きたいこともたまっているのですが、
とりあえず、中2後期期末テスト&学期末の成績と、中3へ向けての各科目の学習計画の記事を
いくつか更新しておきます(^。^;)   (今回は書籍のリンク等も貼ってありますよん♪)
お時間がありましたら、読んでいって下さいませm(__)m




 本題のひよこの学期末の成績なんですが。。。
理科保健体育技術家庭『4』で、それ以外が『5』だったので、 42 / 45 でした


いやぁ~期末テストが9割なかった理科はヤバいんじゃないかと思ったら、予想通り
同じく期末で9割に満たなかった技術家庭の方は、それでもクラス最高点だったし、
実技も苦手な「木工」ではなく「被服実習」だったので、
もしかしたら『5』に届くかも・・・と思ったんですが、甘かったみたいです
んでもって、保健体育は小1から一度も『5』をとったことがない運動音痴のひよこですから、
当然のごとく『4』でしたよ~


という訳で、C県では中1、中2の間の成績は1年間で45点満点に圧縮されるので、
ひよこの中2の成績は42~43ということになりそうです(^。^;)
中1は41~44なので、中3前期も同じような成績をとることを想定すると、
ひよこの公立入試向けの内申点(3年分)
125~130 (135点満点) くらいで落ち着きそう
ですね。。。



自分の内申点が大体見えてきたひよこは。。。

これって全然『鉄板』と言えるような内申点じゃないよね
公立御三家って、後期は内申比重が21%だけど、前期は内申の比重が少ないみたいだから、
『前期勝ち逃げ』を狙った方が良いってことかなぁ~(?_?)
私立は、中3の成績しか提出しなくていい学校もあるみたいだし、
推薦入試じゃなきゃ、あんまり気にしなくていいのかなぁ~(?_?)


。。。とか何とか


塾や学校の進路指導面談で、先生に伺いたいことが増えたみたいでしたよ(^m^*)





マミマミはね。。。
ちょっと違うことを考えちゃいました(^_^;)

ひよこって、中1後期の成績も42/45だったんだけども・・・・・・。
その時は中間の学年順位が1位で、期末の学年順位が2位だったのね。
つまりテストの成績は『鉄板』だったわけです。


でも、ひよこの学校の成績は1/3がテスト、1/3が提出物、1/3が授業って感じで
つくんですよね
もちろん ひよこは自他共に認める『真面目な生徒』だから、
忘れ物したり、提出物の期限を破ったり、授業中に居眠ったりしたことはないですよ
ただ、提出物(レポートや作品)の内容の良し悪しとか、副教科の場合は技能とか、
そういう面で減点されて『5』がもらえない科目が3つあったんです


でね。。。
中2後期はというと、テストの成績は中間は3位、期末は2桁順位に陥落 しちゃってるわけで、
常識的に考えたら、中1後期より成績が下がりそうだと思うでしょ?(@_@)b
でも、学期末の成績は 42/45 で全く同じな訳です



提出物の期限を守るとか、遅刻しないとか・・・・・・
そういうことって、社会に出てからも当然のマナーなんだから、
マミマミはテスト以外の点を加味して成績をつけること自体には、反対ではありません。

でもさ、学年トップでも、2桁順位でも、同じ成績しかつかないのなら、
定期テストで頑張って上位にランクインしようというモチベを保つのが難しくなるのも事実


結局、塾の先生が仰った「学校では10位以内でウロチョロしてれば。。。」という言葉は、
テストの順位が1位でも10位でも、内申点にはほとんど影響がないからなんでしょうね


テストと違って、評価基準があまりクリアーでない形で成績がつくことについて、
あるいは公立高校入試ではかなり重要視される「内申」というシステムそのものについて、
賛否両論が分かれるのは、今回のひよこのようなケースがあるからなんだろうなぁ~

考えさせられました(^_^;)




まあね、ひよこは。。。

きゃ~ 次回のテストでは順位をもどさないと、
学校の担任の先生にも、塾の先生にも を入れられそう


。。。とか言っとりますが、

テストの点数を上げるより、各教科のレポートや作品にもっと 入魂 した方が
内申点はUPするんでないかい?


。。。な~んて思ったマミマミなのでした(^。^;)










こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
あまり頻繁にインできないので、現在コメ欄は閉めさせて頂いています
御用の方は拍手コメをご利用下さいませm(___)m
 
スポンサーサイト
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中学校
編集[管理者用]
ようやくラスト、社会の学習計画まで来ました



社会も中1~中2の間は理科と似たような学習サイクルで勉強して来てまして。。。

『四谷大塚 予習シリーズ』又は『七田チャイルドアカデミー 社会科ソング』で予習
②塾の授業
『実力メキメキ合格ノート』のシリーズで復習
『高校入試 合格でる順 社会』『社会の記述問題が面白いほどとける本』で問題演習
⑤学校の授業
学校のワークで問題演習
⑦塾の定例テスト勉強
⑧学校の定期テスト勉強

。。。てな感じ

大きな相違点と言えば、社会は 学校のテストに「記述問題」が結構出題されるので、
中学受験用で世界地理分野は入ってないんだけど、
『社会の記述問題が面白いほどとける本』も使っているくらいです

ちなみに、この本、記述問題の多い高校を受験される方にはお薦めですよ
リンク先の Amazon の『なか見!検索』で、「解答・解説」の頁を見て頂けると分かりますが、
社会の記述問題の「着眼点」や「書き方」を
小学生でも理解できるレベルで解説してくれていますから。。。




それはさておき。。。
社会の方も、過去問分析の結果、理科と同様の理由で、
ひよこの受験校候補となっている国私立校対策としては、
現在使用している参考書類では不十分だろう
という結論に達しました



過去問をチェックしてみたひよこの感想は。。。
既習の地歴分野は『実力メキメキ合格ノート』を完璧に覚えたとしても、
3割得点できるくらいかな(?)って感じだよね
I 塾模試でも、Z会模試でも、駿台模試でも、今のところ
ひよこは一度もこの学校の合格80%ラインを割ったことがないんだけど、
問題を見る限りじゃ、全然合格できる気がしないよ




一応、社会科学系が専門のマミマミの感想は。。。
中学生雑学王選手権にでも出場するような子じゃないと、
この学校の社会で高得点は狙えそうにないね
『実力メキメキ合格ノート』『中学社会の発展的学習』シリーズどころか、
もはや 山川の『詳説 世界史B』 (高校生用の教科書) にさえ載っていないようなことを、
記述問題で聞いてくる
以前『絶対に解けない受験世界史』という本を読んだことがあるけど、
この手の本の高校受験版があったら、載りそうな問題もあるもの
もしかしたら、この学校が求めているのは「一芸に秀でた子」というか
「突出して良くできる科目のある子」なのかもしれないね
首都圏の場合は、3教科受験の私立と公立(5教科)のみに絞ることも可能だけれど、
ひよこが5教科でこの学校に挑むつもりなら、
合格者最低点をクリアできるよう頑張ってみるだけさ





という訳で 分野別に以下のような勉強計画を立てました



<歴史>
『実力メキメキ合格ノート』のように、時代ごとに史実がまとめられているテキストではなく、
『四谷大塚 予習シリーズ(6年下)』『 I 塾 夏季講習単科講座テキスト』のように、
政治史、経済史、法制史、文化史、外交史・・・・・・と、
分野別に旧石器~平成までまとめられているテキスト
を使って暗記作業を繰り返す。

その際、予習シリーズは中学受験レベルで足りない部分があるし、
I 塾テキストは中2の夏までの既習範囲(中世くらい)までしかカバーされていないので、
『実力メキメキ合格ノート』『中学歴史の発展的学習』から必要事項を転記して、
暗記用のサブノートを完成させる。

もはや「外交史」ではなく「世界史」だと思われる内容も出題されるので、
世界史部分については『実力メキメキ合格ノート』レベルではなく、
『中学歴史の発展的学習』レベルの詳しい内容まで学習していく。

また、年代そのものを問われる問題はないが、
同時代に日本、アジア、ヨーロッパで何が起こっているのか・・・・・・
時代感覚を身につけるとともに、同時代の事件の前後関係を把握する必要があるので、
山川の『詳説 世界史B』の巻末にある世界史年表を使って確認していく。




<地理>
総論部分は『実力メキメキ合格ノート』で事足りそうだが、
各論部分(各県や各国の詳細)は『中学地理の発展的学習』も熟読しておく必要あり。

また、地図記号に関しては、『実力メキメキ合格ノート』『中学地理の発展的学習』
十分とは言えないので、国土地理院のHPを使って学習していく。

それから、日本の旧国名に関しては、地歴分野だけでなく、古文でも役に立つので、
現在の都道府県名と合致させられるようにしておくようにする。



<公民>
基本的に『実力メキメキ合格ノート』で行けそうだが、
『中学公民の発展的学習』の「参考」や「資料」の部分は覚えていくようにする。

それと、「戦後史」「時事問題」と言えるような出題が多いので、
『池上彰の現代史授業』シリーズを読み込んでおく。

本年度の時事問題については、『ジュニアエラ』『Newsがわかる』は定期購読してるし、
毎年秋になると、大手中学受験塾が こぞってこういう本を出してくれるので、
どれか1冊やっておく。 (中学受験用で足りなければ、就職活動用の同様の本を使用予定



余談ですが。。。
池上彰さんの本では『そうだったのか!現代史』のシリーズがベストセラーとなり、
何年か前の開成高校の入試問題にも出題されましたよね。

でも、フルカラーの資料や用語説明などもついた『池上彰の現代史授業』のシリーズの方が、
小中学生が勉強するには使いやすい
と感じました
「戦後史」が出題されるような学校を受験される方には、イチオシです



とまあ、いろいろ書きましたが、社会もOUTPUTに一番良いのは当該校の過去問。
次いで、難易度や出題傾向の似ている国私立校の過去問――ということになりそうです。
I 塾難関講座テキストをやりこんだ方が、難関校向けの模試の成績はUPしそうですが、
模試の成績より本番の成績を上げる勉強をせざるをえません(^。^;)


塾で志望校別特訓とか、やってくれると良いんだけどなぁ~なんて、
ひそかに思っているマミマミなのでした(^_^;)










こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
あまり頻繁にインできないので、現在コメ欄は閉めさせて頂いています
御用の方は拍手コメをご利用下さいませm(___)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中3社会
編集[管理者用]
理科の学習計画です


長くマミマミのブログを読んで下さっている方はご存知だと思いますが、
中1~中2の間のひよこの理科の学習サイクルは。。。

『四谷大塚 予習シリーズ』又は『七田チャイルドアカデミー 理科ソング』で予習
②塾の授業
『図でわかる中学理科』で復習
『高校入試 合格でる順 理科』で問題演習
⑤学校の授業
学校のワークで問題演習
⑦塾の定例テスト勉強
⑧学校の定期テスト勉強

。。。というものでした



でね。。。
中3になると、学校の授業を待っていたのでは、受験に間に合わなくなる可能性が高いので、
塾の先取り学習のペースで学校のワークも仕上げ、
早々に電話帳に取りかかれば良いのかなぁ~
と、ひよこ一家は考えてたんです

でも、それは公立入試対策としては良いのだけれど、
国私立入試対策としては不十分なのだと、過去問を見て思い知らされちゃいました



例えばね。。。
同じように、駿台高校受験公開模試の偏差値が65以上の、
いわゆる全国的に見て最難関レベルと言われる学校
であっても、各校の過去問を見てみると、
比較的基本的な出題で、おそらく高得点をとらないと合格できないのだろうと思われる学校
合格者最低点は低めだろうけれど、かなり難易度の高い出題をしてくる学校
がありますよね(@_@)b

どちらのタイプの学校も それぞれ合格するが難しいことには変わりないのですが。。。




ひよこの受験校候補の学校は、後者
つまり、かなり難易度の高い出題をしてくる学校なんです


過去問をチェックしたひよこの感想は。。。
もはや、この学校の問題は『習ったけど、忘れちゃってた』なんてレベルじゃなくて、
『へぇ~、そうなんだ 初めて聞いたよ!』ってレベルだね

。。。とかなんとか



現在使用している参考書類だけでは合格者最低点に達しそうにないので、
『中学理科の発展的学習』シリーズも併用していくことにしました
 (同シリーズの社会を、尊敬する大学受験ブロガーさんが薦めて下さったんですが、理科も良いですよん♪)



父ちゃんのアドバイスは。。。
多分、この学校は名探偵コナン君タイプを求めてるんじゃないかなぁ~。
多くの中学生にとって初見の実験や身のまわりの現象を出題するのは、
その場で説明された原理原則を理解し、資料を分析し、
問題文のヒントから解答を推測できるような子が欲しいからなんだと思う。
ひよこが1年足らずの間にそんな思考力分析力推理力を身につけられるか分からんが
『中学理科の発展的学習』シリーズは、本文だけじゃなく、
細かい字で書かれている「発展内容の詳しい解説」まで熟読しとくと
特に第2分野は「肥やし」になるかもしれんな。
読み物としても楽しいから、苦にはならんと思うし♪

。。。とかなんとか



どこまで、レベルUPできるか分かりませんが、
『中学理科の発展的学習』を導入して、やれるところまで頑張ってみますo(^-^)o

『図でわかる中学理科』には載ってないけど、少なくとも小中学校の教科書に出てきた
全ての物質の分子式と、燃焼、酸化、化合、分解などの化学反応式
書けるようになっていないと、ひよこの受験校候補の問題は解けない
みたいですから




OUTPUTの方はね。。。
一般的な国私立校対策としては、I 塾難関講座の問題
市販の『難関突破精選問題集 理科』が なかなか良さそうなんですが。。。

ひよこの受験校候補の学校の出題は、あまりにも個性的というか特徴があるので、
当該校の過去問を沢山解いてみるのが一番良さそうです(^_^;)

んな訳で、とりあえず、どこかで古い過去問が手に入らないか、塾に聞いてみるつもりです











こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
あまり頻繁にインできないので、現在コメ欄は閉めさせて頂いています
御用の方は拍手コメをご利用下さいませm(___)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中3理科
編集[管理者用]
国語の学習計画です (チョット長いから、興味のない方はスルーして下さいね♪)

国語に関しても、受験校候補の学校の出題傾向に合わせて、
分野別に学習計画を立てました♪



<現代文>
中2夏に論理エンジンをレベル100まで終了し、それなりに得点源となっているので、
特に中3で現代文読解を重点的に学習するつもりはありません

ただ、全く家庭学習しないというのも不安だし、プロの先生が薦めて下さった
『国語読解 [完全攻略] 22の鉄則』で解法の最終確認をしつつ、
週1回くらいは電話帳を解いてみようと思っています
  (解く問題については、I 塾の先生が何校か薦めて下さってますので、あまり迷わずにすみそうです

現代文読解はずっと出口汪先生のテキストしか使ってこなかったので、
ひよこは福嶋隆史先生のテキストを使ってみるがチョット楽しみみたいですよん(^w^)♪



<漢字・語彙>
漢字に関しては、ひよこは中学入学以来、学校の漢字専用ワーク(中1用~中3用の3冊)
I 塾テキスト『入試頻出 漢字・語句のまとめ』(通称 : 黄色本)
『中学漢字ドリル1945字』(漢検準2級レベルまでの本) の3種類で学習してきました
そして、現時点で学校のワーク(中3用)を除く4冊はひと通り学習が終了しています。
 I 塾の黄色本に関しては、今後も宿題や定例テスト範囲になって、反復することになると思いますが。。。)

実はね。。。
ひよこ一家が 平成22年に常用漢字が2136字となる以前の問題集
『中学漢字ドリル1945字』)を家庭学習用に選んだのは、2つの理由からなんです

ひとつは、ひよこは漢字が大の苦手で、小学校の履修範囲も復習する必要があったんですが、
そのために漢検10級用~5級用までの6冊の問題集を使うと、
漢字学習に費やす時間が長くなりすぎるなぁ~と思ったから。

もう一つは、漢検用の問題集50音順に各ステップの新出漢字を決めているのに対し、
『中学漢字ドリル 1945字』は「形が似ている漢字」「関連のある漢字」
などの単元に分けられていて、覚えやすそうな構成だなと感じたこと。

まあ、そんなこんなで3種類のテキストを学習してきた結果、
学校でも、I 塾でも、Z会でも、漢字の問題であまり失点しなくなってきました(^^)v

でもね。。。
ひよこの受験校候補の過去問をチェックしてみると、これだけではチョット足りないみたい 
(特に四字熟語が!!)


という訳で、『漢字学習 ステップ』4級~2級の各ステップ新出漢字一覧表の
用例部分の読み書きのみやって行こうと思います。(練習問題はCUTします
毎日1ステップずつで天王山終了予定です。


語彙に関しては、全て I 塾頼みです(^m^*)
ことわざ、慣用句、故事成語などは I 塾の黄色本
その他、Z会在宅模試にも登場した「逡巡」の意味などは、
I 塾テキストの読解問題に必ずついている<語句の整理>で覚えてるみたいです




<国文法>
『合格へのベストアプローチ 国文法』を完走しましたので、
定例テストや模試の前に復習する程度にします




<文学史>
とりあえず、ひよこも『日本人なら知っておきたい日本文学』『なめこ文学全集』
読んだみたいですが、漫画だけではさすがに足りなさそう

流れ『土屋の試験に出る文学史』内容については『あらすじで読む日本の名著』①~③
何とかする予定です(^。^;)




<古文>
古文に関しては、文法は『古文上達 基礎編』、読解演習は『古文完全攻略63選』
古文単語は『富井の古文読解をはじめからていねいに』の別冊についてた
ミニマム古語辞典を使っていこうと思っています
  (チョット高校受験には単語数が多いけど、「名詞」も充実してそうなので。。。)

少なくとも、文法と古文単語は天王山前に終了予定。
『古文完全攻略63選』は終わらなければ、途中で過去問演習に切り替えるかも?(^。^;)




<漢文>
ひよこの受験校候補に限って言うと、公立入試で故事成語に毛の生えた程度の漢文が出る以外は、
何年かに一度、私立で漢文・古文の融合問題、漢文・現代文の融合問題が出題されるのみです。

一応、辞書代わりにと思って『超基礎がため 漢文教室』を手元に置いてはいますが、
ほとんど学校の教科書で事足りそうです(^_^;)




<作文・小論文>
読むことに関しては出口汪先生に傾倒しているひよこ一家ですが、
書くことに関しては樋口裕一先生に傾倒しています(^^*)

樋口先生の主宰されている白藍塾で、中1~中2にかけて小論文通信講座を受講し、
ひよこも理路整然と口答えできるようになりました(>m<)

ひよこの受験校候補には『小論文』が出題される学校はないので、
高校入試終了まで一旦受講をお休みしていますが、
県立C校をはじめ、『作文』が出題される学校は県内にも近隣県にも多いので、
そのような学校を受験することが確定した場合には、
『作文』講座の方を受講しても良いなぁ~と考えています。 まだ未定ですけれどね





。。。とまあ、こんだけやっときゃ、本番でも合格者平均点くらい狙えるかな(?)
な~んて甘い夢を持ってるんですけど・・・・・・どうでしょう?(^。^;)










こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
あまり頻繁にインできないので、現在コメ欄は閉めさせて頂いています
御用の方は拍手コメをご利用下さいませm(___)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中3国語
編集[管理者用]
英語の学習計画です

英語はひよこの受験校候補となっている学校の過去問の出題傾向に合わせて、
分野別に学習を進めていくつもりです♪



<語彙>
英作文用英単語(和文英訳用)として、中学英単語 FORMULA 1400を、
スペルミスがなくなるまで一通りやりこみました。
入試直前期に再度やり直す予定です。

長文読解用英単語(英文和訳用)としては、I 塾テキスト『入試英語の要点』(通称:赤本)
ハイレベル英単語(600語くらい?)をひと通り回しました。

でも。。。
エビングハウスの忘却曲線を念頭に置いて、1回覚えた頁を翌日、3日後、1週間後、1か月後と
覚え直しして来ましたが、まだまだ完璧に覚えきれていないひよこ
毎日の学習項目に追加して、しばらく回し続けなきゃですね

英熟語は空所補充問題を想定して、和文英訳で学習しています。
こちらも I 塾 赤本重要熟語集(700くらい?)をひと通り回しましたが、
英単語同様、日々の学習に加えて、定着するまで回し続けるものリスト行き~



<文法>
中学英文法に関しては、塾の先取り学習のペースで、学研ニューコース 中学英文法の参考書
同問題集最高水準問題集 高校入試 英語英文法部分のみを終了予定。

そして、高校英語の履修範囲についても、塾のペースでSAPIX英文法123+同問題集
有名高校への英語を使用する予定です。

・・・・・・と、ここまで書くと気づいて頂けたかと思うのですが、
英文法に関しては塾のテキストも入れて計5冊も使用するつもりなんですよね(^。^;)
「1冊の本をやりこんだ方が良いんじゃないの?」と思われた方も多いかもしれませんが、
一応、どのテキストも、間違えた問題は正解できるまで解きなおしています


でも、同じ問題集を周回させていないのには、一応理由があるんです(^^*)b

例えばね。。。
中学生向けの不規則動詞の一覧表なんて、塾のテキストに載っているものも、
中学英単語 FORMULA1400に載っているものも、大差ありません
でも、頻繁に例文や問題文に登場するものは、
著者、出版社、塾によって『癖』というか『好み』がある気がするんです

具体例を挙げると。。。
I 塾では、中2の定例テストに win-won-won-winning が2回ほど登場しました。
駿台FJでは、中2の夏に受けた駿台学力テストにも、高校受験公開模試問題集にも、
lie-lay-lain-lyingが文法問題として登場しています。
INPUT用の不規則動詞の一覧表に差はなくとも、
OUTPUTの問題演習に頻繁に登場する語が違う。。。
そうすると、ひよこみたいな子は、頻繁に登場する語はよく覚えているけれど、
あんまり登場しない語は 時間と共にどんどん忘れていっちゃったりするんですよね(^。^;)

だから、著者や出版社の違うものを選んで反復練習することによって、
そういう偏りを少しでもなくせないかなぁ~(?)と考えた訳です

まあ、どのくらい効果があるかは謎なんですが、
とりあえず、何度も同じ文法事項を復習していても、
全く同じ例文ばかりではないので、飽きちゃうことはないみたいです(^。^;)



<英作文>
最高水準特進問題集 英文法・英作文英作文の部分のみ
毎週末1頁ずつという可愛らしいペースで進めています(^m^*)

英作文自体は塾の授業でも嫌というほどやるんですが、
先取りが終了するまでは、現在完了を習っている時は、現在完了の英作文がほとんどなので、
「今まで習ったどの構文を使えば良いのか?」と頭を悩ます機会が少ないんですよね

だから、単元を超えた英作文演習としてやってみてます♪ 終了予定は天王山前です



<長文読解>
長文読解に関しても、最高水準特進問題集 英語長文を毎週末1話ずつ読み進めています。
問題は一切解かず、スラッシュ・リーディングの要領で速読する練習に使っているだけです
終了予定はやはり天王山前。



<発音問題対策>
I 塾 赤本発音問題の総整理を2周ほどしました
あとは、模試の前にでも、さらっと見直す程度に繰り返して、
入試直前に本格的に再復習ということになりそうです。



<会話表現>
会話表現に関しても、I 塾 赤本でる順 パス単 英検2級会話表現部分のみ
各1周やりました
こちらは、児童英会話を習ってきたひよこにとっては馴染み深いものが多いので、
入試直前にさらっと再復習で行けそうです



<リスニング>
リスニングに関しては、英検2級の方が高校受験よりスピードが速そうですね
でも、高校受験用は英検のリーディングくらいの長文が読まれて、
それに対する質問が5つくらい読まれるという形式の高校が多いみたい

そこで
スピードに慣れるという意味では、英検2級リスニング問題120を使って耳慣らしをし、
問題形式になれるという意味では、Z会『中学生のためのリスニング徹底演習(応用編)』
I 塾『ハイレベルリスニング入試問題集』を使おうと考えました

こちらは、塾で中学英文法の先取りが完全に終了したら、
夏休み中にでも、集中的にやっちゃうつもりです




得意科目のはずの英語もこうやって書き出してみると、色々やることいっぱいですね~(^。^;)
受験学年は本当に時間が足りなくなりそうです











こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
あまり頻繁にインできないので、現在コメ欄は閉めさせて頂いています
御用の方は拍手コメをご利用下さいませm(___)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中3英語
編集[管理者用]
今月から塾では新中3クラスがスタートし、来月からは学校でもホントに中3
ひよこも正真正銘の受験生

計画通りにコトが運ぶかどうかは別として(?)
とりあえず、家族会議をして、各科目の学習計画なんぞを立ててみました(^。^;)



今回はまず数学から。。。

数学に関しては、I 塾も、Z会通信も、
天王山くらいまでに中学数学履修範囲の先取り学習が終了します。

そのペースに合わせて、家庭学習でも佐藤の数学塾技を終了するという
ひよこの数学テコ入れ計画に変更はありません



ただ、今回話題になったのが、高校数学(数学 I 、数学A)の履修範囲をどうするかということ
既に塾でも、Z会の難関国私立コースでも、高校数学の履修範囲は登場しているんだけど、
中学の履修範囲ほどガッツリやらずに、さらっと説明されちゃってる感じなんですよね(^_^;)

もちろん、数学が得意な子は それでもサクサク解けるようになっちゃうんだけど、
ひよこの場合はそうは行かないので、再度父ちゃん家庭教師に教えてもらってる状態


でも。。。
父ちゃんもアレでもなかなか忙しくて、
毎週のようにひよこの家庭教師ができる訳ではありません



という訳で
父ちゃんのいない時には、まず チャート式 体系数学のシリーズ を使って、
自力で勉強してみることにしました

このチャート式 体系数学のシリーズは、高校受験用ではなく中高一貫校用の参考書
多くの中高一貫校生の方が使ってらっしゃるんじゃないかと思います



この参考書の良いところはね。。。

いわゆる高校生向けの数学 I 数学Aの参考書と違って、
検定教科書の中学数学の履修範囲とリンクさせて、必要な高校数学の部分のみを載せていること

各章のはじめに、どのセクションが高校数学の履修範囲にあたるか明確にされていること。

3色刷りで非常に見やすく、基本事項のまとめ⇒例題⇒類題⇒演習問題という構成が
とてもひよこ好みであること(^m^*)

高校数学の範囲に関しては、I 塾テキストよりも、Z会サポートよりも、佐藤の数学よりも、
塾技よりも、手厚く解説されてるんじゃないかと思うくらい、
導入期向きというか、独学者に優しいというか。。。
とにかく自信を持ってお薦めできる良書だよん(*^。^*)b
      (……と、理系の父ちゃんが言っとります



ひよこは。。。
佐藤の数学塾技を天王山までに『解き直し』も含めて終了するつもりみたいなので、
天王山以降、過去問演習等で見つかるだろう弱点補強は、
中学数学の履修範囲も、このチャート式 体系数学を使っていくことになりそうです♪


こんだけやったら、ひよこでも 少しは応用問題が解けるようになるかなぁ~?(^。^;)










こんな不定期更新のブログを読みに来て下さって、
本当にありがとうございます
あまり頻繁にインできないので、現在コメ欄は閉めさせて頂いています
御用の方は拍手コメをご利用下さいませm(___)m
 
Genre: 学校・教育 Theme: 高校受験 Category: 中3数学
編集[管理者用]
 
Copyright © 2015 ひよこと共に・・・, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。